<< 前のエントリ |メイン
2019 年02 月26 日

ぴるぜんの名物料理  リーゼン・ヴィーゼン・ブレッツェン

ドイツを代表するパンが、小麦粉でつくられた「め」の字に似た形の「ブレッツェル」。焼く前に岩塩をふりかけているので、その塩々とした食感がビールのつまみとして親しまれています。ドイツではパン屋さんのシンボルとして、看板などにも使われています。

ブレッツェルは小さな三角形を3つつなげたような形でもあり、古代エジプト人が神と人間との自然のサイクルを象徴しているとか、太陽の象徴であるとかいった説もあります。
又、それぞれ3つの穴にも意味があって、2つの穴が両親をあらわし、残りの穴は子供を表わすという話もあります。



投稿者:ぴるぜんat 16 :49| 日記