|1/65ページ | 次の20件 >>

2019年9月20日

動画版9/20未明ISS月面通過

9/20未明ISS月面通過の元動画↓

※下弦前の月全体を写野に収めるため(本来、写野上下方向を南北方向とすべきところを)カメラを右へ回した。よって、画面右側がほぼ北方向※
撮影開始(2時26分0秒)後、26分10秒を音で知らせる「ポーン」とほぼ同時(直後)に画面右下(北西)方向から左上(南東)方向へISSの影が通り過ぎる。=現地でのISS通過時刻は2時26分10秒と分かる。
この4K動画データから通過部分(計19コマ)を静止画として書き出し、静止画19枚を比較暗合成し前回投稿のISS月面通過画像とした。
上の元動画を見ると月が右側に偏っているのが分かる。が、撮影時は画面上下ギリギリ状態で左右について気付かなかった。(-_-;)
【データ】9/20,ISS月面通過/2019年9月20日2時26分0秒〜(通過時は26分10秒、1/1000sec)/LumixG7(ISO3200,4K,MP4,30秒)/BKP200+コマコレ+1.4テレコン(fl=1120mm)直焦点/EQ6赤道儀@砺波市太田
続きを読む...

投稿者:龍吉at 19:39 | 太陽系・月 | コメント(0)

9/20未明ISS月面通過@砺波

本日9/20未明2時26分頃、宝達志水町〜高岡市福岡町〜砺波市庄川町へ抜けるISS国際宇宙ステーションによる月面通過(月齢20.2)があった。↓月面通過全体像↓

↓同、通過前半(月面北西側)↓

↓同、通過後半(月面南東側)↓

実は、月を望遠鏡写野中心から少し北へ外してしまったため、周辺部コマ収差の影響で画面右上(=通過開始直後)ほどISS像が怪しくなってしまった。
また、雲の影響で月は終始暈をかぶっていた。月本来の明るさが足りず、(ISSの動きを止めるためシャッター速度は遅く出来ないので)ISO感度を上げるしかなかった。感度を上げると画質が粗くなる傾向にあるが致し方ない。
【データ】9/20,ISS月面通過/2019年9月20日2時26分0秒〜(通過時は26分10秒、1/1000sec)/LumixG7(ISO3200,4K,MP4,30秒)/BKP200+コマコレ+1.4テレコン(fl=1120mm)直焦点/EQ6赤道儀@砺波市太田
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!撮影時上下ギリギリだったので左右の位置調整まで気が回らなかった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=毎回、必ずと言ってよいほど何かしら失敗をしでかすニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uその上、終始雲越しだったけれど何とか撮影出来たのは良かったワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:23 | 太陽系・月 | コメント(0)

2019年9月19日

9/19太陽Hα像

9/19,13時過ぎの太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※雨は降らなかったが雲多く、昼過ぎて雲間が広くなった時に観察した。/昨日と然程差は無く、相変わらず無黒点状態。紅炎も淡く目立たないが、7時方向の噴出は刷毛状に広がっていた。此処のところ画がフラット傾向でパッとしないのは、太陽活動低調なのが主因とは思うが、フィルターの再点検・再清掃が必要かもしれない。
↓全体(カラー1)↓9/19,13h21m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側等倍(カラー2)↓

↓西側等倍(カラー2)↓

↓東側等倍(白黒)↓

↓西側等倍(白黒)↓

↓Registax画面:南東側↓

↓Registax画面:西側&↓

↓自宅星見台で観察↓

↓同2↓

【データ】9/19太陽Hα像/2019年9月19日13時21分(1/40sec,40%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!淡く目立たないのは太陽の他に光学系にくすみが生じているのかも??(^_-)-☆
<はな>=^_^=オイラの舌で舐めたら改善するかもニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U少なくともフィルター部を点検する必要があるワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:14 | 太陽系・月 | コメント(0)

