2020 年3 月30 日

月と金星比較、すばる

3/29晩、雲越しに月齢5.0の月が金星の近く(東)に居た。そこで、【1】カメラ標準レンズと、【2】小口径6cmアクロマート屈折望遠鏡でどこまでできそうか?やってみた。
【1】カメラ標準レンズ↓月と金星(間にすばる)↓

撮影時は雲に邪魔され気付かなかったが、「すばる」が両者の間に位置していた。
↓同、トリミング画像↓

↓別トリミング画像↓〇中が「すばる」

【2】小口径6cm,F15アクロマート屈折↓月齢5.0と金星の比較↓

両者の画像を無理矢理大接近させて合成し比べやすくしてみた。
両者とも同じ望遠鏡を使って撮影し、等倍画像にして合成したことで、見かけの大きさ比べられる。北方向を上に撮影しているので位相(欠け方)もほぼ同じようになっていることも分かるかと思う。=どちらも太陽の方向(西方向)が照らされて光っている。
↓金星※↓

※月と同じ等倍画だとあまりにショボいので、強引に縦横2倍に拡大してみた。
↓月齢5.0↓

【データ上】2020年3月29日19時16分(4秒1枚)/富士X-T1(ISO800,RAW-TIF)/FUJINON35mm,F1.4→F2.8 /三脚固定@星見台前
【データ:月齢5.0】3月29日19時37分/LumixG7(ISO400,4K,MP4,30fps,30秒動画)/ビクセン6cmアクロ屈折(fl=910mm)直焦点/AR-1赤道儀放置追尾
【データ:金星】19時43分/LumixG7(ISO400,4K,MP4,30fps,30秒動画)/他は上と同じ
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!大掛かりな道具でなく、雲越しであろうと、視覚教材もどき画像は得られる?(^_-)-☆
<はな>=^_^=同じようにして撮った画像を並べて比較すると一目瞭然だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U金星の表面模様まで望むと大変だけど形だけなら小口径でも何とかなるワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23 :15 | 太陽系・月 | コメント(0 )

2020 年3 月29 日

3/20超低空通過中のω星団

3/20深夜〜3/21未明。ω(オメガ)星団が南超低空=山稜スレスレを通過中↓だった。
↓45秒露光75枚静止画を使ってパラパラ動画に仕立ててみたもの↓

45秒×75コマ=3750秒を(毎秒3コマ再生により)25秒に縮めていることから数価上では135倍速表示となる。
↓このうち比較的地上物が邪魔していない22コマをスタックして作成した静止画像↓

我が家からの南限はこのω星団と言ってよさそう。星見台から何とか見えているのは約50コマ≒38分間ということになる。隣家の屋根より高い位置から見れば、1時間程度いけそうではある。
↓以下、静止画75枚の中から抜粋↓





















【データ1枚め】ω星団/2020年3月20日24時21分〜(45秒22枚)※動画に使用したものは24時1分〜25時3分(45秒×75枚)※/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW-TIF)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!ルーフ南側の側板を倒して水平方向の視界を確保しての撮影(^_-)-☆
<はな>=^_^=大きい星団なのに星が分離できないのは超低空だからだニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U九州地方辺りまで南下すると高度増すので迫力ある姿に変身するらしいワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23 :03 | 星雲・星団 | コメント(0 )

2020 年3 月28 日

3/18,C/2019Y4アトラス彗星

3/18晩のC/2019Y4アトラス彗星↓アトラス彗星が続く。しかも10日前の画像で恐縮(-_-;)
↓M81,M82(画面左上)から離れるC/2019Y4アトラス彗星↓

画面上が北方向。恒星基準で合成しているので撮影中に移動した分だけ彗星が斜めに膨らんでいる。
↓BKP200反射でクローズアップ(等倍トリミング)したもの↓

↓上の全体画像↓

↑上の撮影画像を元に動画風に仕立てたもの↓

↓撮影時のステラショット画面↓

↓撮影中のステラショット画面↓

【データ1枚め】M81,82とC/2019Y4/2020年3月18日21時21分〜(60秒90枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW-TIF)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀ステラショット制御STVガイド@自宅星見台HANA
【データ2枚め以降】C/2019Y4/20時22分〜(60秒84枚)/EOSkissM(HKIR,ISO3200,RAW-TIF)/BKP200+コマコレ(fl=800mm)/NJP赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!最近の画像を優先Upしている関係で、同彗星の画像が相前後してしまった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=太陽Hαもそうだけど似たような画像が続いて申し訳ないニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uこれも記録の蓄積ということでご了承願いますワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12 :41 | 彗星・流星 | コメント(0 )