|1/241ページ | 次の20件 >>

2019年2月20日

定住・移住・関係人口を学ぶ

GT主催の「元気とやま」ふるさと創生セミナ−に出席。
ロ−カルジャ−ナリスト 田中先生には関係人口について学び、徳島大学の田口先生には地域作り人材育成について講義を拝聴。実体験からの講演で共に解りやすく学ぶこと多し。
 懇親会では本音でケンケンガクガクの検討会。素晴らしい2人の先生に感謝。


投稿者:ながさきat 22:27 | 日記 | コメント(0)

2019年2月19日

雨水

空から降るものが雪から雨に変わり、里山の雪が溶けて水になり、梅や草木が芽吹き始める。撮影時ぬれたが身に応えるほどで寒く無い。山肌も雪解けで半分位は地面が見え始め、計画している炭の原木伐採が3月には出来そう。
この雨を機会に仲間と、楮、トロロアオイ、アフリカ米づくりの作業計画を打ち合わせ。
特に楮苗採集、栽培地など本格的な楮づくりに熱が入る。まずは原材料確保が一番!!


投稿者:ながさきat 17:40 | 日記 | コメント(0)

2019年2月18日

春の滴

先日漉きあげた50枚の和紙を乾燥して仕上げる。今回、トロロアオイの調整、脱水の度合いに細心の気を遣った作業管理、結果、上出来、不合格は2枚のみ。経過の記録を今後に活かしたい。  
 山裾にはフキノトウ、石垣の苔からは春の滴が夕日に輝きしばし見とれる。
裏山散策で春の近づきを体感。


投稿者:ながさきat 18:14 | 日記 | コメント(0)

2019年2月17日

越冬保存食

かって当地は越冬食としていた山菜の塩漬け、高齢化に伴って4、5軒のみ。
又、干しゼンマイづくりに至っては2軒。
作り方を聞いて4年前から試行、ワラビ、フキ、ウドの塩漬け、干しゼンマイと生木で燻した黒ゼンマイづくりは昨年で成功したようだ。
 塩がタップリ二樽目のワラビは色も良く、シャキシャキ。併せて作ったワカメの塩漬け、乾燥わかめも成功。
木酢の香りが漂う黒ゼンマイはカビず重量感があって貴重品の風格。
 3年前の保存クルミは1割余りが腐っていたり、実が脱水状態で食えず、長期の保存は不適のようだ。
実の味は少々劣化しているが、クルミの香ばしさは十分。400gGET。


投稿者:なat 18:25 | 日記 | コメント(0)

2019年2月16日

肴は酒粕

午前中は紙漉き。トロロアオイの出が悪く準備に手間取る。
作業途中、弟が大量のハタハタとイカ、最上級の酒粕を持参。
一服時に酒粕を焼いて酎ハイの肴に!新たなエネルギ−補給で60枚以上の作業展開。
動作が滑らかな分、紙面もきれいに仕上がった気がする?
 晩酌は手づくりのイカソ−メンとハタハタの鍋、今日は珍味の旨いものずくしでポカポカ
寒さも吹っ飛ぶ!!


投稿者:ながさきat 17:48 | 日記 | コメント(0)

2019年2月15日

紙漉き準備

中断していた紙漉きを始めるため、漉舟の残留原水を全部入れ替えし、真新しい打解した楮を投入して攪拌、明日の紙漉きに備える。トロロアオイも更新、根の部分を潰して晒し袋に入れ揉んで粘りを絞る。直後だったので肝心のネバリが少なかったが、明日に期待。 
 仲間から荷物を担ぐ背負子、通称「セイタ」をもらった。今でも山から椎茸原木を担ぎ出すときに使っている道具ですごくありがたい。末永く使わせてもらおう!!



投稿者:ながさきat 17:57 | 日記 | コメント(0)

2019年2月14日

でるラジ | KNBラジオ | 2019/02/14/木 12:30-16:00

でるラジ | KNBラジオ | 2019/02/14/木 12:30-16:00

投稿者:ながさきat 18:32 | 日記 | コメント(0)

雪帽子

久し振りの大雪?小川の川原は白一色。しかし積もった雪はすごく軽い綿雪、膝上まで潜るもワカンを装着せずラッセルで川原の散策。
小川の転石に積もった雪は自然の芸術。動線の清流を背景に重鎮石のコントラストが好き。
 KNBの出るラジで協力隊員のワフィ君と出演。びるだんでのバタバタ茶会、紙漉き体験、炭焼き体験談等のほか、手伝っている農業技術を母国のマレ−シアで活用したい夢などを語る。初出演ながら堂々のしゃべり、今後も交流を続けたい。


