2024 年2 月19 日

SeestarS50実践>M51

SeestarS50を手にしたのは昨年11月なので約3か月経とうとしている。お手軽で簡単、価格も(円安下であっても)手ごろ、ということで売れ行き好調な様子。一般的には価格の安さもあってか?大人のおもちゃと揶揄する向きもあるようだ。誰が撮っても殆ど変わらない。一通り撮ったら飽きてしまう、、などネガティブに言う人も少なからず居る。>こうした発言を耳にするたび、ついふつふつと反発感情が湧いてくる、、。
大人のおもちゃだと?一通り撮ったら飽きる、だと?>要は使い方、生かし方次第でしょ?。 とは言ったものの、反論は結果で示すことしかない。>「大人のおもちゃ」ではない=使い方、生かし方でちゃんと実用として通用することを目指したい、、が、、

※画面右の黒い塊がSeestarS50↑
■FITs生データが肝?■↓頭部データの一部分↓
・・・・・
DATE-OBS= '2024-02-13T18:44:24.198199' / Image created time
FILTER = 'IRCUT ' / Filter used when taking image
INSTRUME= 'Seestar S50' / Camera model
BAYERPAT= 'GRBG ' / Bayer pattern
GAIN = 80 / Gain Value
FOCUSPOS= 1578 / Focuser position in steps
TELESCOP= 'Seestar S50' / Telescope name
OBJECT = 'M 51 ' / name or catalog number of object being
imaged
CTYPE1 = 'RA---TAN-SIP' / TAN (gnomic) projection + SIP distortions
CTYPE2 = 'DEC--TAN-SIP' / TAN (gnomic) projection + SIP distortions
CRVAL1 = 202.784784377 / RA of reference point
CRVAL2 = 47.0579176857 / DEC of reference point
・・・・・
撮影時刻、場所、露光時間、感度、撮影方向などがFITsデータの頭に記録されている。恒星・天体のカタログデータに紐づけて、天体の位置、光度、色、などを知ることができる。単に「おもちゃ」であれば、こうした情報は不要。>何故にこうした情報がSeestarに記録されているかと言えば、本当にSeestarの方向が合っているか?天体恒星データと比べるから。ImageSolveとかPlateSolveとか言われる。使用者は裏で器械がこうした膨大なデータと比べながら望遠鏡の方向を決め、追尾するためX-Yモーターの回転数を常に調節、、など意識する必要はない。
↓元画像JPG(1080x1920)↓
↓同2↓
↓簡易色補正↓

↓天体名表示↓Seestar内部に天体カタログデータを持ち合わせており、位置情報に基づき天体名を表示する機能がある。

↓RA,DEC線表示↓視野の傾きが分かる(北上、東左に合わせるのが普通)

↓背景画像と比べた光度表示↓

光度測定に関して色情報は無い方が処理しやすい。測定に色は不要、、となると、JPEGに毛の生えた程度の仕上げで構わない。鑑賞用として堪えるということよりも白黒で良いから客観的データが得られれば良い(=PhotoshopやPixInsightは不要??
----------------------------------------
<龍吉>(-_-;)今のところ、Photoshopによる処理は封印している。Fhotoshppは直観的に処理できるが再現性に乏しい。・(^_-)-
<はな>=^_^=誰がやっても同じにならない=熟練者には凝った処理ができて良いかも知れないが、やった本人さえどういう手順でしたか?再現できないニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U凝った処理を施すよりはささっと画が出てきて、さまざまな情報が出る方を重視したいワン▽・。・▽
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23 :22 | 星雲・星団 | コメント(0 )

2024 年2 月18 日

2/18太陽Hα&可視光像

2月18日11時の太陽Hα&可視光像※画像をクリックすると別窓に等倍像表示します※黒点群は3581,3583,3584,3586,3587,3589群の6群に減り、見ためやや寂しい感じ。ダークフィラメントは3586群近くの濃い影などが目についた。周縁の紅炎は前回に続き南西縁の明るく横に広がる噴出が目立っていた。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓全体像(黒点)↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓黒点番号入り、東側↓
↓黒点番号入り、西側↓
↓Hα北東側(白黒)↓
↓同、北西側↓
↓同、南東側↓
↓同、南西側↓
【データ】2024年2月18日11時1分(57fpsX15秒X2)/ASI178MM(Gain300,Gamma50,Shutter1.40ms.SER)/Lunt60THa(fl=500mm)/EM200赤道儀@自宅星見台HANA
【データ】可視光/同日11時5分(60fpsX15秒)/ASI178MM(Gain100,Gamma50,Shutter0.80ms.SER)/対物D5フィルター付TS65セミアポ屈折(fl=500mm)/他は上と同じ
↓星見台内で観察中↓

----------------------------------------
<龍吉>(-_-;)黒点数が6群に減り、寂しさはぬぐえない。ただ、X級フレアなど活発な活動が続いているようなのは心強い・(^_-)-
<はな>=^_^=ここのところ暖かい日が続いているので寒がりネコはとても助かるニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U2月だというのに暖かい中での散歩なので、側溝の水の流れに入るのが常態化しているワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■


HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23 :56 | 太陽系・月 | コメント(0 )

2024 年2 月17 日

2/17太陽Hα&可視光像

2月17日昼の太陽Hα&可視光像※2/15,2/16は天候とタイミング合わず欠測※画像をクリックすると別窓に等倍像表示します※黒点群は3581,3582,3583,3584,3586,3587,3589群と無番号新黒点2群で計9群に増えた。が、目立つ群は2群程度で見た目は賑やかとは言い難い。16日午後遅く南東縁でX級フレアが発生とのことで南西縁に明るく横に連なる噴出が目立っていた。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓全体像(黒点)↓

↓Hα全体像(白黒)↓

↓黒点番号入り、東側↓
↓黒点番号入り、西側↓
↓Hα北東側(白黒)↓
↓同、北西側↓
↓同、南東側↓
↓同、南西側↓
【データ】2024年2月17日12時36分(57fpsX15秒X2)/ASI178MM(Gain300,Gamma50,Shutter1.45ms.SER)/Lunt60THa(fl=500mm)/EM200赤道儀@自宅星見台HANA
【データ】可視光/同日12時34分(61fpsX15秒)/ASI178MM(Gain100,Gamma50,Shutter0.70ms.SER)/対物D5フィルター付TS65セミアポ屈折(fl=500mm)/他は上と同じ
↓星見台内で観察中↓

----------------------------------------
<龍吉>(-_-;)2日間欠測したものの好天に恵まれ観察できて良かった。見た目、やや寂しくなった印象だが、X級フレア発生とのこと。・(^_-)-
<はな>=^_^=フレア発生した箇所が地球側へ回り込んでくるのが楽しみ。凄いのが現れてほしいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uこの時期にしては珍しい晴れ間というか、信じられないほどの高温が続いて脅かされるワン▽・。・▽


☆彡お知らせ☆彡太陽Hα&可視光像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■


HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23 :51 | 太陽系・月 | コメント(0 )