2019年9月18日

9/18太陽Hα像

9/18,10時半の太陽Hα像※9/16,9/17は欠測※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※午前中は青空だったが、昼頃より雲が多くなった。午前中に観察しておいて助かった。/本体は相変わらず無黒点状態が続いている。紅炎は、小さいというよりは淡いものばかりが各方向に噴出しているが目立たない。新25期黒点の登場が待ち遠しい。
↓全体(カラー1)↓9/18,10h29m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側等倍(カラー2)↓

↓西側等倍(カラー2)↓

↓東側等倍(白黒)↓

↓西側等倍(白黒)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓Registax画面:西側&↓

↓自宅星見台で観察↓

↓同2↓

【データ】9/18太陽Hα像/2019年9月18日10時29分(1/40sec,40%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!そこそこ周縁は賑わっているのに、淡く目立たないのが残念。(^_-)-☆
<はな>=^_^=東側に期待してたのに。パッとしなかったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U涼しくなってきて散歩距離が復活しつつあるワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 20:49 | 太陽系・月 | コメント(0)

撮り比べ>月齢18.1

昨夜9/17雲間から撮影した月齢18.1の月↓シーイングは並み(ということは他から見ると2/5程度かも?)/で、いつものように口径8cm,F15アクロマート屈折鏡で撮影したのだが、口径が2cm小さいアクロマート屈折(fl=910mm)鏡が転がっているのを思い出し、獲り比べてみることにした。
全体像↓【口径8cm】↓

全体像↓【口径6cm】↓

数値上で言えば口径8cmの方が解像度高いので優位に決まっている。が、上の2枚は優劣さほど無いように見える。口径と解像度は、上空大気状態(シーイング)が良好なことを前提にした話で、拙宅では(地形の関係か)大気状態良好な日がそうそうないので、口径大きくしたら(集光力は向上するだろうが)シャープな像を得られるというものではない。↓上2枚のそれぞれ中央付近を等倍トリミングしたもの↓
等倍像↓【口径8cm】↓

等倍像↓【6cm,F15】↓

原板でもあまり差が感じられない。ならば月面全体が1枚の写野に収まる口径6cm屈折で撮った方が手間がかからない。8cmの方は南北2ショットに分けて撮影し後で2枚を繋ぎ合わせる必要がある。そんな手間暇かけても1ショットで撮った画像と大差ないなら、その意味が感じられない。ということになる。

↓8cmで撮影した2枚のうち月面北側↓
続きを読む...

投稿者:龍吉at 14:11 | 太陽系・月 | コメント(0)

2019年9月16日

撮影手段試行>9/15月齢16.1

昨日9/15深夜の月齢16.1の月↓いつもの8cm,F15屈折で撮影
↓【1】8cm,F15 & LumixG7(全体像)↓

同じ望遠鏡のまま、ニコワンに切り替えてスチル連写=さらに横着撮影
↓【2】8cm,F15 & Nikon1V1↓

連写画像だと撮影枚数が動画画像に到底及ばない=画質に差が出てしまう。拡大LVに問題がありピント合わせ厳しいのがネック。手間を考えるなら1枚撮りで済ませた方がマシだと思う。さらに横着試みようと、PENTAX60小型望遠鏡で撮影したもの。
↓【3】6cm,F5 & Nikon1V1(等倍トリミング)↓

さすがに6cm,F5アクロマート短焦点では色収差による青滲みが気になる。一応、大きなクレーター穴は描写することは分かった。ただ、ニコワンの場合、ボディのみでは制約多く、拡大LVできないのでピント合わせが厳しい。(遠くの街明かりで合わせた)
↓【3-2】長辺方向のみトリミングしたもの↓

続きを読む...

