|1/105ページ | 次の20件 >>

2022年7月2日

7/2太陽Hα&可視光像

7/2南中時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※例年だと7月に入る頃は梅雨が本格化し、晴れ間が激減するが、早々と梅雨明け宣言出され、ムシ暑い日は無いものの、カーッと暑い日が連続する。晴れるのは有難いが、とにかく暑過ぎ!
可視光黒点は3040,3045,3046群と無番号新小黒点が3箇所で計6群=昨日と大差なしだが、北東に現れた3046群に期待??そのことよりも今日は北東縁の見事な紅炎噴出が目に止まった。撮影時と9分後の北東側等倍像も付ける。
↓Hα全体像(カラー1)11h40m↓

↓可視光全体像(白黒)11h44m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓11h40m↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓11h49m↓

↓北東側等倍(Hα、赤)↓11h40m↓

↓北東側等倍(Hα、赤)↓11h49m↓

↓北東側等倍(Hα、黄)↓11h40m↓

↓北東側等倍(Hα、黄)↓11h49m↓

↓追記へ↓どうぞ
続きを読む...

投稿者:龍吉at 22:45 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年7月1日

7/1太陽Hα&可視光像

7/1,9時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※朝からカンカン照り=今日も猛暑日を確信する気候=太陽観察も時短を意識するようになった。/可視光黒点で目に入るのは3040,3042,3045群だけで、これに無番号新黒点2群で計5か所。北東縁に比較的明るい紅炎噴いていたが、全体としては低調な印象。
↓Hα全体像(カラー1)8h59m↓

↓可視光全体像(白黒)9h5m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年7月1日8時59分(30fps×18秒60%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市水牧
【データ】可視光像/同日9時5分(30fps×20秒68%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!月を跨いだ9連勝で7月が始まった。例年だと梅雨が本格化し雨の日が増える時期なのだが、、。(^_-)-☆
<はな>=^_^=東縁から新黒点が登場した。今後どの程度まで大きく発達するのだろうか??気なるニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U連続猛暑日の影響で、午後の散歩時間が徐々に夕方の散歩時間へ移行しつつあるワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

23:54 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月30日

6/30太陽Hα&可視光像

6/30昼の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※今日も朝から晴天だったが業務とタイミング合わず昼休みに観察。/可視光黒点は、3040群と3042群、南東側の無番号新黒点の3群のみになり、寂しく感じた。北半球の横長ダークフィラメント影は北西側へ回っているものの健在。周縁の紅炎は、相変わらず目立つのが殆ど無い状況で、各方向に小規模噴出が連なっている。今日は北東縁に比較的高さと明るさのある噴出が目についた。
↓Hα全体像(カラー1)12h26m↓

↓可視光全体像(白黒)10h31m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月30日12時26分(30fps×18秒50%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市水牧
【データ】可視光像/同日12時31分(30fps×20秒68%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5付きTS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!まさかの8連勝で6月を終えることが出来た。もう1日観察出来れば文句なし8割だったのに。四捨五入8割となった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=黒点3個に減っているのに驚かされた。冗談抜きにドカーンと一発来て欲しいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U本県は今日で4日連続の猛暑日。強烈に暑いので、日課の散歩は側溝での水浴びが主体になっているワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

20:32 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月29日

6/29太陽Hα&可視光像

6/29,10時半の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※空梅雨&梅雨明けで晴天続きは有難いものの、暑過ぎて時短を考えなくては。/可視光黒点は、3041群の殆どが西裏へ隠れ、目につくのは3040群と3042群。昨日登場の無番号新黒点のうち3043,3044の番号が付いたものは何とか確認できるレベル。北半球中緯度付近に長く横たわるダークフィラメント影は健在だが西へ回り始めていた。周縁の紅炎は、各方向賑やかに噴出連なるも、全体に背丈が低くぱっとしない状況。その中で南東縁の噴出は比較的明るくあっさり目視確認できた。
↓Hα全体像(カラー1)10h31m↓

↓可視光全体像(白黒)10h35m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月29日10時31分(30fps×18秒80%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市中ノ江
【データ】可視光像/同日10時35分(30fps×20秒78%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!7連勝=本文にも書いたが、猛暑連続で時短必須。まともに停滞前線来てないので、戻り梅雨ありそうな悪寒。(^_-)-☆
<はな>=^_^=その太陽は活動若干大人しめ?。そろそろドカーンと大きいのが登場しないかニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U各地で6月猛暑続いているが、自然界は必ず何処かで帳尻を合わせて来る。このまま終わる気はしないワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:25 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月28日

