|1/90ページ | 次の20件 >>

2018年5月16日

透明度最悪下のアンタレス付近

5/15,PM2.5の影響で透明度極悪状況下で強行撮影した↓さそり座アンタレス付近↓

↓合成に使用した1枚(アンタレス上部)↓

↓合成に使用した1枚(アンタレス下部)↓

↓2016年3/16に撮影した同付近↓

※カメラもレンズも異なるので一概には言えないが、透明度の影響は大きい。5/15晩はあまりにも酷すぎた。゚(゚´Д`゚)゚
【データ上3枚】アンタレス付近/2018年5月15日23時25分〜(120秒40枚)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
【データ一番下】アンタレス付近/2016年3月16日3時5分〜(60秒×39枚DSSスタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/Nikkor105mm,F2.5→F4/高橋P型赤道儀放置追尾@自宅星見台前

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 15:42 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年5月9日

4年前同期、水面に星空、夏の銀河

今年のGWは、何かとドタバタしている内に天気にもタイミング合わないまま過ぎ去った。周囲の圃場も早生品種は田植えが終わり、コシヒカリ等の中生晩生品種へ移行中。>で、月明かりの影響もあり、今年も水面に映る星空はお預けとなった。
--------↓以下、4年前の記事から↓------------------------------------------------------------
5/8未明、上弦の月が沈み、夏の銀河がくっきり姿を見せ、さそり座やいて座の星影が田圃の水面に映っていた。↓水面に星空、夏の銀河↓

↓同、星座線入り↓

↓同、別画像↓(※夏の銀河も水面に反射している)

田圃の水面をよく見ると、夏の銀河も映っていた。透明度は前日(6日)晩の方が抜群に良かったが、7日の方が風があまりなく水面が落ち着いていたので確認しやすかったのだろうと思う。
【データ】2014年5月8日2時31分〜(40秒露光)/Zeniter16mmFisheyeF2.8絞り開放/D700(ISO3200,RAW)/三脚固定@自宅

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:01 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年4月30日

実写版>5月の星空

5月15日だと23時半頃の南の空(上旬は24時半頃、下旬は22時半頃)/2年前は火星が居たが、今年は代わりに木星が居る。

1(火)月が木星へ接近/2(水)八十八夜/3(木)憲法記念日/4(金)みどりの日/5(土)月が土星へ大接近、こどもの日、立夏/6(日)月が火星へ接近/8(火)下弦/9(水)木星が衝/15(火)●新月/22(火)上弦(月面X)/27(日)月が木星へ接近/29(火)○満月/31(木)月が土星へ接近
--------------------------------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2018を参考にしました※

【データ】さそり座/2016年6月26日21時11分〜(30秒×130枚スタック)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/琢磨28mmF3.5→F4/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:06 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年4月15日

お隣同士の球状星団M12,M10

以前M12を投稿した際、すぐ近くに同じく球状星団M10が居ると書いた。どれぐらい近いの?ということで↓4/13未明EOS6D&fl=400mmで撮影(右上:M12/左下:M10)↓

↓同、別処理↓

(※雲間からの撮影となり、星像が雲に滲んでしまっている orz)
見かけ上は5cm,7倍の双眼鏡でM12,M10を同一視野に見ることができ、宇宙空間でのM12とM10の実距離は3,700光年ということなので、すぐ隣の球状星団ということになる。
↓同、C9.25(fl1763mm)&ASI1600MCで3/13に撮影したもの(掲載済)↓

【データ上2枚】右上M12/左下M10/2018年4月13日0時12分〜(30秒20枚)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW)/BORG100ED(fl=400mm)/LX200赤道儀改ステラショット制御STV自動ガイド@自宅星見台HANA
【データ下】M12/2018年3月13日3時6分〜(40秒21枚)/ASI1600MCC(-10℃,Gain12/25,Gamma5/10,TIF)/C9.25+0.75RC(fl=1763mm)/NJP赤道儀改ステラショット制御CMOS_Cap撮像&自動ガイド@自宅星見台HANA

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:04 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年4月1日