投稿者:龍吉at 13:40 | 太陽系・月 | コメント(0)

2019年9月15日

9/15太陽Hα像

9/15,11時前の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※今日も朝から快晴、青空だった。が、上空大気状態はイマイチ/今日も無黒点状態が続いている。昨日同様、周縁の紅炎で比較的大きいのは1時、7時方向の噴出。本体にも小さなダークフィラメント影が点在している。
↓全体(カラー1)↓9/15,10h46m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側等倍(カラー2)↓

↓西側等倍(カラー2)↓

↓東側等倍(白黒)↓

↓西側等倍(白黒)↓

↓Registax画面:南東側↓

↓Registax画面:北西側&↓

↓自宅星見台で観察↓

↓同2↓

【データ】9/15太陽Hα像/2019年9月15日10時46分(1/40sec,45%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!小さく目立たないが8時方向、横に広がる噴出も面白い。(^_-)-☆
<はな>=^_^=小さいけれど紅炎いくつか現れている東側に期待したいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uそろそろ25期の新黒点が現れて欲しいワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:49 | 太陽系・月 | コメント(0)

9/14月齢15.1ほか

昨夜9/14は満月(月齢15.1)/黒部市吉田科学館の月例観察会(一日遅れの観月会)から帰宅後、良く晴れていたのでクルマから降ろした機材を使って撮影した。
↓月齢15.1(全体像)↓

満月とはいえ、既に右側から少し影が出始めている。
↓同(北半分)↓

↓同(南半分)↓


昨夜は黒部市吉田科学館の月例観察会(一日遅れの観月会)だった↓

初めは雲が多く月すら見えなかったが、しばらくして雲間が多くなり観察会最盛期は全天殆ど雲が無かった。終盤になって雲が再び邪魔してきて、自然な形でお開きとなった。
↓望遠鏡接眼部にスマホを当てコリメート式で撮った月↓

週末、一日遅れの「観月会」で大変多くの参加があり駐車場も満車状態、大盛況だった。望遠鏡を使った観察会では南中を過ぎた土星が大好評で、複数台の望遠鏡にはいずれも参加者の列ができた。
【データ】月齢15.1/2019年9月14日23時12-13分(1/160sec,30-40%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,30秒×2shot)/スコープテック8cm,F15アクロマート屈折(fl=1200mm)/AR-1赤道儀@自宅前
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!帰宅途中から天候回復し、ほぼ快晴状態となった。ラッキー!(^_-)-☆
<はな>=^_^=週末とはいえ、とても多い参加数だったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U天体観察会は、一にも二にも天候優先ということだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:12 | 太陽系・月 | コメント(0)

2019年9月14日

9/14太陽Hα像

9/14,9時半の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※朝から好天。/相変わらず無黒点状態が続いている。周縁の紅炎で比較的大きいのは1時、7時方向の噴出だが、これらも淡く目立たない。太陽は低調な状態が続いている。
↓全体(カラー1)↓9/14,9h29m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側等倍(カラー2)↓

↓西側等倍(カラー2)↓

↓東側等倍(白黒)↓

↓西側等倍(白黒)↓

↓Registax画面:南東側↓

↓Registax画面:北西側&↓

↓市内立野原西で観察↓

↓同2↓

【データ】9/14太陽Hα像/2019年9月14日9時29分(1/40sec,40%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@市内立野原西--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!秋雨収まったら晴天が続くようになった。何時まで続くか、、(^_-)-☆
<はな>=^_^=真夏ほどでは無かったけど、かなり暑い日だったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uそれにしても太陽活動が低調が長過ぎるワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23:44 | 太陽系・月 | コメント(0)

月齢14.0中秋の月

昨夜9/13は「中秋の月」(※満月は本日9/14)/夕方は良く晴れていたが、月が上り始める頃になって雲が出始めた。ピントを合わせる間も無かった。遠くの街明かりで合わせておけばよかったと後悔したが後の祭り。
↓【1】上り始めた頃↓

↓【2】同、後から同じ望遠鏡で撮ったピント合わせた月を合成したもの↓

明らかに違和感ありあり。orz そこで、
↓【3】[1]と[2]を微妙に合成したもの↓

少しはピンボケ解消と違和感解消になったか??

