|1/43ページ | 次の20件 >>

2017年10月18日

アルデバラン潜入・出現時刻

10/10未明のアルデバラン食@南限界線(小松市)から1週間以上経過したが、この時の動画ファイルを元に各潜入・出現時刻を割り出した。↓

※図中で黄色表示時刻は出現開始時刻、白色表示時刻は潜入開始時刻※
元動画は60秒間撮影のAVIデータ。fps16〜18の幅があるため、いずれも60秒間ではあるが撮影コマ数も1100コマ〜6百数十コマと幅がある。そこで、各ショットのコマ数で60秒を割ることで1コマ当たりの時間を割り出し、スタート開始後〜(出現or掩蔽開始の)該当コマまでの経過時間を調べてそれをスタート時刻に足すことで出現or掩蔽時刻を算出した。有効桁はfps16-18であることから、1/10秒とした。
※以下、掲載済み映像&画像です※
(前回そのまま掲載した)最初の潜入直前03h22m〜最終出現直後の03h30mまでの1分動画8本をまとめて1本の動画(4倍速表示=再生時間2分)にしたもの↓

↓(前回そのまま分割掲載した)各ショットからの静止画8枚を1枚に繋いだもの↓

↓同、文字入り↓※最初の画像はこれに時刻を付け加えた※

黄色縦線区間がアルデバラン出現中/赤色縦線区間が掩蔽中(数字は掩蔽回数)
【データ】アルデバラン食/2017年10月10日3時22分-30分(各60秒AVI→MP4)/ZWO ASI178MM(Gain250,Gamma75,Shutter0.5ms,16-18fps,AVI)/GS200RC(fl=1600mm)直焦点/ADVX赤道儀@石川県小松市↓上の撮影に使用した望遠鏡↓GS200RC&ADVX赤道儀&ASI178MM

==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:11 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年10月12日

10/10アルデバラン食@小松(最終総括版)

※しつこくてすみません。これが最終総括版です※
10/10未明、アルデバラン食@南限界線(小松市)【最終総括版】
(前回そのまま掲載した)最初の潜入直前03h22m〜最終出現直後の03h30mまでの1分動画8本をまとめて1本の動画(倍速表示=再生時間4分)にしたもの。

上の倍速でも長くて退屈と感じる方へ↓4倍速(再生時間2分)動画↓

↓実際の経過とほぼ同じリアルタイム動画(等速、再生時間8分)↓

------------------------------------------------------------------------------------------
↓(前回そのまま分割掲載した)各ショットからの静止画8枚を1枚に繋いだもの↓

↓同、撮影開始直後の光跡を残し、以降は光跡がない月面南端部↓(比較用)

↓同、文字入り↓

黄色縦線区間がアルデバラン出現中/赤色縦線区間が掩蔽中(数字は掩蔽回数)
↓同、合成写野全体(文字なし)↓&【総括】は追記へどうぞ

続きを読む...

投稿者:龍吉at 19:20 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年10月11日

10/10アルデバラン食@小松(動画編)

10/10未明のアルデバラン食、その2:動画編
時系列にYouTubeにUpした動画(再生60秒/各ショット)を並べる。※なるべく画面いっぱいに広げてご覧願います(元登録動画は1280x720,HD画質mp4です)※
【1】03h22m-23m(画面上が北方向)

アルデバランが月南端に到達し、最初の峰に隠されるか?と思ったらスレスレでパスしていった。
↓同ショット約1000コマをコンポジットした静止画像(800×600等倍トリミング)

【2】03h23m-24m

月面窪地?を通過中でスレスレのまま終始見えている。
↓同ショット約1000コマをコンポジットした静止画像(800×600等倍トリミング)

【3】03h24m-25m

再生開始後13秒過ぎ辺りで山稜に隠されて(1回目の掩蔽)見えなくなり、次のショットまで現れない。
↓同ショット約1000コマをコンポジットした静止画像(800×600等倍トリミング)

【4】03h25m-27m

1回目の掩蔽→出現から2回目の掩蔽に入る場面。再生開始後20秒ほどしてアルデバランが月の谷間に出現。>7秒ほど見えた後、再び次の山裾に隠される。(2回目の掩蔽)
↓同ショット約1000コマをコンポジットした静止画像(800×600等倍トリミング)

↓アルデバラン食動画↓後半↓追記へどうぞ
続きを読む...

