<< 前のエントリ | メイン | 次のエントリ >>
2011 年09 月17 日

感動です!シンガポール航空の素晴らしさ

13日朝、シンガポール航空で、セントレア中部国際空港(名古屋)を飛び立ちました。

結婚記念や、息子の大学編入合格祝い、私の勤続などなどひっくるめて、ようやく皆の休暇をそろえての家族シンガポール旅行。

チャンギ空港に到着し、飛行機を降りたと思ったら、私の名前のカードを持った地上スタッフが・・・。
確認すると、なんと家内の母親が急逝したとの知らせ。もう目の前真っ暗です。早く帰国しなければ・・・。

ここからが、シンガポール・エアラインの驚くべき素晴らしさ!

緊急事態とのことで、深夜の名古屋戻り便を確保(それも降りやすいように前方席を予約)してくれ、出発までの約8時間を過ごせるようにと、ゴールドラウンジ使用を許可。

出迎えに来ているはずのツアー旅行担当者への電話連絡、日本の観光会社への連絡などなどすべて行ってくれました。

おまけに、搭乗口への案内まで。飛行機に乗るとマネージャーやCA達が口々にお悔やみの言葉をかけてくれました。傷心の家内も落ち着いたようです。

日本に着いたら、早く入国できるようにと、最初に飛行機を降ろしてくれ、イミグレまで担当者の先導で進むことが出来ました。

おかげさまで、当日午後からの納棺の儀、通夜、翌日の葬儀、納骨まですべて滞りなく済ませることができました。

本当に、シンガポール・エアライン・スタッフの方々のホスピタリティの高さには驚かされました。
やはり困ったときに助けてくれる航空会社を選択することは安心に繋がりますね。ロウプライス・エアラインの使用はやはり躊躇しまいます。

たぶん、今回のツアーの続きを来年か再来年には行うつもりですが、次もやっぱりシンガポール・エアラインかな(笑)。それも御礼をこめてビジネスで!

スタッフの皆様、本当にありがとうございました。感謝感謝。



投稿者:スナフキン
at 14 :17| 日記 | コメント(0 )

◆この記事へのコメント:

※必須