拡大編
20時を過ぎ、雲が切れるのを待って撮影した↓月齢14.0↓

↓月面南北(白黒)各1枚で合成↓

↓同(カラー)各1枚で合成↓

【データ】2019年9月13日18時31分、20時18分(1/2sec,1/125sec,各1枚)/Nikon1V1(ISO100,RAW)/FS60CB(fl=255mm)/AR-1赤道儀@自宅前
【データ拡大編】月齢14.0/20時25-28分(1/60sec,40-68%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,30秒x4shot)/スコープテック8cm,F15アクロマート屈折(fl=1200mm)/他は同じ
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!上り始める月の撮影は完全なミス。早めに準備すれば失敗防げた筈?(^_-)-☆
<はな>=^_^=昨日のテスト撮影後、接眼部の組み合わせを変えたのが失敗の原因だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U夕方撮った太陽Hα像の処理に時間とられたのも原因だワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 06:53 | 太陽系・月 | コメント(0)

2019年9月13日

9/13太陽Hα像

9/13,16時半の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※朝から明るい秋空が広がるも雲が邪魔して午前中も昼も観察する機会が無かった。夕方になってようやく雲が途切れ、辛うじて観察できた。が、既に太陽高度低くなり、解像度は芳しくなかった。orz/今日も無黒点。昨日、本体中央より1時方向周縁付近のダークフィラメント影は未だ残っているようだったが小さくなった。周縁の紅炎も目立たないものばかり。強いて言えば1時及び2時方向、7時方向の噴出で、昨日とほぼ同様。
↓全体(カラー1)↓9/13,16h30m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側等倍(カラー2)↓

↓西側等倍(カラー2)↓

↓東側等倍(白黒)↓

↓西側等倍(白黒)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓Registax画面:北西側&↓

↓自宅横で観察↓

↓同2↓

【データ】9/13太陽Hα像/2019年9月13日16時30分(1/30sec,40%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@自宅横--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!まさか夕方まで待たされるとは思いもよらなかった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=雲が切れるのが遅過ぎ!今日は駄目かもと思ったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U日が沈むと直に「中秋の月」が上って来るので焦ったワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23:03 | 太陽系・月 | コメント(0)

「中秋の月」前夜の月齢13.1

昨日9/12はいかにも秋の天候でカラッとした空気も清々しかったが晩になると雲が空を覆っていた。今宵は大丈夫か??>薄雲越しの朧月なのでFS60Cとニコワンで横着撮り↓月齢13.1↓中央部トリミング↓

↓同、周辺トリミング↓

↓原板↓

【データ】月齢13.1/2019年9月12日22時1分(1/200sec,1枚)/Nikon1V1(ISO200,RAW)/タカハシFS60C(fl=355mm)/AR-1赤道儀@自宅前
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!やむを得ないとはいえ、安直な月面撮影となった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=朧月で解像度無いし、高倍率ズームコンデジ撮影でも良かったニャり≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uそれでも150余コマの中から選んでいるから手間かかってるワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 07:06 | 太陽系・月 | コメント(0)

2019年9月12日

9/12太陽Hα像

9/12,13時過ぎの太陽Hα像※9/11欠測※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※今日も無黒点状態だった。が、本体中央より1時方向周縁付近に短く広がった髭状のダークフィラメント影があった。周縁の紅炎は何処も小さく目立たないものばかり。強いて言えば1時及び2時方向、7時方向の噴出??<でも、淡く小さい。
↓全体(カラー1)↓9/11,13h19m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側等倍(カラー2)↓

