2019 年6 月23 日

夏ツバキの花

 「沙羅の花は、朝に咲き夕方には散ってしまう一日花。可憐な花がポトリ、ポトリと苔庭に落ちる様は、何とも儚げで風流です。」と妙心寺東林院のホームページ「沙羅の花をめでる会」にあります。
 そこに掲載(https://www.veltra.com/jp/japan/kyoto/a/126115)されている写真を見ると、夕方に散って一晩を経過すると花弁が赤茶けてくるはずなのが真っ白のままで、それも全て上向きに等間隔で散っています。「夕方に散った花を集めて一晩冷蔵庫で保管し、次の日の朝に木の下に並べている」のだと言う人もいますが、お寺の御利益なのかもしれませんし真偽のほどは判りません。




 

投稿者:ぴるぜんat 19 :26 | 日記

2019 年6 月20 日

夏ツバキの花

 お釈迦様が亡くなったときに四方を囲んで植えられていたと言われている沙羅双樹の木はインド原産の熱帯樹であり、2本の木を対に植えてあったからとか、成長すると幹が二つに分かれるから双樹というとか諸説があります。京都の妙心寺東林院が有名ですが、1週間程前から金沢でも彼方此方で朝に咲き始めては、夕方には散っているのが目につきます。

 「夏ツバキ」のことを「沙羅の木」とも呼ばれていますが、沙羅双樹の木はインドの木であって、この夏ツバキとは別のものなのだそうです。平家物語にでてくる沙羅双樹の花は、この夏ツバキの花を詠んでいるのですが、その昔々に誰かが「沙羅双樹の木」と間違えたためにこの別名がつき、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色」と詠まれてしまったのだそうです。







 

投稿者:ぴるぜんat 18 :33 | 日記

2019 年6 月19 日

タップスターの養成講座

 アルバイト生も含めたスタッフ全員が完璧な一杯をご提供できるように、ウルケルタワーの取り扱いの講習を受けています。ピルスナーウルケル社では、「タップスター(注ぎ手)養成」の為の講習制度が設けられています。「ぴるぜん」で今後、どれほどまでにピルスナーウルケルがご支持いただけるかにもよりますが、チェコの本社に出向いてこの養成講座を受講し、「タップスターの認定」を取得してくる事も考えています。
 ちなみにこのタップスターに認定されているのは世界中で150人程だとかだそうです。




 





投稿者:ぴるぜんat 14 :44 | 日記

2019 年6 月7 日

ピルスナーウルケル専用のオリジナルタワー

 ピルスナーウルケル専用のオリジナルタワーの特徴は、きめ細かい泡を実現するためにメッシュ状の部品がタップに内蔵されています。そして最大の特徴は、一般的なタップは縦に倒すタイプですが、横に開くようなタイプになっており、ビール抽出のノズル部分が「泡を注いでからその下にビールを潜り込ませる」という独特なハラディンカの注ぎ方のために一般的なノズルよりもかなり長くなっています。それ故に、このピルスナーウルケル専用のタワーでなければ「ハラディンカ」をお出しすることはできません。


 


投稿者:ぴるぜんat 16 :32 | 日記

2019 年6 月5 日

「ハラディンカ」

 チェコで一番愛されている伝統的な注ぎ方が「ハラディンカ」なのだそうです。どのメーカーの樽生ビールも、グラスを45度に傾けてビールを注ぎ入れてからグラスを立てて泡を注ぐという手順でお出ししています。

 しかし、この「ハラディンカ」は、泡でビールを閉じ込めることによって香りと味わいの絶妙なバランスをお楽しみいただくために、先ずグラスを45度に傾けて35mlのきめ細かい泡を注いだ後に、注ぎ口を泡の下に滑り込ませた状態でビールを注ぎ入れます。日本語の「水平」という意味で、指三本分程が泡の量になりますが、「泡が多すぎるんじゃないか」とクレームをお付けにならないでください。




 


投稿者:ぴるぜんat 16 :48 | 日記

2019 年6 月4 日

ようやっとご提供にこぎつけました

 アサヒビール金沢支社長の肝煎りで、メディアの方々にお集まり頂き、ピルスナーウルケルのお披露目をさせていただきました。北国新聞社様、北陸アサヒ放送様、金沢倶楽部様、石川テレビ様、テレビ金沢様、金沢時間様、ファーボ様とお集まり頂きました。有難うございました。

 日中は30℃近くまで気温が上がりました。まさに季節です。午後5時から何時もの様に開店させていただきます。ご来店いただき、北陸初のピルスナーウルケルとアサヒのマルエフを是非ともご堪能いただきたくお待ち申し上げております。





投稿者:ぴるぜんat 16 :51 | 日記

2019 年6 月3 日

6本のタワーが立ち上がりました

 早朝からの設置作業で、ようやっと完了いたしました。6本のタワーが立ち上がりました。写真の左から、1本目がヴェルテンブルグ修道院付属醸造所の親会社であるビショーフホフ醸造所から直送されてきた陶器製のタワーです。2本目はお馴染みの0℃以下でご提供させていただいているハイネケンエクストラコールド。3本目はピルスナーウルケルのタワーです。そして4本目は予備に空けてあり、5本目がアサヒビールのスーパードライ黒。6本目がアサヒビールのマルエフのタワーです。

 明日、6月4日火曜日からご提供させていただきます。ご来店をお待ち申し上げています。





投稿者:ぴるぜんat 20 :36 | 日記

2019 年6 月2 日

6月3日はお休みをいただきます

 6月3日はお休みをいただき、早朝から「ピルスナーウルケル」の機材の搬入と設置を行います。合わせて、アルバイトの学生諸君にもその取り扱いを徹底的に取得してもらうための講習を行います。