投稿者:龍吉at 14:06 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年10月10日

10/10月南縁を通過するアルデバラン食@小松

本日10/10未明のアルデバラン食、南限界ライン上での観察に初めて成功した。月面南縁の山と谷をかすめて通過するアルデバランが3回にわたり明滅を繰り返すのを目撃できた。/動画としても記録できたが(コマ数多く処理に時間がかかるため)、とりあえず第一潜入前と最終出現後のスチル画2枚を合成したアルデバランを(軌跡は直線とみて)直線を引いてみた↓(全体画像:画面上が北方向)

↓同(800×600等倍トリミング画像)↓赤ライン下にはみ出ているのが月面南縁の山

↓第一潜入前の画像(3時21分)

↓最終出現後(3時34分)

【データ】アルデバラン食(第一潜入前と最終出現後)/2017年10月10日3時21分、34分(1/400秒各1枚)/オリンパスE-M5(ISO1600,JPG)/FC60(fl=500mm)直焦点/AR-1赤道儀@石川県小松市↓上の撮影に使用した望遠鏡↓FC60&AR-1赤道儀&E-M5

==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:25 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年10月9日

10/8月齢18.3(明朝アルデバラン食)

昨晩10/8撮影した↓月齢18.3の月↓

↓同、別処理↓

実は、明日未明3時20分頃、(おうし座α星)アルデバラン食がある。/拙宅からクルマで20分ほどの所が南限界線になっていて、アルデバランが月南端の山々をかすめていくため、潜入と出現を繰り返し明滅する筈である。/自宅からだと南限界線より少し北側になるため潜入と出現1回だけで終わり。/天候も気がかりだが、南限界線は山間地でクマ出没地帯なのが一番の問題。orz/夜中はクマも眠るそうだが、冬眠に備えて早朝から餌を求めて活動するのは間違いなく、こうしたクマとの遭遇しそうで躊躇している。
【おまけ】↓2年前2015年10/2晩のアルデバラン食。月面の右上方向から突如現れます。↓

東の空に上り始めた直後なので(=潜入時は地平線下でアウト)、月面メラメラ状態。こんな長焦点で撮らなくてもよかった。(´Д`;)
※月面左上から斜め下にかけてストライプ状の暗い影ありますが、電線が横切っていたため。それほど低空だったということです※
【データ上2枚】月齢18.3/FireCapture v2.5 Settings/Profile=Moon
------------------------------------
Scope=PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171008/Start(UT)=134735.220/Mid(UT)=134805.221/End(UT)=134835.223
Duration=60.003s/FramesCaptured=1834/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=30/Shutter=0.482ms/Gain=150(29%)/USBTraffic=100
Gamma=65/Brightness=10/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255
Histogramm=100%/Limit=60Seconds/SensorTemperature=30.6°C@自宅星見台HANA
【データ下】2015年10月2日21時17分(AVI約30秒)/ペンミニE-PM2(MOV動画Auto露光)/長光60MAXI屈折(fl=1200mm)直焦点/高橋P型赤道儀@自宅前
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 15:12 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年10月8日

10/1-8までの太陽Hα像

9/25〜9/30までの太陽Ha像(10/2,3,6,7欠測)/回帰黒点群が中央→西へ移動したが大きな変化なく→10/8西裏へ見えなくなり西縁に同群残党?の紅炎噴出↓※各画像をクリックすると拡大表示します※
↓10/8,11h44m東側等倍トリミング↓

↓11h44m同、北東側トリミング↓

↓10/8,11h44m全体↓

↓11h44m全体(白黒L)↓

↓11h44m東側↓

↓11h44m西側↓

↓10/5,13h46m全体↓

↓13h46m全体(白黒L)↓

↓13h46m東側↓

↓13h46m西側↓

↓10/4,13h20m全体↓

↓13h20m全体(白黒L)↓

↓13h20m東側↓

↓13h20m西側↓

↓10/1,8h26m全体↓

↓8h26m全体(白黒L)↓

↓8h26m東側↓

↓8h26m同、西側↓

【データ】2017年10月8日11時44分/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171008/Start(UT)=024439.812/Mid(UT)=024444.827/End(UT)=024449.843
Duration=10.031s/FramesCaptured=307/ROI=3096x2080/FPS(avg.)=30
Shutter=0.500ms/Gain=250(49%)/Gamma=80/Brightness=1
USBTraffic=100/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=227
Histogramm=89%/Limit=10Seconds/SensorTemperature=29.8°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:18 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年10月5日

