2021 年4 月14 日

おおぐま座系外星雲M81,M82

4/10深夜〜4/11未明。SN2021hprに続き、近くのおおぐま座系外星雲M81,M82をを狙った。↓M82↓(長辺方向トリミング)いずれも画面上が北方向

【データ】M82/2021年4月10日24時28分〜(120秒9枚)/EOSkissM(HKIR,ISO3200,RAW-TIF)/C11+0.75RC(fl=2100mm)/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
↓M81↓

【データ】M81
2021年4月10日24時3分〜(120秒10枚)/他は上と同じ
M81とM82は同じ銀河団を形成していて見かけの方向も近いのでfl=1m程度であれば同一写野に両者を並べ1枚に収めることが可能。↓
---------- 昨年3/13未明に撮影したM81(下)とM82(上)再掲載----------

この2つの系外紫雲は約15万光年しか離れていないという。およそ数千万年前、両者が接近遭遇した際にM82がM81の重力の影響を受けてスターバーストを起こし変形したとされる。M81は我が銀河系よりは小さいとされ、M82は中心部が不規則型系外星雲。
【データ】M81,M82/2020年3月13日0時34分〜(60秒30枚)/EOSkissM(ISO1600,RAW-TIF)/BKP200反射+コマコレ(fl=800mm)/NJP赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド@自宅星見台HANA
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
↓今年3/18,アトラス彗星(C/2019Y4)が近く(離れていくところだが)を通り過ぎた↓

【データ】M81,82とC/2019Y4/2020年3月18日21時21分〜(60秒90枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW-TIF)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀ステラショット制御STVガイド@自宅星見台HANA
同一写野に収めることのメリットとして、撮影時間に無駄が省ける。=上2枚のように別々に撮ると2倍の時間(上の場合20分×2)が必要になるが、1枚に収めると半分(同、20分)で済ませることが出来る。
デメリットは、両者を1枚にすると画一処理が難しくそれぞれに適した何らかの工夫が必要。一般的に天体望遠鏡の中心部は一番光学的精度の高い部分であり、周辺になるほど諸収差の影響が出る。せっかくの中央良蔵範囲に目的天体を置かず、両方入るからと周辺に2天体を並べるのは如何なものか?ということもある。※対してカメラレンズは周辺収差も考慮して良蔵範囲を広くしてあるが、それでも写野中央の方が有利と思う。
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!春は系外星雲が見頃。春分過ぎて次第に夜の時間が短くなるのが残念ではあるけれど。(^_-)-☆
<はな>=^_^=今回は星の自動ガイドが安定していた。スッキリ星が点に収まると望遠鏡性能が発揮できるニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U望遠鏡の良像範囲は狭いけど目的天体を中央にもってくれば解決=目的を1天体に絞ることだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10 :09 | 星雲・星団 | コメント(0 )

2021 年4 月13 日

4/10,SN2021hpr in NGC3147

4/10深夜。前夜4/9に続き山形県の板垣公一さんがりゅう座系外星雲NGC3147に発見された超新星を狙った。↓SN2021hpr in NGC3147↓文字無し画像(長辺方向トリミング)

↓同、文字入り画像↓(SKY-MAPORGから近くの星の等級を記入したもの)

↓1日前の画像(※1日程度では大きな差が無い?けれど)↓
---------- 4/9晩のSN2021hpr(再掲載)----------

↓同、文字入り画像↓(SKY-MAPORGから近くの星の等級を記入したもの)

前回の投稿で「おそらく14等台に突入したのではないか?」と書いたが、間違いないとほぼ確信した。超新星は増光時は日数単位で急増光するが、減光時は月数単位で比較的ゆっくり衰退していく。北天でほぼひと晩中見えているので、もうしばらく観察を続けて推移を見守りたい。
【データ上2枚】SN2021hpr in NGC3147
2021年4月10日23時33分〜(120秒10枚加算平均)/EOSkissM(HKIR,ISO3200,RAW-TIF)/C11+0.75RC(fl=2100mm)/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
【データ下2枚】SN2021hpr in NGC3147/2021年4月9日21時55分〜(120秒15枚加算平均)/EOSkissM(HKIR,ISO3200,RAW-TIF)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!ここしばらくは観察できそうな状態が続くと思われるので推移を見守りたい。(^_-)-☆
<はな>=^_^=14,15等級ならfl=1m程度の望遠鏡でも撮影できるので好都合だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uカメラレンズでも構わないがfl=500mm程度無いと写野が広すぎて見分けにくいと思うワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10 :38 | 星雲・星団 | コメント(0 )

2021 年4 月12 日

4/12太陽Hα&可視光像

4/12,9時過ぎの太陽Hα&可視光像※画像クリックすると別窓に拡大表示します※太陽東側活動域の微小黒点は今日も辛うじて数個写っているのが確認できた(可視光破線赤丸内)が、このままだと番号付かないで消滅の可能性がある。昨日同様、周縁の紅炎も賑やかだったが、中でも東縁の噴出は処理時にようやく気付くほどごく淡いものながら、その大きさと高さに驚かされた。
↓Hα全体像(カラー1)↓9h14m

↓可視光全体像(白黒)↓9h21m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

↓東側等倍(可視光)↓

【データ】4/12太陽Hα
2021年4月12日9時14分(1.7ms,81%)
ASI178MM(Gain80,Gamma50,ROI2400x2080,24fps,SER,500コマ)
LUNT60THa(fl=500mm)
P型赤道儀@小矢部市浅地

【データ】4/12可視光太陽
4月12日9時21分(1.6ms,62%)
ASI178MM(Gain25,Gamma50,ROI2280x2080,SER,24fps,500コマ)
TS65mmセミアポ屈折(fl=500mm)
他は上と同じ
↓北東側等倍(Hα白黒)↓

↓北西側等倍(Hα白黒)↓

↓南東側等倍(Hα白黒)↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓

↓Registax画面(北東側)↓

↓同(北西側)↓

↓同(南東側)↓

↓同(南西側)↓


-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!接眼側フィルターの不具合が酷くなる前に何とかしたいが手つかず。まだ致命的状態では無いが気になる。(^_-)-☆
<はな>=^_^=CMOSカメラだとコントラストの違いがハッキリ出てしまうからだろうニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uともあれ、フィルターを何とかしないと。それまでは劣化信仰を抑えつつ観察するしかないワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα(+ときどき可視光)像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 22 :52 | 太陽系・月 | コメント(0 )