↓西側等倍(カラー2)↓

↓東側等倍(白黒)↓

↓西側等倍(白黒)↓

↓Registax画面:南東側↓

↓Registax画面:北西側&↓

↓出先で観察↓

↓同2↓

【データ】9/12太陽Hα像/2019年9月12日13時19分(1/30sec,70%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@小矢部市新西
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!午前中は低い雲の通過が煩わしく、午後まで待たされた。(^_-)-☆
<はな>=^_^=午後は雲間から太陽が顔を出している時間があったので観察できた。助かったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U今日は秋らしい晴天=高温多湿ではなく、カラッとした空気で過ごし易かったワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 20:15 | 太陽系・月 | コメント(0)

2019年9月11日

9/10月齢11.0

昨夜9/10も予報に反して晴れていた。さすがに快晴とは言えず雲間から月が見えていた。>前回同様、手間かからぬ口径8cm屈折鏡で撮影した↓月齢11.0の月↓

↓月面北部分↓

↓月面南部分↓

【データ】月齢11.0/2019年9月10日19時32-34分(1/40sec,68-85%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,30秒×4shot)/スコープテック8cm,F15アクロマート屈折(fl=1200mm)/AR-1赤道儀@自宅前
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!有難いことに、さらに1日晴れが続いた。珍しい。(^_-)-☆
<はな>=^_^=撮影後、雲が優勢になり出したのでラッキーだったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U今朝も一部青空見えてるけど、、さすがに天気怪しいワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 07:11 | 太陽系・月 | コメント(0)

2019年9月10日

9/10太陽Hα像

9/10,9時の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※相変わらず黒点は無しが続いている。西縁1時〜2時方向数本の紅炎はさらに衰えた。ただ、1時方向にごく淡くて判然としないが高く伸びた噴出があるかも???/今日一番目立ったのは東縁9時半方向のループ状のものとその横に広がる噴出だったが、淡くて目視確認不能だった。
↓全体(カラー1)↓9/10,8h55m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側等倍(カラー2)↓

↓西側等倍(カラー2)↓

↓東側等倍(白黒)↓

↓西側等倍(白黒)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓Registax画面:北西側&↓

↓出先で観察↓

↓同2↓

【データ】9/10太陽Hα像/2019年9月10日8時55分(1/40sec,40%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@小矢部市新西
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!さすがに今日は厳しいかも?と予想してたが観察できた。(^_-)-☆
<はな>=^_^=午後から雷雨という予想も出てたが何とか免れたニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uやはり観察できる時にすかさず観ておくことが大切なのだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 20:24 | 太陽系・月 | コメント(0)

9/9月齢10.0

9/9晩は予報に反して暗くなっても晴れており、ほぼ快晴状態。>とりあえず口径8cm屈折鏡を引っ張り出して撮影した↓月齢10.0の月↓

↓月面北部分↓

↓月面南部分↓

台風が関東地方に接近していた前晩は上空大気状態も揺らぎがあり芳しくなかったが、過ぎ去った昨夜は思いのほか大気が落ち着いていた。少なくとも口径8cmの解像度には耐え得る状態だったようだ。>調子こいてルーフを開けてC11で再挑戦してみたが、、(続)
【データ】月齢10.0/2019年9月8日20時21-24分(1/60sec,52-85%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,30秒×4shot)/スコープテック8cm,F15アクロマート屈折(fl=1200mm)/AR-1赤道儀@自宅前
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!まさか好天がここまで続くとは思ってなかった。嬉しい誤算(^_-)-☆
<はな>=^_^=しかも、思いがけず大気状態が落ち着いていた。良かったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U好天続きは良いけど暑い日も続くのは困るワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 07:53 | 太陽系・月 | コメント(0)

2019年9月9日

9/9太陽Hα像

9/9,10時の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※今日も本体に黒点は無し。西縁1時〜2時方向数本の紅炎は明らかに衰えた印象。東縁9時半方向にひょろっと伸びた噴出あるが、然程目立つものでは無かった。
↓全体(カラー1)↓9/9,10h1m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓
↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側等倍(カラー2)↓

