|1/44ページ | 次の20件 >>

2017年12月13日

12/7,9の太陽Hα像(+今宵〜ふたご座流星群)

12/7,9の太陽Hα像(※12/4,5,6,8は欠測※逆順掲載※画像をクリックすると別窓拡大表示※)/12/9,9時半頃の太陽Hα像/前晩に降った雪がルーフに残っており、開けると内部へ雪落下するため星見台での観察を諦め、近くの見晴らしよさげなポイントへ移動して観察した。/全体に噴出し殆どなく寂しい状態だったが、東縁8時方向にパッと気づくような紅炎見られたのが唯一の救いだった。
↓★12/9,9h25m全体↓

↓同(擬似カラー青緑)↓

↓全体(×1.5Drizzle)↓

↓同、全体(白黒L)↓

↓東側↓

↓西側↓

↓南東側等倍↓

↓西側等倍↓

↓12/6朝の星見台(12/6初積雪)↓

↓同2↓

ルーフ中央開きなので開けた箇所から雪が内部へ落下する恐れがある。
【データ】12/09太陽Hα/2017年12月9日9時25分(1/50秒28枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/LUNT60THa(fl=500mm)/小型卓上フォーク赤道儀電動追尾@市内立野原西
※今年のふたご座流星群は12/14,16時頃が出現ピークと予想されています。※
つまり、日本では昼(午後)の時間帯になるため、観察好機は今宵〜明12/14朝、及び、14日晩と2回に別れます。今宵はピーク迎える前、明日は出現ピーク後となります。
明け方の空に月が残りますが、既に下弦を過ぎているので気にする必要はないです。今宵から明朝の出現を見逃さぬようにしたいものですが、残念ながら日本海側は天候が宜しくないようです。
続きを読む...

投稿者:龍吉at 16:27 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年12月12日

12/10青空下の月齢21.5

12/10午前9時半頃↓青空下、下弦直前の月↓月齢21.5↓

↓同、北部分↓

↓同、南部分↓

この時期の北陸は晴れる機会が激減状態のため、貴重な晴れ間に見えているモノ(天体)は見境なく何でも撮ることにしている。(苦笑)
☆彡今年のふたご座流星群☆彡は(日本時間)12/14,16時頃ピークとなっている。よって
明日12/13晩〜明け方までと翌12/14夜半頃までが観察チャンスと予想されている。個人的にはピーク前の明13日を逃さない方がいいと思う。明け方の空に月が出てくるがあまり気にする必要はないと思う。
ふたご座流星群は三大流星群の一つであることから、安定してそこそこの出現があるものと思われる。ペルセウス群等に比べると速度が速い印象がある。ふたご座α星カストルの右側に輻射点がある。
【データ】月齢21.5/2017年12月10日9時36分(1/125秒64枚ICE合成)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/長光60(D=60mm,fl=1200mm)アクロマート屈折直焦点/ビクセンGPD赤道儀(SynScan改)@自宅星見台HANA↓奥の細長い望遠鏡が長光60&GPD赤道儀↓

=============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:13 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年12月10日

12/10早朝東天の木星

本日12/10早朝の東天にポツンと木星↓冬至間近で日の出遅く、6時過ぎても外は未だ暗い。↓東天パノラマ↓

中央付近に木星写っているが、画像クリックして拡大表示しないと判らないかも。
↓南東方向(元画)↓

↓南南東方向(元画)↓

↓東方向(元画)↓

この時期の晴天はとても貴重だ。/今朝は間違いなく晴れると保証あるなら、早起きすれば良かった。(と、朝が苦手な者の言い訳)
【データ】2017年12月10日6時6分(1秒19枚パノラマ合成)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/Nikkor10mm,F2.8→F3.2/三脚固定@自宅ベランダ
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:46 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年12月9日