投稿者:ながさきat 18:08 | 日記 | コメント(0)

2019年2月13日

筆づくり

久し振りに林道をラッセルで夢創塾へ。気温零度、風邪が吹き荒れ歩行中も背中ゾクゾク。
途中自作の筆を作るため、細めのススタケ、真藤、葛の枝を採集。炭窯前で焚き火をしながら小刀で材料の先端を10〜16等分に分割。これをじっくり根気よく木槌で叩き、細い繊維に解して筆の完成。試し書きをしたところ、真藤は木質部が硬く筆に不適、葛は理想の筆が出来、竹はかろうじて及第点。他に熊毛で作ってみたが墨の乗りが悪くてダメ。
 富山県人づくり財団が開催した「学ぼう!ふるさと未来」事業報告会に出席し、支援事業実施の5校長から実践活動報告を拝聴。各校土着の歴史、文化など地域住民と一体になって学んでいる取り組みに感動。熱心な先生方に感謝。


投稿者:ながさきat 19:05 | 日記 | コメント(0)

2019年2月12日

イノシシ捕獲

先日荒戸谷を踏査しているとき出くわしたと思われる3匹のイノシシを、今年初めて仕掛けた檻で捕獲。仲間と雪上を3台のスノ−ダンプで軽トラまで運搬。ダンプの新たな活用。
 入善町に出かけたついでに、湧水をふんだんに使っている金山地区の配給水筒3基を改めて見学。1基あたり三十数カ所のパイプが張り付いて、均等に分水されている模様は壮観につきる。無尽蔵にわく自然の恵みがうらやましい。
 海岸近くの湧水地帯ではクレイソンが大繁茂、キンギョウ草も活き活き。水温14度。
まだ当地の川水は4度で手がしびれそう!



投稿者:ながさきat 18:00 | 日記 | コメント(0)

2019年2月11日

懐かしの夢づくり

日記帳を整備していたら、今がある25年前の夢創塾の構想ポンチ図と完成した小屋の写真を見つけた。小屋の土台作りから柱の加工、完成した後は餅つき、弓矢の遠射、イワナの骨酒のがぶ飲みは懐かしい。今まで継続して活動できたのも多くの仲間との絆があってこそ、節目としてささやかながらも25周年記念式を義務と思い6月中旬を予定。
 課題は今年、柿ノ木谷に土砂流防止の砂防堰堤工事が入るので時期の調整が必要。
準備を楽しんでがんばるぞ−!!



投稿者:ながさきat 17:58 | 日記 | コメント(0)

2019年2月10日

びるだん和紙展示

赤川君の計らいでなないろKANにびるだん和紙8種類を展示。
大型和紙はかって蛭谷で漉かれた障子紙とその類似物、薄く強靱な代物。
小型紙は従来から引き継がれてきた手法で、天空紙など我が輩が漉いた和紙4種。
今後は、需要や要望を頂ながら紙漉きに精出したい。  
 山祭りの神事が蛭谷神社で厳粛な内に執り行われた。寒風が吹き込む凍てつく寒さだったが、山仕事仲間達はお祓いを受けるには絶好の日和。夢創塾の安全を祈願する。


投稿者:ながさきat 18:08 | 日記 | コメント(0)

2019年2月9日

家宝杉

明日蛭谷神社で行われる山祭り、神殿の掃除や飾り付け、石段の除雪を仲間と行う。
雪が少なく除雪が容易で良かったが、今晩の降雪が気になる。
 準備終了後、神社の隣にある直径1,4mの家宝大杉を畏敬を持って抱いてみる。柔らかく暖かくどっしりした巨木は、我が輩を護身しているようで貴重な宝物だ。
引き続き小雪の降る中、荒戸谷林道を探索。聞こえるのは川の流れのせせらぎ、見えるのはカワガラスの餌取り、猿たちの木上集団休憩、突然逃げ出したイノシシ、水辺でふきのとう、わさびをGET。3kmのラッセルはちょうど良い運動でした。


投稿者:ながさきat 18:08 | 日記 | コメント(0)

2019年2月8日

クルミ掘り出し

気温−2度、粉雪で35cmの積雪。久し振りの除雪。
家の中で資料整備とキリを使ってクルミの実だしを行う。根気を込め概ね600個、半割なので1200個から実を掘り出し1,1kgをGET。所要時間7時間、自分にご褒美。
半分はクルミ味噌、残りはバタ−クルミにしてミネラル補給食。長生きするかも・・。


投稿者:ながさきat 17:38 | 日記 | コメント(0)

