|1/39ページ | 次の20件 >>

2017年3月28日

1年前3/28晩の木星@自宅

ちょうど1年前の3/28晩、上空大気良好下の木星/星が瞬き風もあったが、上空大気の状態はとても良好だった。1年前3/28晩の木星↓
【3/28晩・1】

【3/28晩・2】

【3/28晩・3】

【3/28晩・3-2】

【3/28晩・4】

【撮影中のPCモニター画面】

【右上】
今までで一番くっきりと表面模様がモニター画面で確認できた。
【右】
ウェーブレット段階であっさり詳細模様が浮かび上がってきた。
やはり、1にも2にもボケやブレの無い画像を取得するのが第一と思った。
【Registaxで処理中のPC画面】

アマチュア無線の世界と同じで、『1にロケ2にロケ、3,4が無くて5に望遠鏡』と思った。/遊星撮影を始めたばかりだが、何か判然とせずモヤモヤしていたものが一気に吹き飛んだ気がした。/とはいえ、見ての通り画像の色合い等、バラつきがある。処理過程に課題がある。
【共通データ】2016年3月28日/ASI224MC(動画Capture)/C11+×2バーロー/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:32 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月24日

3/12未明の木星-2

3/12未明の木星全ショットを処理して無理やりパラパラ動画にしてみた。↓

↓使った画像から比較的マシなものを並べてみた。↓
【1】UT1542
【2】UT1638
【3】UT1639
【4】UT1641
【5】UT1641-2
【6】UT1712
【7】UT1801
【8】UT1803
【9】UT1804
【10】UT1818
上空気流は、木星が南中していた時間帯(UT16**台=午前1時過ぎ)が良かったようだ。
【データ】木星/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25,x2Barlow,NJP mount/Camera=ZWO ASI224MC/Filter=RGB
Profile=Jupiter/Diameter=43.04"/Magnitude=-2.39/CMI=207.4°CMII=153.6°CMIII=265.5°(during mid of capture)
FocalLength=5850mm/Resolution=0.13"/Filename=2017-03-11-1641_6-RGB.avi
Date=170311/Start(UT)=164055.550/Mid(UT)=164140.556/End(UT)=164225.563/Duration=90.013s
Framescaptured=5142/Filetype=AVI/ExtendedAVImode=true/CompressedAVI=false/Binning=no/ROI=640x480/ROI(Offset)=424x344
FPS(avg.)=57/Shutter=17.50ms/Gain=225(37%)/Gamma=50/AutoExposure=off/WBlue=95/SoftwareGain=10(off)
HighSpeed=off/AutoHisto=75(off)/HardwareBin=off/USBTraffic=50/WRed=52
Brightness=1/Histogramm(min)=0
Histogramm(max)=92/Histogramm=36%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=90Seconds/Sensor temperature=9.4 °C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:09 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月22日

1年前、国際宇宙ステーション月面通過@富山市

ちょうど1年前の3/21深夜23時7分、国際宇宙ステーションが月面の前を通過した↓

このときの通過ラインは石川県白山山麓→本市五箇山(平村)→富山市南部だった。/拙宅からは五箇山が一番近かったが、山間地は通過ポイントの場所が限られるため、富山市南部(旧八尾町)へ出かけた。↓通過部分5コマ等倍トリミング↓
【1】

【2】

【2-2】同、無理矢理×1.5拡大トリミング

【3】

【4】

【5】

今回は、地上から約470kmのところを通過した。富山からだと西は岡山・広島?、北は山形・宮城?、東は千葉房総沖辺り?ぐらいか。(地図で確かめてないので間違えてる可能性大)/ピントは入念に合わせたつもりだった。2コマめが比較的マシに見えるが、後は等倍トリミングでも分かるように若干ISS本体がボヤけて見える。上空大気に影響された?ということにしておこう。(笑)
【共通データ】2016年3月21日23時07分0秒頃?/富士X-T1(ISO2500,1/2000秒JPG)/Mead178マクカセ+0.75RC(fl約2000mm)直焦点/GM8赤道儀@富山市八尾町水谷、井田川左岸
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 09:35 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月21日

3/20未明、月齢21.1

3/20未明、月齢21.1の月を拡大撮影してみた↓が、、(画面上が南方向)