12/2,3の太陽Hα像

12/2,3の太陽Hα像(※11/30,12/1は欠測※逆順掲載※画像をクリックすると別窓拡大表示※)/12/3,10時頃の太陽Hα像/この時期にしては貴重な快晴だったのでCMOSカメラによる撮影も行った。/東側は目立つ紅炎噴出し無かったが、西縁は比較的賑やかだった。本体は無黒点で寂しい状態だった。
↓★12/3,10h18m全体(Nikon1V1)↓

↓同(ASI178MM)↓

↓同(擬似カラー青緑Nikon1V1)↓

↓同(擬似カラー青緑ASI178MM)↓

↓全体(Nikon1V1,×1.5Drizzle)↓

↓同、全体(ASI178MM,白黒L)↓

↓東側(Nikon1V1)↓

↓西側(ASI178MM)↓

↓西側等倍(Nikon1V1)↓

↓北西側等倍(ASI178MM)↓

解像度・鮮鋭さにおいては遊星用CMOSカメラに叶わないにしても、デジカメ画像もそれなりに健闘しているように思う。デジカメの速写性と簡便さを生かしたい。
【データ(Nikon1V1画像)】11/29の太陽Hα/2017年12月3日10時18分頃〜1(1/60秒28枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/LUNT60THa(fl=500mm)/LX200赤道儀改@自宅星見台HANA
【データ(CMOSカメラ画像)】FireCapture v2.5 Settings/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171203/Start(UT)=010327.399/Mid(UT)=010332.407
End(UT)=010337.415/Duration=10.016s/FramesCaptured=307
Binning=no/ROI=3096x2080/FPS(avg.)=30/Shutter=0.550ms
Gain=250(49%)/USBTraffic=100/Gamma=80/Brightness=1
Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=254/Histogramm=99%
Limit=10Seconds/SensorTemperature=23.4°C
続きを読む...

投稿者:龍吉at 12:04 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年12月5日

11/28,29の太陽Hα像

11/28,11/29の太陽Hα像(※逆順掲載※画像をクリックすると別窓拡大表示※)/11/29,13時30分の太陽Hα像/雲間撮影のためメラメラ状態。東側は目立つ紅炎噴出し無くピントも不良。西縁にフィラメント黒髭の紅炎と思われる噴出しが出始めているようだった。
↓★11/29,8h41m全体(元画)↓

↓同(擬似カラー青緑)↓

↓全体(×1.5Drizzle)↓

↓同、全体(白黒L)↓

↓路肩の空き地で急遽太陽撮影↓

↓西側↓

↓撮影中↓

モニター像は白く飛んでいるが、実際には
これでもアンダー気味な太陽Hα像になる。
↓西側等倍↓

午前中は天候とタイミング合わず観察不能。出先から帰宅途中、急に晴れ間が見え始めたので、道路沿いの空き地(旧道跡)に停車し準備した。三脚台座に卓上赤道儀を載せLUNT60をセットすれば準備完了。PC立ち上げる手間がなく接眼部にデジカメを差し込むだけなので意外と早く済ませられる。
【データ】11/29の太陽Hα/2017年11月29日13時30分(1/125秒45枚)/Nikon1V1(ISO800,JPG)/LUNT60Tha(fl=500mm)/小型卓上フォーク赤道儀改@小矢部市小森谷
続きを読む...

投稿者:龍吉at 17:12 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年12月3日

12/2月齢14.1

昨晩12/2深夜の月↓月齢14.1↓

↓同、別処理↓

久しぶりに6cm,F20アクロマート屈折(長光60)を使って撮影した。アクロマート2枚玉(昔で言う「色消しレンズ」)だがF値20と長いため諸収差は無理なく抑えられている。/アポクロマート玉が普及する前は、口径6〜8cm,F15〜20アクロマート屈折が出回っていた。異様に長いので扱いにやや不便を感じるが、手放したくない鏡筒だ。
【データ】月齢14.1/2017年12月2日23時22分(1/100秒68枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/長光60アクロマート6cm,F20屈折(fl=1200mm)直焦点/GPD赤道儀SynScan改@自宅星見台HANA
↓※多数枚ショットから一枚の月に合成しそこなったもの↓(別望遠鏡で撮影)

