<< 2020/12トップページ
2021年1月16日

山海に渡り鳥

小川ダム湖面、水面が出たところに千羽余りのかもたちが集団を作って休憩。
強烈な風雪の中、身動きせず不動の姿勢。水面を泳ぎ回っている動きが無くしつまらない!
一方、大屋海岸の十数匹の鳥たちは波乗りを楽しんでいる様子。離れては集結を繰り返していたが休憩出来るのかな?
 友人3人のビニ−ルハウスが大雪で全壊。片づけて再構築、災害に立ち向かって欲しい。



投稿者:ながさきat 17:32 | 日記 | コメント(0)

2021年1月15日

焚き火で焼き肉

休憩小屋のハブ切りと屋根の雪おろし。晴天に恵まれ力仕事ながら気分爽快。
昼飯時、夢創塾の高台で薪を井桁に組んで焚き火を楽しむ。薪に水分が多くパチパチと火の粉が飛び交い花火模様。願い木片を焚き火に投げ込み天界に上る炎に託す。
残り火で串刺しにしたイノシシ肉を焼く。塩味が効いてうまかったが、チョッピリ硬く飲み込んで食べる。特に脂身はガムの食感だが噛むほどに甘く格別の味。
 やっぱり大雪だった、水車小屋も埋まっており明日にでも掘り起こしたい。


投稿者:ながさきat 17:31 | 日記 | コメント(0)

2021年1月14日

でるラジ(12時台・13時台) | KNBラジオ | 2021/01/14/木 12:30-14:00

でるラジ(12時台・13時台) | KNBラジオ | 2021/01/14/木 12:30-14:00

投稿者:ながさきat 18:51 | 日記 | コメント(0)

雪降ろし実況

朝から本屋の雪降ろし。昼すぎKNBの出るラジ番組で雪降ろし実況を携帯電話で語る。
屋根の積雪1,7m、雪の状態、安全対応や落とした雪始末は母ちゃん担当、排雪は用水利用、町道は谷水で融雪の他、高齢者宅の雪落対応などを屋根上で語る。
 向かいの空き家、親戚の若夫婦がきて1日がかりで雪降ろしを終えていった。そのパワ−に驚き。スノ−ダンプには私の2倍以上の雪容量を難なく投げ捨てていた。
当方の落とした雪始末、残念ながら1/3を残して終了。パワ−不足を痛感。老人だもん!


投稿者:ながさきat 17:58 | 日記 | コメント(0)

2021年1月13日

水の力・流雪&融雪

近所隣が屋根雪降ろしを始めた。老人仲間がスノ−ダンプを上手ぬ使って屋根雪降ろし。
当該大量の雪処理、集落に張り巡っている用水網の流雪で大助かり。しかし、集雪場から長距離20m前後の家庭では地獄の雪捨て。
みんな足が棒になり、腕が回らないなど体調にガタ。山手の家では谷水を道路に引いて融雪、2m降った雪も消してしまい県道よりも路面良好。
自然からの贈り物、水の効用に感謝。


投稿者:ながさきat 17:55 | 日記 | コメント(0)

2021年1月12日

積雪250cm

記録的大雪で夢創塾小屋群が心配になり、かんじきを履き小川の雪原を横断、両岸標高差40mをあえぎながら登り切り、広場や小屋などの大雪状況を確認。
山羊小屋が埋まり、ツリ−ハウスの屋根が破損、休憩小屋が傾いていた。今は手当も出来ず春を待って対応したい。
久し振りのかんじき歩行、ラッセルはきつい、30歩毎の小休憩を繰り返しながら1時間で広場に到着、帰路は足跡をたどり所要時間20分、トレスがあると超楽ちん。


投稿者:ながさきat 18:15 | 日記 | コメント(0)

2021年1月11日

屋根雪降ろし

明朝から降った雪40Cm、またも除雪に2時間。終わって魚津へ弔問。悪路で倍以上の時間を要し体クタクタ。帰宅し3時から車庫の屋根雪きおろし。
なんと積雪2m、軽いと思っていた雪は、下層部が締まって意外と重く体力消耗。
夕方までに下ろしたが、積もった雪の山は屋根まで届き,明日の排雪処理が半日かかりそう。これから続く本番の納屋、本屋の雪降ろし、体力との戦いだ。


投稿者:ながさきat 17:54 | 日記 | コメント(0)

2021年1月10日

うまそ小鳥GET

母ちゃん助っ人で家のまわりを除雪。最高積雪量1.9m,納屋のドアが埋まってしまった。1日の作業量概ね80m3比重0,3で25トンの作業。人力作業これが限界。
 庭の除雪が完了したため、猫のうまそが野外で活動開始、早速納屋に入ってくるスズメなど小鳥3匹を捕食。家の居間でで食ったので部屋中羽だらけ,始末にマイッタ。除雪で小鳥たちを天国に送ってしまい残念な思い。代償に戸袋上に種籾をたっぷり置き冬場の餌場とした。


投稿者:ながさきat 19:28 | 日記 | コメント(0)