満月でない中秋の名月(月齢14.3)

昨夜10/4は「中秋の名月」だった。雲間が開くのを待って撮影した。↓月齢14.3中秋の名月↓

(画面上が北方向)↓別処理画像↓

【中秋の名月が満月とは限らない】
国立天文台、暦Wiki(http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C3E6BDA9A4CECCBEB7EEA4C8A4CF.html)等によると、中秋の名月とは旧暦8月15日の月のこと。旧暦=太陰暦(月の動きから作られた暦)で新月から数えて15日めが満月の日としているが、実際には1朔望月(新月から次の新月までの期間)≒29.5日で単純に考えると半日短い。満月は新月から数えてその半分の約14.8日で、きっちり15日ではない。また、月の公転軌道は真円でない(最接近時≒35万km,最遠時≒40万km)ため、1朔望月の周期にばらつき(最短で13.9日、最長で15.6日)がある。すなわち旧暦15日めが満月とは限らない。
↓処理中のPC画面↓

【データ】FireCapture v2.5 Settings/Profile=Moon,月齢14.3(中秋の月)
------------------------------------
Scope=PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/Camera=ASI178MM/Filter=L
Date=171004/Start(UT)=113327.278/Mid(UT)=113357.284/End(UT)=113427.291
Duration=60.013s/FramesCaptured=1623/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=27/Shutter=0.332ms/Gain=150(29%)/Gamma=70/Brightness=10
USBTraffic=100/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255
Histogramm=100%/Limit=60Seconds/SensorTemperature=28.4°C
@自宅星見台HANA

(画面右の望遠鏡で撮影した)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:18 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年10月4日

今宵は中秋の月>月の形と動き2(小6理)

今宵は「中秋の月」だが、実際には未だ満月ではない。そのことは置いといて、前回9/25から引き続き9/30まで、晴れた晩の月を撮ったものを並べてみた。↓
小6理科「太陽と月の形と位置」まとめ学習用に、、(※頁最下行をご覧下さい※)
※各画像をクリックすると拡大表示します※
↓9/25,月齢5.2↓

↓9/26,月齢6.2↓

↓9/28,月齢8.2↓

↓9/29,月齢9.2↓

↓9/30,月齢10.2↓


※9/27は雨天で欠測※

日を追うごとに
月が徐々に膨らんで
いくのが分かる。
↓月の位置の変化↓追記へ
続きを読む...

投稿者:龍吉at 18:17 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年10月3日

9/25-9/30までの太陽Hα像

9/25〜9/30までの太陽Ha像(9/27,28欠測)↓※各画像をクリックすると拡大表示します※
↓9/30,8h28m全体↓

↓9/30,8h28m同、全体白黒L↓

↓9/30,8h28m東側↓

↓9/30,8h28m同、西側↓

↓9/29,13h51m全体↓

↓9/29,13h51m全体白黒L↓

↓9/29,13h51m東側↓

↓9/26,13h51m西側↓

↓9/26,8h56m全体↓

↓9/26,8h56m同、全体白黒L↓

↓9/26,8h56m東側↓

↓9/26,8h56m同、西側↓

↓9/25,7h58m全体↓

↓9/25,7h58m全体↓

↓9/25,7h58m東側↓

↓9/25,7h58m同、西側↓

【データ】2017年9月26日8時56分/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L/Filename=2017-09-25-2356_2-KY-L.avi
Date=170925/Start(UT)=235612.762/Mid(UT)=235617.777/End(UT)=235622.793
Duration=10.031s/FramesCaptured=306/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=30/Shutter=0.500ms/Gain=250(49%)/USBTraffic=100
Gamma=80/Brightness=1/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=221
Histogramm=86%/Limit=10Seconds/SensorTemperature=36.4°C@小矢部市平桜
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:27 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年9月30日