【データ】月齢14.0/2017年12月2日20時7分〜(1/100秒多数枚コンポジット)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/C9.25(fl=2350mm)/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:10 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年12月1日

11/26,27の太陽Hα像

11/26,27の太陽Hα像(※逆純掲載※11/22〜11/25欠測※各画像クリックすると別窓拡大表示します)
11/27午前11時過ぎの太陽Hα像/11/26から速写性能重視でデジカメ撮影に切り替えた。/相変わらずさみしい状態続いているが、本体西側に紅炎フィラメントによる黒髭が見られ、その北側に規模は小さいけれど黒点も確認できる。
↓★11/27,11h8m全体(元画)↓

↓同(×1.5Drizzle)↓

↓東側↓

↓西側↓

↓南東側等倍↓

↓北西側等倍↓

↓銀塩カメラ用レリーズ試行中のNikon1V1カメラ↓

↓同その2↓

太陽Hα撮影をなるべく簡単に、手軽に、短時間に行えるように(=日常化)するため、解像度ではCMOSカメラに見劣りするけれども速写性に勝るデジカメに切り替えることにした。ところが、Nikon1(CXフォーマット)ではワイヤレスリモコンしか使えず、しかも連写機能は指でシャッターボタンを押し続けるしかないという間抜けな仕様であるため、上写真のように銀塩カメラ用レリーズを使ってシャッターボタンを押せるように工作した。もちろんシャッター時のブレ解消になると考えてのこと。
【データ】11/27太陽Hα/2017年11月27日11時9分(1/40秒42枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/LUNT60Tha(fl=500mm)/LX200赤道儀改@自宅星見台HANA

続きを読む...

投稿者:龍吉at 07:46 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月28日

11/27,月齢9.0

昨晩11/27に横着撮影した↓月齢9.0の月↓(FC60)

↓以下、×2Barlowレンズで焦点を2倍に伸ばして撮影した↓3ショット合成した月

↓同、合成に使用したショット↓月面北部

↓同、月面暗部↓

月や惑星など拡大モノは動画形式で撮って枚数を沢山稼いだ方が有利であることに変わりない。大量データの中からコンピュータが良画像順に合成してくれる。ただ、撮影にある程度時間をかける必要があり、チャチャっと済ませられない。さらに、上空大気が落ち着いた晩であれば口径に見合うだけの解像度の高い画像を得ることができるけれども、上空大気不良時(上空ジェット気流が激しい時)は時間をかけて大量データを得たとしてもそれに見合う高画質にならないことが多い。/北陸では、これから天候に恵まれず晴れても上空大気が良くない日が続くようになる。貴重な晴夜には、あまり時間かけずにささっと天体撮影を済ませたい=口径による解像度発揮は諦め(but,口径による集光力は生かしたい)ささっと済ませる方向で行きたいと考えている。
【データ上】月齢9.0/2017年11月27日19時35分〜(1/80秒24枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/FC60(fl=500mm)/GPD赤道儀SynScan改@自宅星見台HANA
【データ2枚目以降】19時35分〜(1/40秒126枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/FC60+×2Barlow(fl=1000mm)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:24 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月27日

11/19,21の太陽Hα像

11/19,21の太陽Hα像(※11/18,20は欠測※逆順表示※各画像をクリックすると別窓拡大表示します)
11/21午前9時過ぎの太陽Hα像@小矢部市平桜/東リム側に広がった紅炎が見られる程度。
↓★11/21,9h12m北側↓

↓同南側↓

↓11/21,9h12m全体↓

↓9h12m全体(白黒L)↓

↓9h12m東側↓

↓9h12m西側↓

↓9h12m南東側等倍↓

↓9h12m西側等倍↓

【データ】2017年11月21日9時12分/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171121/Start(UT)=001231.355/Mid(UT)=001236.355
End(UT)=001241.355/Duration=10.000s/FramesCaptured=265
Binning=no/ROI=3096x2080/FPS(avg.)=26/Shutter=0.550ms
Gain=250(49%)/USBTraffic=100/Brightness=1/Gamma=80
Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=244/Histogramm=95%
Limit=10Seconds/SensorTemperature=19.0°C@小矢部市平桜

続きを読む...