7割確定6/28太陽Hα&可視光像

6/28,9時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※ようやく薄雲越しでない観察ができた。北陸地方もメチャ速い梅雨明け?というか空梅雨ということもあって1週間連続して太陽観察でき、今月7割が確定した。例年の6月はせいぜい5割程度なので記録的と言って良い。/可視光黒点は、3038群の東に続いていた新黒点に2841の番号が付き、あと、ぱっと目につくのは2840群。無番号新黒点が4個ほど確認できたが、いずれも見落としそうな小さなものばかりで、ちゃんと番号付くまでに成長して欲しい。北半球中緯度付近に長く横たわるダークフィラメント影も目についた。周縁の紅炎は、各方向に噴出が上がっており、中でも南東縁の噴出が明るく目に止まった。
↓Hα全体像(カラー1)8h51m↓

↓可視光全体像(白黒)8h54m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月28日8時51分(30fps×18秒77%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市埴生
【データ】可視光像/同日8時54分(30fps×20秒65%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!7連勝=今月7割確定\(^_^)/梅雨明けというか空梅雨だったことがこの時期驚異的な記録になったようだ。(^_-)-☆
<はな>=^_^=新黒点4個現れたが小さいものばかりで心許無い。3040並みの黒点が登場しないかニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U東北北海道を除き全国が梅雨明けだという。梅雨の戻りは?=冷夏になる恐れは?気になるワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 20:41 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月27日

今月7割にリーチ6/27太陽

6/27昼過ぎの太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※午前中の方が晴れ間あったが別用でタイミング合わず観察不能。そのため、午後、薄雲越し強行観察となり、またもやHαの方は見辛い画になってしまった。m(__)m/可視光黒点は、3038群は大半が西裏へ隠れごく一部を確認。ぱっと見中央子午線付近の3040群だけだが、3038群東に無番号新黒点群が現れており、3040群の東にも見落としそうな無番号小黒点見つけた。ダークフィラメント影が彼方此方目についた。周縁の紅炎は、薄雲越しで判然としないものの、各方向に比較的小規模な噴出が上がっているようだった。/6日連続観察成功で今月の観察日数が20日間となった。残り3日で1勝すれば7割確定する=7割へリーチ!?
↓Hα全体像(カラー1)13h16m↓

↓可視光全体像(白黒)13h20m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月27日13時16分(30fps×18秒52%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/25sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市臼中
【データ】可視光像/同日13時20分(30fps×20秒58%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/200sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!6連勝であっさり7割へリーチ\(^_^)/残り3日間で1回観察出来れば7割確定。but,全勝しても8割には届かない。(^_-)-☆
<はな>=^_^=3038群は西裏へ隠れ、小黒点2つ現れれたものの、西縁に近いものと東の新黒点は超微小。ヤヴァいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U明らかにカラ梅雨。本日東海関東甲信が梅雨明け。北陸は継続中だがめちゃくちゃ暑い日が続いているワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23:38 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月26日

6/26太陽Hα&可視光像

6/26,9時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※今日で5日連続観察。明日観察出来れば観察日数20日となり7割確定にリーチになる。\(^_^)/ただ、薄雲越しでHα像の方は見辛い画になってしまった。m(_ _)m/可視光黒点は、ぱっと見3038,3040の2群。3040群の北側に無番号新小黒点が辛うじて確認できた。本体彼方此方にダークフィラメント影あるが北半球東側の3本が目についた。周縁の紅炎は、薄雲越しで判然としないものの、南東縁に数本連なった噴出、北西縁に2本、北東縁にループ1本。いずれもそれほど目立つ大きさでは無い。
↓Hα全体像(カラー1)8h45m↓

↓可視光全体像(白黒)8h49m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月26日8時45分(30fps×18秒68%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市中ノ江
【データ】可視光像/同日8時49分(30fps×20秒65%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/320sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!何と、この時期あっさり5連勝\(^_^)/残り4日間で2回=5分5分で行けば7割確定=今月の目標としよう。(^_-)-☆
<はな>=^_^=拙いことに目につく黒点が2群になった。しかも3038群は西縁に達している。ヤヴァいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U5連勝は嬉しいがめちゃくちゃ暑い日が続いて困る。散歩は側溝を流れる水に浸かりっぱなしになったワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:56 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月25日

