|1/112ページ | 次の20件 >>

2022年12月7日

12/7太陽Hα&可視光像

12/7,11時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※この時期にしては珍しく昨日に続き今月3回目の太陽観察です。/可視光黒点は3153,3155,3156,3157,3158,3159,3160群で計7群だがいずれも比較的目につく群ばかり。中でも子午線中央付近の3153群が目立つ。ダークフィラメント影では、南中緯度帯西寄りに横方向へ伸びる影が今日も目立っていた。周縁の紅炎では、南南西縁の噴出が一番目についたが、南東縁の横に広がる台地状の紅炎も目立っていた。他には淡いながらも東縁、西縁にそれぞれ浮島のような噴出など。
↓全体像(カラー1)10h43m↓

↓可視光全体像(白黒)10h47m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年12月7日10時43分(30fps×18秒35%)LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市立野原西
【データ】可視光像/同日10時47分(30fps×20秒78%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!2日続けて太陽観察。ただ、雲間からの観察で安定した晴れではない。冬は致し方ない(^_-)-☆
<はな>=^_^=スッキリしない天候の中、雨が降らない間に冬支度は無理矢理終わらせた。ドカ雪は困るけどニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U太陽黒点が比較的賑やかさを取り戻してきた。超ドデカイ黒点や紅炎が登場して欲しいワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 21:13 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年12月6日

12/6太陽Hα&可視光像

12/6昼の太陽Hα&可視光像※12/4,12/5は天候不良等で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※天候に恵まれぬ冬到来=初雪明日かも?>で、ようやく今月3日ぶり2回目の観察/可視光黒点は3153,3155,3156,3157,3158群と北東縁の無番号新黒点1つで6群。数的には少ないもののどれも複数の黒点からなり賑やかに感じた。中でも3153群がひときわ目立っていた。ダークフィラメント影では、南中緯度帯やや西寄りに横方向へ伸びる長く太い影が目立っていた。周縁の紅炎では、南南西縁に幅広刷毛状の噴出が高く上がっているのが一番目についた。
↓全体像(カラー1)12h56m↓

↓可視光全体像(白黒)12h52m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年12月6日12時56分(30fps×18秒50%)LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市竹林
【データ】可視光像/同日12時52分(30fps×20秒75%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!ようやくにして12月2回目の太陽観察。今後、氷雨や雪の日が多くなるので先行きは厳しい。(^_-)-☆
<はな>=^_^=1週間経過して体調不良はほぼ回復してきた。もうしばらく大人しくするしかなさそうだニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U大きく見える黒点群のおかげで太陽が活気を戻しつつ、、??とは言い切れないのが残念だワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 20:39 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年12月3日

12/3太陽Hα&可視光像

12/3,11時前の太陽Hα&可視光像※11/29,30,12/1.2は天候不良等で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※体調不良?もあり4日間ブランク空いてしまった。/可視光黒点は3153,3154,3155,3156群と無番号新黒点2つで計6群。殆どは東側に展開しており、3153群がひときわ目立っていた。ダークフィラメントは、南東及び北東中緯度帯付近などに点在。周縁の紅炎はやや低調な中、西南西縁の大きく広がった噴出が目についた。
↓全体像(カラー1)10h54m↓

↓可視光全体像(白黒)10h58m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年12月3日10時54分(30fps×18秒73%)LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市自宅前
【データ】可視光像/同日10時58分(30fps×20秒73%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!いろいろあって太陽観察が滞った。明日からまた冬の天気に戻りそうなのが残念(^_-)-☆
<はな>=^_^=思わぬ体調不良?で、冬支度も遅れている。今日ようやく冬タイヤへの交換を済ませた。きつかったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U比較的マシと思ったが出来は芳しくなかった。先ずはデータ蓄積が優先だワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 22:15 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月28日