 メニューも一新しました。樽生ビールは、ヴェルテンブルガー、ハイネケンエクストラコールド、ピルスナーウルケルにアサヒの黒ビールとアサヒのマルエフの5種類を取り扱わさせていただきます。

 6月4日は、午後1時から「ピルスナーウルケルのプレス発表」を予定しています。午後5時からはいつも通りにお店を開けさせていただきます。ご来店いただき、北陸初の「ピルスナーウルケル」とアサヒビールの「マルエフ」を、そして「ぴるぜん」の味と雰囲気をお楽しみください。




 

投稿者:ぴるぜんat 18 :38 | 日記

2019 年5 月31 日

ピルスナーウルケルの「ミルコ」

普段はビールをあまりお飲みになっていない方や、ビールが不得手な方にこそ挑戦していただきたい、他では絶対に味わえない一杯です。

「ミルコ」とは泡そのものを楽しむチェコ独特の飲み方で、ピルスナーウルケル独自のタワーでしか注ぐ事ができません。泡だけになることで、炭酸の刺激に邪魔されることなく、ビールの苦みと共にほのかなカラメルの香味を味わうことができる通な飲み方です。

ズズズズと泡を啜るようにお飲み下さい。グイッとやりますと鼻から口元に泡が付きまくります。でも、モタモタしておられるとどんどん泡がビールへと戻っていきますのでご注意ください。





投稿者:ぴるぜんat 15 :16 | 日記

2019 年5 月22 日

「ビールの泡」は ?

 「神泡」とかという言葉をビールのコマーシャルでよく耳にしますが、「泡」まで美味しいピルスナーウルケルには3通りの注ぎ方があります。「タップと」いうのは業界用語で、ビールサーバーの注ぎ口のことです。左下画像の左から・・・

1.グラスを45度に傾けてタップからビールをグラスの縁まで注ぎ入れ、グラスを立ててクリーミーな泡を注ぎ入れる、一般的に最も親しまれている注ぎ方の「ナドバクラット」。
2.グラスを45度に傾けて約35mL程のきめ細かい泡を注いだ後に、注ぎ口を泡に潜り込ませた状態でビールを注ぎ入れる「ハラディンカ」。泡でビールを閉じ込めることで香りと味わいの絶妙なバランスがお楽しみいただけます。
3.ピルスナーウルケルならではの飲み方です。タップを開いてグラスを45度に傾け、泡でグラスを満たします。濃厚な泡から感じられるザーツ産のホップの香りと特有の甘みをデザート感覚でお楽しみいただけます。グラスの中は泡だけです。「ミルコ」という注ぎ方です。「ビールの泡はビールなのか」という議論がありますが、泡もビールなのだという事がご実感いただけます。








投稿者:ぴるぜんat 15 :00 | 日記

2019 年5 月21 日

ピルスナー・ウルケル(Pilsener Urquell)

 その醸造の歴史を辿ると1295年にボヘミア王のヴァーツラフ2世がピルゼンの街を建造した頃にまで遡るそうですが、そんなチェコの地方都市ピルゼンで1842年に誕生したのが「ピルスナー・ウルケル」です。それまでのラガービールの概念を変える、一般的に「ピルスナータイプ」と呼ばれているビールの元祖ともいえる歴史あるビールです。

 「ぴるぜん(Pilsen)」という店名の由来でもある「ピルスナー・ウルケル(Pilsener Urquell)」は、170年以上にわたって、モラビア産の大麦、ザーツ産のホップ、そしてピルゼンの地下から汲み上げた軟らかな水を使用して、チェコのピルゼンの醸造所でのみ醸造され続けてきています。麦芽を3度糖化するトリプルデコクションと呼ばれる醸造法を用いており、一部の醸造は木樽によって行うなど、伝統的製法を今日でも重んじています。通常の醸造方とは異なり、使用される酵母がゆっくりと発酵する為に、口に含んで暫くしてから豊かなコクを感じ、後味はスッキリとしているのが特徴です。6月4日から片町の「ぴるぜん」でお楽しみいただけます。是非ともご来店いただき、自然な炭酸が生み出すキレのあるさわやかさと、ほのかなカラメルの香味をお試しください。







投稿者:ぴるぜんat 15 :08 | 日記

2019 年5 月17 日

ピルスナー・ウルケル(Pilsener Urquell)

 ビールは約5000年頃前にメソポタミア文明の中で生まれたとされていますが、19世紀の初め頃までは高品質のビールを大量に造る技術がまだ確立されていませんでした。そんな中で、1842年にチェコの首都プラハの南にあるピルゼンという町でピルスナー(Pilsener)ビールが誕生しました。現在、世界各国のビールの主流となっているホップの苦みを特徴としたアルコール度4.5〜5%で淡色の下面発酵ビールを総称する「ピルス(Pils)」はピルスナーの略です。今はビールといえばピルスナータイプのビールを指すことが大半ですが、当時としては世紀の大発明でした。

 その元祖ともいうべきピルスナービールの代表格がピルスナーウルケル(Pilsener Urquell)です。ウルケルとは「源泉」という意味で、ピルゼンの地下からこんこんと湧き出る水を使って地下の洞窟で発酵させ、木樽に貯蔵するという造り方を1842年の創業以来、今も変わらずに守り続けています。

 そんな「ピルスナーウルケルの樽生ビール」を、「ぴるぜん」で6月4日からお楽しみいただけます。




 

投稿者:ぴるぜんat 18 :18 | 日記