捉えた!国際宇宙ステーション月面通過@朝日町-2

3/31未明、ISS国際宇宙ステーションの月面通過その2<動画編>↓YouTubeより↓

再生開始後7秒辺りで画面右上(北西方向)→左下(南東方向)へISSの黒い影がサーっと通り過ぎる。>通過後の20秒余は退屈な月齢13.1の月なのでパスしてください(^_^;)
このAVI動画からISS通過部分の20コマを静止画として切り出し比較暗合成した画像(前回投稿済み)の等倍トリミング画像(600x400)↓
↓通過開始時↓

↓同2↓

↓同3↓

同4通過終了↓

毎秒30コマ動画のうち、ISSの影が写っているのは19コマなので、単純計算して0.6秒余で月面の前を横切っていったことが分かる。なお、10倍程度のファインダーでも目視確認可能。(蚊がサーっと通り過ぎる感じです)
【データ】3/31未明ISS月面通過(AVI動画より)/2018年3月31日0時33分39秒辺りの20コマより作成/ASI178MM(Gain150,Gamma65,Shutter0.482ms,30fps)/PENTAX105EDHF(fl=540mm)/EM10赤道儀@下新川郡朝日町

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:05 | 星空・星座 | コメント(0)

実写版>4月の星空

4月15日だと23時半頃の東南の空(上旬は24時半頃、下旬は22時半頃)

上旬:火星と土星が大接近/1(日)水星内合/2(月)火星と土星最接近/3(火)月が木星へ最接近/8(日)下弦/16(月)●新月/23(月)上弦/29(日)昭和の日/30(月)振替休日/水星西方最大離角/○満月が木星へ接近
--------------------------------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2018を参考にしました※

【データ】2015年4月18日23時45分(30秒露光1枚画像)/富士X-T1(ISO1600,RAW)/SAMYANG14mmF2.8開放絞り/三脚固定@ベランダ

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:23 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年3月28日

火星、M20,M8から離脱中

本日3/28未明(というより薄明始まる頃)のいて座方向。この夏大接近することで知られる火星がいて座の天の川を東進している。画面右端のM20三裂星雲とM8干潟星雲の脇をすり抜け(離れ)ていた。その両者をギリギリ(というか無理やり)fl=400mmの写野に収めた。【言い訳】fl=300mm位に留めて写野を広めればよいものを、カメラと望遠鏡の付け替えが面倒くさくて、、つい。(^_^;)↓

左端:火星 / 右端上:M20三裂星雲 / 同下:M8干潟星雲
↓同、別処理画像↓

【データ】右下M8干潟星雲、右上M20三裂星雲を離れる火星(左端)/2018年3月28日4時22分(60秒20枚)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW→TIF)/BORG100ED(fl=400mm)/LX200赤道儀改@STVガイド@自宅星見台HANA

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:03 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年3月9日

3/4球状星団M13

前回同様、3月4日未明に月明かりの中で強行撮影したヘラクレス座の球状星団M13↓前回投稿のM3よりは明るく大きい。しかも南中時にはほぼ天頂付近まで上り詰めるので国内では比較的条件が良い状態で観察できる。

↑周囲トリミング↓等倍トリミング↓

↓同、別処理↓
続きを読む...

投稿者:龍吉at 22:17 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年2月28日

実写版>3月の星空

3月15日だと21時半頃の天頂〜南天付近(上旬は22時半頃、下旬は20時半頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
上旬:水星と金星が大接近/2(金)◯満月/4(日)水星と金星最接近/6(火)啓蟄/9(金)下弦/中旬:火星がM8,M20へ大接近/16(金)水星東方最大離角/17(土)●新月/18(日)彼岸の入り/21(水)春分の日/24(土)月面X/25(日)上弦/29(木)金星が天王星へ最接近/31(土)◯満月
iOS版アストロガイド2018を参考にしました※

【データ】2016年2月11日23時28分〜(30秒×4枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/PELENG8mmFisheye,F3.5→F4/三脚固定@自宅星見台HANA
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 22:07 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年2月18日

長光60で月齢9.8

天候に恵まれず、相変わらず画像更新できない状態が続く。 orz >2年前2/18にスコープテックの「長光60」で撮影した月面画像が出てきた。↓月齢9.8(全体)↓