↓西側等倍(カラー2)↓

↓東側等倍(白黒)↓

↓西側等倍(白黒)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓Registax画面:北西側&↓

↓星見台で観察↓

↓同2↓

【データ】9/9太陽Hα像/2019年9月9日10時1分(1/40sec,48%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!好天続いているのは有難いが、無黒点で低調なのが残念(^_-)-☆
<はな>=^_^=今日は夜も良く晴れているニャー。月明かりが残念≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U9月なのに厳しい暑さが続くのは困るワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 22:01 | 太陽系・月 | コメント(0)

9/8土星へニアミス月齢9.0

9/8晩。雲通過に邪魔され待たされたが、雲が無い間に撮影した月齢9.0↓

雲通過が煩わしいのため、手軽さ優先で8cmアクロマート屈折望遠鏡を使った。月の左上に土星が居るので、両者を1枚の写野に収めるためFS60CBに替えて撮影した。↓

何と!原板を見ると土星の輪っかがそれとなく分かる。>そのままだと米粒状なので土星部分を無理矢理数倍拡大して貼り付けた。
↓(土星拡大像無しの)原板↓月齢9.0と土星(左上)

--------------------------------------------------------------
↓月面北部分↓

↓月面南部分↓

【データ】月齢9.0/2019年9月8日21時24分(1/80sec,63%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,20秒)/スコープテック8cm,F15アクロマート屈折(fl=1200mm)/AR-1赤道儀@自宅前
【データ】月齢9.0と土星/2019年9月8日21時35分(1/125sec,62%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,30秒)/FS60C(B改fl=255mm)/AR-1赤道儀@自宅前
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!6日は木星の上をニアミスしたが、今回は土星の下をニアミスした。(^_-)-☆
<はな>=^_^=米粒状とはいえ、まさか土星の輪っかまで写るとはニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uたったfl=255mmなのに。まさに「カメラは正直」ということだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:52 | 太陽系・月 | コメント(0)

2019年9月8日

9/8太陽Hα像

9/8昼の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※今日も本体に黒点無し。周縁の紅炎では昨日同様、西縁1時〜2時方向の数本の噴出が優勢で、間を繋ぐかのような淡い横断幕状?のものも写っていた。東方向にも噴出あるものの小さいものばかりだった。
↓全体(カラー1)↓9/8,12h49m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側等倍(カラー2)↓

↓西側等倍(カラー2)↓

↓東側等倍(白黒)↓

↓西側等倍(白黒)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓Registax画面:北西側&↓

↓星見台で観察↓

↓同2↓(午前8時前の観察時に撮影)

【データ】9/8太陽Hα像/2019年9月8日12時49分(1/40sec,60%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!昼になっても好天だったので、その観察を載せた(^_-)-☆
<はな>=^_^=午前8時前だと未だ太陽高度低かったしニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U台風の影響か?真夏の暑さと変わり無かったワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 20:34 | 太陽系・月 | コメント(0)

9/7月齢8.0

9/7,秋にしては珍しく2日連続の晴れ。>上弦を過ぎた月(8.0)を撮影↓

※前回は20cm反射で撮影したが、さほど上空大気状態良くない?のと、準備が面倒なので8cmアクロマート屈折望遠鏡で撮影した。案の定、背面液晶モニターで見る月の輪郭が揺らいで見えた。ならば解像度よりも手軽さ優先で。(笑)
↓月面北半分↓

↓月面南半分↓

【データ】月齢8.0/2019年9月7日19時43-46分(1/50sec,45-68%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,20秒×5shot)/スコープテック8cm,F15アクロマート屈折(fl=1200mm)/AR-1赤道儀@自宅前
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!昨夜も天候良さそうだったが、前夜の疲れもあって月面撮影後さっさと寝てしまった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=これから月明かりで一晩中空が明るくなってくるから勿体ないニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U星見は月明かりに邪魔されない晩がベストだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:29 | 太陽系・月 | コメント(0)

|1/65ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