|1/250ページ | 次の20件 >>

2019年8月19日

消滅可能都市の記事


投稿者:ながさきat 19:07 | 日記 | コメント(0)

「しょい幸」完成

竹炭、楢炭をフレ−ムに縛り付けてしょい幸」20個完成。残りは「縁結び」10個だが半日で終了の目途が付いた。取り組みだしたのがお盆前、お盆中部品づくり、要した時間30時間余り。その結果、1個あたりの制作は概ね1時間、改めて手間がかかることを認識。
 横山・岡本両隊員がびるだん南蛮に添木を建て込み倒れるを防止。
すでに茎が折れたもの、枝がさけたものが有り管理にテンヤワンヤ。まだまだ生長するのでその都度がんばってや−!


投稿者:ながさきat 17:23 | 日記 | コメント(0)

2019年8月18日

縄締め終了

昨日、飾り炭のフレ−ム完成に伴い、朝から細縄をフレ−ムに巻き付け飾りと共に、締め付けて構造強化を図る。
終了35個に使用した縄は50m、慣れないわら縄操作に指の指紋が消えるほどの摩耗。
ツルツルの指先少しばかり痛い!!
残り作業当該台座に炭を乗せ縄でくくり付けてて飾り炭完成。先般、東京での物産展要請を受け最低限の数量確保に目途が付き安堵。
少々時間を要したが10年前の技が蘇り自分に満足、今年のお盆が終わった。


投稿者:ながさきat 18:42 | 日記 | コメント(0)

2019年8月17日

飾り炭調達

ストックしてあった小径楢炭、竹炭を取り出し、飾り炭用に金ノコで長さ11cmに切断。午前中に楢炭を60本、昼から竹炭130本を調達。これで「縁結び」15個、「しょい幸」30個以上が出来るハズ。しかし口径が不揃いで出来具合が課題。
 炭切り作業、ノコの目が細かいため切り屑は微粒子状、野外作業で風が舞う中、一緒に炭粉も拡散、首や腕の汗に付着して浅黒色、鼻の穴は真っ黒け!!作業は汚いが作品はきれいにしたい。


投稿者:ながさきat 18:09 | 日記 | コメント(0)

2019年8月16日

完成・飾炭フレ−ム

地獄の釜も休むと言われる今日、朝から炭工芸「しょい幸&縁結び」のフレ−ムを組み立てる。一番の難関は丸棒の所定の場所でドリルで芯に向けての穴開け作業。150箇所の穴開け、真剣勝負で疲れた!その後、連結棒、ストパ−棒を穴にはめこみ仕上げ作業。
しょい幸(背負子)20個、縁結び15個を夕方までに仕上げ、早々と乾杯。
この後、竹炭、黒炭を切断し、当該フレ−ムにわら縄で固定して作品完成。来週末までに作ってしまいたい。
 お盆のお祝いに山羊たちに大量の葛の葉を与える。特に花が好きで選りすぐって採集。
まずは花を食いアサリ、続いて若い葉をむさぼる。朝まで硬いツルも平らげる事だろう。


投稿者:ながさきat 18:13 | 日記 | コメント(0)

2019年8月15日

石斧&背負具づくり

孫あさひを迎えに行く前に、トロロアオイの蕾み百数十個を採集。シャブシャブにして食った後、残りは知人に。ねじれた蕾は見た目に美しく茹でた後も歯ごたえ十分。うまい!!
 孫が自由研究に石斧と背負い具〔通称・ショイコウ)を作りたいとの希望。
石斧は尖った石探しから始まり、柄になる木を探したが見つからず竹で代用。石を竹に縛って完成。背負い具は超ミニもの。茶筅の竹が余っていたのでこれをフレ−ムに使用。
ドリルで穴を空け連結棒で接合して本体完成。仮に木片をセットして作品完成。2作品共に仮組立。最後のボンド接合、磨きやヒモ処理等仕上げは本人。ガンバレ!!


投稿者:ながさきat 17:06 | 日記 | コメント(0)

2019年8月14日

実りが楽しみ

この暑さでE111の実りが早まる。来週の後半稲刈りが出来そう。
しかし、実りの進行と共にイノシシ、スズメ、猿たちが出没。夕方田んぼを見回りしたところいきなりはぐれ猿1匹が飛び出しこっちの方がビックリ!!近頃、電気柵、有刺鉄線共に効果激減。もはや刈り取るしか方法なし!!
 先日の大雨時、大屋根の雨樋が詰まって納屋との接合箇所から大量の雨漏り。
修理に屋根に登ったがカワラが熱くやけどするほど。手作りのゴミ取り道具を使って、雨樋を清掃。U型受け台の修理を含め夕方には終了。これで大雨も大丈夫なハズ。
暑さにマイッタ−!


