2016 年7 月28 日

ASI1600MC試写・4(NGC6992,6960網状星雲)@自宅

ASI1600MC_Cool試写その4:7/24晩、網状星雲↓NGC6992↓

↓NGC6960↓

撮影時は月明に加えて薄雲が広がり透明度悪く、天頂付近が比較的マシな感じだったので、無謀にも網状星雲をステラショットで導入した。肉眼では白味を帯びた淡い水色の空(=星殆ど見えず)で、山勘導入は端から無理な状態だった。
AVI形式ファイルから初期処理後の静止画では、水色の空に星が写っているだけの状態で「この辺りに網状星雲が写っている筈」という心眼で見て、辛うじて痕跡を無理やり見い出せる状態だった。フォトショへ移り、レベル調整やトーン補正等を繰り返してやっとここまで到達した。拙い処理術も問題だが、(月明よりも)総露光量不足と透明度不良(大気中の水蒸気による吸収)等も災いしていると思う。
【データ】MGC6960網状星雲 FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Observer=K-Yo/Scope=WO-Star71/Camera=ZWO ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=DSO/Filename=DSO_233043.avi
Date=240716/Start(UT)=142542.629/Mid(UT)=143043.324/End(UT)=143544.019/Duration=601.390s
Frames captured=40/File type=AVI/Extended AVI mode=true/Compressed AVI=false
Binning=no/ROI=4656x3520/ROI(Offset)=0x0/FPS (avg.)=0/Shutter=15.0s/Gain=300 (50%)/AutoExposure=off/HardwareBin=off/Brightness=1/AutoHisto=75 (off)/TargetTemp=-5/HighSpeed=on/Gamma=70/USBTraffic=100/WRed=52/SoftwareGain=10 (off)
WBlue=95/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255/Histogramm=100%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=600 Seconds/Sensor temperature=-5.0 °C/Seeing=2/5
==================================================================================================
HomePage(Nifty)なんと!-e星空ハナのWeb天文台/大きめ画像blog→はなのWeb天文台【New】Twitter

投稿者:龍吉at 11 :08 | 星雲・星団 | コメント(0 )

2016 年7 月27 日

ASI1600MC試写・3(M27亜鈴星雲)@自宅

ASI1600MC_Cool試写その3:7/24晩、M27亜鈴星雲↓

↓中央部等倍トリミング↓

見た通りザラツキが目立ち、解像度よろしくない。撮影数(総露光量)少ないからだろう。月明かりに加えて薄雲越しの撮影だったことも影響している。薄雲のため輝星に滲みが生じている。/このCCDカメラは、OLYMPUS OMD_EM1と同じ撮像素子?とのことらしい。ピクセルノイズについては、ダーク処理込みで撮影し、冷却による効果も期待している。/何よりも不慣れで手探り状態を解消するのが先決なようだ。これからしばらく月明りの影響を受けにくくなるので、星夜にはより長焦点にチャレンジしたい。
撮像時の↓FireCapture画面↓

導入時の↓ステラショット画面↓

【データ】M27亜鈴星雲 FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Observer=K-Yo/Scope=WO-Star71/LX200Mount/Camera=ZWO ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=DSO/Filename=DSO_231712.avi
Date=240716/Start(UT)=141206.405
Mid(UT)=141712.099/End(UT)=142217.794/Duration=611.389s
Frames captured=41/File type=AVI/Extended AVI mode=true/Compressed AVI=false
Binning=no
ROI=4656x3520/ROI(Offset)=0x0/FPS (avg.)=0/Shutter=15.0s/Gain=285 (47%)/AutoExposure=off/HardwareBin=off/Brightness=1/AutoHisto=75 (off)/TargetTemp=-5
HighSpeed=on/Gamma=60/USBTraffic=100/WRed=52/SoftwareGain=10 (off)/WBlue=95/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255/Histogramm=100%/Noise(avg.deviation)=n/a
Limit=600 Seconds/Sensor temperature=-5.0 °C/Seeing=2/5
==================================================================================================
HomePage(Nifty)なんと!-e星空ハナのWeb天文台/大きめ画像blog→はなのWeb天文台【New】Twitter

投稿者:龍吉at 12 :47 | 星雲・星団 | コメント(0 )

2016 年7 月26 日

7/24未明、ASI1600MC試写(M45すばる)@自宅

7/24未明、薄雲越しに撮影した↓M45プレヤデス星団(すばる)↓

月明かりと薄雲に邪魔されたが、(ASI1600MC-Coolを使って)強引に今季初のM45すばるを撮影した。15秒露光×20枚程度では完全に総露光不足で、星間ガスが殆ど写っていない。とりあえず何とか撮れました程度の画像。OMD_EM1と同じ撮像素子ということだが、(冷却効果か?)それほどノイズは無さそうな気がする。なお、ダーク処理込みで撮像している。
【データ】M45プレヤデス
------------------------------------
Observer=K-Yo/Scope=WO-Star71/Camera=ZWO ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=DSO
Date=240716/Start(UT)=145722.245/Mid(UT)=150222.571/End(UT)=150722.898/Duration=600.653s
Frames captured=40/File type=AVI/Extended AVI mode=true/Compressed AVI=false
Binning=no/ROI=4656x3520/ROI(Offset)=0x0
FPS (avg.)=0/Shutter=15.0s/Gain=300 (50%)/AutoExposure=off/HardwareBin=off/Brightness=1
AutoHisto=75 (off)/TargetTemp=-5/HighSpeed=on/Gamma=70/USBTraffic=100/WRed=52/SoftwareGain=10 (off)/WBlue=95/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255/Histogramm=100%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=600 Seconds/Sensor temperature=-5.0 °C/Seeing=2/5