11/28太陽Hα&可視光像

11/28,正午の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※10時頃より晴れ間が広がったもののシーイング不良でカメラのビューファインダーでも太陽輪郭のメラメラが分かるほど。orz/可視光黒点は3147,3149,3151,3152群で3147群は南西縁に辛うじて残っており明日には裏へ隠れそう。ダークフィラメントは、中央やや西の影が濃く一番目立っていた。周縁の紅炎は前回同様やや低調で、南東縁のものが山脈状に広がり目につく程度で、他には北東縁、南西縁に噴出あるも小さめ。
↓全体像(カラー1)11h57m↓

↓可視光全体像(白黒)12h0m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月28日11時57分(30fps×18秒62%)LumixG7(ISO800,Shutter1/30sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市自宅前
【データ】可視光像/同日12時0分(30fps×20秒75%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!予報通り晴れたのは良かったが、気流は最悪で輪郭がボケて甘い結像となった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=これで今月観察日数20日=3分の2となり、あと1回観察出来れば7割達成だが明日以降は冬型?厳しいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uうまく観察できても冬の上空気流は最悪でメラメラが当たり前になる=困るワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 19:22 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月27日

11/27太陽Hα&可視光像

11/27,10時半前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は3147,3149,3151,3152群と北中央付近の無番号新小黒点1つで5群。3148群は南西縁で判然とせず。ダークフィラメントは、中央付近の斜めになった影と、南西側の短い濃い影2つが目についた。昨日まで北東縁で目立っていた紅炎は噴き飛んだのか消滅しており、他には南東側と南西側に噴出あるものの、寂しくなった印象拭えず。
↓全体像(カラー1)10h25m↓

↓可視光全体像(白黒)10h19m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月27日10時25分(30fps×18秒62%)LumixG7(ISO800,Shutter1/30sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市中ノ江
【データ】可視光像/同日10時19分(30fps×20秒65%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/320sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!天気予報よりも回復早かったのか?晴れ間から観察できたので助かった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=7割達成には1日しか余裕無いので望みが首の皮一枚でつながっている。厳しいことに変わりはないがニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uこれから25期が本格化していく筈なのに、長期停滞気味なのが気になるワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 20:00 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月26日

11/26太陽Hα&可視光像

11/26,9時半の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は3147,3149,3151,3152群の4群で前回と変わらず。ダークフィラメントは、南東、南西、北西側にそれぞれ長め濃いめの影1本ずつを確認。周縁の紅炎で目立つのは(前日同様)北東縁の噴出で、ループの片方?が千切れていた。他は昨日より若干衰退した感じ。
※なお、使用している太陽Hα望遠鏡の内臓フィルター保護?否、養生?否、劣化遅延策について、別に後ほど投稿の予定(オタ記事なので無視してください)※
↓全体像(カラー1)9h36m↓

↓可視光全体像(白黒)9h30m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月26日9時36分(30fps×18秒75%)LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市中ノ江
【データ】可視光像/同日9時30分(30fps×20秒70%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!午前中晴れたので観察日数18日=6割を達成した。が、午後から天候悪化 orz(^_-)-☆
<はな>=^_^=あわよくば7割も、、と思ったこともあったが現実的には無理な情勢になってきたニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U太陽鏡内臓フィルターの経年劣化を遅くする手段について、私見に基づく実験例を別掲するワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 22:22 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月25日

11/25太陽Hα&可視光像

11/25,9時前の太陽Hα&可視光像※11/22,23,24は天候不良でタイミング合わず欠測、3日ぶりの観察。※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は、3147,3149,3151,3152群の4群。いずれも複数の黒点からなる群で一番目につくのは3147群だが、活動域で言うと3149群と3151群の白く明るい部分が目立つ。ダークフィラメントは、南西側3151群の下(南)の濃い影が目についた。周縁の紅炎でひと際目立ったのは北東縁の横にも広がる噴出で、すぐ南にピラミッド状の噴出もあった。何方かというと東側が賑やかで目立っていたが、暗く淡いながらも西縁に大きな紅炎が炎のように高く噴いていた。
↓全体像(カラー1)8h52m↓