6/25太陽Hα&可視光像

6/25,10時半過ぎの太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※カラ梅雨なのか?この時期雌らしく4連勝=今月6割確定。残り5日間で3日成功すれば7割になるが、、/可視光黒点で目につくのは3038群と3040群。3034群と3035群は西縁に辛うじて残っており明日以降は裏へ隠れると思われる。北東側と南西3035群東の微小無番号黒点は辛うじて確認できるレベルなので実質4群(明日は2群?)/3038黒点左(東)側のダークフィラメントは衰えたらしく影が薄く小さくなった。/北西縁の低く横へ雲の如く広がった噴出が徐々に裏へ回っている関係で目立たなくなりつつあるが、それでも他方向に彼方此方吹き出ている紅炎のどれよりも大きく目につく。
↓Hα全体像(カラー1)10h33m↓

↓可視光全体像(白黒)10h38m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月25日10時33分(30fps×18秒75%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市立野原西
【データ】可視光像/同日10時38分(30fps×20秒78%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/320sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!4連勝のお陰であっさり6割確定。\(^_^)/残り5日間で7割は無理でも月間20日達成を目標としたい。(^_-)-☆
<はな>=^_^=東からしっかりした黒点がなかなか現れてこない。このままだと明日は黒点2群に減ってしまうかもニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U今日もめちゃくちゃ暑かった。散歩距離が半減。側溝を流れる水に浸かる時間が激増したワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 20:12 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月24日

6/24太陽Hα&可視光像

6/24,9時半の太陽Hαと16時半の可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※今日も午前中から気温上昇し猛暑日となった。雲が多くHα像から可視光に切り替えた直後、雲に阻まれ断念。午後遅くなって可視光像撮るも雲越しで冴えない画になってしまった。/そのため可視光黒点で目につくのは西側の3032群と3034群、南東側の3040群の3群程度で、小黒点等は不詳。3038黒点左(東)側のダークフィラメント影は健在。他の箇所にもダークフィラメント影が見られた。周縁の紅炎は、北西縁の雲の如く大きく横へ広がった噴出が目につき、すぐ隣に噴水のような紅炎が可愛いい。西側の連なった噴出群など、彼方此方に複数の小規模噴出上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)9h30m↓

↓可視光全体像(白黒)16h26m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月24日9時30分(30fps×18秒75%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市平桜
【データ】可視光像/同日16時26分(30fps×20秒30%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/125sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市大鋸屋
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!これで6割達成まであと1日、リーチとなった。6月にしては上出来。カラ梅雨なのかも、、。(^_-)-☆
<はな>=^_^=SOHOやNASAの太陽画像が更新滞っている。ストライキ??復旧が待たれるニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U昼頃、ISS日面通過あったが、業務時間と重なり迎撃できなかったのが残念だったワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23:36 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月23日

6/23太陽Hα&可視光像

6/23,8時半の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※午前中から気温上昇し今年最高に達したが、8時半頃はまだ少しマシだった。/可視光黒点は(西縁に3032群が隠れ切っていなければ6群)実質5群。但し北東縁近くの無番号小黒点は正に消し粒の如く辛うじて確認できたレベルなので実質は4群。中でも西側へ周り始めた3038群が一番目立っていた。3038黒点左(東)側のダークフィラメント影は健在ながら少し衰えた?かも。他にも影が見られた。周縁の紅炎は、北西縁に低く横へ大きく雲の如く広がった噴出が目につき、北東縁の明るい噴出、南東縁や西縁に複数の小規模噴出上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)8h25m↓

↓可視光全体像(白黒)9h30m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月23日8時25分(30fps×18秒75%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市桐木
【データ】可視光像/同日8時30分(30fps×20秒80%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!朝から暑い1日だったが、梅雨前半はカラ梅雨なのか?連荘で太陽観察できたのはラッキーだった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=3038群は正面から西へ回りつつもそこそこの大きさを保っている。おそらく発達したんだろうニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uフォト蔵不具合の影響で、昨日のうちに画像準備できたがUpload出来ず、実際には1日遅れたワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23:37 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月22日

6/22太陽Hα&可視光像

6/22,9時過ぎの太陽Hα&可視光像※6/21は曇雨天のため欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は3032,3034,3035,3038、3040黒点に北東縁近くの無番号小黒点を加えた計6群。3038黒点左(東)側のダークフィラメント影が目立っていた。南半球にも影が1〜2本見られた。周縁の紅炎は、北東縁の明るい噴出が目につき、小規模ながら北西縁、南西縁にも噴出が複数本上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)9h11m↓