シーイング最悪でどうしてもピント決まらず、見た通りシャープさに欠ける。やむなく各画像をMicrosoft ICEでつなぎ合わせて誤魔化した。画面上端から、中央火口列→蒸気の海→アペニン山脈→アルキメデス(画面下端)
↓繋がらなかった画像その1↓アルキメデス(画面上)→プラトー(画面下)

↓繋がらなかった画像その2↓プラトー→氷の海→月面北極

【データ】3月齢21.1/2017年3月20日2時51分/ASI224MC(Gain=200,Gamma=45,ROI=1304x976,FPS42,Shutter=7.500ms)/C9.25,×2Barlow/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:39 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月17日

3/11月齢13.0ヘベリウス付近

3/11月齢13.0の続き>↓ヘベリウス付近(画面は望遠鏡視野に合わせて逆像表示)↓

↓文字入り↓

前回掲載のライナーγのすぐ南に連なる箇所で、ヘベリウス火口(画面右下)のすぐ北側(下)に前回掲載のカヴァレリウス火口が続いている。
【データ】ヘベリウス付近 FireCapture v2.5 Settings
------------------------------------
Telescope=C9.25,X2Barlow/Camera=ZWO_ASI224MC/Filter=RGB/Profile=Moon
Date=170311/Start(UT)=150904.524/Mid(UT)=150942.611/End(UT)=151020.698/Duration=76.175s
Framescaptured=5000/ExtendedAVImode=true/Binning=no/ROI=1280x950/ROI(Offset)=16x8/FPS(avg.)=65
Shutter=10.00ms/Gain=125(20%)/Gamma=70/Brightness=1/WRed=52/USBTraffic=100/AutoHisto=75(off)
SoftwareGain=10(off)/WBlue=95/Histogramm(min)=3/Histogramm(max)=119/Histogramm=46%
Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=5000Frames/Sensortemperature=12.5°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:55 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月16日

3/11月齢13.0ライナーγ付近

3/11月齢13.0の続き>↓ライナーγ(ガンマ)付近(画面は望遠鏡視野に合わせて逆像表示)↓

↓文字入り↓

画面中央の不規則に白く輝いて見えるのがライナーγで「嵐の大洋」西端付近にある。月面全体が収まる程度の倍率だと、「ケプラー」の光条からさらに西縁へ離れた所に白く光って見える。
【データ】付近/FireCapture v2.5 Settings
------------------------------------
Telescope=C9.25,x2Barlow/Camera=ZWO_ASI224MC/Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-03-11-1507_8-RGB.avi
Date=170311/Start(UT)=150710.562/Mid(UT)=150748.664/End(UT)=150826.766/Duration=76.204s/Framescaptured=5000
Filetype=AVI/ExtendedAVImode=true/CompressedAVI=false/Binning=no/ROI=1280x950/ROI(Offset)=16x8
FPS(avg.)=65/Shutter=10.00ms/Gain=125(20%)/Gamma=70/HighSpeed=off/AutoExposure=off/HardwareBin=off
Brightness=1/WRed=52/USBTraffic=100/AutoHisto=75(off)/SoftwareGain=10(off)/WBlue=95/Histogramm(min)=3
Histogramm(max)=102/Histogramm=40%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=5000 Frames/Sensor temperature=12.4℃
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:03 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月15日

3/11月齢13.0ピタゴラス付近

3/11晩に撮った月齢13.0↓ピタゴラス付近(画面は望遠鏡視野に合わせて逆像表示)↓

ピタゴラスは、月面北東部周縁近くにあるクレーターで、横から日が差して中央の山影が写っている。↓若干引いた月面画像(2年前)で赤丸部分↓

【データ】ピタゴラス付近/FireCapture v2.5 Settings
------------------------------------
Telescope=C9.25,x2Barlow/Camera=ZWO_ASI224MC/Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-03-11-1458_8-RGB.avi
Date=170311/Start(UT)=145829.902/Mid(UT)=145852.733/End(UT)=145915.564/Duration=45.662s
FramesCaptured=3000/Filetype=AVI/ExtendedAVImode=true/CompressedAVI=false/Binning=no/ROI=1280x950/ROI(Offset)=16x8
FPS(avg.)=65/Shutter=7.000ms/Gain=218(36%)/Gamma=75/HighSpeed=off/AutoExposure=off/HardwareBin=off/Brightness=1
WRed=52/USBTraffic=100/AutoHisto=75(off)/SoftwareGain=10(off)/WBlue=95/Histogramm(min)=3/Histogramm(max)=224/Histogramm=87%
Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=3000Frames/Sensortemperature=11.1 °C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:48 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月13日

