2017 年6 月9 日

研修医ワークショップ 「実践!超音波・内視鏡」

毎年恒例の消化器内科セミナーが今年も金沢大学附属病院内に設置されたCPDセンターで開催されました.トレーニングシュミレーターや実機を用いて,指導医のもと内視鏡検査,腹部超音波検査のポイントを学んでいただきました.

林講義


内視鏡2


内視鏡3


内視鏡1


超音波




投稿者:第一内科医局員
at 15 :43 | イベント

2017 年5 月15 日

金沢城リレーマラソン 2017

今年も、消化器内科メンバー(第一内科、第二内科合同)と病棟メンバーで金沢城リレーマラソンに参加しました。今年はハーフマラソンで3チームで参加しました。天気にも恵まれ、楽しく走ることができたかと思います。夜には、参加者で打ち上げを行い、第二内科、病棟看護師さんとも親睦を深めました。また来年も走りましょう!

マラソン1


マラソン2


マラソン3


マラソン4


マラソン5



文責 医局員H



投稿者:第一内科医局員
at 12 :12 | イベント

2017 年4 月23 日

Collaborating Meeting for Japanese WHO Collaborating Centers

WHOコラボレーティングセンターに指定されて最初の会議が4月23日国立国際医療センターにて開催され参加しました.
日本にはWHOコラボレーティングセンターが35施設あるのですが,一同に集まり横の連携を持つことが可能かどうかを議論しました.
金子教授から新しく指定していただいた金沢大学の紹介があり,シン先生からも日本のWHOコラボレーティングセンターに対する期待をいただきました.

wpro1


wpro2


wpro3



(文責TY)

投稿者:第一内科医局員
at 14 :36 | イベント

2017 年4 月18 日

金沢大学WHOコラボレーティングセンター指定記念特別講演会

4月17日に当科がWHOコラボレーティングセンターに指定されました.
コラボレーティングセンターの名称は,「WHO Collaborating center for Chronic hepatitis and Liver Cancer」になります.
これを記念して,WHO西太平洋事務局トップのシン・ヨンス事務局長が4月21日に金沢大学を訪問され,指定記念式典と特別講演会を開催しました.
会には総勢751名と大変多くの方に参加していただきました.
特別講演会は英語で行われましたが,学生からも非常によい質問があり,シン先生も満足され,大変実りのある講演会となりました.
この会にはOBの先生方も多く参加していただき,盛り上げていただきました.ご協力ありがとうございました.
今後は4年間WHOコラボレーティングセンターとしての活動を続けることになります.

who2


who1


who3


who4


who5




(文責TY)

投稿者:第一内科医局員
at 14 :31 | イベント

2017 年3 月27 日

消化器グループ歓送迎会

3月27日,消化器グループの歓送迎会が開催されました.70名を超える研究室員が参加し,盛大な会となりました.新しいメンバーとして長井先生,木戸先生,木村先生,早川先生(ご兄弟)を迎え,来月から消化器内科医としての研修を開始します.

教授と新人



また,砂子阪先生と原先生が送別されました.
これまでの研究室での思い出を楽しく語り合う時間となりました.
これからも一緒に北陸の医療を盛り上げていきましょう!

原先生


原先生を囲んで


教授と砂子阪先生


砂子阪先生と山下先生


砂子阪先生を囲んで



投稿者:第一内科医局員
at 11 :27 | イベント

2016 年10 月31 日

第27回日本老年医学会北陸地方会

 10月29日に当科の金子教授が当番会長を務める「第27回日本老年医学会北陸地方会」,また翌30日には,「サルコペニアとロコモティブ症候群」と題する市民公開講座が金沢大学附属病院にて開催されました.両日ともに150名を超える先生および市民の皆様に参加いただきました.

清水先生



教育講演では大阪府済生会吹田病院名誉院長の岡上武先生に,話題の「脂肪性肝炎」を,市民公開講座では,東京大学老年病科の小川純人先生と金沢先進医学センターの富田勝郎先生に「サルコペニアとロコモティブ症候群」をわかりやすく御講演いただきました.

