2016 年7 月2 日

6/30晩、火星、土星@自宅

6/30晩、雲間から火星・土星撮影。6月最後の遊星観察となった↓
【火星1】↓UT114248

【火星1?2】↓

【土星1】↓UT115927

【土星1-2】↓

【土星2】↓UT120151

【土星2-2】↓

【土星3】↓UT121157

【土星撮影中のFireCapture画面】

(言い訳)木星は既に西へ傾いていたので諦めた。火星は南低空を通過する薄雲の影響を受けて光度変化激しく、落ち着いて撮影できなかった。土星は偽環が目立つ(カシニ空隙の外側の偽環)結果になってしまった。
【データ】6/30,土星/Observer=Kenji-Yoshio/Location=Nanto-city Toyama-Pref. JAPAN
Scope=Mead178MC,x2Barlow,ADC/EM200Mount/Camera=ZWO ASI224MC/Filter=RGB
Profile=Saturn/Diameter=18.14"/Magnitude=0.15/CMI=353.0°CMIII=252.1° (during mid of capture)
FocalLength=8200mm/Resolution=0.09"/Date=160630/Mid=120434.181/Mid(UT)=120434.181
Duration=204.957s/Frames captured=10000/File type=SER/Bit depth=8bit
ROI=512x306/ROI(Offset)=342x300/FPS (avg.)=48/Shutter=20.00ms/Gain=350
PreFilter=none/Limit=10000 Frames/Sensor temperature=31.4 °C
==================================================================================================
HomePage(Nifty)なんと!-e星空ハナのWeb天文台/大きめ画像blog→はなのWeb天文台【New】Twitter

投稿者:龍吉at 09 :01 | 太陽系・月 | コメント(0 )

2016 年7 月1 日

実写版>7月の星空

7月15日だと20時頃の南天(上旬は21時頃、下旬は19時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
4(月):●新月/7(木):七夕/8(金):冥王星が衝/9(土):月、木星へ接近/12(火):上弦/15(金):月、火星へ接近/16(土):月、土星へ接近/18(月):海の日/20(水):○満月/27(水):下弦/28(木):みずがめ座δ南流星群極大のころ(期間7月15日〜8月20日)/30(土):やぎ座α流星群極大のころ(期間7月20日〜8月25日)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
==================================================================================================
【データ】さそり座/2016年6月26日21時11分〜(30秒×130枚スタック)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/琢磨28mmF3.5→F4/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
==================================================================================================
HomePage(Nifty)なんと!-e星空ハナのWeb天文台/大きめ画像blog→はなのWeb天文台【New】Twitter

投稿者:龍吉at 16 :49 | 星空・星座 | コメント(0 )

2016 年6 月30 日

6/26晩、M8干潟星雲・M20三裂星雲@自宅

6/26晩に撮影したM8干潟星雲とM20三裂星雲をMS-ICEで1枚に繋ぎ合わせた↓M8,M20↓

おまけ↓M8干潟星雲、x2Drizzle↓

M8干潟星雲は冬のM42オリオン星雲にひけを取らぬ迫力があり、小口径ファインダーでも簡単に見つけられる。M20三裂星雲は、そのM8のすぐ上(北)なので、あっさりファインダー同一視野に入る。しかし、M8よりも暗く小さいので判然としないかも知れない。空の条件さえ良ければ口径10cm以上で「三裂」に分かれて見える。
【データ】M8干潟星雲、M20三裂星雲/2016年6月26日23時31分〜(60秒×24枚+45秒×25枚MicrosoftICE合成)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀+MGEN100ガイド@自宅星見台HANA
==================================================================================================
HomePage(Nifty)なんと!-e星空ハナのWeb天文台/大きめ画像blog→はなのWeb天文台【New】Twitter

投稿者:龍吉at 15 :08 | 星雲・星団 | コメント(0 )

2016 年6 月29 日

6/26晩、M20三裂星雲付近@自宅

6/26晩、M8(前回掲載)のすぐ上にあるM20三裂星雲へ↓M20三裂星雲付近↓

↓同、x2Drizzle↓

(画面下にM8が写っているように)縦構図にすれば両者(M8とM20)を同一写野に入れられると思ったが、M8を撮った横構図のままで写野を少し上げた。既に東空に月が上っていたが無視して強行撮影した。
【データ】M20三裂星雲付近/2016年6月26日23時58分〜(45秒×25枚スタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀+MGEN100ガイド@自宅星見台HANA
==================================================================================================
HomePage(Nifty)なんと!-e星空ハナのWeb天文台/大きめ画像blog→はなのWeb天文台【New】Twitter

投稿者:龍吉at 17 :29 | 星雲・星団 | コメント(0 )

2016 年6 月28 日

6/26晩、M8干潟星雲@自宅

6/26晩、久しぶりに星空が広がった。↓M8干潟星雲付近↓

画面中央のM8本体から左側に向かって淡く伸びる赤い領域を、猫の手先のように見えることから「猫の手星雲」と呼ぶこともあるようだ。/前回投稿記事の通り、久しぶりに木星や、火星、土星の拡大撮影をしていたが、梅雨期にしてはもったいないので星雲の直焦点撮影を行った。
【データ】M8干潟星雲付近/2016年6月26日23時31分〜(60秒×24枚スタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀+MGEN100ガイド@自宅星見台HANA
==================================================================================================
HomePage(Nifty)なんと!-e星空ハナのWeb天文台/大きめ画像blog→はなのWeb天文台【New】Twitter

投稿者:龍吉at 17 :51 | 星雲・星団 | コメント(0 )