投稿者:ながさきat 17:59 | 日記 | コメント(0)

2019年8月13日

フレ−ム試作

午前中、フレ−ム材工作機械の設置。ドリルは1mの台座を作って固定、サンダ−機は丸太の中央部を切り抜き凹状態にしてその溝に機械を逆さまにして固定。
昼からサンダ−ですべての部材隅取りを行い、最後にドリルで穴空けして2種類の飾り炭用
フレ−ム試作。自己採点85点、明日から満点目指して頑張ろう。


投稿者:ながさきat 17:48 | 日記 | コメント(0)

2019年8月12日

飾り炭部品づくり

飾り炭用のフレ−ムに引き続き小径の接合材、ストッパ−、脚材をノコギリで定尺に切断。予備も含め200個余りを猛暑の野外で作業。
続く切断面の角取り、初めてサンダ−を使用。一瞬の内に滑らかになり、今までの小刀で削る原始的な手作業何だったんだろう・・・。明日からの当該作業楽しくなる。
 猛暑で山羊の餌、葛の葉、花がしおれ気味。みずみずしい餌が欲しいと余り食ってくれずショック。山羊も仙人も夏バテ気味。



投稿者:ながさきat 17:47 | 日記 | コメント(0)

2019年8月11日

姉妹で空中遊泳

親子3人がやってきてブランコ、シ−ソ、水遊びを楽しんだ後、ジップラインに挑戦。
妹が幼児のため姉と2人まとめ終点で滑車に吊るし、お父さんが滑車にセットしてある綱を出発付近まで引き上げしてスタ−ト、空中遊泳の姉妹怖さまったく感じず大はしゃぎ!
もう一回が続いて数回以上往復が続く。満足な様子に暑さ忘れる。
 注文のあった飾り炭の準備に取りかかる。まずはフレ−ムになる楮のガラを探し出し、これを丁寧に水洗いした後、規定の長さに切り添える。30組60本を夕方までに終了。
お盆休みに最低20組を仕上げる予定。約束した以上作しかない。


投稿者:ながさきat 18:22 | 日記 | コメント(0)

2019年8月10日

花刈り

最盛期のトロロアオイ花を刈り取る。その数概ね3千個。目的は、根の部分を肥大化させるため。先日まで朝取りし、湯通ししてポンズで美味しいと食っていたが、飽きて終了。
しかし、脇芽がすでに大きく生長して花芽続続。再度花刈りが必要。花取っていって!!
 午前中、わな狩猟免許の更新に富山まで出向き、更新講習会に出席。
鳥獣の保護及び管理等に関する法令や猟具、鳥獣に関する知識について再確認する。
次回は81歳それまで猿、イノシシ、鹿との知恵比べ。ボケ防止に効果あるかも。


投稿者:ながさきat 18:06 | 日記 | コメント(0)

2019年8月9日

浅漬け・ウメエ−!!

山羊の水分補給に巨大キュウリを輪切り、出来立ての自然塩をたっぷり振り込みエサ箱に投入した途端、塩味が最高と2匹が競ってキュウリ丸呑み。半分以上を平らげアカがやっとウメエ−と感謝の鳴き声。シロは浅漬けがなくなるまで食い続けたものの、メエ−メエ−のみ!
シロにいじめられているアカが更に好きになった。
 山側の土手に「オタネにんじん」が実を付けだした。10年物をそろそろ掘り出し食って元気を蘇らせたい。当該の実が発芽して自然繁殖に期待。
 昼から富山で9月初旬から始まるアフリカ青年研修の打ち合わせ。12カ国14名が農村振興コ−スを受講。今回もアフリカの青年達と友達になれる!!


投稿者:ながさきat 20:06 | 日記 | コメント(0)

2019年8月8日

夢創塾25周年お祝い


投稿者:ながさきat 20:02 | 日記 | コメント(0)

でるラジ | KNBラジオ | 2019/08/08/木 12:30-16:00

でるラジ | KNBラジオ | 2019/08/08/木 12:30-16:00

投稿者:ながさきat 19:09 | 日記 | コメント(0)

