2020 年9 月30 日

9/30雲間の太陽Hα像

9/30,13時過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※昨日同様雲間からの太陽観察となったが、何とか薄雲越しだけは避けることが出来た。/2773活動域と南側の新小黒点は消滅して見えなくなったらしいが、今回も可視光像を撮る余裕は無かった。/薄雲越しではないので周縁の紅炎も、さしたる苦も無く写ったが、今日も目につくような噴出は見当たらず。比較的西側が活気あるように感じた。=東側は極小サイズしか見当たらなかった。
↓全体像(カラー1)↓13h22m

↓同(白黒)↓

2773黒点活動域は子午線をまたぎ西側へ回り始めた。
↓Hα全体像(カラー2)↓

↓同(疑似カラー)↓

↓東側(Hα白黒)↓

↓同、西側↓

↓Registax画面:北東側↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓


◎9月全体で太陽観察は21日間になり、ちょうど7割を達成できた。前半は残暑厳しかったがその分だけ曇雨天の日が少なかったのと、後半は秋雨に見舞われた日もあったが雲間から観察できる日もあったからと思う。晩秋にさしかかるにつれて観察日数が減るだろうが、可能な限りしぶとく観察したいと思っている。
【データ】9/30太陽Hα/2020年9月30日13時22分(1/50sec,77%)/LumixG7(ISO400,4K,MP4,30fps,18秒)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/片持ちフォーク赤道儀@小矢部市鷲島
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!晴れ間とタイミング合わず今日も午後になってしまったが、雲越しを避けられて良かった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=淡い紅炎=Hα水素輝線像は雲(水蒸気)越しだと途端に写りが悪くなるからニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U天気は昨日の方が若干マシで、今日は半ば諦めていたので運が良かったワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα(+ときどき可視光)像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 22 :20 | 太陽系・月 | コメント(0 )

実写版>10月の星空案内

↓9/28晩、月齢11.0↓※10/1,中秋の月の3日前の月※満月は10/2

-----------------------------------------------------------------------------
1(木)中秋の名月/2(金)◯満月、水星東方最大離角/3(土)月が火星へ接近、金星とレグルスが最接近/6(火)火星と地球が最接近/8(木)寒露、10月りゅう座流星群/10(土)下弦、おうし座南流星群/14(水)月が金星へ接近/15(木)火星が衝/17(土)●新月/20(火)秋の土用/21(水)オリオン座流星群/22(木)月が木星へ接近/23(金)上弦、月が土星へ接近/29(木)十三夜、月が火星へ接近/31(月)◯満月
-----------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2020を参考にしました※
=============================================================================
【データ】月齢11.0/2020年9月28日20時36分(1/125sec,50%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,30秒間)/Vixen口径6cmアクロ鏡筒(fl=910mm)/AR-1赤道儀放置追尾@自宅前
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!6日火星と地球が最接近。次回は2033年なので今月は火星観察のチャンス(^_-)-☆
<はな>=^_^=秋の上空気流は落ち着がないが、火星の南中高度が高いので問題然程無いニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U前回大接近時と違って火星表面に大砂嵐が発生していないのでチャンスだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 21 :24 | 太陽系・月 | コメント(0 )

2020 年9 月29 日

9/29薄雲越し太陽Hα像

9/29,14時過ぎ、薄雲越しの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※朝から晴れてはいたが雲も多くタイミング合わないまま昼が過ぎた。14時を回ってようやく薄雲越しに太陽を捉えることはできた。薄雲のため背景ムラが生じ見苦しい画像になってしまった。これも記録ということでご容赦を。
2773活動域(画面上の破線赤丸)と南半球の小黒点(右の点線赤丸)はいずれも消えているらしい。少しでも雲が薄く太陽光がはっきりする時を狙っていたので可視光像まで撮る余裕無く、可視光による確認はできなかった。これとは別に中央南に新たな小黒点発生(画面中央下の破線赤丸)とのことだったが、これも確認できず未詳。/周縁の紅炎は、彼方此方小規模な噴出あるようだが薄雲に阻まれ詳細不明。一時は今日の観察諦めようかと思ったほど。
↓全体像(カラー1)↓14h13m

↓同(白黒)↓

上破線赤丸=2773黒点活動域付近/点線赤丸=小黒点の活動域:いずれも消滅?中央下の破線赤丸は新たな小黒点が生まれた辺り?
↓Hα全体像(カラー2)↓

↓同(疑似カラー)↓

↓北東側2773活動域↓

↓南西側、新黒点(左破線赤丸)と昨日の新小黒点付近(右点線赤丸)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓


【データ】9/29太陽Hα/2020年9月29日14時13分(1/40sec,48%)/LumixG7(ISO400,4K,MP4,30fps,18秒)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/片持ちフォーク赤道儀@南砺市中ノ江
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!昼までには観察できるだろうと高をくくっていたが、午後にずれ込み薄雲越しとなってしまった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=タイミングが合わなかったから仕方ない。何とか観察できたから吉としなければニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U結果的には、無理して観察するほどでも無かった。でも、記録として残すことにしたワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα(+ときどき可視光)像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23 :18 | 太陽系・月 | コメント(0 )