2020 年11 月24 日

11/24太陽Hα&可視光像

とうとう連続観察記録は13日で途絶えた。昨日も観察できていれば15日連続という金字塔を立てられたろうが、11月の北陸ということを考えれば13日でも上出来と思う。
※11/24,10時半過ぎの太陽Hα可視光像※11/23は天候不良で欠測※※各画像をクリックすると等倍画像を別窓表示※北東側の2784黒点はHα像では活動域を残すものの、可視光像では辛うじて小さな黒点を残すのみとなり衰えた。しかし、南東縁に新たな活動域が現れ、2785黒点と2786黒点が立て続けに登場した。いずれも太陽縁に近いながらもあっさり確認できる大きさがあり後発の2786黒点が一番大きい。2783群は子午線付近に到達しているが、東に現れた2黒点の方がはるかに大きく見える。長い無黒点期間が終わりを告げ、25期が始まっていることを知らしめる状況ではないだろうか。/周縁の紅炎は、南東縁の噴出が一番目につき、次いで北西縁の噴出。これらに負けるが南東縁や北東縁にも噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)↓10h32m

↓全体像(可視光)↓10h36m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

↓同(疑似カラー)↓

↓東側等倍(可視光)

↓北西側等倍(Hα白黒)↓

↓南東側等倍(Hα白黒)

↓南西側等倍(Hα白黒)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】11/24太陽Hα/2020年11月24日10時32分(1/50sec,80%)/LumixG7(ISO400,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/片持ちフォーク赤道儀@小矢部市水牧
【データ】11/24可視光太陽/11月24日10時36分(1/400sec,63%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,20秒間)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!連続13日間で記録は止まったが、今日の観察で11月通算18日間となり6割を確実にした。(^_-)-☆
<はな>=^_^=東縁に登場した2785,2786両黒点が頼もしい。正面へ回るにつれてもっと大きく見えるようになろうし、気になるニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U11月はせいぜい4割、5割近くになれば上出来と思っていたが、6割達成確実になり驚いたワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα(+ときどき可視光)像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19 :14 | 太陽系・月 | コメント(0 )

2020 年11 月23 日

11/21黄雲発生中の火星@黒部

雨は上がったものの雲に隙間が殆ど無い=太陽の連続観察記録は13日間で留まる気配濃厚。>というわけで、週末11/21に撮影した(黄雲発生中の)火星↓(時系列に掲載)
↓【UT1037-1040】↓

↓【UT1044-1050】↓

↓【UT1047-1055】↓

【UT1044-1055】↓

↓【UT1050-1055】↓

↓【UT1102-1108】↓

↓【UT1059-1108】↓

↓【UT1112-1117】↓

↓【UT1112】↓

↓【UT1117】↓

↓【UT1124】↓

↓【UT1127】↓

↓【UT1121-1130】↓

↓【UT1121-1133】↓

↓【UT1130】↓

↓【UT1124-1133】↓

↓【UT1133】↓

↓【UT1137-1142】↓

↓【UT1153】↓

【参考】約1か月前(10/15,砂嵐発生前)の火星↓

見た通り、火星面右側半分が大砂嵐によって
火星面の地形が見えないのが分かる。
大砂嵐(=ダストストーム、黄雲)が始まったのは10日前頃から。
あれよあれよという間に火星表面の模様が黄雲に覆われてしまった。
日によって黄雲の箇所が異なり、収まるどころかさらに拡大しそうな
勢いがある。
実は、前回(2018年夏)の火星大接近時にも大砂嵐が発生し、ちょうど
これから大接近という時期だったので非常に残念な思いをした記憶が
ある。今回は、地球最接近を過ぎて地球から遠ざかる時期だったのが
不幸中の幸いだったとも言える。
【共通データ】FireCapture v2.7 01 BETA Settings
------------------------------------
Scope=C9.25,BORGx3Barlow,ADC/Camera=ZWO_ASI224MC
Filter=RGB/Profile=Mars/Diameter=16.25"
Magnitude=-1.45/CM=4.7°/FocalLength=8250mm(F/35)
Resolution=0.09"/Date=211120
FramesCaptured=31999/Binning=1x1/Bitdepth=12bit
ROI=264x280/ROI(Offset)=472x408/FPS(avg.)=213
Shutter=4.500ms/Gain=350(58%)/Brightness=1
Gamma=50/WBlue=95/WRed=5/Histogramm(min)=1
Histogramm(max)=3624/Histogramm=88%
Noise(avg.deviation)=n/a/eADU=0.083/Limit=150Seconds
SensorTemperature=19.3°C@黒部市吉田科学館前広場
※連日の太陽観察に追われ、火星や彗星等のデータ処理は後回しとなったままになっている。今後、北陸の天候はあまり恵まれない日が多くなるので、処理が済み次第、順次掲載していく予定にしている。
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!記録更新が途絶えたのは残念だが、ようやく火星などのデータが載せられる。(^_-)-☆
<はな>=^_^=火星に黄雲発生が話題になり観察もしたが、処理に手を付ける時間がとれなかったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U火星の他にもアトラス彗星などの観察もしたが、すぐに処理できず掲載できなかったのが残念だワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13 :35 | 太陽系・月 | コメント(0 )

2020 年11 月22 日

13日間連続記録達成11/22太陽Hα&可視光像

11/22,10時半前の太陽Hαと可視光像※朝から天候良好であっさり太陽観察=>これで13日間連続太陽観察新記録達成\(^_^)/
北東側の明るい活動域に現れた新黒点は2784の番号が付いた。可視光像では小さいながらもペア黒点になっていた。2783先行域のダークフィラメント影は健在だが、ひと頃よりも小さく(短く)なった。/周縁の紅炎は、北北東縁の噴出が目についた。また南東縁には横にいくつも広がった噴出があり、この裏側に活発な活動域があり間もなく姿を見せるという。
↓Hα全体像(カラー1)↓10h17m

↓全体像(可視光)↓10h24m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

↓同(疑似カラー)↓

↓東側等倍(可視光)

↓南西側等倍(可視光)↓

↓南東側等倍(Hα白黒)

↓南西側等倍(Hα白黒)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

残念ながらシーイング極悪で太陽輪郭メラメラ状態=>見た通り、シャープさを欠く画質となった。ともあれ連続観察記録は13日間に更新。もし明日も観察できたら丸2週間の観察となるが、現時点で明日は厳しそう。
【データ】11/22太陽Hα/2020年11月22日10時17分(1/50sec,75%)/LumixG7(ISO400,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA
【データ】11/22可視光太陽/11月22日10時24分(1/400sec,80%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,20秒間)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!新記録更新のタイトルばかりで飽きられそう/2週間連続となる明日はどうなるやら?(^_-)-☆
<はな>=^_^=今日の太陽はメラメラ。明日の午前中は雨混じりで午後からは曇り予想。厳しそうだニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U現時点で達成率7割強、8割に届くかの勢いなれど、北陸のこの時期では7割すら極めて厳しいワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα(+ときどき可視光)像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 20 :04 | 太陽系・月 | コメント(0 )