↓南側等倍トリミング↓

↓北側等倍トリミング↓

長光60はF20(fl=1200mm)の長焦点で、オリンパスE30(4/3版)写野内に月全体が画面に収まらなかった。/それにしても解像度がよくない。そのためか?未公開のまま2年経過していた。
【データ】月齢9.8/2016年2月18日18時39分(1/40秒×34枚コンポジット)/オリンパスE-30(ISO100,JPG)/長光60MAXIアクロマート屈折(fl=1200mm)直焦点/A-R1赤道儀@自宅前
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:54 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年2月11日

4年前2/11,M82の超新星ほか

過去画像連投で失礼します。m(_ _)m>4年前2月11日記事から再掲
==============================================================================================================
冬型の天候で画像更新が停滞していることもあり、月が西に傾く時間を狙って県外脱出を強行した。夜遅く自宅を出て日付が変わる頃ひるがのへ到着、晴れ。まだ西空高く残っている月の明かりを利用して器材を出した。↓M82超新星(SN2014J)↓

5cmファインダーに取り付けたガイダー用カメラ(QHY5LII)でも微かに
M82の姿が捉えられ、超新星もちゃんと確認できた。まだそれなりの明るさを保っているようである。
【データ】2014年2月11日2時57分〜(60秒20枚スタック)/NikkorED300mmF2.8→F4/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀+5cmファインダー(QHY5LII+PHDguiding)@岐阜県郡上市高鷲町鷲見、ひるがの高原
--------<備考>同年1月31日晩のM82超新星(SN2014J)↓--------

写野中央を外しているため、像が歪になっている。また、32枚スタックしているため観察データとしての価値も無い。単にM82に超新星が写っているというだけ。
【データ】2014年1月31日24時11分〜(60秒32枚スタック)/Mead25cmF6.3SCT(fl=1600mm)直焦点/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/LX200-25赤道儀+8cmガイド鏡(QHY5LII+PHDguiding)@自宅星見台HANA
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
午前3時半過ぎに月が沈むのを待ち、彗星撮影の準備にかかった。↓ラブジョイ彗星(C/2013R1)↓

昨年晩秋の頃を思うと随分暗くなったように思う。でも、アイソン彗星消滅の穴をしっかりと埋めてくれた。
内陸性気候で放射冷却も加わり気温はマイナス10度以下。さらに時折強い風もあって我慢も限界で、近くにリニア彗星(C/2012X1)も居るのは分かっていたが、ラブジョイ彗星のみ撮影するのが精一杯で、撮影後、早々に退散した。
【データ】2014年2月11日4時7分〜(60秒19枚スタック)/NikkorED300mmF2.8→F4/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀+5cmファインダー(QHY5LII+PHDguiding)@岐阜県郡上市高鷲町鷲見、ひるがの高原
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:55 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年2月10日

5年前、冬のダイヤモンド

過去画像で恐縮です。m(_ _)m/5年前の2月、自宅前で横着撮影した「冬のダイヤモンド」↓(この時、まだ正面物置屋上に星見台ルーフは無かったことが分かる)

↓星座線入り↓

↓30秒露光×1枚画像↓

↓同、星座線入り↓

【データ】2013年2月6日22時06分〜(30露光、1枚画像)/ニコンD700(ISO2500,RAW)/ZenitarFisheye16mmF2.8→F4との中間/三脚固定@自宅
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 21:29 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年1月31日

実写版>2月の星空

↓冬のダイヤモンド↓2月15日だと22時頃の南天(上旬は23時頃、下旬は21時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
2(金)レグルス食/3(土)節分/4(日)立春/8(木)下弦の月、木星へ接近/中旬:火星とアンタレスが並ぶ/11(日)建国記念日/16(金)●新月/23(金)上弦
iOS版アストロガイド2018を参考にしました※

【データ】冬のダイヤモンド/2018年1月13日0時44分〜(30秒18枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/SAMYANG14mmF2.8→F4/P型赤道儀放置追尾@自宅前
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:54 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年1月26日

1/20未明M101回転花火

1/20未明に撮影した↓おおぐま座の系外星雲M101(NGC5457)回転花火↓(DSS一時処理後FlatAide→CS6)