↓可視光全体像(白黒)9h15m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月22日9時11分(30fps×18秒77%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市立野原西
【データ】可視光像/同日9時15分(30fps×20秒65%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/250sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!今月5割が確定した。残り8日で3勝すれば6割、6勝すれば7割=さすがに無理(^_-)-☆
<はな>=^_^=最近ダークフィラメント影が目につく気がする。3038群は吾輩なら目視確認できるかもニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U既に6月下旬に入り、梅雨が本格化し始めるかもしれない。若干遅れている気もするワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:57 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月20日

6/20,太陽Hα&可視光像

6/20,11時半前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※別用とタイミング合わず昼近くになってしまった。/可視光黒点は3030,3031,3032,3034,3035,3037,3038黒点で大半が西へ周り始めたのと、昨日の無番号新黒点2つが消滅したため7群に減った。ダークフィラメント影は主に北半球側に濃く目立つのが見られた。周縁の紅炎は、北東縁の明るい噴出が目立ち、北西縁側にいくつも連なった丸っぽい形状の噴出は衰えたものの、昨日よりも淡いながらも高さのある噴出上がっていた。また、南東縁7時方向に淡く細〜く1本ひょろりと噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)10h22m↓

↓可視光全体像(白黒)10h25m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月20日11時22分(30fps×18秒77%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市中ノ江
【データ】可視光像/同日11時25分(30fps×20秒77%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/250sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!ようやく今月5割が見えてきた。残り9日で4勝できれば6割になるのだが、、。(^_-)-☆
<はな>=^_^=東側に新黒点が現れてこないのが気になるけど、紅炎は見えているので大丈夫か?ニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U今日も地震があった。とはいえ、当地は震度ゼロで揺れは全く感じなかった。地盤強いのかも知れないワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23:55 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月19日

6/19太陽Hα&可視光像

6/19,10時過ぎの太陽Hα&可視光像※6/18は天候とタイミング合わず欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※朝から好天で暑い一日だった。/可視光黒点は3030,3031,3032,3033,3034,3035,3037,3038,3039黒点に北東側の無番号新黒点2個を加えて計11群=とても賑やかな状態。中央北側の長いダークフィラメント影は健在で、他にも数本影が目についた。周縁の紅炎は、北東縁、北西縁の噴出が目立っており、中でも北西縁のものはその形状が素晴らしく感じた。
↓Hα全体像(カラー1)10h7m↓

↓可視光全体像(白黒)10h10m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月19日10時7分(30fps×18秒77%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市中ノ江
【データ】可視光像/同日10時10分(30fps×20秒77%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/390sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!大きく無いが、北東縁の紅炎がカッコよかった。それと本体中央付近北西側のダークフィラメント影。(^_-)-☆
<はな>=^_^=複数の黒点で群を形成しているので黒点数がとても多い。肉眼黒点は無いがとにかく賑やかだニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U午後15時過ぎの能登地震は散歩中だった。珍しく防災無線放送まで作動していた。幸い震度ゼロだったワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:19 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月16日

6/16太陽Hα&可視光像

6/16,14時前の太陽Hα&可視光像※6/14,6/15は曇雨天で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※薄雲で水色の空=透明度不良だったが、さほど影響は受けずに済んだ。/可視光黒点は3030,3031,3032,3033,3034,3035,3036,3037黒点と北東縁の無番号新黒点で、計9群。2日間欠測している間に一気に賑やかさを取り戻していた。各黒点の活動域も目についた。また、中央子午線北側中緯度及び南側中緯度辺りにそれぞれ長く緩くカーブしたダークフィラメント影が見事だった。周縁の紅炎では、北東縁に1本、南西縁に2本、比較的明るく目につく噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)13h51m↓

↓可視光全体像(白黒)13h57m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月16日13時51分(30fps×18秒78%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/30sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市久利須
【データ】可視光像/同日13時57分(30fps×20秒73%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/250sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!2日間欠測しているうちに太陽面が豹変!?活気にあふれていた。めでたしめでたし。(^_-)-☆
<はな>=^_^=黒点群は9群で、それぞれの活動域も目につく。目立つダークフィラメント2本。周縁の紅炎もそこそこ復活?ニャり≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U既に梅雨入りしているので好天続きは期待できない。少しでも晴れ間を見つけたいワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 20:15 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月15日

