<< 2018/12 | メイン
2019 年1 月18 日

読書感想文

 昨年の1月17日から、今年の1月12日まで、約1年かかって読み切った本である。  「雑学 漢字・ことわざ 四字熟語」(現代国語研究会・編著 永岡書店 刊)。  父が買った本である。  蛙の子は蛙で、私もリタイア後見つけていたら、多分買っていただろうと思われる本である。  内容は、そのことわざなりの起源にも解説があるので、私の「上っ面だけ理解」だけだったものに、少しは深みを付けてくれたのではないだろうか。  全てを紹介する訳には当然できないが、表紙にある物だけを並べてみる。 (順不同)うそつきは泥棒のはじまり(ホントつきはお巡りさんのはじまりなのか)。  地獄の沙汰も金次第(三途の川を遊覧船で渡れるか)。  あばたもえくぼ(美人は三日見れば飽きるが、不美人は三日で慣れるか)。  人の噂も75日(この時代もっと早く、明日になったら忘れている政治家の黒い噂か)。 栗鼠(栗と一緒だと美味しいかな)。  五月雨(雨はあくまでもシトシトと降って欲しいものだ)。  馴鹿(やっぱり仏教徒でもプレゼントは欲しいなぁ)。  烏賊(烏賊が烏を食うっていう起源に驚いた)。  山葵(辛さはジョロキアから和辛子まで何でも好きだ)。  青二才(古希を過ぎてもこう言われる私って、どうなのかなぁ)。  栄螺(これは兼六園にある名所の一つ)。  君子豹変(ゆっくり変わっても君子は君子、とてもなれないなぁ)。  眉目秀麗(凡そ縁のないひと)。  比翼連理(男性は願うらしいけれど、女性は嫌だとか)。  軽佻浮薄(時々我を忘れてなってみたい)。  人面獣心(外面如菩薩内面如夜叉 鬼子母神も女性)。  質実剛健(かつては憧れた性質だけれど、一度も成ったことがない)。  隙に任せて一度は読んで見られることをお勧めする本である。

投稿者:つねちゃん
at 08 :06 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月17 日

左義長

 わが地域でも、恒例の左義長が行われた。  今年は、後片付けが夜になると、いろいろ都合が悪いとの意見から、点火は3時30分からと決めて周知された。  当日は午後から設えたが、天気も良かったので、いつもより多くの方の参加で、3時前には高さ5m以上の物が出来上がった。  応援に出た私がゆく着く前には、例年通り厚い鉄板が敷かれてあり、後片付けの準備も出来上がっていた。  いつもより早く始めたこともあったのか、点火前から次々と注連飾りなどが持ち込まれた。  以前は口うるさくビニール、ミカン、鈴など燃えないものは点検していたが、今では皆無とは言えないまでも大分少なくなっている。  他地域では、いろいろな事情で取り止めになったとのことだが、しっかりとした周知と鉄板などの準備で、翌朝にはまるで何事もなかったかのようになっている皆の協力で、まだ暫くは続けられるのではないだろうか。

投稿者:つねちゃん
at 08 :04 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月15 日

年賀欠礼

 来年からの年賀状を欠礼させてもらうことにしたのは約半数の40名ほどにさせてもらった。  それ以前の3年ほど前に「年賀状」ではなく「年賀メール」にさせてもらった人がやはり同じように40名ほどある。  今年末には約30名ほどの人に年賀状を出すことになるが、実際には「手間」としてはそんなに楽になる訳では無い。  確実に年賀状が40枚ほど減るので、金額的には2,500円くらいの費用節約になるだけだ。  それはともかく、今年の年賀状(メールでも同じ図柄の物を送らせて頂いた)のデザインは、「猪」を図案化したものは、昨今の猪被害を受けた人もいたので、無難な「鶴」を使った。  ところが、昨年末からの景気変動から、できれば「右肩上がり」に肖りたいとの思いから「右上に向かった鶴の図案」が無いかと探したのだが、全くと言うと私の捜し方が足りなかったのだろうと作られている方には申し訳ないが、残念ながら見つけることができなかった。  これは多分「何かそうしない理由があるはずだ」と思って、調べると、やはり「左側向きが『偉い』方だ」という事のようである。  始まったばかりで、「来年のことを言うと」と笑われそうだけれど、来年のデザインも、被害がそれなりの「鼠」を使わず、何か別の物にしたいと思っている。
追記をみる

投稿者:つねちゃん
at 06 :26 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月14 日

「放送大学」で楽しく学習(12/11に採用された)