↓可視光全体像(白黒)8h55m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月25日8時52分(30fps×18秒78%)LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市桐木
【データ】可視光像/同日8時55分(30fps×20秒75%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!悪天候で3日間連続欠測 orz/観察日数17日で6割の目処は立ったが、、(^_-)-☆
<はな>=^_^=残り5日間で1勝すれば6割、4勝すれば7割=1日しか余裕なし=さすがに無理かニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U日の出遅くなり、太陽高度も低い=気流状態気になるが、今日は比較的良かったワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 20:16 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月22日

11/19木星&火星@黒部

11/22は時折小雨混じりの曇天で太陽観察欠測>と、いうことで先週末土曜の黒部市吉田科学館定例観察会から↓

※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※さすがに晩秋ともなると、上空は偏西風(ジェット気流)の影響が大きく、メラメラ状態で惑星の解像度上がらない。↓先ずは木星から↓
↓木星(19h38m)320x280→480x420

↓木星(19h49m)↓320x280→480x420

↓木星(19h38m)↓×1.5Drizzle

↓木星(10h49m)↓×1.5Drizzle

↑原板(320x280dot)のまま処理し、後から縦横1.5倍に広げる(上段2枚)よりも初期処理段階で縦横1.5倍(×1.5Drizzle)した方が画の荒れは目立たない気がする。
↓木星撮影中のPC画面↓

↓続いて火星↓火星撮影中↓

↑※未だ高度低いこともありメラメラな大気状態↑
↓火星(11h12m)↓280x280→420x420

↓火星(UT11h25m)↓280x280→420x420

↓火星(11h12m)↓×1.5Drizzle

↓火星(11h25m)↓×1.5Drizzle

↓火星(UT14h01m)↓320x320→480x480

↓火星(UT14h02m)↓320x320→480x480

↓火星(14h01m)↓×1.5Drizzle

↓火星(UT14h02m)↓×1.5Drizzle

帰宅後、火星が頭上近くまで高度上がっていたので撮影したが、気流状態然程改善せず、不良動画量産になるだけ?と諦めがついた。
【データ(木星)】2022年11月19日19時38,49分/ASI462MC(Gain248,Gamma55,Shutter3ms,ROI320x280,234fpsx90sec.SER)/C9.25+ADC(fl=2350mm,F10)/GM-8赤道儀@@黒部市吉田科学館広場前
【データ(火星)】同日20時12,25分、23時1,2分/ASI462MC(Gain178,Gamma48,Shutter1.5ms,ROI280x280,233fpsx90sec.SER)/C9.25+ADC(fl=2350mm)/GM-8赤道儀@黒部/※Mead178MC+ADC(fl=2670mm)/EM200赤道儀※23時台@自宅星見台HANA
↓観察会場で仮処理中の火星像↓

※天体画像は天体望遠鏡視野と同じ逆像表示です(上=南、右=東)※
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!12/1は火星最接近日だが、既にほぼ同じ大きさに達していて観察適期なのだが、、上空気流悪過ぎ!(^_-)-☆
<はな>=^_^=9月、火星表面に発生した砂嵐もその後収まり、表面観察の障害にならずに済んだのに、、残念ニャり≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U加えて日本海側の気候は冬の悪天候にまっしぐら状態。少しでも晴れて欲しいワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台
続きを読む...