岡上先生


会場全体


小川先生


富田先生


富田先生体操


老年集合写真



富田先生の講演中には,参加者全員でロコモを防ぐ若返り体操を行い,参加者全員が一体となる楽しい時間でした.

(文責 医局員K)

投稿者:第一内科医局員
at 11 :32 | イベント

2016 年9 月15 日

The 12th JSH Single Topic Conference

 次週,9月22-23日に当科の金子教授が会長を務める国際学会,「第12回シングルトピックカンファレンス」が金沢日航ホテルにて開催されます.

ポスター



 今回は「Hepatocellular carcinoma : New movements in the world」というタイトルのもと,分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤を中心としたがん免疫療法,アジア太平洋地域の肝炎の疫学と臨床がテーマになります.日本や世界を代表する肝臓病学のオピニオンリーダーを迎え,5年後,10年後に患者様の診療に役立つようなカンファレンスになるよう企画しました.

 金沢の美味しい料理と共に皆様の参加をお待ちしております!

投稿者:第一内科医局員
at 17 :52 | イベント

2016 年7 月16 日

第3回肝臓と糖尿病・代謝研究会

 7月16日(土)に当科の金子周一教授が会長を務める「第3回肝臓と糖尿病・代謝研究会」が金沢で開催されました.今回の研究会のメインテーマは「内分泌臓器としての肝蔵」という新たな視点でした.
 肝蔵および糖尿病の両学会から400名を超える先生方に参加頂き,優れた発表と活発な議論が行われました.是非明日からの診療に役立つことを期待します.

YIA


特別講演


特別講演2


糖尿グループ


教授


消化器グループ


全員集合



(文責 学会事務局)

投稿者:第一内科医局員
at 08 :59 | イベント

2016 年6 月28 日

The 3rd International Symposium on Viral Hepatitis in Asia

6月27、28日、中国(四川、成都)において第3回目のInternational Symposium on Viral Hepatitis in Asiaが開催されました。このシンポジウムは、金沢大学が中心となり、モンゴル(モンゴル国立大学)、ベトナム(ハノイ医科大学)、中国(四川大学)と共同でB型肝炎ウイルス関連肝疾患の制御を図っていく、日本学術振興会の研究拠点形成事業の3年目の活動の一つとして行われました。

中国1



本年度のシンポジウムの目標は、昨年4月にWHOが発表したB型肝炎の診療ガイドラインおよび本年4月に改訂したC型肝炎の診療ガイドラインの普及を通して肝炎ウイルスの制御を図ることでした。また今回は、各国が行っている肝炎ウイルス基礎研究に関しての発表も多く採用し、初めて2日間の開催となりました。シンポジウムには、各大学の医師、研究者に加えて、四川省の保健担当官、WHO Western Pacific Region(WPRO)および中国WHOの肝炎専門担当官、中国CDC、中国の肝臓専門医を含む約100名が参加しました。消化器グループからは、金子教授、本多教授、村上名誉教授、川口先生、島上、四川大学より金沢大学に留学している大学院生2名(Wangさん、Liuさん)が参加しました。中国人留学生にとっては金沢大学で行ってきた研究成果を発表するよい機会となりました。さらにWPRO(フィリピン、マニラ)出向中の北原先生も、香港での国際会議後、直接、このシンポジウムに参加しました。

司会


火鍋




日本人が海外で国際学会を主催する場合は多くの難しい点がありますが、四川大学、WHOにもご協力をいただき、大変盛況な会となりました。この事業は今年度も終了となりますが、新たな予算を獲得し、来年度以降もシンポジウムの開催を継続したいと思います。

中国2



(文責 医局員S)

投稿者:第一内科医局員
at 11 :39 | イベント

2016 年5 月21 日

金沢城リレーマラソン 2016

今年も、消化器内科メンバーと病棟メンバーで金沢城リレーマラソンに参加しました。
今年は初めて旧第一内科、旧第二内科合同、合計30人の2チーム編成でフルマラソンを走りました。
タイムは…ですが、皆で楽しく走るという一番大きな目標は達成しました。
また来年!来年こそは、打倒循環器内科で!