↓同2(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)↓

M101(NGC5457)はおおぐま座の系外星雲で視等級は7.86等、視直径は約13'.88×13'.74(太陽や月の視直径の半分より少し小さい程度)。2011年夏に超新星が現れた。
【データ】M101回転花火/2018年1月20日1時33分〜(60秒30枚)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/C9.25+0.7レンズターボ(fl=1645mm)/NJP赤道儀ステラショット制御SS1自動ガイド@自宅星見台HANA
↓昨年5/2未明に撮影した↓系外星雲M101回転花火↓(画面上が北方向)

【データ】M101回転花火/2017年5月2日0時10分〜(120秒34枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain300,Gamma80,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(ASI120MM,PHD2)@自宅星見台HANA
★比較参考★2年前2015年4/22に撮影した↓系外星雲M101(白黒ポジ)↓

【データ】系外星雲M101(白黒ポジ)/2015年4月22日22時39分〜(L,30秒×11枚)/QHY9(-40℃,FITS)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+6cm屈折(QHY5LII,PHD2)@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:55 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年1月13日

冬のダイヤモンド

昨晩は珍しく晴れて星空が見えた。月明かりもなく好都合だったが、地元スキー場のナイター光が強烈で夜半前は自宅内で待機状態。orz
夜半に外を見るとまだ晴れていたので星見台へ。奇妙な尾で話題のパンスターズ彗星(C/2016R2)を狙うつもりだった。ところが、星見台ルーフが完全に凍てついていてびくともせず開けられない。=設置後初めての経験。昼間に解けた雪の水分が冷え込みによって開口部両面に凍り付き接着剤のようになってしまったらしい。仕方ないので彗星は諦め、庭先へ小型赤道儀を出して広角レンズで星空横着撮影↓冬のダイヤモンド↓

↓星座線入り↓緑線が「冬のダイヤモンド」

↓別処理↓(色がどぎつい画)

広角レンズ30秒なのに星が点になっていない。どうやらカメラ雲台の締め付けが緩んでいたのかも知れない。凍てつく寒さの野外であれこれ対処するだけの気力なく、結局これも諦めた。(;>_<;)
【データ】冬のダイヤモンド/2018年1月13日0時44分〜(30秒18枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/SAMYANG14mmF2.8→F4/P型赤道儀放置追尾@自宅前
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:30 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年1月2日

Web年賀2018戌2+

2018年「戌」明けましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

依頼していた旧EM200赤道儀の駆動部SS-one化改造が終わり、暮れに戻ってきた。↓


続きを読む...

投稿者:龍吉at 08:40 | 星空・星座 | コメント(0)

2018年1月1日

実写版>1月の星空

↓冬の大三角形↓1月15日だと23時頃の南天(上旬は24時頃、下旬は22時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
上旬:火星と木星が大接近/1(月)元旦、月齢13.9/2(火)水星東方最大離角、〇満月(スーパームーン)/4(木)しぶんぎ座流星群極大/5(金)小寒/7(日)火星と木星最接近/8(月)成人の日/9(火)下弦/13(土)水星と土星が最接近/17(水)●新月/20(土)大寒/24(水)月面X/25(木)上弦/27(土)東北北部から北でアルデバラン食/31(水)○満月※皆既月食※
iOS版アストロガイド2018を参考にしました※

【データ】冬の大三角/2017年12月24日1時21分〜(30秒40枚)/Nikon1V1(ISO3200,RAW→TIF)/Nikkor10mm,F2.8/GPD赤道儀(SynScan改)放置追尾@自宅星見台HANA
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:59 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年12月30日

2017天文を振り返る【11月】【12月】

【12月投稿記事から】
★彡12/22冬至の月齢4.1★彡

まだ少し明るかったが晴れ間が暗くなるまで続くとは思われず長光60アクロマート屈折望遠鏡で撮影した。
【データ】月齢4.1/2017年12月27日17時2分(1/30秒21枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/長光60(fl=1200mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA↓

★彡12/10の太陽Hα像★彡↓★12/10,9h46m全体(元画)↓

↓同(擬似カラー青緑)↓

↓全体(×1.5Drizzle)↓

↓東側↓

【データ】12/10太陽Hα/2017年12月10日9時46分(1/50秒46枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/LUNT60THa(fl=500mm)/LX200赤道儀改@自宅星見台HANA
★彡12/11ニコワンで星撮り★彡12/11未明の↓冬の大三角↓