投稿者:龍吉at 19:55 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月21日

11/21太陽Hα&可視光像

11/21,9時半過ぎの太陽Hα&可視光像※11/20は天候不良で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は、東側3147,3148,3149群と西側3150群の4群で前回と変わらず。ダークフィラメントは、南西側3148群の左(東)側などに点在。北西側の連なった影はそのまま北西縁の噴出へ繋がり、次々と噴出が続くかも?。周縁の紅炎では、今日は何と言っても北東縁の噴出が明るく大きく見事な姿だった。他にも南東、北西、南西方向にそれぞれ噴出を確認。
↓全体像(カラー1)9h38m↓

↓可視光全体像(白黒)9h34m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月21日9時38分(30fps×18秒73%)LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市、自宅前
【データ】可視光像/同日9時34分(30fps×20秒73%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!11月も下旬に入り天候が気になるようになった。幸い晴れたので観察できたが、明日は、、(^_-)-☆
<はな>=^_^=残り9日間で2勝すれば6割、5勝すれば7割。夢の8割には8勝必要=1日しか余裕なし=さすがに無理ニャり≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U大きな紅炎噴出ないのが気になっていたが、今日は明るく比較的大きな噴出あり少し安心したワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 19:20 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月20日

11/18夕、ISS木星直下を通過

11/20は時折小雨ぱらつく曇天のため太陽観察不能>ということで18日夕方ISS国際宇宙ステーション通過記事です※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※
☆★11/19夕方、若田光一宇宙飛行士搭乗中のISS国際宇宙ステーションが南東天上昇中の木星のすぐ下を通過した。↓ISS Transit Finderを遣えば木星の前通過するポイントを探せたとは思うが、当初の天気予報があまりよろしくなかったので望遠鏡直翔による本格的迎撃?は端から諦め、広角レンズ(てか全周魚眼レンズ)での自宅上空通過全状況の撮影のみとした。↓
↓通過全体像↓

↑画面上が北方向、左が東方向↑※画面左下、ISS軌跡直上の輝星が木星
※夕方のため、画面右側(西側)には夏の大三角形が残っているのが分かる。
※ISSは南南西(画面下)から現れ、左へ山なりに通過し、山のピーク付近が木星の辺り。全周魚眼レンズで撮影したので、軌跡が山なりでは無く窪んだ破線となっている。軌跡が破線なのは約1秒のインターバルがあるため。
↓この撮影に使用した3秒露光+1秒インターバル100コマの画像を毎秒4コマのタイムラプス風動画にしたもの↓(YouTube)

そういえば、今年は望遠鏡直焦点による本格的迎撃に成功していない orz>若田飛行士が搭乗中に何としても成功させたいが、、。
【データ】2022年11月18日17時20分(3秒露光×100枚から比較明合成)/富士XE1(ISO400,3秒露光、RAW-TIF)/MEIKE6mmF2,FishEye絞りF5.6位置/固定撮影@自宅星見台HANA
-------------------------------------------------------------
<龍吉>拡大迎撃も何だが上のように通過していく過程を広角レンズで捉えることも今年はやってなかった。!(^^)!(^_-)-☆
<はな>=^_^=たまーにしかやらないのでコツを忘れてしまって、、の繰り返し。日頃から鍛えておかないといけないニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uデジカメのリモコンタイマーのセットの仕方すら忘れているのは問題だワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 22:34 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月19日

11/19太陽Hα&可視光像

11/19,9時半過ぎの太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は、東側3147,3148,3149群と西側3150群で4群。3150群の辺りには消滅した3146群があった?と記憶していたが、場所が異なるのかも?。ダークフィラメントは、中央付近の長い影は小さく短くなったものの、南西側、3148群周囲、北西側の連なった影は残っていた。先端は北北西縁に達しているのでしばらく並みの噴出が続くやも知れない。周縁の紅炎は、北北東、東、南南西方向に並みの噴出が目視でも確認でき、西縁の淡いひょろりした噴出も昨日より多少低くなったものの残っていた。
↓全体像(カラー1)9h35m↓

↓可視光全体像(白黒)9h40m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月19日9時35分(30fps×18秒73%)LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市立野原西
【データ】可視光像/同日9時40分(30fps×20秒68%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/320sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!2連敗後の5連勝で今月5割が確定した。残り11日間で3勝すれば6割、6勝すれば7割、、(^_-)-☆
<はな>=^_^=で、9勝すれば夢の8割だが欠測は2日に留めないと達成不能≒ほぼ無理だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U黒点も少なくなったが、紅炎噴出も大きいのが出ない。ドカーンと噴いて欲しいワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 13:09 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月18日