月齢13.9(満月)/月齢13.0(アリスタルコス付近)

【1】昨晩3/12薄雲越しに撮った満月(月齢13.9)↓

カメラ写野に収まらないので、8回に分けて撮影しMicrosoft ICEで一枚に繋ぎ合わせた。満月は陰影に乏しいので、写野全体に程よく収まるflで普通に静止画撮影した方が(解像度は落ちるが)ささっと済ませられるし違和感も少ないと思われる。
【2】前晩3/12未明に撮影したアリスタルコス付近(月齢13.0)↓

普通に撮るとアリスタルコスは白飛びしてしまうので、すっかり日が差し込んでいる満月直前のときに撮影した。露光は控えめ&フラット気味にしたこともあり火口内部の地形が見えてきているが、全体には暗く沈んだ感じになってしまった。
↓2015年8月に撮影したアリスタルコス(画面右)付近↓

【3】日暈(内暈)、幻日(画面左)、タンジェントアーク?(内暈頂部)

実は、目盛環導入で昼間の金星を狙ったが、視野が明るくて見つけられなかった。何で?と空を見上げてはじめてこの日暈が邪魔してることに気づいた。
【データ】月齢13.9(以下の設定で撮影した8ショットから合成)
FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25(fl=1763mm)/Camera=ZWO ASI1600MC-Cool
Filter=RGB/Profile=Jupiter/Diameter=43.10"/Magnitude=-2.39
CMI=221.5°CMII=161.3°CMIII=273.4°(during mid of capture)
FocalLength=26100mm/Resolution=0.03"/Filename=2017-03-12-1245_5-RGB.ser
Date=170312/Start(UT)=124520.191/Mid(UT)=124535.192/End(UT)=124550.193/Duration=30.002s
Framescaptured=910/Filetype=SER/Binning=no/ROI=2400x1600/ROI(Offset)=1104x1072/FPS(avg.)=30
Shutter=10.43ms/Gain=20(3%)/HardwareBin=off/AutoHisto=75(off)/Brightness=1/Gamma=75
WBlue=95/HighSpeed=off/SoftwareGain=10(off)/TargetTemp=-20(off)/AutoExposure=off
USBTraffic=90/WRed=52/Histogramm(min)=126/Histogramm(max)=4003/Histogramm=97%/Noise(avg.deviation)=n/a
Limit=30Seconds/Sensortemperature=2.6 °C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:58 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月12日

3/2未明、木星@自宅

本日3月12日未明の木星↓
【1】UT1542
【2】UT1635
【3】UT1638
【4】UT1639

【5】UT1641
【6】UT1712
【7】UT1815
【8】UT1818
【9】UT1919
【10】UT1921
満月間近の月が明るいため、端から遊星用カメラを取り付けて木星撮影に集中した。南中頃が一番上空大気状態が良かったようだった。大赤班が見え始めた頃から気流の乱れによるピンボケ時間が長くなり始め、薄雲による透明度低下の影響も出始めたので続行は諦め、寒さと眠気にも勝てず土星観察も諦めた。
夕方の西空。医王山稜上にポツンと宵の明星。左は地元スキー場のナイター光

【データ】木星/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25,x2Barlow,NJP mount/Camera=ZWO ASI224MC/Filter=RGB
Profile=Jupiter/Diameter=43.04"/Magnitude=-2.39/CMI=207.4°CMII=153.6°CMIII=265.5°(during mid of capture)
FocalLength=5850mm/Resolution=0.13"/Filename=2017-03-11-1641_6-RGB.avi
Date=170311/Start(UT)=164055.550/Mid(UT)=164140.556/End(UT)=164225.563/Duration=90.013s
Framescaptured=5142/Filetype=AVI/ExtendedAVImode=true/CompressedAVI=false/Binning=no/ROI=640x480/ROI(Offset)=424x344
FPS(avg.)=57/Shutter=17.50ms/Gain=225(37%)/Gamma=50/AutoExposure=off/WBlue=95/SoftwareGain=10(off)
HighSpeed=off/AutoHisto=75(off)/HardwareBin=off/USBTraffic=50/WRed=52
Brightness=1/Histogramm(min)=0
Histogramm(max)=92/Histogramm=36%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=90Seconds/Sensor temperature=9.4 °C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 15:26 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月10日

その後の小惑星18399テントウムシ

その後の↓小惑星18399(Tentoumusi)↓【1】↓(【2】【3】を一枚に合成)

【2】2月27日(中央の斜線がテントウムシの軌跡)

【3】↓同、3月1日↓

追記へ↓3月4日

続きを読む...

