2017 年9 月26 日

9/25月齢5.2の月(小6理?)

昨夕の南西空、月齢5.2の月を標準レンズ付デジカメで撮影したものを並べてみた。↓
小6理科「太陽と月の形と位置」まとめ学習用に、、(※頁最下行をご覧下さい※)
※各画像をクリックすると拡大表示します※
↓9/25,18h12m↓


←9/25,18h12m↓
(星名、星座線入り画像なし)
※下へスクロールすると月(や星)が
 次第に右(西)へ移動しているのが
 分かると思います。

↓9/25,18h31m↓

↓9/25,18h31m星名、星座線入り↓

↓9/25,19h13m↓拡大すると地球照が分かる

↓9/25,19h13m星名、星座線入り↓

↓9/25,19h24m↓月が木立のかげに、、

↓9/25,19h24m星名、星座線入り↓

↓以下は月の拡大画像↓9/25 18h30m,月齢5.2(白黒L)↓

↓同、擬似カラー↓

↓同、地球照(欠けているところが薄暗く見えること)↓

↓同、擬似カラー↓

↓同、月齢5.2普通画像と加算平均合成したもの↓

【データ】
 月齢5.2
 2017年9月25日18時12分〜19時24分
 (1/15秒〜1/2秒1枚)
 富士X-T1(ISO3200,RAW)
 FUJINON35mm,F1.4→F2
 手すりに半固定撮影
 @自宅星見台HANA前
※教育用途への利用はフリーですが、著作権は放棄しておりません※
★利用に際し、掲載画像の無断改ざん等を禁じます。
★商的利用等については(k−yoshio@nsknet.or.jp)へ連絡願います。
  (↑全ての文字を半角英数文字にする↑)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17 :49 | 太陽系・月 | コメント(0 )

2017 年9 月25 日

9/25未明、アサシン彗星

本日9/25未明、初めてASASSN彗星(C/2017O1)を撮影した。現在おうし座を移動中で画像からは4時方向に短い尾を引いているのが分かる。↓ASASSN(C/2017O1)彗星↓
↓【1】(CR2→DSS→初期処理TIF)

↓同?(CR2→DSS→Autosave.tif)↓

カメラRAW(CR2)のままDSSスタックへ移行するので比較的手早く処理できる。特に?はDSSで初期RGB調整等済ませてしまうので後から色合い調整に手間をとらない。その反面キツくなりがちで仕上がりは粗い印象。
↓【2】?同(CR2→TIF変換→DSS→初期処理TIF)↓

↓同?(CR2→TIF変換→DSS→Autosave.tif)

一旦TIF変換してからDSSスタックへ入るため手間がかかる。DSSでRGB初期処理まで済ませると色合い調整は楽になるがやはりキツくなりがち。DSSスタック直後のAutosave画を利用した方が無難。
[現時点での印象]
手早くささっと済ませたいなら、RAWのままDSSで初期処理まで行う。そうでなければTIF変換してからDSSへ移行する方がよさげ。Autosaveは画像荒れにくいが後処理に時間がかかる。
【データ】ASASSN彗星 C/2017O1/2017年9月25日1時11分〜(90秒13枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW,TIF)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17 :15 | 彗星・流星 | コメント(0 )

2017 年9 月24 日

9/18,M31アンドロメダ星雲

9/18晩に撮影した↓M31アンドロメダ星雲↓(RAW→PS16bitTIF→DSS)

※本体のRとバックグラウンドのGが気になり色調弄りすぎて青っぽくなってしまった。
↓同(CR2→DSSでスタック)↓

明らかに写りそのものが違うような感じに見えるかも知れないが元画像は同じもの。後処理段階での調整が統一できてないためで、逆に言えば後処理過程にも問題山積み(^_^;)
↓7/27未明に撮影したM31(掲載済)↓RAW→DSS

実践的に考えるならばRAWのままDSSへ持ち込む方が手早く済ませられるし、一概にRAWからDSSへの直行は良くない、とするつもりは全くない。富士XシリーズなどDSSが対応していないカメラ機種については16bitTIF変換してからの持ち込みしか方法がない。
【データ上】M31/2017年9月18日21時22分〜(60秒57枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
【データ下】M31アンドロメダ/2017年7月27日2時3分〜(90秒30枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/他は上に同じ
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14 :57 | 星雲・星団 | コメント(0 )