2024 年4 月9 日

4/8未明C/2021S3(PanSTARRS)彗星

北米皆既日食のちょうど1日前(日本時間8日未明)にベランダで撮ったC/2021 S3(PanSTARRS)彗星↓現在はくちょう座頭部付近におり、光度約10等 。画像を見ると右(西)方向へダストの尾が伸びているようだ。少し東に下がった所にM27亜鈴星雲がある。※4枚め画像※
↓全体像↓

↓左右トリミング像↓

↓等倍トリミング像↓

↓M27亜鈴上星雲(こぎつね座)↓

このちょうど24時間後に米国東部−南部−メキシコにかけて皆既日食があった。(現地時間8日午後/日本時間9日未明)折しも皆既帯に沿って雲が発生したらしいが、雲越しながらも概ね各地で黒い太陽が見られたらしい。今朝未明はYouTubeでLIVE中継をやっていた。
【データ】C/2021 S3(PanSTARRS) /2024年4月8日2時56分〜(30秒14枚)/ASI585MC(Gain480,Gamma50,Shutter30sec.FITs)/WO-Star71(fl=350mm)/Synscan改GPD赤道儀放置追尾@自宅ベランダ
【データ】M27/同日3時17分〜(20秒22枚)/他は上と同じ
----------------------------------------
<龍吉>(-_-;)久しぶりにベランダ望遠鏡を使用した。視界が東側に限られるため、自由に望遠鏡を振り回せないのが残念。・(^_-)-
<はな>=^_^=夕涼みしたくなるような暑い晩はともかく、夜中に火の気のない星見台へ上がるのはなかなか大変ニャり≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U↑多少寒くても横着して星見したいとベランダに望遠鏡を置いたが、追い出されるかも知れないワン▽・。・▽
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 22 :04 | 彗星・流星 | コメント(0 )

2024 年4 月8 日

PixInsight&BXTその後

なかなか優れた画像処理ツールとしてPixInsight(PI)を正規ライセンス購入して約5か月。とっつきが悪く思うように身に付かないのが難点で、年を重ねるごとに習得体得に時間を要している。しばらく使ってないと直ぐに忘れてしまうので、なるべく利用することを心掛けている。今回は、多数枚撮影した複数画像のスタック段階から始めた。従来はDeepSkyStackarでスタックしていたが、PIのスタック機能を利用した。スタックするにはダークデータと(スカイ)フラットデータを用意しておく必要がある。面倒くさく感じるが、実際にやってみるとダーク、フラットデータの取得に思ったほどの手間は感じない。むしろ、用意してないと却って手間取る気がする。
M17(Ω星雲)はいて座にある著名な散光星雲の一つで、光度6等。Ωの名前は同星雲の形状からで、白鳥星雲とも言われる。
↓全体像↓

↓左右トリミング像↓

↓等倍トリミング像↓

↓PI処理のみ、BXT無しのM17↓

BXT(BlurXTerminator)の効果を再認識させられた。本来は無限大彼方なのだから点像であるべきなのが恒星なので、これだけ星像がシャープになると心地よい。F値の明るい廉価版超広角レンズにありがちな周縁部三角形に歪む星は無理にせよ、ぼてっとした歪みならば丸く小さな円にしてくれる筈なので、さほど高精度なレンズ光学系でなくても済むかもしれない。
【データ】2024年4月8日2時43分〜(20秒30枚)/ASI585MC(Gain480,Gamma50,Shutter20sec,Fits)/WO-Star71(fl=350mm)/Synscan改GPD赤道儀放置追尾@自宅ベランダ
----------------------------------------
<龍吉>(-_-;)PIは従来の画像処理手法を覆す可能性を秘めている?気がする。ただ、取っ付きが悪い。・(^_-)-
<はな>=^_^=使用者の感覚に頼った処理手順とは若干離れた手法手順なので名人技の人には不要かも知れないニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚UPhotoShopとの棲み分け?というか、それぞれ得意とするところを生かすのが賢い利用方法だと思うワン▽・。・▽
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23 :52 | 星空・星座 | コメント(0 )

2024 年4 月7 日

4/7太陽Hα&可視光像

4/7,11時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3628,3629,3630,3632,3633群の計5群。その中で一番目につくのは3628群。ダークフィラメントは南北半球中緯度帯に大きく濃い影が数本。周縁の紅炎は南西側に明るく広がった噴出群が目につき、南東側には淡い噴出物の塊が浮かんでいた。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓全体像(白黒)↓

↓黒点番号入り、東側↓
↓黒点番号入り、西側↓
↓北東側↓
↓同、北西側↓
↓同、南東側↓
↓同、南西側↓
【データ】2024年4月7日10時43分〜(60fps×15秒×2)/ASI178MM(Gain300,Gamma50,Shutter1.75ms,SER)/LUNT60THa(fl=500mm)/EM200放置追尾@自宅星見台HANA
【データ】可視光/同日10時56分〜(60fps×15秒)/ASI178MM(Gain100,Gamma50,Shutter1.25ms,SER)/対物D5フィルター付きTS65セミアポ屈折(fl=500mm)/他は上と同じ
----------------------------------------
<龍吉>(-_-;)今日は春らしい暖かく穏やかな一日だった。ただ、春の天候コロコロ変わるのが惜しい。・(^_-)-
<はな>=^_^=今月下旬に近日点通過する12P/Pons-Brooks彗星を狙っていたが西低空薄雲消えず諦めたニャり≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uそろそろ観察不能に近づいているだけに気が気でないが、春の天気はどうにもならないワン▽・。・▽
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 20 :14 | 太陽系・月 | コメント(0 )