2018 年11 月16 日

10/18太陽Hα像

10/18の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※前日見られた西縁1時方向と東縁7時方向の比較的大きな紅炎は少し規模が衰えたようだが、4時方向に小さめながら面白い形状の噴出が現れていた。思い切ってフィルター部内側を拭き取って良かった。
↓全体(カラー1)↓10/18,12h49m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

18sun1018c52ut0349dmnlapl4ap212lc1psq posted by (C)龍吉http://photo.blogmura.com/rpc/trackback/90048/1x6qraw0u5w3
↓追記へ↓
 追記をみる

投稿者:龍吉at 19 :52 | 太陽系・月 | コメント(0 )

2018 年11 月15 日

やっと捕獲!話題の2彗星(46P,C/2018V1)

11月も中旬になり時雨る日が多い。昨夜から今朝にかけて、文字通り雨雲の隙間からようやく話題の2彗星を捉えることができた。その1↓64P/ウィルタネン彗星↓(長辺方向トリミング)

18c46p1114c4ut1323autfcsxsq posted by (C)龍吉
ステラショットで導入補正用に一枚試写したところで雨雲越し撮影となる。orz>試写30秒程度でもあっけなく写った。現在6等台らしい。
↓同、等倍トリミング↓

18c46p1114c4ut1323autfcupsq posted by (C)龍吉
【データ】46P/2018年11月14日22時23分〜(60秒4枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改ステラショット制御@自宅星見台HANA

いったんルーフ閉じ、その間ダーク撮影を実行。新彗星が上り始める明け方まで仮眠し、4時過ぎに目覚めたが快曇状態。
薄明で空が青くなり始める頃になってようやく少し雲に隙間ができた。すかさず新彗星C/2018V1(マックホルツ-藤川-岩本彗星)を撮影↓(長辺方向トリミング)

18c18v1d1114c23ut2017autfcsxsq posted by (C)龍吉
第一発見者は米国マックホルツ氏だが、日本人2人(藤川繁久氏、岩本雅之氏)も独立発見している。近日点通過を控えていて、彗星の運動がけっこう速く、8分余りの間に背景の恒星が長く伸びている。>同彗星は今後さらに明るくなり、近日点通過後は夕方の空に見られるようになるとの由。
↓同、等倍トリミング↓

18c18v1d1114c23ut2017autfcupsq posted by (C)龍吉
すでに薄明下で十分な露光がかけられず、かつ雨雲越し撮影で状況最悪だった。写っただけでも吉としよう。撮影後、外を見たら再び雨雲に覆われていた。
【データ】C/2018V1/2018年11月15日5時17分〜(20秒23枚彗星基準)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改ステラショット制御@自宅星見台HANA
 追記をみる

投稿者:龍吉at 09 :30 | 彗星・流星 | コメント(0 )

2018 年11 月14 日

10/17太陽Hα像

10/17の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※フィルターへの異物滲出=視野コントラスト低下問題を自己解決(後述)して最初の太陽Hα観察※西縁1時方向と東縁7時方向に比較的大きな紅炎が現れていた。前の晩に思い切ってフィルター部内側を拭き取った効果があったようだ。
↓全体(カラー1)↓10/17,14h53m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

18sun1017c80ut0553dmnlapl4ap249lc1psq posted by (C)龍吉
※天頂プリズムではなく天頂ミラーであったことから、フィルター部分の異物滲出を自力で除去できる見通しが立ったので、前回11/15観察後、この異物除去を試みた。/異物はフィルター枠を筒に固定する接着剤?が観察時の熱で柔らかくなり試写周囲へ滲み出している?とも思われた。/無水エーテルなど溶剤系で拭き取ると、却ってこの異物が解けて視野内に滲み出す?恐れも考えられたので、溶剤は使わず洗剤系の泡剤を使って内側の浸入異物を根気よく拭き取った後、ひと晩天頂プリズム部分を分解したまま自然乾燥させた。目視ではフィルター内部の浸入物は視野縁まで後退(=視野広がる)した。対策後初の観察で除去効果が見られて良かった。やれやれ。
↓追記へ↓
 追記をみる

投稿者:龍吉at 18 :29 | 太陽系・月 | コメント(0 )