月齢13.1撮り較べ

本日6/15も時折雨が降る1日。気温上がらず蒸し暑さは無かったが湿気は感じた一日だった。と、いうことで6月12日晩に撮影した天体シリーズその2:月齢13.1の月
CMOSカメラ(ASI533MCp)とデジ一眼(LumixG7)で撮り較べ↓
↓全体像(533MCp)↓※以下、掲載画像は全て天体望遠鏡視野と同じ逆像表示※

↓全体像(LumixG7)↓

↓コペルニクス〜アリスタルコス付近(533MCp)↓

↓コペルニクス〜アリスタルコス付近(LumixG7)↓

LumixG7画の方がメリハリある感じに見えるかも知れないが、解像感では明らかに533MCpの画に分があり精細に写っている。但し、LumixG7で撮影を始めたのは23時を過ぎており、シーイング悪化し始めていたというハンデはある。画像ではCMOSの方が長けているが、手軽さではデジカメに分があるというところか。
【データ533MCp】2022年6月12日22時47-55分(13fpsx30sec.x9shot)/LumixG7(Gain250,gamma75,Shutter2.5ms,ROI3000x3000,16bit,SER)/C11+0.75RC(fl=2100mm)/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
【データLumixG7】同日23時4分(30fpsx30sec.x6shot)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,1/250sec.)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!CMOSカメラの優位さをあらためて感じる撮り較べとなった。でもCMOSカメラはひと手間かかるのよね〜(^_-)-☆
<はな>=^_^=確かに。手軽にちゃちゃっと撮り逃げしたいときはデジ一眼の方が俄然優位だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uデジ一眼の方は横サイズが無駄に広い。一般的な動画は16:9でいいけど、天体用には正方形でもOKだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 22:42 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月13日

6/13太陽Hα&可視光像

6/13,10時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※薄雲越し観察で透明度不良。/可視光黒点は3030,3031,3032,3033黒点と南東縁の新黒点2つで計6群。いずれも東半分に偏っていた。一番目につくのは3032群で、約2時間後の昼にM級フレア発生とのこと。ダークフィラメント影はこれら黒点群周辺と北西、南西側などで確認。薄雲越しのため周縁の紅炎は判然とせず=明るく目立つのは無い?南西縁にそこそこの噴出があり、ごく淡いながらも西縁に大きく広がった噴出が確認できた。
↓Hα全体像(カラー1)9h49m↓

↓可視光全体像(白黒)9h53m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月13日9時49分(30fps×18秒52%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/30sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@自宅前
【データ】可視光像/同3日9時53分(30fps×20秒68%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/320sec.白黒ダイナミックモード4K,MP4→SER)/対物D5付きTS65セミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!薄雲越しながら何とか観察成功。これからはこのような観察が多くなりそうな予感。(^_-)-☆
<はな>=^_^=東側から新黒点が続々と現れたのはいいニュース。また活気が戻って欲しいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U今月4割は確定しているが、悪くても5割は確保したい。晴れて欲しいワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23:46 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月12日

6/12太陽Hα&可視光像

6/12正午の太陽Hα&可視光像※6/11は天候回復せず欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※曇り空で午前中は観察できず。10時頃から雲に隙間生じるも実際には昼の観察となってしまった。/可視光黒点は3030,3031黒点と、3030東に続く新黒点、西南西縁の新黒点の4個だが、比較的目につくのは3030群。ダークフィラメント影は北半球高緯度帯、3030及び3031群近くのものが目に止まった。周縁の紅炎は、さほど大きくない噴出が各方向に上がっており、少し淡めながら南東縁の噴出が複雑で面白い形状をしていた。
↓Hα全体像(カラー1)12h3m↓

↓可視光全体像(白黒)11h58m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月12日12時3分(30fps×18秒77%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@南砺市中ノ江
【データ】可視光像/同日12時3分(30fps×18秒77%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!11日に続いて今日も欠測か?と諦めかけたが、何とか昼に観察できた。やれやれ。(^_-)-☆
<はな>=^_^=黒点群4個で無黒点は避けられた。イマイチ少ないのと小さいのが気になる。東縁新登場黒点に期待したいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U12日間のうち欠測日が2.5日。梅雨入り近付き気になるが、何とか5割達成したいワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:10 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月10日

6/10太陽Hα&可視光像

6/10,9時過ぎの太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※薄雲の隙間多けれど水色の空で透明度は並み以下。ただ、シーイングはまあまあ良かった。/可視光黒点は昨日の新黒点に3029の番号が付き、その南東側に無番号の新黒点、北東縁にも新黒点群が登場していた。この群は明日には番号が付くと思われた。本体、彼方此方にダークフィラメント影あり、比較的に北側のモノが目立っているような印象を受けた。周縁の紅炎は、さほど大きさはないものの東縁の噴出が目立っていた。
↓Hα全体像(カラー1)9h14m↓