9/21-9/24までの太陽Hα像

9/21〜9/24までの太陽Ha像(欠測日なし)↓※各画像をクリックすると拡大表示します※
↓9/24,7h50m全体↓朝は好シーイング

↓9/24,7h50m同、全体白黒L↓

↓9/24,7h50m東側↓

↓9/24,7h50m同、西側↓

↓9/23,12h59m全体↓

↓9/23,12h59m全体白黒L↓

↓9/23,12h59m東側↓

↓9/23,12h59m西側↓

↓9/22,14h02m全体↓

↓9/22,14h02m同、全体白黒L↓

↓9/22,14h02m東側↓

↓9/22,14h02m同、西側↓

↓9/21,10h19m全体↓@小矢部市平桜

↓9/21,10h19m全体↓

↓9/21,10h19m東側↓

↓9/21,10h19m同、西側↓

【データ】2017年9月21日10時19分/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L/Filename=2017-09-21-0119_3-KY-L.avi
Date=170921/Start(UT)=011918.431/Mid(UT)=011923.431/End(UT)=011928.431
Duration=10.000s/FramesCaptured=307/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=30/Shutter=0.500ms/Gain=250(49%)/Gamma=80
Brightness=1/USBTraffic=100/Histogramm(max)=232/Histogramm=90%
Limit=10Seconds/SensorTemperature=35.0°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:31 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年9月26日

9/25月齢5.2の月(小6理?)

昨夕の南西空、月齢5.2の月を標準レンズ付デジカメで撮影したものを並べてみた。↓
小6理科「太陽と月の形と位置」まとめ学習用に、、(※頁最下行をご覧下さい※)
※各画像をクリックすると拡大表示します※
↓9/25,18h12m↓


←9/25,18h12m↓
(星名、星座線入り画像なし)
※下へスクロールすると月(や星)が
 次第に右(西)へ移動しているのが
 分かると思います。

↓9/25,18h31m↓

↓9/25,18h31m星名、星座線入り↓

↓9/25,19h13m↓拡大すると地球照が分かる

↓9/25,19h13m星名、星座線入り↓

↓9/25,19h24m↓月が木立のかげに、、

↓9/25,19h24m星名、星座線入り↓

↓以下は月の拡大画像↓9/25 18h30m,月齢5.2(白黒L)↓

↓同、擬似カラー↓

↓同、地球照(欠けているところが薄暗く見えること)↓

↓同、擬似カラー↓

↓同、月齢5.2普通画像と加算平均合成したもの↓

【データ】
 月齢5.2
 2017年9月25日18時12分〜19時24分
 (1/15秒〜1/2秒1枚)
 富士X-T1(ISO3200,RAW)
 FUJINON35mm,F1.4→F2
 手すりに半固定撮影
 @自宅星見台HANA前
※教育用途への利用はフリーですが、著作権は放棄しておりません※
★利用に際し、掲載画像の無断改ざん等を禁じます。
★商的利用等については(k−yoshio@nsknet.or.jp)へ連絡願います。
  (↑全ての文字を半角英数文字にする↑)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:49 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年9月21日