2016マラソン1


2016マラソン2


2016マラソン3


2016マラソン4


投稿者:第一内科医局員
at 21 :27 | イベント

2016 年4 月5 日

2016年 観桜会


4月4日、金沢ニューグランドホテルで観桜会が開催されました。今年は新入局員11名、看護師をはじめコメディカルの新人・異動の方が43名、総勢140名に参加をいただきました。檀上には和歌山の桜が飾られ、会を彩っていました。

2016観桜会 1


2016観桜会 2


2016観桜会 3


2016観桜会 4


新たな環境に移られた新人の方たちの挨拶など、緊張もあり笑いもあり、思い出に残る楽しい会でした。
(幹事)

投稿者:第一内科医局員
at 23 :03 | イベント

2016 年2 月23 日

WHO Stefan Wiktor氏 訪問&特別講義

 2014年から金沢大学とWHO(世界保健機関)と人材交流を始めたことがきっかけとなり,当教室からも山下竜也医師と荒井邦明医師がWHOの肝炎プログラムに出向しました. 出向先の肝炎プログラムチームリーダーであるStefan Wiktor氏が,国際学会にあわせて来日され,金沢大学にも御訪問頂きました.

<金沢大学学長との面談>
2016Stefan8


2016Stefan9



 また「Global challenges and advances in Hepatitis treatment」と題して,特別セミナーも開催して頂きました. 約80名の学生,大学院生,医療従事者に出席いただき,グロ−バルヘルスの中で重要な感染症の課題である肝炎対策の世界的潮流に関してご講演していただきました.
 質問にも丁寧に回答いただき,グローバルヘルスの現状を実際に体験したいと表明された学生の方もおられるなど,大変有意義なセミナーとなりました.

2016Stefan1


2016Stefan2


2016Stefan3


2016Stefan4



投稿者:第一内科医局員
at 17 :17 | イベント

2016 年1 月4 日

医局新年会 2016年

新年明けましておめでとうございます.
本日,医局にて毎年恒例の新年会を開催しました.

新年会集合


会食


ラボ


謹賀新年



今年はこのメンバーで頑張ります.
皆様,宜しくお願いします!

投稿者:第一内科医局員
at 16 :46 | イベント

2015 年12 月8 日

第2研究室(消化器内科)忘年会

 12月8日,金沢の老舗料亭旅館「金城樓」にて,恒例の第2研究室(消化器内科)忘年会が開催されました.今年は現役医局員,OB,スタッフを併せて 119名 の参加となりました.


教授挨拶


杉本先生乾杯


全体風景


林と三浦


中堅



いよいよ忘年会シーズン到来です.皆さん,食べ過ぎ飲み過ぎでお腹を壊さないように!

(文責 幹事 K原・H井)

投稿者:第一内科医局員
at 12 :46 | イベント

2015 年11 月28 日

第一内科同窓会 石川県支部会

11月28日,毎年恒例となった第一内科同窓会 石川県支部会が金沢都ホテルで開催されました.今年は第三研究室の和田隆志(血液情報統御学)教授から、「腎臓病の病態:新たな視点と展開」というタイトルで講演をいただきました.

和田教授


講演様子


挨拶


会食



その後の宴会の席では,OBの先生方および現役医局員が入り混じり,楽しい昔話や近況報告に花が咲きました.当科の絆がさらに強くなり,大変有意義な会となりました.

追記をみる

投稿者:第一内科医局員
at 13 :49 | イベント

2015 年11 月2 日

砂子阪先生 壮行会

 消化器内科の砂子阪先生が11月からマニラのWHO西太平洋局(WPRO)にVolunteer staffとして出向することとなり,壮行会を開催しました.Dr,コメディカルを含め30名が参加,金沢医療センターから加賀谷先生も駆けつけました.

