2017 年3 月27 日

楮皮むき&アカ取り

昨日蒸した楮を仲間と皮むきした後、アカ取りをする。
自生の楮は年数がたって太く、皮も厚いので皮むきは結構力を要し時間もかかった。
しかも、アカ取り作業で解ったのは、皮の至る所に黒いキズが有り,後日、これを取り除くのが難題だ。繊維も太く硬いので、児童等の紙漉き練習用に活用を図りたい。
 皮を剥いた楮の芯棒、無垢でつやつや肌、大小沢山でたので乾燥して、飾り背負子のフレ−ム等工作材料として使ってみよう。




投稿者:ながさき
at 17 :49 | 日記 | コメント(0 )

2017 年3 月26 日

番外楮蒸し

先週新たに自生していた楮を見つけ、定尺処理して300本余りを分夕方までに蒸しあげる。
その内の50本を熱いうちに皮剥ぎした後、包丁で表皮やアカを除去。今週末までに仕上げたい。
 昼過ぎ、初雪山を登頂してきた千葉県の岳人が、天候に恵まれ素晴らしい春山山行が出来たと報告。大地山からの夜景、日本海を見ながら北アルプス眺望、最高の山とベタ褒め!!
 火の番合間に周辺散策。雪解け後に可憐な白花、華やかな青紫花の一輪草が雑木に混じって咲き競っていた。隣ではピンクのショウジョウバカマも咲き始めた。もうすぐ春だ!!



投稿者:ながさき
at 18 :00 | 日記 | コメント(0 )

2017 年3 月25 日

好評・水墨画特別展

昨日の夕方から、大阪中之島図書館で開催された朝日町の美味しいもの試食会に引き続き、
今日から「びるだん和紙を愛した作家たち特別展」が始まった。びるだんから9名が参加してお茶の接待や水墨画作品のにわか学芸員?を務める。
来訪者の多くは朝日町ゆかりの人が多い中、蛭谷を離れて60〜70年の高齢者数名、高校の同級、同窓生との出会いがあり、近状報告、対話を楽しんだ。
好評だった特別展、28日まで展示されているので和紙と共に観賞してもらいたいものだ。



投稿者:ながさき
at 19 :50 | 日記 | コメント(0 )

2017 年3 月24 日

201703夢創塾にチャレンジ#7


投稿者:ながさき
at 20 :18 | 日記 | コメント(0 )

2017 年3 月23 日

でるラジ | KNBラジオ | 2017/03/23/木

でるラジ | KNBラジオ | 2017/03/23/木

投稿者:ながさき
at 20 :22 | 日記 | コメント(0 )

びるだん和紙特別展

KNBのでるラジ番組で、25日から大阪府立中之島図書館(重要文化財)で開催される「びるだん和紙を愛した作家たち特別展」について、個人秘蔵作品の岩崎巴人ら3名がびるだんで描いた水墨画や、幻のバタバタ茶&和紙を語る。
 生放送の本題に入る前、春を告げる野蒜、アサツキ、ギョウジャニンニクなどを説明。
なじみが薄いけれど料理や食べ方についても郷土食として紹介。
ラッキ−!!スタジオで元宝塚ジェンヌ夢姉妹と出会い記念撮影。
 午前中、特別展への出品作品を個人から自治会館に集め、運送会社に引き渡しを終える。
梱包の仕方、トラックでの収納方法をを見聞。学ぶこと多々あり。




投稿者:ながさき
at 18 :23 | 日記 | コメント(1 )

2017 年3 月22 日

春の息吹

目をこらしてみると、山の斜面にポツポツと黄金色が見える。
崖の上部には春黄金花が満開、中腹では雑木に混じってマンサクも全開、山から春の息吹がみえてきた。平地でもアサツキ、行者ニンニク、野蒜も伸びだし元気の食材目白押し!!
 加羅谷で自生楮を刈り取り、これを定尺に切断処理。ナタの切れ味最高。
猿に皮をかじられ不良楮ながら、3束を確保して一釜分調達。これで葉書400枚分確保。
今月末まで「茹で上げ」して黒皮で保存。



投稿者:ながさき
at 17 :38 | 日記 | コメント(0 )

2017 年3 月21 日

合格・紅花紙

昨日、ピンク色を狙って再度紙すきに挑戦、朝から乾燥したところ薄い桜色に仕上がる。
前回より色は濃くなり出来具合はかろうじて合格、ピンクにするには大量の紅花コウゾを入れる必要あり。必然的に紅花栽培が課題。
 雨の中、フキノトウ、ハルコガネバナ、雪割り草、行者ニンニクが春を告げる。
来週あたり、元気の素になる行者ニンニクが食べられそう。



投稿者:ながさき
at 18 :01 | 日記 | コメント(0 )

2017 年3 月20 日

「蛭谷和紙」継承で協議会発足

NHK 富山 NEWS WEB 「蛭谷和紙」継承で協議会発足


投稿者:ながさき
at 22 :01 | 日記 | コメント(0 )

名刺づくり失敗

昨日、一回で16枚の名刺が漉ける紙すきに挑戦。
従来どうり積み重ねて10段、一気に160枚分を漉きあげたが、サイズ区切りの縁切れが悪い上、脱水時に紙面が拡大して名刺台紙にならず大失敗。せっかくの道具使い切れず!!
漉き方の工夫と乾燥の仕方が課題。試行錯誤でトライ。
 卒業台紙サイズは概ね合格。紅花紙は期待外れの乳白色。濡らすとピンク色に変色するが、請う使用法。 昼から紅花コウゾを大量に投入して、ピンク和紙づくりに再挑戦。
 NHKのニュスで、先日の蛭谷和紙伝承協議会発足状況が放映される。
春からコウゾ栽培、トロロアオイ栽培、びるだん和紙漉きだ!!



投稿者:ながさき
at 19 :53 | 日記 | コメント(0 )

|1/406ページ | 次の10件 >>