==================================================================================================
HomePage(Nifty)なんと!-e星空ハナのWeb天文台/大きめ画像blog→はなのWeb天文台【New】Twitter

投稿者:龍吉at 11 :58 | 星雲・星団 | コメント(0 )

2016 年7 月25 日

7/25未明、ASI1600MC試写(月齢20.2)@自宅

7/24晩、雲間から撮影↓月齢20.2↓画面上が南(望遠鏡視野と同じ逆像にしてある)

(またも繋ぎ目が、、orz)↓同、月面南半分↓

↓同、月面北半分↓

↓撮影中のFireCapture画面↓

星雲・星団がメインターゲット?のASI1600MCカメラで月を撮ってみた。撮像素子はフォーサーズ規格(135フルサイズの半分)なので、fl=1000?程度で月が1枚に収まることになる。C11に×0.75レデューサーかませてもfl=2100?では一枚に入りきらないため、南北方向に分割して月を撮った。それぞれ動画モード撮像した約200コマを半分捨てて約100コマから一枚の静止画に合成した。/次はfl=1000?級の直焦点で試してみたい。でも、このカメラは、やはり星雲団が主目的だと思う。
【データ】月齢20.2 FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Observer=K-Yo/Scope=C11/Camera=ZWO ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=Moon
Date=250716/Start(UT)=165044.730/Mid(UT)=165143.099/End(UT)=165241.469/Duration=116.739s
Frames captured=213/File type=AVI/Extended AVImode=true/Compressed/AVI=false
Binning=no/ROI=4656x3520/ROI(Offset)=0x0/FPS(avg.)=1/Shutter=1.500ms/Gain=150(25%)/USBTraffic=100/WBlue=95/HardwareBin=off/Gamma=60/WRed=52/HighSpeed=on/TargetTemp=-5/AutoExposure=off/AutoHisto=75 (off)
Brightness=1/SoftwareGain=10 (off)/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=222
Histogramm=87%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=3000 Frames/Sensor temperature=-5.0 °C
==================================================================================================
HomePage(Nifty)なんと!-e星空ハナのWeb天文台/大きめ画像blog→はなのWeb天文台【New】Twitter

投稿者:龍吉at 12 :32 | 太陽系・月 | コメント(0 )

2016 年7 月24 日

7/23晩、火星と土星@黒部

7/23晩、全国同時七夕講演会2016が黒部吉田科学館であった。併せて行われた星空観察会場で撮影した。↓火星↓

↓土星↓※同じ望遠鏡での撮影なので、両者の見かけの大きさを比較できる※

あいにく雲に邪魔された星空観察会は十分にできなかったが、開始前の準備中に晴れ間から見えていたので何とか両惑星の撮影はできた。メラメラ状態で仮処理中も半ば諦め気味だったが、意外と本体模様が浮かび上がって来て驚いた。/星空観察会では、撮影した動画と仮処理した惑星画像を見ていただいた。
↓現場で仮処理した火星画像↓

↓同、土星画像↓

星空観察会では、生の星や惑星を自分の目で見ていただくことが第一とは思うが、今回のように天気などに阻まれた場合の対策の一つとして、惑星動画は有効と言えそうである。白黒動画だが、大気の乱れで画像が揺れる様子が分かり臨場感を伝えられたようだ。その動画を(仮処理して)カラー静止画にした火星や土星の姿を見せると「おおっ!」と驚きの声が上がった。/生の星ではないが、PCモニター像を複数人数が同時に見られるのも利点と言える。
【データ】土星 FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Observer=K-Yo//Scope=Mead178MC/Camera=ZWO ASI224MC/Filter=RGB/Profile=Saturn/Diameter=17.67"
Magnitude=0.30/CMI=311.6° CMIII=160.9° (during mid of capture)
FocalLength=9100mm/Resolution=0.08"/Filename=Sat_202952.avi/Date=230716/Start(UT)=112802.437/Mid(UT)=112952.169/End(UT)=113141.901/Duration=219.464s
Frames captured=10000/File type=AVI/Extended AVI mode=true/Compressed AVI=false/Binning=no/ROI=632x412/ROI(Offset)=352x296
FPS (avg.)=45/Shutter=22.93ms/Gain=350 (58%)/Brightness=1/AutoHisto=75 (off)/USBTraffic=100/HardwareBin=off/WRed=52/WBlue=95/SoftwareGain=10 (off)/HighSpeed=off/Gamma=70/AutoExposure=off/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=50
Histogramm=19%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=10000 Frames/Sensor temperature=31.9 °C
==================================================================================================
HomePage(Nifty)なんと!-e星空ハナのWeb天文台/大きめ画像blog→はなのWeb天文台【New】Twitter

投稿者:龍吉at 16 :54 | 太陽系・月 | コメント(0 )