投稿者:龍吉at 09:54 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月26日

11/25,月齢6.9

昨夕11/25横着撮影した↓月齢6.9の月↓(FC60)

↓同、無理やり地球照を出してみた↓(FC60)

↓同、C9.25直焦点画像4ショットから1枚に合成したもの↓(C9.25)

安直にC9.25直焦点にデジカメをあてがっただけの横着撮影なのでコマ数が全く足りず、解像度に関しては上の小口径屈折(FC60)直焦点で撮ったものよりも見劣りするかも知れない。/季節風強くなって上空大気状態良くないとはいえ、解像力でC9.25がFC60に劣ることは無い=「腐っても鯛」<撮影時に手を抜いている結果としてこうなった。
【データ】月齢6.9/2017年11月25日17時48分(1/125秒17枚コンポジット)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/FC60直焦点(fl=500mm)/GPD(Synscan改)赤道儀@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 15:03 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月23日

11/13,17の太陽Hα像

11/13,17の太陽Hα像(逆順掲載、11/14,15,16は欠測)※各画像を左クリックすると別窓拡大表示します※
11/17昼過ぎの太陽Hα像@小矢部市平桜/目視観察では気付かなかったが、西側リムにごく淡いけれども大きな紅炎が噴いていた。
↓★11/17,13h11m北側↓

↓同西側↓

↓11/17,13h11m全体↓

↓13h25m全体(白黒L)↓

↓13h11m東側↓

↓13h11m西側↓

↓13h11m東側等倍↓

↓13h11m北西側等倍↓

【データ】2017年11月17日13時11分/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171117/Start=041129.339/Start(UT)=041129.339
Mid(UT)=041134.347/End(UT)=041139.355/Duration=10.016s
FramesCaptured=307/Binning=no/ROI=3096x2080/FPS(avg.)=30
Shutter=0.550ms/Gain=250(49%)/Gamma=80/USBTraffic=100
Brightness=1/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255
Histogramm=100%/Limit=10Seconds/SensorTemperature=24.4°C@小矢部市平桜

続きを読む...

投稿者:龍吉at 15:32 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月19日

11/10,12の太陽Hα像

11/10,12の太陽Hα像(11/11欠測。逆順掲載)※各画像を左クリックすると別窓拡大表示します※
11/12も目立つのは見当たらなかった。10時、8時、7時、4時、2時方向に広がったのが見られる。
↓★11/12,11h43m北側↓

↓同南側↓

↓11/9,11h43m全体↓

↓11h43m全体(白黒L)↓

↓11h43m東側↓

↓11h43m西側↓

↓11h43m東側等倍↓

↓11h43m南西側等倍↓

【データ】2017年11月12日11時43分/FireCapture v2.5 Settings/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171112/Start(UT)=024337.586/Mid(UT)=024342.594
End(UT)=024347.602/Duration=10.016s/FramesCaptured=307
Binning=no/ROI=3096x2080/FPS(avg.)=30/Shutter=0.550ms
Gain=250(49%)/Gamma=80/Brightness=1/USBTraffic=100
Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255/Histogramm=100%
Limit=10Seconds/Sensor temperature=34.5°C

続きを読む...