↓可視光全体像(白黒)9h10m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月10日9時14分(30fps×18秒78%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市鷲島
【データ】可視光像/同日9時10分(30fps×20秒75%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/250sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!今月も上旬が過ぎたが、達成率8割をキープできているのは上出来。中旬以降は梅雨入り=観察成功率低下必定(^_-)-☆
<はな>=^_^=ここに来て無黒点を心配したが、何とか避けられた。太陽活動低下傾向が気になる。復活して欲しいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U太陽に活気が戻った戻ったで、梅雨の悪天候が恨めしく感じることになりそうだワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 21:42 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月9日

6/9太陽Hα&可視光像

6/9,9時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※久しぶりに朝から好天。/可視光では中央子午線付近南に無番号新黒点が現れていた。小黒点複数で群を形成しているが、パッと気付くほどでも無いのでちょっと心配。Hα光では、同箇所に明るい活動域が確認できる。新黒点の南東側に並みのダークフィラメント影が連なっていた。周縁の紅炎は、昨日同様、大きな噴出見当たらず、各方向に小さな噴出がいくつか上がっていた。約5時間後の13時過ぎの画像を並べる。朝の方が大気状態落ち着いているのが分かる。
↓Hα全体像(カラー1)8h47m↓

↓可視光全体像(白黒)8h42m↓

↓Hα全体像(白黒)8h47m↓

↓Hα全体像(カラー2)8h47m↓

↓東側等倍(可視光、白黒)↓朝

↓西側等倍(可視光、白黒)↓朝

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓朝

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓朝

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓午後

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓午後

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓朝

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓朝

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓午後

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓午後

↓Registax画面(北東側)↓以下、朝

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ朝】2022年6月9日8時47分(30fps×18秒80%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市鷲島
【データ午後】同日13時17分(30fps×18秒75%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
【データ】可視光像/同日8時42分(30fps×20秒68%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/400sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!幸い6月上旬は好調に推移している。観察できなかった日は6/6だけ。何時までキープできるか?(^_-)-☆
<はな>=^_^=とはいえ、太陽活動が沈静化しているのが残念。9/8などは無黒点と言って良い状況だったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U予報では来週にかけて晴れと雨が交互に来るらしい。梅雨入りが気になるワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23:46 | 太陽系・月 | コメント(0)

2022年6月8日

6/8太陽Hα&可視光像

6/8,15時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※午前中は小雨も降る天候で断念>午後、雲の隙間からの観察。/可視光観察では黒点見当たらず。南西側に無番号新黒点とのことだが確認不能=望遠鏡が壊れたか?と一瞬思った。ただ、Hα光ではいくつかの活動域と、小ぶりのダークフィラメント影の点在を確認。周縁の紅炎は大きな噴出見当たらず、強いて言えば北西縁にひょろっと蝋燭の炎形状の噴出あり。他方向にも中小の噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)15h8m↓

↓可視光全体像(白黒)14h59m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓Hα全体像(カラー2)↓

↓南東側等倍(可視光、白黒)↓

↓南西側等倍(可視光、白黒)↓

↓北東側等倍(Hα、白黒)↓第2象限↓

↓北西側等倍(Hα、白黒)↓第1象限↓

↓南東側等倍(Hα、白黒)↓第3象限↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓第4象限↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】2022年6月8日15時8分(30fps×18秒70%)/LumixG7(ISO800,Shutter1/40sec.白黒ダイナミックモード4K,30fps,MP4→SER)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/PENTAX65赤道儀@小矢部市五郎丸
【データ】可視光像/同日14時59分(30fps×20秒64%)/LumixG7(ISO200,Shutter1/320sec.白黒ダイナミックモード4K,MP4→SER)/対物D5付きTS65セミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!早ければ来週中には梅雨入りかも?そうなる前に少しでも太陽観察日数を稼いでおきたい。(^_-)-☆
<はな>=^_^=とはいえ、ここに来て太陽活動が沈静化しているのが気になる。下手をすると明日は無黒点かも知れないニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U今月後半から来月下旬までは雨の日が多くなるのは必定。天文屋には厳しい期間だワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 22:03 | 太陽系・月 | コメント(0)

|1/105ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