9/15-9/20までの太陽Hα像

9/15〜9/20までの太陽Ha像をまとめてみた。(9/16,17は欠測)↓※各画像をクリックすると拡大表示します※
↓9/15,14h05m全体↓

↓9/15,14h05m東側等倍トリミング白黒L↓

↓9/15,14h05m同、西側等倍↓

↓9/15,14h05m同、全体白黒L↓

↓9/18,14h42m全体↓@小矢部市西福町

↓9/18,14h42m南東側等倍白黒L↓

↓9/18,14h42m西側等倍白黒L↓

↓9/18,14h42m全体白黒L↓

↓9/19,10h36m全体↓@小矢部市平桜

↓9/19,10h36m東側等倍トリミング白黒L↓

↓9/19,10h36m同、西側等倍↓

↓9/19,10h36m同、全体白黒L↓

↓9/20,9h1m全体↓@小矢部市平桜※雲越し

↓9/20,9h1m東側等倍トリミング↓

↓9/20,9h1m同、西側等倍↓

9/20,9h1m白黒L,全体↓

【データ】2017年9月15日14時5分/Profile=Sun
------------------------------------
Scope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L/Filename=2017-09-15-0505_1-KY-L.avi
Date=170915/Start(UT)=050503.243/Mid(UT)=050508.251/End(UT)=050513.259
Duration=10.016s/FramesCaptured=307/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=30/Shutter=0.500ms/Gain=250(49%)/USBTraffic=100
Brightness=1/Gamma=80/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=234
Histogramm=91%/Limit=10Seconds/SensorTemperature=33.6°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:04 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年9月16日

3年前9/14,ISS月面通過@宇ノ気

先日9/14早朝のISS国際宇宙ステーション月面通過は雲に阻まれ失敗に終わった。(;>_<;)

ここしばらくISS月面通過から見放されている。以下、3年前9/14早朝のISS月面通過の再掲↓
--------------------------------------------------------------------------------------------
【2014年9月14日】ISS国際宇宙ステーション月面通過@石川県かほく市
高速連写にしたつもりが低速連写だったため、得られたのはこの1枚だけ↓全体画像(ほぼノートリミング)

↓ISS周辺800×800ドット等倍切り出し画像↓

↓月全体をギリギリに残して正方形トリミングした画像↓

と、いろいろ悔やまれるISS迎撃だったが、たった一枚だけちゃんと写っていてホッとした。全てボツだったら当分立ち直れなかったと思う。
【データ】2014年9月14日4時0分38秒(1/2000秒、1枚)/Mead178mmMC+0.63RC(fl約1680mm)直焦点/富士X-T1(ISO2000,JPG)/ビクセンSXD赤道儀ノータッチ@石川県かほく市大崎東(旧宇ノ気町)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:52 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年9月15日

9/9-9/14までの太陽Hα像

9/9〜9/14までの太陽Ha像をまとめてみた。(9/3,6,7,11は欠測。9/5,8,10は掲載済みです)↓※各画像をクリックすると拡大表示します※
↓9/14,13h47m全体↓

↓9/14,13h47m東側等倍トリミング白黒L↓

↓9/14,13h47m同、西側等倍↓

↓9/14,13h47m同、全体白黒L↓

↓9/13,8h48m全体↓

↓9/13,8h48m東側等倍白黒L↓

↓9/13,8h48m西側等倍疑似カラー↓

↓9/13,8h48m全体白黒L↓

↓9/12,14h25m全体↓

↓9/12,14h25m東側等倍トリミング白黒L↓

↓9/12,14h25m同、西側等倍↓

↓9/12,14h25m同、全体白黒L↓

↓9/9,14h46m全体↓

↓9/9,14h46m西側等倍トリミング↓

↓9/9,14h46m同、白黒等倍↓

9/9,14h46m白黒L,全体↓

【データ】2017年9月9日14時46分/Profile=Sun
Telescope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L/Filename=2017-09-09-0546_6-KY-L.avi
Date=170909/Start(UT)=054636.312/Mid(UT)=054641.304/End(UT)=054646.297
Duration=9.985s/FramesCaptured=306/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=30/Shutter=0.500ms/Gain=250(49%)/USBTraffic=100
Gamma=80/Brightness=1/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=219
Histogramm=85%/Limit=10Seconds/SensorTemperature=35.0°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:10 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年9月13日

9/10太陽東側Hαの変化

9/10,太陽Ha像の東縁編↓※各画像をクリックすると1024ドット幅で表示します※
↓9/10,7h54m↓

↓8h07m↓西縁と異なり急変していない感じ。

↓8h14m↓

↓8h21m↓

↓8h30m↓

↓8h40m↓

↓8h48m↓

↓8h59m↓

↓9h32m↓

↓9h46m↓

↓10h03m↓

↓13h20m↓約3時間半後、午後↓

↓13h58m↓

※同、白黒L画像↓

【データ】2017年9月10日7時54分〜14時58分/Profile=Sun
Telescope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L/Duration=10.032s
FramesCaptured=305-307/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=30/Shutter=0.500ms/Gain=250(49%)/Gamma=80/USBTraffic=100
Limit=10Seconds/SensorTemperature=32.2-52.2°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:44 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年9月12日