2021年1月9日

終日除雪

昨晩から65Cmの積雪。朝から夕方までスノ−ダンプで除雪作業に明け暮れる。
各家、総出で玄関口や車庫前だけの除雪、まだ屋根雪を下ろしていないが、これ以上雪が降ると来週は屋根雪おろし。腰に痛みが出だし雪おろしを考えただけでも憂鬱になる。
車庫、納屋、山羊小屋、本屋の雪降ろし、後処理、ボチボチやるしか無い。


投稿者:ながさきat 17:48 | 日記 | コメント(0)

2021年1月8日

大雪&除雪

予報どうり雪が一晩に70Cmつもり大雪。
県道は融雪装置が降雪量に追いつかず残雪で路面見えず。
玄関前広場、車庫前の除雪に入ったが、県道の除雪に時間を要し、広場の一部は除雪できず明日に持ち越し。
両隣の老夫婦、朝からで夕方まで除雪作業に明け暮れるもやはり残ってしまった。
朝からでも45Cmの積雪にマイッタ!


投稿者:ながさきat 17:32 | 日記 | コメント(0)

2021年1月7日

中庭除雪

突風で雪が舞う中、これからの大雪に備え中庭の除雪。ここは車庫、納屋、本屋の屋根雪が集中して落下する場所。スノ−ダンプで2時間余りの除雪作業、雪が重くくたぶれた。 
 昨日に引き続き杉皮入雲龍紙を33枚漉きあげる。昨年から200枚余りを漉いたが、当初は失敗30%、今では0に近い。紙の厚さ、1/100mmの完成時、ほ−とすると同時にゾクゾクの快感、和紙がたまるが需要が無いのが玉にキズ。それでもまだまだ漉くぞ−!


投稿者:ながさきat 17:58 | 日記 | コメント(0)

2021年1月6日

奉納和紙づくり

蛭谷神社新年祭に奉納する雲龍紙を漉いた。昨年は天空紙を奉納した御利益があってか,長年の課題であった雲龍紙を漉けるようになり感謝。
今回、神社神木杉の皮を採集し、これを砕き漉き込んで神木杉皮雲龍紙20枚を完成。
純白の紙にランダムに配置された杉皮、癒やされる構図に満足。ちなみに重さ1枚1gで空中を漂いますが、雲龍紙よ天空に舞い上がり神様に願いを届けてほしいものだ。


投稿者:ながさきat 17:43 | 日記 | コメント(0)

2021年1月5日

自生楮猿の餌

ぼた雪が降った先日、水道水源地への電線が杉の倒木で切れ、1日がかりで北電が応急手当で対応、早急な復旧に3集落100戸余りが大安堵。今日朝から北電が倒木処理などを行い
電線の張り替え工事。昼前に終了したが、依然として地上を這わせたケ−ブル線仮設対応。
 工事確認に現場に入ったら、自生楮の皮が猿たちのエサになってスッピン。その数十数本昨年は栽培コウゾで原料調達したので放置された楮、命を繋いだかも。


投稿者:ながさきat 17:02 | 日記 | コメント(0)

2021年1月4日

小屋の雪落

物置場の屋根雪をスコップで処理。積雪深1m、半分はざらめ雪で重く連続作業が続かない。約50平方米の除雪に3時間。重量にして20トン以上、頑張ったが、腰に違和感。
 築26年の掘建て小屋、ガラクタ物しか収納してないが雪で潰すわけには行かない。
今後大雪にならないことを期待。


投稿者:ながさきat 17:42 | 日記 | コメント(0)

2021年1月3日

静寂夢創塾

今年初めて夢創塾に出向き小屋群の積雪状況観察。27年目の一番古い物置き小屋の積雪90Cm。放置すればつぶれる可能性あり!他にも傾いた小屋があり対応に頭が痛い。
谷川のせせらぎも聞き取れない静寂な夢創塾広場。そんな中、突然休憩小屋から、カタ、カタ、カタ−と爽やかな打撃音、キツツキが囲い板に穴を空けて餌あさり。
すでに数十個の穴が出来通気性良好、ここは自然塾。


投稿者:ながさきat 17:56 | 日記 | コメント(0)

2021年1月2日

浮遊和紙

孫の朝日、新年挨拶。
記念に紙漉き場で雲龍紙を漉き乾燥して薄紙完成。家に戻りスト−ブの対流に乗せ雲龍紙の浮遊を楽しむ。室内を3〜5秒間フワフワ漂い自分紙の軽量を体感。
 帰り際、ママさんダンプで玄関口の除雪を手伝って貰い、チョッピリ楽ちんさせて貰う。


投稿者:ながさきat 18:09 | 日記 | コメント(0)

2021年1月1日

大木杉ハグ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
朝一番、蛭谷神社で参拝、帰り山中には入って我が家の神木大杉にハグして新年挨拶、家族の健康を祈願。除雪後、元旦で天空紙&薄紙漉き初め。


投稿者:ながさきat 17:58 | 日記 | コメント(0)

<< 2020/12トップページ
▲このページのトップへ