2019年2月7日

初山仕事

陽気に吊られ山に入りチェンソ−を使って窯木調達。快音のチェンソ−で全身汗だく、快い疲れ!!1ロット調達後、焚き火でクルミ450個を煎り半割りして自宅に持ち帰る。
午後、長尺ノコギリを持ちだし桜のテグス病枝切りと桜に巻き付いている蔦を剥ぎ取る。
テグス枝は3年前に切り下ろしたが、再び蔓延、いたちごっこだが排除あるのみ。
 落ちた屋根雪が雨だれで切断、厳冬期には見れない珍現象に異常を感じた。



投稿者:ながさきat 18:05 | 日記 | コメント(0)

2019年2月6日

ポカポカの小川探検

小川温泉広場にあさひ野小5年生24名が、「厳冬の小川探検」にやってきた。
源流探検前に、小川温泉のお湯と雪の温度差を利用したスタ−リングエンジンと豆電球発光実験を驚きと感動で学ぶ。他に、雪上を歩くかんじき、西洋ワカンを見聞、春を告げるネコヤナギ、クルミの葉痕を勉強。
雪道を歩き小川の水辺で水温調査、カジカや川虫の水性生物調査で自然の営みを学ぶ。途中雪遊びでストレス解消!流れに沿って小川ダム、頭首工、ラバ−ダムを見学、水と雪と生活の関係について現場で学ぶ。最後は内水面漁業組合でサケ養殖場を見学。
厳冬どころかポカポカの小春日和に戸惑うも今回も大成功。




投稿者:ながさきat 17:49 | 日記 | コメント(0)

2019年2月5日

試し捕り

明日行われる「厳冬の小川探検」を前に、現場への雪原を踏み固めて雪道を作り、川原に降り、水温3度の川辺に入ってカジカ、川虫、カジカカエルを試し捕り。冷たく手もかじた!
昨年洪水で川が荒れたが、生き物が生息していることを確認。明日、児童たちが捕獲出来そうで安堵する。見学予定の小川ダムが工事中で天端道には侵入出来ず、側面からと下流の展望台からの見学に変更。事前調査して良かった。
 午前中、クルミ350個を煎ってカナズチで半割。仙人食のクルミ500gGET。


投稿者:ながさきat 18:09 | 日記 | コメント(0)

2019年2月4日

春一番

春一番、昨日からの雨で雪解け水が増水、県道の側溝、自治会館の入り口が水浸し。
村の田んぼ、畑も雪解けが進み3月下旬の様子に戸惑う。おかげでカンカン野菜が雪を掘らずに収穫。ハクサイのひたし、ダイコンと自然薯のおろしは甘くて旨い!!
 夢創塾への林道も雪解けが始まる。この調子だと1週間後、自動車が小屋近くまで進入出来そう。開通したら炭焼き挑戦、即、ストック場から炭の原木搬入をしたい。


投稿者:ながさきat 18:08 | 日記 | コメント(0)

2019年2月3日

紅梅散り梅咲く

先月咲き始めた紅梅が散り始め、梅が咲き始めた。
通常1mの積雪がある裏山の杉林は、すでに雪無しで緑のシダ類が見える春模様。
 今年は夢創塾25周年、その前年の計画時から現在まで、小屋づくり作業、自然体験事業などを記録した帳面30冊を開いて回想。記憶は無かったが記録で当時を思い出す。 
 15年前からはブログで日記調の記録、近年はフエスブックも併用しているが、相変わらず新聞などの切り張り、思いつきやひらめき等をメモ代わりに記帳。昨年は2冊。
25周年を機会に資料整備して、活動報告冊子を作りたいものだ。


投稿者:ながさきat 18:22 | 日記 | コメント(0)

2019年2月2日

あさひ・雪を学ぶ

孫のあさひ君に雪消しを手伝ってもらった後、雪と温水との温度差を利用したスタ−リングエンジンで回るCD版と、ペルチエ素子版を使った発電装置で発光実験を体験。
雪を装置に詰め込むことで回転が増し、強い発光に眼がキラキラ、すごいすごいと感動。
 小川ダムで数百羽の渡り鳥を観察、水面に積もった雪が水になることを学び、雪玉を湖面に投げ入れて水の元を補給。帰路、沢グルミの小枝に付いている山羊顔の葉痕を観察。先端になるほど小さい顔になり、子ども山羊はかわいい!母ちゃんにも見てもらおうと持参。
 午前中に和紙55枚を漉き、昼から孫と遊びゆっくりした休養日。


投稿者:ながさきat 18:14 | 日記 | コメント(0)

|1/241ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