11/18太陽Hα&可視光像

11/18,9時半前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は、西縁に達していた3140,3141,3145群はほぼ裏へ隠れ、僅かに一部が見えるだけ。替わって東縁に3147,3148,3149群が登場していた。+3147群近く右下中央寄りに無番号小黒点?(不詳)1つ。ダークフィラメントは、中央付近縦方向に1本濃い影と、南西側、3148群周囲にそれぞれ比較的目につく影を確認。周縁の紅炎は、北、東、南方向に比較的明るい噴出上がっていたが、西縁に淡いながらもひょろりと長く枝分かれして伸びた噴出が目についた。
↓全体像(カラー1)9h20m↓

↓可視光全体像(白黒)9h17m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月18日9時20分(30fps×18秒72%)LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市鷲島
【データ】可視光像/同日9時17分(30fps×20秒70%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!時雨れやすい時期にしては運よく連続観察できている。今日で4日連続。(^_-)-☆
<はな>=^_^=明日も観察出来れば今月5割確定になる。6割?7割達成できたらいいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U西の黒点群が去り、いささか寂しさが気になる。大きいのが現れて欲しいワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:52 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月17日

11/17太陽Hα&可視光像

11/17,9時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は3140,3141,3145,3146,3147,3148群と東北東縁の無番号新黒点1箇所計7群だが、3140群は西裏へ回り始めており、3141,3145群も続いて裏へ隠れそうなので、東側に登場した3147,3148群に期待したい。ダークフィラメントは、南東側中緯度の長い影が半分ほどに短くなり、北高緯度付近の横へ連なる影の群も少し薄れ西進していたが、替わって中央付近と南東側の影が目についた。周縁の紅炎は、北北東、南南西、東縁に比較的目立つ噴出が上がっていた。
↓全体像(カラー1)8h47m↓

↓可視光全体像(白黒)8h51m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月17日8時47分(30fps×18秒72%)LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市鷲島
【データ】可視光像/同日8時51分(30fps×20秒75%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/320sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!またも天気予報が外れ?朝、晴れ間から太陽観察できた。時雨れやすい時期なので有難い。(^_-)-☆
<はな>=^_^=西縁の3群が裏へ回り始めたので、東側の3群の今後の動向が気になる。大きくなって欲しいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uここのところ、太陽活動が比較的大人しく推移しているような気がするワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 21:05 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月16日

11/16太陽Hα&可視光像

11/16,9時半の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は北西縁3140,3141,3145群と北側中央付近の3146群、東及び東南東縁に無番号新黒点が2群。東縁のものははっきり確認できて明日には番号付く筈だが、3140群は北西縁裏へ隠れそう。ダークフィラメントでは、昨日同様、南中央の長い影と北高緯度付近に鉢巻の如く横へ連なる影の群が今日も健在。周縁の紅炎は、どの方向も噴出があり賑やかさをキープしているが、その中でごく淡いながらも西縁3140群の上辺りポツンと空に浮かんだ雲のようなのが印象に残った。
↓全体像(カラー1)9h32m↓

↓可視光全体像(白黒)9h30m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月16日9時32分(30fps×18秒75%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市山田
【データ】可視光像/同日9時30分(30fps×20秒75%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!天気予報が外れて?午前中は好天になり太陽観察できたのはラッキーだった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=東側に新黒点登場したことで無黒点の心配はなくなった。新登場黒点がさらに大きく成長するといいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uこれで今月4割は確定した。残り2週間で太陽観察の日数を少しでも増やしたいワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 20:28 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月15日