投稿者:龍吉at 13:17 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月15日

11/8,9の太陽Hα像

11/8,9の太陽Hα像(逆順表示)※各画像を左クリックすると別窓拡大表示します※
11/9も寂しい状態が続いている。東側7時〜9時方向にかけて噴き上げているところが数か所、北西側も前日と似通った状態。本体も無黒点状態で変化に乏しい状態が続いている。
↓★11/9,14h36m北側↓

↓同南側↓

↓11/9,14h36m全体↓

↓14h36m全体(白黒L)↓

↓14h36m東側↓

↓14h36m西側↓

↓14h36m東側等倍↓

↓14h36m北西側等倍↓

【データ】2017年11月9日14時36分/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171109/Start(UT)=053646.734/Mid(UT)=053651.742
End(UT)=053656.750/Duration=10.016s/FramesCaptured=307
Binning=no/ROI=3096x2080/FPS(avg.)=30/Shutter=0.600ms
Gain=250(49%)/USBTraffic=100/Gamma=80/Brightness=1
Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=206/Histogramm=80%
Limit=10Seconds/SensorTemperature=24.4°C@南砺市井口

続きを読む...

投稿者:龍吉at 17:16 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月11日

11/6,7の太陽Hα像

11/6,7の太陽Hα像(逆順に掲載)
11/7は出先での野外観察。あちこち紅炎の噴出あるものの淡く小さいものが殆どで目視確認は厳しかった。
↓★11/7,9h0m北側↓

↓同南側↓

↓11/7,9h0m全体↓

↓9h0m全体(白黒L)↓

↓9h0m東側↓

↓9h0m西側↓

↓9h0m東側等倍↓

↓9h0m北西側等倍↓

【データ】2017年11月7日9時0分/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171107/Start(UT)=000017.664/Mid(UT)=000022.664
End(UT)=000027.665/Duration=10.001s/FramesCaptured=268
Binning=no/ROI=3096x2080/ROI(Offset)=0x0/FPS(avg.)=26
Shutter=0.500ms/Gain=250(49%)/Gamma=80/USBTraffic=100
Brightness=1/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=232
Histogramm=90%/Limit=10Seconds/SensorTemperature=24.8°C
@小矢部市平桜
続きを読む...

投稿者:龍吉at 12:00 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月8日

11/5の太陽Hα@黒部

11/5の太陽Hα像@黒部市吉田科学館祭り会場(11/4欠測)※各画像をクリックすると別窓拡大表示します※
↓★11/5/11h23m北側↓

↓同南側↓

↓11h23m全体↓

↓11h23m全体(白黒L)↓

↓11h23m東側↓

↓11h23m西側↓

↓11h23m南東側等倍↓

↓11h23m北西側等倍↓

年に一度の同館プラネタリウム祭り会場での太陽Hα出前観察会だったが、残念なことに太陽本体は無黒点、プロミネンスも淡いため見て直ぐ分かるようなのは無かったのが惜しまれる。
【データ】2017年11月5日11時23分/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171105/Start(UT)=022345.785/Mid(UT)=022350.793
End(UT)=022355.801/Duration=10.016s/FramesCaptured=306
Binning=no/ROI=3096x2080/FPS(avg.)=30/Shutter=0.550ms
Gain=250(49%)/USBTraffic=100/Gamma=80/Brightness=1
Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=233/Histogramm=91%
SensorTemperature=26.6°C@黒部市吉田科学館前広場
↓当日観察会開始前の様子を掲載↓追記へ
続きを読む...

投稿者:龍吉at 12:10 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月6日

11/2,3の太陽Hα像

11/2,3の太陽Ha像/11/3は前日11/2東縁に見られた紅炎が高さを増したようであった。が、他はさほど変化は無かった↓※各画像をクリックすると拡大表示します※
★11/3↓9h42m東側↓

北西1時半方向にも比較的広がった
紅炎が見られる。
↓9h42m北側↓

↓9h42m全体↓

↓9h42m全体(白黒L)↓

↓9h42m東側↓

↓9h42m西側↓

↓9h42m東側等倍↓

↓9h42m北西側等倍↓

↓卓上型なので脚立を台座として代用した↓

↓両軸電動化により微振動問題から解放された?↓

↓11/2の太陽Hαへ↓
続きを読む...