1吋センサーCXフォーマット&ISO3200ではさすがに荒れて目も当てられない画像になった。やはり星空はフォーマット大きい方が有利だと思う。
↓流星(約マイナス1等)が入ったコマ↓

ふたご群のハシリ?と思ったが、やや輻射点方向が合わない。流星は、こいぬ座プロキオン方向、いっかくじゅう座方向から流れた。
【データ】冬の大三角/2017年12月12日0時09分〜(30秒50枚)/Nikon1V1(ISO3200,RAW→TIF)/Nikkor10mm,F2.8→F3.2/スカイメモS赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA前
↓11月↓追記へどうぞ

続きを読む...

投稿者:龍吉at 18:13 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年12月29日

2017天文を振り返る【9月】【10月】

【10月投稿記事から】
★彡10/27,28未明に撮影したぎょしゃ座の「勾玉星雲」(IC405)付近★彡
↓10/27未明BORG100EDで撮影したもの↓

画面右「?」形に見えるのが勾玉星雲IC405,その左中央の円い星雲がIC410,左上の小さいのはIC417.
★彡10/26の太陽Ha像★彡太陽周縁あちこちに紅炎が噴いており、東縁のは針葉樹が3,4本連なっているように見えた。西縁は横に広がっているのが確認できた。↓
↓10h53m東側↓

↓10h53m西側↓

↓10h53m東側等倍↓

今回から小型卓上型フォーク式赤道儀を復活させて使用開始

↓電動化改造で復活したロシア製大古フォーク式赤道儀卓上型にLUNT60鏡筒を載せた↓

↓全体画像(南から)↓

↓南西側から↓

↓電動化は余っていたEM10用純正モーターを利用した↓

★彡10/10アルデバラン食@南限界線(小松市)★彡
↓動画ファイルを元に各潜入・出現時刻を割り出したもの↓

※図中で黄色表示時刻は出現開始時刻、白色表示時刻は潜入開始時刻※
元動画は60秒間撮影のAVIデータ。fps16〜18の幅があるため、いずれも60秒間ではあるが撮影コマ数も1100コマ〜6百数十コマと幅がある。そこで、各ショットのコマ数で60秒を割ることで1コマ当たりの時間を割り出し、スタート開始後〜(出現or掩蔽開始の)該当コマまでの経過時間を調べてそれをスタート時刻に足すことで出現or掩蔽時刻を算出した。有効桁はfps16-18であることから、1/10秒とした。
最初の潜入直前03h22m〜最終出現直後の03h30mまでの1分動画8本をまとめて1本の動画(4倍速表示=再生時間2分)にしたもの↓

【データ】アルデバラン食/2017年10月10日3時22分-30分(各60秒AVI→MP4)/ZWO ASI178MM(Gain250,Gamma75,Shutter0.5ms,16-18fps,AVI)/GS200RC(fl=1600mm)直焦点/ADVX赤道儀@石川県小松市↓上の撮影に使用した望遠鏡↓GS200RC&ADVX赤道儀&ASI178MM


続きを読む...

投稿者:龍吉at 16:37 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年12月24日

12/24未明、冬の大三角

昨晩はこの時期にしては珍しく何とか星空が見える天候が未明まで続いた。冬の雲が視界を悪くする前に撮った↓冬の大三角↓(DSS,Autosave→FlatAidePro→CS6)

↓同(DSS一時処理後FlatAidePro→CS6)↓

↓同、星座線入り↓

Autosaveから処理した場合、落ち着いた感じになるものの地味で色合い出にくい難点がある。そこで、CS6段階で色彩強調してみた。/ニコワンCXフォーマットでの星野撮影は手軽でお気楽だ(インターバルタイマー機能を使うとレリーズ等不要で便利)が、APS-Cや4/3に比べて見劣りがする。
【データ】冬の大三角/2017年12月24日1時21分〜(30秒40枚)/Nikon1V1(ISO3200,RAW→TIF)/Nikkor10mm,F2.8/GPD赤道儀(SynScan改)放置追尾@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:11 | 星空・星座 | コメント(0)

|1/90ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