11/15太陽Hα&可視光像

11/15,8時半過ぎの太陽Hα&可視光像※11/13,11/14は曇雨天のため欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は北西縁3140,3141,3145群と中央北東寄りの3146群の4群。3140群で未明にC級、昼前にM級フレア発生したらしい。ダークフィラメントでは、南中央の長い影と、北高緯度付近に鉢巻の如く横へ連なる影の群が目についた。周縁の紅炎は、目立って大きな噴出は無いものの、どの方向にも(そこそこの規模の)複数の噴出が賑やかに林立していた。
昼前のM級フレア発生を知り、昼休み時間に再度撮影したが、大きな違いは無かった。ただ、朝よりも昼からの方が大気状態良かったらしく画質は良かった。<朝と昼の画像を並べ比べられるようにした。どちらも好天下だったが、朝の太陽高度が低いから?ではないかと思う。
↓全体像(カラー1)8h34m↓

↓可視光全体像(白黒)8h39m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限「朝」

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限「朝」

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限「朝」

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限「朝」

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限「昼」

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限「昼」

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限「昼」

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限「昼」

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ「朝」】2022年11月15日8時34分(30fps×18秒65%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市鷲島
【データ「昼」】同日12時55分(30fps×18秒75%)/道具データは「朝」と同じ@小矢部市水牧
【データ】可視光像/同日8時39分(30fps×20秒60%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上「朝」と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!秋冬の気流が感じられるようになった。スッキリ晴れていても解像度悪い事がある。(^_-)-☆
<はな>=^_^=そうなるにつれ小口径は気が楽になる。大口径ほど高解像度=大気状態の影響が大きくなるからニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U口径6cmでも高解像度狙えるが、バランス的にはデジイチ4Kでちょうどいいかも?だワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:54 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月14日

皆既月食&天王星食-2

ようやく残り1台のカメラデータに手を付けることができた。※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※案の定、夜露のため後半は画にならない程だったが、天王星食の始まりまでは然程影響を受けていなかった。\(^_^)/
↓皆既中の月へ天王星の潜入↓20h36m↓

↓同、潜入箇所等倍像 20h36m↓

※天王星出現は反射鏡が夜露にやられ、写野全体が真っ白に飛んでしまい失敗※
【データ】2022年11月8日20時35〜36分/富士XE1(ISO1600,1/2秒,RAW)/BKP200反射+コマコレ(fl=800mm)/GM8赤道儀@氷見市女良
↓部分月食(20h59m)、皆既中(19h59m)、部分月食(18h59m)↓3枚合成

↑※おおよその地球の影の大きさが分かる※↑
↓部分月食・2(20h59m)↓

↓皆既中(19h59m)↓

※今回の月食は、月がかなり暗くなった印象を受けた。※
↓部分月食・1(18h59m)↓

【データ】2022年11月8日18時59分、19時59分、20時59分/富士XE1(ISO800,1600,1/8〜1/2秒,RAW)/他は上と同じ

右の太い黒筒がBKP200反射望遠鏡。夜露にやられ、後半は徐々に視野が白く見辛くなり悪化した。屈折やSCTだと応急措置として対物レンズや補正板硝子を拭くという荒業が使えるが、N反射はそうもいかない。
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!肝心の三脚忘れもショックだったが、夜露の影響を受けたのも痛手だった。orz(^_-)-☆
<はな>=^_^=夜露対策をすっかり忘れていた。影響が出る前に使い捨てカイロを鏡筒に巻いておけば防げたニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uその使い捨てカイロも家に置いたままで完全にノーマークだったワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:47 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月12日

11/12太陽Hα&可視光像

11/12,11時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は昨日同様3140,3141,3145群の3群のまま。3145群は微小群だが3140,3141群は中央付近を少し西へ回り始めたものの目立っていた。3141群では9時過ぎにM級フレアあったらしい。ダークフィラメントは、南東部の長く捻じれたような影や3141群付近の影が目についた。周縁の紅炎では、北東、南西、北西縁に比較的目立つ噴出上がっており、北東縁のものは布団を畳んだような?蛇がとぐろを巻いたように?重なった形が面白く感じた。
↓全体像(カラー1)10h51m↓