9/10太陽西側Hαの変化

9/10は休日だったこともあり朝からの太陽Ha像に没頭していた。で、ようやく撮影画像一部を処理し終えた。以下、時系列に掲載。
先ずは太陽西縁の2674,2673部分トリミング↓※各画像をクリックすると1024ドット幅で表示します※
↓9/10,7h54m↓

↓8h07m↓この頃2674黒点の紅炎が明るく目立つ

↓8h14m↓2673黒点付近からトゲ状の突出

↓8h21m↓トゲ目立たなくなる

↓8h30m↓

↓8h40m↓2673付近明るい(小規模フレア?)

↓8h48m↓

↓8h59m↓2673付近にポストフレアループ?

↓9h32m↓ループが立ち上がる

↓9h46m↓淡いが下にもループが見えて、、

↓10h03m↓源氏パイのように見える

↓13h20m↓約3時間半後、午後↓

↓13h58m↓

※東リム付近↓13h58m↓

【データ】2017年9月10日7時54分〜14時58分/Profile=Sun
Telescope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L/Duration=10.032s
FramesCaptured=305-307/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=30/Shutter=0.500ms/Gain=250(49%)/Gamma=80/USBTraffic=100
Limit=10Seconds/SensorTemperature=32.2-52.2°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:52 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年9月10日

大型フレア発生後の2673黒点付近

2673群で発生した大型フレア後9/6,9/7は雨天が続き観察不能だった。9/8になってようやく太陽Ha像を掲載できた↓

↑大規模フレアが発生した2673群は既に西へ移動していた。
↓同部分を拡大したもの↓

↓帰宅後、同日午後3時前に撮影した2764,2763群付近↓擬似カラー

↓同、白黒L↓

少しの間にも刻々と変化しており、実は上画像2枚の撮影直後に2673群でフレアが発生している。朝は出先で仕事前に観察撮影したが、すぐ片付けざるを得なかった。特に平日は思うように観察時間とれないのがネックだ。
【データ】FireCapture v2.5 Settings/Profile=Sun
------------------------------------
Telescope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L/Filename=2017-09-07-2350_5-L.avi
Date=170907/Start(UT)=235027.526/Mid(UT)=235032.526/End(UT)=235037.527
Duration=10.001s/FramesCaptured=306/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=30/Shutter=0.500ms/Gain=250(49%)/USBTraffic=100
Gamma=80/Brightness=1/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=170
Histogramm=66%/Limit=10Seconds/SensorTemperature=35.2°C@小矢部市平桜
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:05 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年9月8日

大型フレア発生前の2673黒点

9/6,太陽黒点2673群で大型フレアが発生した。そして報道によると本日9/8午前、このフレアに伴う太陽プラズマが地球に到達しているという。磁気嵐などの影響が懸念される一方で、国内で低緯度オーロラが見られる可能性も出てきた。北の空が何時になく赤く染まるという。緯度が高い北海道地方などでは比較的よく見られるらしいが、さらに緯度の低い地方でも可能性があるらしい。
あいにく6,7日は雨天で太陽Ha画像を撮ることはできなかったが、フレア発生直前の9/5のHa画像を掲載する↓

(中央の黒点群は2674群)↑大規模フレアが発生したのは2674群の右下2673群の黒点↓黒点の周りが明るくなっている。
↓同部分を拡大したもの↓

2673群が東側に現れた頃は、大きな肉眼黒点2764群とは比べ物にならぬ位小さくポツンとあっただけだったが9/2,3頃より急速に発達した。
↓9/4の2763群付近↓