投稿者:龍吉at 10:57 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月7日

3/5月面エックスと月面V

3月5日上弦の月、月面エックスその2:「月面V」と「月面X」↓

↓月面「X」(画面上端)↓

↓今回「月面V」といわれる地形があることを初めて知った。↓

↓月面X部分の元動画↓(逆像表示)
雲越しのため元画像は全体にメリハリがなく暗い上に雲通過で明るさが変化している。
【データ】月齢6.8,月面エックス/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25(fl=1763mm)/Camera=ZWO_ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=Moon
Filename=2017-03-05-1050_6-RGB.avi/Date=170305/Start(UT)=104946.071/Mid(UT)=105037.356/End(UT)=105128.642/Duration=102.571s
FramesCaptured=4000/Filetype=AVI/ExtendedAVI mode=true/CompressedAVI=false/Binning=no/ROI=1200x1200/ROI(Offset)=1928x1504/FPS (avg.)=38
Shutter=18.00ms/Gain=200(33%)/SoftwareGain=10(off)/Gamma=50/Brightness=1/AutoHisto=75(off)/WRed=52/WBlue=95
HardwareBin=off/TargetTemp=-25(off)/HighSpeed=off/AutoExposure=off/USBTraffic=92/Histogramm(min)=4/Histogramm(max)=200/Histogramm=78%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=4000Frames/Sensortemperature=7.6°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:28 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月6日

3/5上弦の月&月面エックス

3月5日は月齢6.8の上弦の月、19時半頃を中心に月面エックスが見られた。↓

↑(望遠鏡視野に合わせ、逆像表示)↑↓同、月面全体(正立表示)↓

薄雲がかかり月暈が見られた。雲越し撮影&透明度不良のため全体に眠たいメリハリのない画像になってしまった。↓別画像↓(逆像表示)

【データ】月齢6.8,月面エックス/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25(fl=1763mm)/Camera=ZWO_ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=Moon
Filename=2017-03-05-1050_6-RGB.avi/Date=170305/Start(UT)=104946.071/Mid(UT)=105037.356/End(UT)=105128.642/Duration=102.571s
FramesCaptured=4000/Filetype=AVI/ExtendedAVI mode=true/CompressedAVI=false/Binning=no/ROI=1200x1200/ROI(Offset)=1928x1504/FPS (avg.)=38
Shutter=18.00ms/Gain=200(33%)/SoftwareGain=10(off)/Gamma=50/Brightness=1/AutoHisto=75(off)/WRed=52/WBlue=95
HardwareBin=off/TargetTemp=-25(off)/HighSpeed=off/AutoExposure=off/USBTraffic=92/Histogramm(min)=4/Histogramm(max)=200/Histogramm=78%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=4000Frames/Sensortemperature=7.6°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:27 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月4日

3/4早朝、国際宇宙ステーション上空通過を連写

本日3月4日早朝、ISS国際宇宙ステーションが約450km上空を通過した↓

5時12分、予報時刻通り西南西の空に姿を現した国際宇宙ステーションはぐんぐん北上し、最大高度は64度(距離450km余)に達した。そして北東方向へ抜けていった。通過中盤までは太陽と反対方角の西空を通過したので太陽パネルは開いて見えたようだ。微妙なブレのためかピンボケ気味になってしまったが、今年初めての国際宇宙ステーション迎撃に一応成功したこととしよう。
【データ】3/4早朝のISS上空通過/2017年3月4日5時13〜15分(1/2000秒高速連写)/富士X-T1(ISO3200,JPG)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:38 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月3日

3/3夕、月齢4.8の月を横着撮り

本日3月3日夕方の月↓(月齢4.8)

↓同、無理やり地球照を狙う↓

↓月齢4.8一枚画像↓(周囲を少しトリミング)