↓可視光全体像(白黒)10h40m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月12日10時51分(30fps×18秒68%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市立野原西
【データ】可視光像/同日10時40分(30fps×20秒75%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!今月に入ってから好天の日が続き、現在12分の10勝=8割強!>明日は駄目っぽい。(^_-)-☆
<はな>=^_^=何はともあれ、観察数増え&蓄積できるのは有難い。明日以降は天気崩れそうなのが気になるニャー(=^・^=)≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚月半ば前に3割強確定できた。できれば今月5割超を目指したいワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 19:02 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月11日

11/11太陽Hα&可視光像

11/11,9時半前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は中央付近の3140,3141,3145群の3群に減っていた。ダークフィラメントは、南東部の長めの影と3141群南の濃い影が目についた。周縁の紅炎は、相変わらず賑やかに林立しており、それぞれ特徴的な形状であきない感じ。
↓全体像(カラー1)9h19m↓

↓可視光全体像(白黒)9h23m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月11日9時19分(30fps×18秒65%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市鷲島
【データ】可視光像/同日9時23分(30fps×20秒65%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/250sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!皆既月食&天王星食の画像処理に追われ太陽関連が遅れていたが、やっと手を付けられた。(^_-)-☆
<はな>=^_^=今月に入り好天の日が続いている。とても有難いけど太陽観察データが溜まる傾向になってしまうニャー(=^・^=)≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚そもそも皆既月食データ処理も手つかずのものがまだある。何とかしたいワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 22:22 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月10日

11/10太陽Hα&可視光像

11/10,9時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は3137,3140,3141,3142,3144群で5群に減った。ぱっと目につくのは中央付近の3140群と3141群で他は小規模。ダークフィラメントは、北西部、南東部や3140群周囲の影が目についた。周縁の紅炎では、北東、南東、北西、南西、西縁にそこそこの大きさの噴出がペア?で上がっていた。
↓全体像(カラー1)9h3m↓

↓可視光全体像(白黒)9h0m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月10日9時3分(30fps×18秒73%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市鷲島
【データ】可視光像/同日9時0分(30fps×20秒40%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/320sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!ようやく追いつく目処が立った。放置状態が長引くと細かな記憶が薄れる。(^_-)-☆
<はな>=^_^=ここのところ黒点はやや低調気味だが、ダークフィラメントや紅炎噴出はそこそこ賑わしいニャー(=^・^=)≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U記録を残す意味で人為的な欠落を避けたい一心でUpしている。持続するのがカギだワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:57 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年11月9日

11/9太陽Hα&可視光像

11/9,10時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は3135,3137,3140,3141,3142,3143群+無番号黒点1群=7群で前日と変わらないが3143群は可視光画像で判然としなかった。ダークフィラメントは、北西部、南西部や3140,3141周囲の影が目についた。周縁の紅炎は賑やかで、南東縁のピラミッド状、北西部のループ状の噴出など。
↓全体像(カラー1)9h51m↓

↓可視光全体像(白黒)10h2m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(白黒)↓第2象限

↓北西側等倍(白黒)↓第1象限

↓南東側等倍(白黒)↓第3象限

↓南西側等倍(白黒)↓第4象限

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年11月9日9時51分(30fps×18秒68%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市立野原西
【データ】可視光像/同日10時2分(30fps×20秒68%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!なかなか太陽観察Upが追い付かない。月食の方もまだ未処理のデータが残っている。(^_-)-☆
<はな>=^_^=11月も中旬に入っているが、連日の好天で8割超をキープだが、13日から時雨れる日が続くらしいニャー(=^・^=)≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uともあれ、観察できるうちは記録しておかないことには始まらないワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:57 | 太陽系・月 | コメント(0)

|1/112ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