2022 年1 月16 日

茶目っ気なクルミ葉痕

雪道を坪足で夢創塾の見回り。イワナの餌やりの後、周辺散策。クルミの葉痕を観察。
茶目っ気なさるorひつじ,山羊の顔に見え、自然の芸術に見とれる。
 午後、農業生産組合総会、農業者同級生の2人のみ、出席者も数人、嘆かわしい限り。
終了後、葉書の仕上げと新たに45枚を漉きあげる。脱水は原始的に木片を積み重ねして行う。重量20kgほど、重しが傾かないように調整、これが楽しい!!


投稿者:ながさき
at 17 :35 | 日記 | コメント(0 )

2022 年1 月15 日

雪原散歩

薄かった葉書の反省を踏まえ、今日は楮原料をたっぷり使って葉書漉き。厚さ12mm前後で15枚漉きあげる毎に均一化のため楮補給。
昼まで81枚を漉く。脱水は厚板や柱端を重しに使ってやわやわと水抜き。
 イワナに餌やり後、ワカン装着で小川の雪原川底を散策。
動物たちの足跡が縦横無尽、水辺ではコイも出現、所々に見つけた「タラの芽」群生地、写真に収め春の採集地にリスト。
雪のおかげで、通常は入れない葦や茅原をくまなく散歩、気分転換に最高でした。


投稿者:ながさき
at 18 :25 | 日記 | コメント(0 )

2022 年1 月14 日

焼きベタ試作

保存食用に山菜の煮ものを作ったついでに、これを具に子どもの頃食った通称やきべた(おやき)を試作。
団子粉をぬるま湯で捏ね、手のひらで薄くのばし中央に山菜の刻みを乗せ、包み込んで出来上がり。
団子粉はネバリがなく試作に手間取るも3個完成。フライパンで焼き試食。うまかったので3個食って昼食。
満腹になったところでワカン装着で夢創塾散策。大声出せるしマスク無しで快適空間。
3時過ぎから葉書の乾燥作業。薄かったので2枚をあわせて1枚に仕上げ、50枚完成。猛反省、基本的ミス、原液が薄かった。



投稿者:ながさき
at 17 :37 | 日記 | コメント(0 )

2022 年1 月13 日

葉書づくり

藍をで染めた楮を混ぜて葉書を100枚漉きあげる。厚さは0.1mm〜,昨日の雲龍紙の10倍以上、この厚さなら剥ぐのも容易、全枚数の完成が期待できそう。
途中仲間が紙漉き場に来て今年の農事作業や炭焼き、紙漉きの作業概要を練る。
共に80を過ぎたのでやわやわと取り込む事で一致。
 ひるどきユズ割りを飲んで充電、元気の出たところでスノ−ダンプで家前除雪、重い雪に手間取るも終わったところで,猛烈な降雪。あんまり積もらないことを期待!



投稿者:ながさき
at 18 :10 | 日記 | コメント(0 )

2022 年1 月12 日

100ミクロン紙成功

雪の日は紙漉きと決め、課題の超薄紙(雲龍紙)厚さ100ミクロン紙に挑戦。
水道が凍り、用水から100リッタ−を運び込み楮とトロロアオイの調整後、30×45cmの漉き枠で10枚漉いて完成品は3枚。
失敗のほとんどは乾燥後の剥ぎ取り。何せ100ミクロン前後の厚さ、指先の感覚と集中力、根気で作業!途中、なんでこんなつまらんことに挑戦?・・。
気を取り直し、3枚成功から大型漉き枠60×90cmサイズに初挑戦。後日乾燥成功を期待。


投稿者:ながさき
at 18 :35 | 日記 | コメント(0 )

2022 年1 月11 日

小川ダム・カモ楽園

夢創塾への雪道にカモの亡骸。イワナにエサを与えた後、カモが気になり小川ダムに直行。
ガム湖面手前、水面の周辺にはいるわいるわ!!概ね2千羽、雪上で休憩中。まさに楽園。
ダムの奥にも群れが見えるが、余りにも小さいので数の確認出来ず。
この大量のカモたちエサをどこで取っているのか、足りているのか,聞いてみたいものだ。夢創塾には古米があるぜ。


投稿者:ながさき
at 17 :29 | 日記 | コメント(0 )

2022 年1 月10 日

雪道×獣道=凸凹道

夢創塾への雪道、入り口から猪が、仙人の足跡に沿って小川の左岸から右岸まで250m余りを移動。
猪は通常歩幅が50〜60cmなのに、私の歩幅74cmにぴったり合わせてあるいている。
適応能力にビックリ!日中、この道を再び猪、日本ジカ、猿の軍団が行き交う獣道になる。結果、仙人の雪道は凸凹でごぼり歩きにくく悪路。
新雪以上に疲れた。久し振りに、アザミとウドの塩漬けを取り出し煮て塩出し。ウドは後日酒粕漬けにして酒の肴。


投稿者:ながさき
at 18 :06 | 日記 | コメント(0 )

|1/593ページ | 次の10件 >>