2019 年3 月21 日

M8干潟,M20三裂星雲付近ほか

3/18は薄明下、3/19は月明下で撮影強行したM8干潟星雲、M20三裂星雲↓

↓3/18明け方に撮影したもの↓(90〜60秒6コマ)

↓3/19未明に撮影したもの↓(30秒21コマ)

総露光10分にも満たない画像を持ち出して言うのはナンセンスだが、やはり露光を十分かけた方が有利であるのは間違いない。
実は↑この事↑のために薄明始まってから&月明下に撮影強行したのではない。所有のガイド用カメラの1台が不調のまま1年余り過ぎ、先般ようやくその原因が分かり自己修繕した。その検証をするための試写だった。
↓不具合を修理したガイドカメラ(全景)↓

原因は、基板への半田付け不良でモジュラー端子がグラグラしていた→
原因となった↓モジュラー端子部分↓(中央右)

↓ガイド鏡筒は5cmファインダー↓

まさか端子の半田不良とは思いもせず、接続ケーブルの断線等を疑っていた。なので、問題解決まで思わぬ時間を要した。
この程度のガイド撮影に5cmファインダー屈折はオーバースペック>実際にはfl=1000mm級のガイド用に使用するつもりでいる。
↓5cmファインダー鏡筒(右上)↓

【データ】3/18,19,M8,M20/2019年3月18日4時50分〜(90〜60秒露光×6枚スタック)+19日3時14分(30秒×21枚)/EOS6D(HKIR,ISO1600,400,RAW-TIF)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀SS-oneガイド@自宅星見台HANA
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>(#^^#)思わぬ時間を要したが正常動作するようになって良かった(^_-)-☆
<はな>=^_^=半田付け不良とは思いもしなかったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U半田付けし直しで自己解決できて良かったワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17 :34 | 星雲・星団 | コメント(0 )

2019 年3 月20 日

3/20太陽Hα像

3/20の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※/前回無名だった新黒点は2735の番号が付き、本体子午線付近付近へ進出。さらに西側に新たな番号の付いてない黒点群があり、2735群よりも大きく広がっている。/周縁部は前回同様東西あちこちに小規模な紅炎噴出上がっており、東縁8時方向のものは今回も目視確認できた。また、西縁3時方向のもの(2本)は淡いながらもそこそこの高さまで噴き上がっている。
↓全体(カラー1)↓3/20,9h27m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓全体(カラー2)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓東側(カラー2)

↓西側(カラー2)↓

【データ】3/20太陽Hα像/2019年3月20日9時27分(1/40sec,70%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA
 追記をみる

投稿者:龍吉at 15 :03 | 太陽系・月 | コメント(0 )

2019 年3 月19 日

3/17,ISS月面通過@下梨

3/17晩、ISS国際宇宙ステーションの月面通過(月の前をISSが横切る)が市内下梨地区であった。1時間前になっても雨雲が空を覆っていたが、その隙間から月が顔を出して薄雲&ガス越しではあったが月面通過を見ることができた。↓原板動画(YouTube)より↓

↓原板動画から通過部分の15コマを比較暗合成して一枚の静止画にしたもの↓

見たた通り、ISSのシルエット(H形)が流れてしまっている。設定ダイヤルが「M動画モード」から一つ外れた「Mモード」になっていたことに気付かずに撮影したため、シャッターがマニュアル1/1600secではなく電子シャッターに切り替わりカメラが勝手にシャッター速度を遅くしてしまったため?と思われる。カメラファインダー内に「E」表示あることに違和感感じるも確かめなかったのが敗因。orz
↓現場で、、【1】↓

今回は、Fさんと同行。中央と右の機材がFさん、左が自分の機材
↓現場で、、【2】↓

左と中央がFさんの機材、右が自分の機材
Fさんとご一緒でなく単独行だった場合、現場まで出かけたとしても実際に機材展開しなかったかも知れない。準備中、霧・ガスに包まれ「霧雨状態」になった時間帯もあったし、雲間からなかなか月が見えず通過30分前になってもピント合わせできなかったからである。やはり現場まで出かけていることと、諦めないことが大切とあらためて思った。
【データ】3/17,ISS国際宇宙ステーションの月面通過/2019年3月17日20時57分40秒〜48秒/LumixG7(ISO1600,4K,MP4,30fps,8秒間)/BKP200(fl=800mm)/ADVX赤道儀@市内下梨地区(旧平村)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>(#^^#)霧と小雨混じりの天候で、まさか雲間から観察できるとは思いもしなかった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=やっぱし「晴れ男」ということかニャん≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U実際には「晴れ」というより「小雨」「霧」と言った方が正しいワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14 :50 | 太陽系・月 | コメント(0 )