谷間に歓喜

東大生12名がやってきた。窯から炭出しに始まり、昼飯のピザ生地練り、具の調理を和気藹々全員で取り込む。ギコチない包丁さばきながら自分たちのエサづくりに真剣作業。
続いて先般ヒスイ海岸で採集した海水を、当地で50時間煮詰めて作った塩を布袋に取り込み、打撃を加えてニガリを分離。炭火で強制乾燥して臼で摺り完成。各自30g土産、残りは次に来るアフリカ研修生お土産に袋詰め。
 ピザが美味しいと大受け!喜んで貰いスタッフ全員大満足。
昼食後は和紙漉き、ジップライン、ブランコと森の中は歓喜の渦。すべてが初体験と笑顔があふれていました。
 尚、今回初めてKNBの出るラジは携帯電話出演。東大生4名も出演、小林アナからの問いかけに対応。思わぬラジオ生出演に仲間から拍手喝采。彼らも想い出になったことだろう。




投稿者:ながさきat 18:51 | 日記 | コメント(0)

2019年8月7日

歓喜が暑さぶっ飛ばす

猛暑の中、富山市内から児童36名、と引率者8名が1日中、暑さに負けず自然体験を楽しんだ。海水からの塩作りは、最後に臼で摺った細粒の自分塩を袋に詰めてお土産。
和紙は葉書を漉き乾燥して完成。夏休みの作品と喜ぶ児童有り。森の中ではシ−ソ、ブランコ、弓矢遠射遊び、水遊び、ジップラインを楽しむ。そんな中、鳥のように飛べたと、ジップラインを4回乗った強者女子にビックリ。今回も大成功のうちに終了。横山・岡本・ワフイ3名の協力隊員支援に感謝。明日は東大生対応。頑張るぞ−!!



投稿者:ながさきat 18:02 | 日記 | コメント(0)

2019年8月6日

海水運び

東京大学・富山県インタ−ンシッププログラムin消滅可能性都市あさひのメンバ−12名が最初にやってきたのがヒスイ海岸。当地で学生と落ち合いポリタンク4個の海水を採集。
2人一組で棒にタンクを吊して駐車場まで運搬。こんな運搬一生に一度の経験かも。
早速夢創塾に運び、炭火で塩作り開始。明後日、当地に来て塩作り、和紙漉き、炭出し薪割りなどの里山体験と共に、400年余りの歴史、食文化、循環型生業システム、山間地の地域特性などを見て学んで欲しい。
 協力隊員が作った梅干しを横山隊員が天日干し、チソが少量で色がいまいち。夕方再度梅汁に漬け込み着色を試みる。又、横山が廃布を活用した収納袋を手作り。今後活用しよう。


投稿者:ながさきat 18:34 | 日記 | コメント(0)

2019年8月5日

和紙づくり取材

富山県和紙協同組合が、越中和紙のPRと共に伝統工芸品の紹介を映像に収める為、トロロアオイ畑や自生の楮、紙漉き場などで取材を受けた。八尾・五箇山・朝日町で四季折々の和紙づくりシ−ンを取り入れリレ−方式で紹介する企画。
 先日から咲き始めたトロロアオイをドロ−ン撮影。ついでに我が町内も上空から空撮。
その結果、当地空き地〔屋敷跡or分校跡広場))が多くありこれを利用してドロ−ン練習場を開設、地形が山有り、川有り平地有りで絶好の練習場と太鼓判。練習で料金をいただき、後は、和紙を漉き、バタバタ茶を飲んで交流を深めれば地域の活性化が図れると提言あり。面白い発想に検討の余地あり。



投稿者:ながさきat 18:36 | 日記 | コメント(0)

2019年8月4日

谷間に歓喜

今年も福島から7家族22名が自然体験にやってきた。
暑さにもめげず海水からの塩作り、和紙の葉書づくりのほか、弓矢の遠射、森の中でのジップライン、ブランコで遊び、最後にじゃがいも、カボチャの蒸かしを、各自が作った塩を振りかけ食ってお別れ。確か8年続けた交流、今後も継続したいものだ。
尚、協力隊員の木和田、横山、岡本3人の支援で無事終了、彼らに感謝ご苦労さん。




投稿者:ながさきat 18:28 | 日記 | コメント(0)

2019年8月3日

トロロアオイ開花

昨年より1週間早くトロロアオイが開花。
花摘みを早朝から初めて100個ほどで終了。これから毎朝花摘みが日課。
午前中明日の準備で汗だく。弓矢、紙漉き、塩作り、林間遊びなど準備ok。
 昼から入善で暑気払い。サザエに蠣、焼きそばなど腹一杯食って夏バテ対応。
入善海洋研究所で涼風を受け一服。見晴らし最高、夕日が素晴らしいとのこと。再度訪ね拝んでみたい。


投稿者:ながさきat 18:09 | 日記 | コメント(0)

|1/250ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