ひな祭りの3日は午後から天候回復し、帰宅時は快晴天となった。今宵は南低空まで澄み切っているようだ。/とりあえず高倍率ズームコンデジ(PowerShotSX50HS)を窓際半固定で手持ち撮影した。カメラだけでfl=1000mm程度の望遠鏡と同程度になるのは有難い。/図に乗って7枚コンポジットも試みたが、思ったよりも良好な結果にあらためて驚かされた。
【データ】月齢4.8/2017年3月3日18時13分(1/100秒×7枚コンポジット)/PowerShotSX50HS(ISO100,JPG)×50,F6.1/窓際半固定手持ち撮影@自宅
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:38 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年3月2日

3/2未明、木星@自宅

本日3月2日未明の木星↓

↓同、その2↓

久々に遊星用カメラ(ASI224MC)で動画による拡大撮影を試みた。上空の気流状態は少しずつ回復しているようだ。それでもまだピントは今一つで、途中から前後にズレるような揺らぎ方が始まり出したので終了した。
<AVI動画モードで撮影>

【データ】木星/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25,x2Barlow,NJP mount/Camera=ZWO ASI224MC/Filter=RGB
Profile=Jupiter/Diameter=42.16"/Magnitude=-2.33/CMI=91.7°/CMII=113.9°/CMIII=223.2°(during mid of capture)
FocalLength=5450mm/Resolution=0.14"/Filename=2017-03-01-1721_9-RGB.avi
Date=170301/Start(UT)=172114.438/Mid(UT)=172159.440/End(UT)=172244.442/Duration=90.004s
Frames captured=7450/Filetype=AVI/ExtendedAVImode=true/CompressedAVI=false
Binning=no/ROI=816x602/ROI(Offset)=320x232/FPS(avg.)=82/Shutter=12.07ms/Gain=220(36%)/Brightness=1
AutoHisto=75(off)/WBlue=95/HighSpeed=off/SoftwareGain=10(off)/USBTraffic=80/Gamma=50/AutoExposure=off
WRed=52/HardwareBin=off/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=89/Histogramm=34%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=90Seconds/Sensortemperature=12.9 °C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:12 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年2月26日

2/24,天王星、準惑星ケレス

2/24晩、45P(前回掲載)が天頂付近へ来るのを待つ間(&夕食chargeの間)放置追尾で撮影した↓天王星(Uranus)↓

現在、この天王星のすぐ近くに火星が居る。(望遠鏡写野に両者は到底入らないので断念)/天王星は、公転軌道面に対して自転軸が横倒しになっていることでも知られている。ごく淡い環(リング)と複数の衛星を持っている。太陽系で3番目に大きな惑星。6等級なので肉眼でも観察できるとされるが、目視確認は望遠鏡を使えば手っ取り早い。望遠鏡で見ると、青白色で(惑星特有の安定した見え方で)大気で瞬く恒星とは明らかに異なり判別しやすい。
↓準惑星ケレス(ceres)↓

中央の斜めに歪んだ形の星像をしているのが小惑星ケレス。(約20分程の間に移動したためと思われる)/火星と木星の間にある小惑星帯で最初に発見された小惑星だが、新分類では「準惑星」に位置付けられている。フランス語・スペイン語読みの「セレス」で表記される場合もある。自動導入式の望遠鏡を使えば目視確認もさほど難しくない。
【データ】天王星:2017年2月24日19時09分〜(30秒×8枚)/ケレス:19時18分〜(30秒×43枚)
いずれも、ASI1600MCC(-20℃,Gain300,Gamma75,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀放置追尾@自宅星見台

==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:54 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年2月23日

2/22小惑星18399(テントウムシ)

2/22未明、気になっていた小惑星18399(テントウムシ)の現在をようやく捉えることができた。↓(カラーポジ、周囲トリミング)

↓同、等倍トリミング↓

↑1時間余の間に小惑星18399が移動している↓同、白黒ポジ等倍トリミング↓


続きを読む...