投稿者:龍吉at 12:22 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月5日

11/1月齢12.7と11/2月齢13.7

11/2月齢13.7の月↓

11/1,月齢12.7の月↓

晩秋の上空は季節風が強く吹いており気流状態が宜しくない。なので月面の強拡大撮影は鼻から諦め、安直に短焦点屈折直焦点+月・惑星用カメラ(ASI178MM)写野に月面がすっぽり入るようにして1ショットで済ませるという横着撮影を済ませてきた。が、上弦(半月)を過ぎると写野から月が少しはみ出してしまう。止む無く月面を南北2つに分け2ショット録画し、得られた静止画2枚をMicrosoftICEで繋いでいる。
【データ】月齢13.7/2017年11月2日21時37分〜
ASI178MM(Gain150,Gamma75,Shutter0.432ms,30fps)/PENTAX105EDHF(fl=540mm)/LX200@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 06:12 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月4日

10/31,11/1の太陽Hα像

10/31,11/1の太陽Ha像(逆順掲載)
11/1は午後遅くなってからの観察となった。そのためか?周縁に目立つ紅炎見当たらなかった。↓※各画像をクリックすると拡大表示します※
★11/1↓15h14m南側↓

↓15h14m北側↓

11/1↓15h14m全体↓

↓15h14m全体(白黒L)↓

↓15h14m東側↓

↓15h14m西側↓

↓15h14m南東側等倍↓

↓15h14m西側等倍↓

↓10月31日↓
続きを読む...

投稿者:龍吉at 07:43 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年11月1日

10月最終の月(月齢11.6)

10月最後(10/31)の月↓月齢11.6↓

季節風の影響で上空大気乱れる時期に入っていて、(月や惑星の拡大撮影は端から諦め)短焦点屈折直焦点で横着撮影した。↓上画像の約40分前に撮影したもの↓

8月から好天日が少ないまま11月に入った。北陸では晩秋11月以降は時雨れる日が増え、絶望的な冬を迎える。なので、天文だけでなく実生活においてもこの時期の晴れはとても貴重だ。
10月最終日は(季節外れの)台風一過の晴天だったが周期的な雲通過もあった。平日晩ではあったが、その雲をやり過ごしながら月が西低空へ傾くのを待つことにした。(後日記事へ続く)
【データ】月齢11.6
FireCapture v2.5 Settings/Profile=Moon
------------------------------------
Scope=PENTAX105EDHF(fl=540mm)/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171031/Start(UT)=094819.662/Mid(UT)=094849.671
End(UT)=094919.681/Duration=60.019s/FramesCaptured=1834
Binning=no/ROI=3096x2080/FPS(avg.)=30/Shutter=0.482ms
Gain=150(29%)/USBTraffic=100/Brightness=10/Gamma=75
HardwareBin=off/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255
Histogramm=100%/Limit=60Seconds/SensorTemperature=26.2°C
Seeing=3/5
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:40 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年10月30日

10/27の太陽Hα像

10/27の太陽Ha像(10/28,29,30欠測)/東縁よりも北西縁の方が目立っていた。↓※各画像をクリックすると拡大表示します※
↓10/27,9h02m北側↓

↓同北側、約5時間後↓

↓10/7,9h02m全体↓

↓9h02m全体(白黒L)↓

↓9h02m東側↓

↓9h02m西側↓

↓9h02m東側↓

↓9h02m西側↓

↓9h02m北東側等倍↓

↓14h19m北東側等倍↓

【データ】2017年10月27日9時02分/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171027/Start(UT)=000043.255/Mid(UT)=000052.130
End(UT)=000101.006/Duration=17.751s/FramesCaptured=542
ROI=3096x2080/FPS(avg.)=30/Shutter=0.582ms
Gain=250(49%)/USBTraffic=100/Gamma=75/Brightness=10
Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=245/Histogramm=94%
Limit=20Seconds/SensorTemperature=27.1°C@小矢部市平桜
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:04 | 太陽系・月 | コメント(0)

|1/44ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