 定期的に診察してもらっている病院の待合室で見た雑誌。  先日、楽しいコーナーがあった。  いわく、「大人の学び」と言う記事だった。  大学への再入学などが紹介されていたが、私の場合、環境などでなかなかできないのが現実である。  そこで、もっぱら「放送大学」を無料で利用している。  卒業しての学位取得などは気にすることなく、卒業論文なども無く、気軽で楽しく学習している。  タイトルで興味のある講座は、ビデオに撮って受講している。  やはり「大学」と言うのだから、最初のうちはなかなか理解できないけれど、「読書百遍」と同じく、繰り返しているうちに、少しずつ分かってくるのも楽しいではないか。
追記をみる

投稿者:つねちゃん
at 06 :36 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月13 日

ブリやカニの「ブランド化」(12/17に採用された)

 この時期、北陸では、ブリやカニをはじめとした「ブランド化」の話題でにぎわう。  決してひがみ根性で言うわけではないが、われわれ庶民には「高嶺の花」と言うよりももっと縁遠い「高級品」で、首都圏の市場で高い値段を付けられたものとなってしまう。  今は昔、とはよく言うけれど、香箱ガニなどは、1匹30円位で、バケツに入れて売られており、足の身などには目もくれなかったことを覚えている。  売る側としては、なにがしかの、グレードの違いを際立たせて、「売らんかな」だと思うが、形が悪くても味に違いは無いのだから、ぜひともそのようなものは積極的に地元での消費に回してもらえないものだろうか。  首都圏の人間から「えっ、北陸にいても、こんなに上等なものを食っていないのか」と言われることのないように。

投稿者:つねちゃん
at 08 :12 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月12 日

一律返納に納得いかない状況(12/2に採用された)

 9月末にけがをして、砺波の病院で施術してもらい、退院後、約2週間おきに通院していた。  車の運転は「絶対ダメ」だったので、往復バスを利用した。  バスの運行間隔が2時間に1本と言う状況に、当たり前に車を利用していた身にとっては、今更ながら驚いた。  この状態で「高齢者は運転免許の返納で事故の減少を」と言われても、納得がいかない。 けがから約2カ月たち、ようやく「運転許可」が出た。  年齢などで「一律返納」と言いながら、「交友関係を広げて認知症予防を」と言われても、できる人ばかりではないことを理解してほしいし、その分より注意して交通安全に努めたい。

投稿者:つねちゃん
at 08 :30 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月11 日

「ごみ」を「護美」と書き換えている(11/24に採用された)

 私たちの地区では、生ごみは月曜日と木曜日の朝に出し、資源ごみは毎月第一土曜日に出すことになっている。  どうも「ゴミ」とか「ごみ」と書かれていると「汚らしいもの」と言うイメージがどうしてもついて回る。  で、全ての「ごみ」を「護美」と書き換えてみている。  私の日記や予定には全て「護美」を当てはめてみている。  そんなものを順次書き換えて、しっかりとした「癖」にすれば、今までの「ごみ」が「美しいことを護ること」に自然に無理なくつながっていくだろう。

投稿者:つねちゃん
at 06 :30 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月10 日

自転車に子供乗せることは(11/9に投稿したが採用日付を忘れた)

 子ども乗せ電動自転車の新型が発売されると新聞に出ていた。  まだ20代で神奈川県藤沢市に住んでいた頃、まだそんなに人出が多かったわけではない湘南海岸まで、自転車で20分くらいだった。  当時、まだ未就学児だった息子を後ろの台に乗せて、何度も遊びや釣りに出掛けていた。 でも、幾つかの反省もあり、大きい事故にこそならなかったけれど、息子にけがをさせたことがあってからは、自転車は止めてバスに切り替えた。  それから40数年たっての現在、やはり自転車に子供を乗せるのを奨励する気持ちにはならない。  自転車と同じくらいの速度の乗り物であれば、屋根付きの電動自動車の方がいいのではないだろうか。  最近は「シェアカー」と言うものも一部で使われているという。  子供の安全上、ぜひともそちらの開発の方を優先してもらいたいものである。

投稿者:つねちゃん
at 06 :50 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月9 日

「将来を見据えて」に思う(11/8に採用された)

 この年になっていまさら気が付くことが、多すぎるということは、それだけ自分が無知だったということになるのだろう。  全く恥ずべきことだと反省している。  そんなことの一つに、政治家やお役人と言う人が使う言葉に「将来を見据えて」と言うのが「錦の御旗」のように使われていることではないか。  消費税についてもそうだし、移民政策ではないという入管法改正も、同じだろう。  消費税は、孫子に負の遺産を残さないために、というが、負の遺産を作ったのは誰なのか。  労働力不足のために、というが、足りた場合にはどうするのか。  いずれも「将来の見通し」が誤っているか、誤っていたからではないのだろうか。  遅ればせながらも「一度立ち止まって」しっかりとした見通しを立ててことに臨んでほしいものである。