投稿者:龍吉at 16:28 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年2月19日

2/15,16,19宵の明星

2/15,16,19夕に撮影した↓宵の明星(金星)↓
↓2月15日※
2月16日
↓※(追記)本日2/19夕の金星↓
↓同、FireCapture画面↓
※15日はカメラの向きが南北に合っていない。また、16日の南北方向は合っている(画面上が南)が、レデューサ付けたまま1600MCで横着撮影した(言い訳:すぐ近くのエンケ彗星を続けて撮るため)ので15日よりも小さい。(^_^;)
最大光輝を過ぎて間もない金星は日に日に大きく&細くなっている。UVフィルター等を駆使すれば表面模様も浮かび上がるようだが、形をシャープに捉えるのに手一杯な状態。orz
【データ】宵の明星(金星)/
Telescope=C9.25/Camera=ZWO_ASI224MC/Filter=RGB/Profile=Venus/Diameter=37.95"
Magnitude=-4.63/FocalLength=2250mm/Resolution=0.34"/Filename=2017-02-15-0907_9-RGB.ser
Date=170215/Start(UT)=090712.681/Mid(UT)=090757.023/End(UT)=090841.365/Duration=88.684s
Framescaptured=5000/Filetype=SER/Binning=no/ROI=640x480/ROI(Offset)=416x288/FPS(avg.)=56
Shutter=1.000ms/Gain=25(4%)/AutoHisto=75(off)/HardwareBin=off/Gamma=80/SoftwareGain=10(off)
Brightness=1/HighSpeed=off/AutoExposure=off/USBTraffic=80/WRed=52/WBlue=95/Histogramm(min)=12
Histogramm(max)=3172/Histogramm=77%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=5000Frames/Sensortemperature=13.5°C↓金星撮影中↓

==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:02 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年2月13日

2/12月齢15.6危機の海付近

昨夜2/12は、暗くなってから雲が切れ出した。あいにく満月過ぎの月が眩しく空を照らしていた。↓月齢15.6危機の海付近↓

↓同、別ショット2↓

↓同、別ショット↓by ASI1600MC

※いずれも画面上が南方向(天体望遠鏡と同じ逆像)
危機の海の左上(南東側)の大きなクレーターはラングレヌス、危機の海すぐ右下(北側)はクレオメデスという名が付けられている。※相変わらずピントがシャープに決まらない=冬のジェット気流のため?ということにしておこう。
【データ】危機の海付近/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25/Camera=ZWO_ASI224MC/Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-02-12-1307_6-RGB.avi/Date=170212/Start(UT)=130643.888/Mid(UT)=130737.180/End(UT)=130830.472/Duration=106.584s/FramesCaptured=3000/Filetype=AVI/ExtendedAVImode=true/CompressedAVI=false/Binning=no/ROI=1256x936/ROI(Offset)=24x32/FPS(avg.)=28/Shutter=1.500ms/Gain=150(25%)/WRed=52/WBlue=95/AutoHisto=75(off)/Gamma=70/USBTraffic=95/SoftwareGain=10(off)/HighSpeed=off/HardwareBin=off/AutoExposure=off/Brightness=1/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255/Histogramm=100%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=3000Frames/Sensortemperature=10.9°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:44 | 太陽系・月 | コメント(0)

2017年2月12日

2/8月齢11.4月面中央部

2/8月齢11.4の月その2↓月齢11.4:ガッサンディ、コペルニクス周辺↓

↓同、コペルニクス、ケプラー付近↓

↓同、中央部、蒸気の海、静かの海、晴の海↓

※いずれも画面上が南方向(天体望遠鏡と同じ逆像)/0.75レデューサー付けたままの横着撮影。
月に殆ど関心無いため簡単な月面図で地形名を調べた(-_-;)/2枚目:コペルニクスのすぐ北(画面では下)にカルディア山脈がある。/3枚目:蒸気の海と晴の海の間にヘームス山脈、その西(右)にアペニン山脈があり、そのすぐ北(下)にアルキメデスがある。
【データ】コペルニクス、ガッサンディ周辺/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25,NJPmount/Camera=ZWO ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-02-08-0900_2-RGB.ser
Date=170208/Start(UT)=085947.680/Mid(UT)=090017.690/End(UT)=090047.700/Duration=60.020s/FramesCaptured=1821/Filetype=SER/Binning=no/ROI=2008x1600/ROI(Offset)=1288x944/FPS(avg.)=30/Shutter=6.800ms/Gain=100(16%)/HighSpeed=off/Gamma=50/TargetTemp=-25(off)/WBlue=95/AutoHisto=75(off)/USBTraffic=92/AutoExposure=off/SoftwareGain=10(off)/WRed=52/Brightness=1/HardwareBin=off/Histogramm(min)=1/Histogramm(max)=4095/Histogramm=100%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=60Seconds/Sensortemperature=1.8°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:15 | 太陽系・月 | コメント(0)

|1/39ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