↓8/31の2763群付近↓未だ1つポツンとした黒点だった。

【低緯度オーロラの撮影について】
肉眼で観察可能かも知れないが、できれば広角レンズを付けたデジ一眼カメラを北方向に向けて撮影することをお勧めする。/日が沈んで空が暗くなり満月直後の月が東に顔を見せる前までがチャンスと思われる。ピントは無限大固定。ISO感度は(1600〜6400程度)/絞りは開放かひと絞り(F2〜F4)程度、カメラを三脚に固定し10〜60秒程度(撮影直後の背面液晶モニターが真っ白にならないようにする。RAWデータも残しておくとよい)
【データ】FireCapture v2.5 Settings/Profile=Sun
------------------------------------
Telescope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L/Filename=2017-09-05-0419_8-L.avi
Date=170905/Start(UT)=041946.521/Mid(UT)=041951.521/End(UT)=041956.522
Duration=10.001s/FramesCaptured=279/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS (avg.)=27/Shutter=0.500ms/Gain=250(49%)/Gamma=80
Brightness=1/USBTraffic=100/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=188
Histogramm=73%/Limit=10Seconds/SensorTemperature=41.9°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:01 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年9月6日

9/2怪鳥?日面通過

9/2,太陽の前を偶然にも鳥が通過した↓

↓同、白黒L画像↓

通過部分のコマだけを比較暗合成した画像に、通過した1ショット307コマを通常処理した画像をMIXして1枚にした。30fpsで撮影し、怪鳥が写っているのは15コマなので0.5秒で横切ったことになる。また、約12コマで次の羽ばたきになっていることから、0.4秒で1回羽ばたいていると言える。さらに、飛行高度はそこそこ高いと思われる。何故ならば怪鳥の輪郭が比較的はっきりしているから。カラスやスズメの類ではないように思うが怪鳥の種類は不明。(鳥屋さんならシルエットでさらに推測可能かも)
↓怪鳥通過時の元ショット動画↓

偶然と書いたが、国際宇宙ステーションの日面(or月面)通過よりもはるかに頻度高いように思う。国際宇宙ステーションは軌道計算から通過時刻に通過場所で確実にキャッチできるが、怪鳥はそうはいかないだけ。
【データ】FireCapture v2.5 Settings/Profile=Sun
------------------------------------
Telescope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L/Filename=2017-09-02-0504_0-L.avi
Date=170902/Start(UT)=050357.544/Mid(UT)=050402.560/End(UT)=050407.576
Duration=10.032s/FramesCaptured=307/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=30/Shutter=0.600ms/Gain=250(49%)/USBTraffic=100
Gamma=80/Brightness=1/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255
Histogramm=100%/Limit=10Seconds/SensorTemperature=42.0°C@自宅星見台HANA

続きを読む...

投稿者:龍吉at 17:11 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年9月5日

月齢11.7と12.8

月が明るくなってきて明日6日は満月となる。下画像は↓9/3,月齢12.8の月↓

その前日↓9/2,月齢11.7の月↓

※掲載画像はいずれも正立像表示です※
実は昨夜も明るい月が見えていたが、前夜の疲れもあり寝てしまった。月の首振り運動で周縁部に月裏側のクレーターが見えるとか興味深い点もあるのだが、(月ファンには申し訳ないが)満月近い月は太陽光をまともに正面から受けて表面の凹凸が目立たずノッペリしてただ眩しいだけ、という印象も拭えないでいる。
データ【9/3月齢12.8】FireCapture v2.5 Settings/Profile=Moon
------------------------------------
Telescope=PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/Camera=ASI178MM/Filter=L/Filename=2017-09-03-1237_3-L.avi
Date=170903/Start(UT)=123652.544/Mid(UT)=123722.537/End(UT)=123752.531
Duration=59.987s/FramesCaptured=1833/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=30/Shutter=0.500ms/Gain=150(29%)/USBTraffic=100
Gamma=80/Brightness=10/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255
Histogramm=100%/Limit=60Seconds/SensorTemperature=28.0°C
データ【9/2月齢11.7】
Filename=2017-09-02-1038_8-L.avi/Date=170902/Start(UT)=103835.925
Mid(UT)=103850.934/End(UT)=103905.943/Duration=30.018s
FramesCaptured=918/Binning=no/ROI=3096x2080/ROI(Offset)=0x0
FPS(avg.)=30/Shutter=0.500ms/Gain=150(29%)/Gamma=80
Brightness=10/USBTraffic=100/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255
Histogramm=100%/Limit=30Seconds/SensorTemperature=35.6°C@自宅星見台HANA
他は上と同データ
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:04 | 太陽系・月 | コメント(0)

|1/43ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