投稿者:つねちゃん
at 06 :35 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月8 日

いじめ発覚件数発表されて思う(11/1に採用された)

 かつてのツービートのギャグの中に「赤信号、みんなで渡れば怖くない」というのがあった。  今回のいじめの発覚件数では、なんだかそんなような風潮で発表されてるような気がする。  「みんなが言っている間に、うちも細かいものも含めて『あったこと』にして発表しておこう。  そうすれば『うそをついた』ということにはならないのだから」というような発表の仕方だ。  少なくとも「一人だけつるし上げ」と言う最悪の状況にはならないだろうという、一種のギャグ的な発想から出ているのではないだろうか。  教職員もそうなると、お役人と同一の人種になるのだろう。  これがまかり通ると、「あしき前例」となって、悪乗りが続き、結果としていじめということの再発防止にはならないのだろう。  私に良い発案がある訳では無いが、ぜひとも一件一件見極めて、再発防止策を講じてほしいものである。

投稿者:つねちゃん
at 06 :44 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月7 日

「同一労働、同一賃金」に思う(10/25に採用された)

 一時期盛んに言われた言葉に「同一労働、同一賃金」というのがあったが、最近また新聞紙上などで見掛けるようになった。  在職中の半分は「年功序列賃金」という体制で、後の半分は「年齢給と職能給」という制度の中で過ごした。  だから、基本的には、その言葉自体好きになれなかった。  自分から見れば「あの人と同じ仕事をしている」とか「あの人以上の仕事をしている」とかと見えるのだろうが、第三者から見た場合、本当にそうだろうか。  同じ「考えている」と言っても、視点が違ったり、範囲が違ったり、レベルが違ったりしているのである。  余り近視眼的に「同一」と判断すべきではないと思うのだが。

投稿者:つねちゃん
at 06 :46 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月6 日

栗の木を選定 胸筋切るけが(10/20に採用された)

 71歳と言う年をわきまえないわけではなかったが「まだこれくらいならできるだろう」ということで、今年大豊作だった栗の木に感謝を込めながら剪定を始めた。  上部の枝に取り掛かったところで、脚立が倒れて大胸筋を切るけがをしてしまった。  11日間の手術・入院の末に無事に家に戻れたのだが、筋がうまくつながるまでは、右腕は半固定していなければならなくなっている。  初めての状態で「いかに普段無理しているんだなぁ」と気付かされた。  復帰しても「無理をしないように」と思ってはいるが。

投稿者:つねちゃん
at 07 :54 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月5 日

今回の平和賞 大いに賛意(10/13に採用された)

 本庶佑博士のノーベル医学賞受賞は「がん撲滅」につながるとのことで、出自が富山県にもルーツがあるということで、誠に喜ばしいことである。  一方、下馬評で「平和賞」の候補に挙がっていた、南北朝鮮首脳と米国大統領だけれど、私に選択権があるのならば、絶対に「拒否権」を発動しただろうが、そんなことにならずに正直なところホッとした。  オバマ氏の受賞もそうであるが、「宣言」に与えられるものではなく、未来永劫の結果とまではいわないけれど、せめて10年程度の「継続した結果」に対してであるべきだろう。 そういう意味で、今回の平和賞の受賞者には大いに賛意を表したい。

投稿者:つねちゃん
at 08 :04 | 健康 | コメント(0 )

2019 年1 月4 日

「溜まる水は腐る」の象徴(9/29に採用された)

 「点滴 岩をも 穿(うが)つ」と言う言葉は、好きな言葉の一つだが、この言葉と対になって覚えている自省の言葉に「溜まる水は 腐る」というのがある。  前者は「石の上にも三年」と同意だと理解していて、松下幸之助氏の言葉に「諦めなければすべて成功だ」と言うのに通じると思って、それなりに努力してきたつもりである。  今回の文部科学省次官らの辞任劇は、まさに後者の例だろう。  最初はささいなことから始まり、だんだん高価なものになっても「気が付かなかった」と言う弁はまさに「溜まる水」の象徴だろう。
追記をみる

投稿者:つねちゃん
at 05 :52 | 健康 | コメント(0 )

<< 2018/12 | メイン
このページのトップへ