花束贈呈


乾杯


乾杯2


タイ料理


本プレゼント


カウンター


鍋


2次会


胴上げ



最後は師匠である大先輩と宙に舞う姿あり,楽しい会でした.砂子阪先生頑張ってください!


(文責:幹事 T田)

投稿者:第一内科医局員
at 09 :34 | イベント

2015 年9 月29 日

舩木先生 送別会

 消化器内科の舩木先生が10月から福井県済生会病院へ勤務移動することになり,有志24名が集結して送別会を開催しました.学会予行の前日にもかかわらずこの29日が選択されたのは,肉(29)の日で肉料理が半額になるお店を発見してしまったからです!

岡藤と



 同期の岡藤先生からの花束贈呈あり,恒例の宙に舞う姿あり,最後はカラオケで熱唱あり,と楽しい時間を過ごしました.

テーブルで4



テーブルで3



テーブルで1



テーブルで2



肉寿司



舩木舞う



カラオケ1



カラオケ2



 舩木先生,頑張ってください!!

(文責:幹事 Ymat)

投稿者:第一内科医局員
at 22 :32 | イベント

2015 年9 月20 日

Mongolia-USA Scientific Workshop on Chronic Viral Hepatitis and Primary Liver Cancer

9月14日から16日、モンゴルのウランバートルにおいて第1回目のMongolia-USA Scientific Workshop on Chronic Viral Hepatitis and Primary Liver Cancerが開催され、消化器グループの山下太郎先生と島上が参加しました。

モンゴル



モンゴルは、肝炎ウイルスの感染率と肝癌の死亡率が世界でも非常に高いことが知られています。このワークショップは、モンゴルにおける肝炎対策の充実と肝癌死亡率の低下を目標に、アメリカとモンゴルの共同研究を進めていくことを目標に開催されました。参加者は、NIHやCDC、Stanford大学などアメリカ側の研究者とモンゴル側の研究者が中心でしたが、それ以外にも、WHO、台湾そして日本(金沢大学は日本の代表として参加)の研究者も参加しました。最初の2日間は、各国における肝炎、肝癌の現状を発表し、モンゴルにおける肝癌,肝癌対策の討論を行いました。その後は、モンゴルの医療機関や研究所の見学を行いました。今後、モンゴル、アメリカ、台湾、そして日本(金沢大学)でコンソーシアムを形成し、モンゴルでの肝炎、肝癌対策を行っていくことを確認してきました。

(文責 医局員S)

投稿者:第一内科医局員
at 17 :26 | イベント

2015 年7 月21 日

第一内科同期会(平成5年度入局)

 平成5年(1993年)第一内科入局の同期会を7月19日全日空ホテルで開催しました.
 入局同期14人中,11人が参加しました.先に月岡先生が帰られたので10名しか写っていません.
 乾杯の後,「スマホに替えるべきかどうか」という少しおばさんおじさん的な話で始まり,研修医時代の話や今の病院での話や子供の話まで夜遅くまで盛り上がりました.
 23年目になり開業している先生から大学や病院での管理職についている先生まで,道はそれぞれですが,「みんな昔のままだね」というフレーズが飛び交っていました.
 今後も,この同期会を続けていこうと,みんなの笑顔で会は終わりました.

同期会集合



(文責TY)

投稿者:第一内科医局員
at 18 :13 | イベント

2015 年6 月30 日

プチお別れ会

本日で退職する教授秘書の清水さんの小さなお別れ会が行われました。
1年間という短い期間でしたが大変お世話になりました。

みんなで



最後に秘書室メンバーで写真撮影しました。素敵なスマイルで!

秘書集合



(文責 医局員K)

投稿者:第一内科医局員
at 18 :02 | イベント

| 1 /7 ページ | 次の20 件 >>

このページのトップへ