<< 前のエントリトップページ
2019年08月16日

若者の自殺がなぜ?多いのか!

石川県は全国でも人口当たりの自殺率は低く優秀である。ところが、若者の自殺については県内のある市では非常事態宣言を出さないといけない状態である。若者が死ぬのは死んだらすべてが無となりあの世が無いと考えているからだと思う。  お盆にご先祖様のお墓参りをする風習は昔から死んでもあの世が有るとの考え方である。 今ではインターネットでもあの世があるという立証を学者や偉人達が公表しているのに、未だに自殺する人は死んだら苦しみが無くなるとの勘違いをしている。これは教育に問題があるのではないだろうか? もっと何故生きるのか?人間とは何か?という基本的な教育を幼児教育から積極的に行う必要があると思っている。

投稿者:かもちゃんat 20:04| うつも大自然の法則を活用し改善! | コメント(0) | トラックバック(0)

◆この記事へのトラックバックURL:

http://control.onair-blog.jp/util/tb.php?us_no=1192&bl_id=1192&et_id=232132

◆この記事へのコメント:

※必須