|1/88ページ | 次の20件 >>

2017年4月17日

雲間のJohnson彗星(中古赤道儀SS-one化で復活)

昨夜4/16は霞と雲で透明度不良だったが雲間から星は見えた。先日SS-one化改造依頼していたEM10赤道儀が戻ってきたばかりなので、家の前へ出して試運転してみた。試運転対象は↓C/2015V2 Johnson彗星↓

画面上が北方向。彗星基準でスタックしたが殆ど移動していない。長辺方向を中心に正方形トリミング。
↓PENTAX105EDHF鏡筒を載せた改造EM10赤道儀

↓SS-one2軸コントローラ↓

↓MGEN画面(※ブレてます)

↓ステラショット画面↓

↓PoleNavigator画面↓

【データ】
C/2015V2 Johnson彗星/2017年4月17日0時28分〜(1分露光×20枚)
富士X-T1(ISO3200,RAW-Tiff)/PENTAX105EDHF(fl=540mm)直焦点
SS-one改EM10赤道儀&MGEN100ガイド
初期型EM10赤道儀は約10余年前に中古入手した。外観は塗装の剥げ・擦り傷が目立ち、駆動モーターギヤ摩耗して動かなくなった時は中古同等品を探して交換してまで使ってきた。その理由は、基本的な追尾精度が良好だったから。超焦点・長時間撮影用に自動ガイド端子まで自作した。しかし、旧式化して電脳機器による自動導入は難しいこと、何よりも部品が手に入れ難い状況になったため、駆動部分を最近のモノにすげ替え再起させることにした。
所有ケーブル端子のオスメスがコントローラと合わず自動導入実験できなかったが、極軸内蔵カメラをPoleNavigatorで問題なく作動させられ機能したし、自動ガイドも問題なかった。ケーブル端子を合致させれば自動導入も問題ないものと確信している。
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:41 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年3月31日

実写版>4月の星空

↓いて座のM8干潟星雲↓4月15日だと2時半時頃の南空(上旬は3時頃、下旬は2時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
1(土)水星東方最大離角、アルデバラン食/4(火)上弦/8(土)木星が衝/10(月)月、木星へ接近/11(火)○満月/14(金)41Pが近日点通過(7等前後)/17(月)月、土星へ接近/19(水)下弦/26(水)●新月/29(土)昭和の日/30(日)金星最大光度
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】4/6未明、M8干潟星雲周辺/2016年4月6日3時5分〜(1分露光×25枚スタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀&M-GEN100@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:11 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年3月18日

3/17シリウスB

3/17晩、シリウスの伴星(Sirius B)を狙った。↓Sirius B↓(左10時方向の小さな星)

全天一明るい主星シリウスAがあまりに眩しいため(現在、両者そこそこ離れているにも関わらず)確認に苦しんでいたが、カメラの目は正直であっさり分離できた。
↓同、別画像↓

↓同、元動画(AVI,30秒)↓

(主星シリウスAの10時方向、微かにチラついて見えるのが伴星シリウスB)
元々シリウスAとBは連星で、先に寿命が尽きたBが崩壊して白色矮星になったとされる。シリウスBの質量は太陽とほぼ同じだが、実際の大きさは地球ほどしか無いという。
【データ】シリウスB FireCapture v2.5 Settings
------------------------------------
Telescope=C9.25(fl=2350mm)/Camera=ZWO_ASI224MC/Filter=RGB/Profile=SeriusB
Filename=2017-03-17-1126_1-RGB.avi/Date=170317/Start(UT)=112522.101/Mid(UT)=112607.135/End(UT)=112652.170
Duration=90.069s/Framescaptured=1215/Binning=no/ROI=648x480/ROI(Offset)=352x336/FPS (avg.)=13
Shutter=70.43ms/Gain=275(45%)/Gamma=70/HighSpeed=off/AutoExposure=off/HardwareBin=off
Brightness=1/WRed=52/USBTraffic=80/AutoHisto=75(off)/SoftwareGain=10(off)/WBlue=95
Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255/Histogramm=100%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=90Seconds/Sensor temperature=14.0 °C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:25 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年2月28日

実写版>3月の星空

3月15日だと21時半頃の天頂〜南天付近(上旬は22時半頃、下旬は20時半頃)

1(水):月齢2.5の月が金星へ接近/5(日):上弦(月齢6.5&月面X)/12(日):〇満月/14(火):月、木星へ接近/17(金):彼岸の入り/20(月):春分の日/21(火):下弦、月が土星へ接近/28(火):●新月
--------------------------------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】2016年2月11日23時28分〜(30秒×4枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/PELENG8mmFisheye,F3.5→F4/三脚固定@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:05 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年2月27日

2/24本田-Mrkos-Pajdusakova彗星-2

2/24晩の45P/本田-Mrkos-Pajdusakova彗星その2:C9.25で撮影したもの↓彗星基準で合成(ポジ)↓

同彗星は、日付変わる前には東空高く上っており、ほぼ一晩中観察できる位置にいる。撮影した晩は雲通過に悩まされたが、天頂近くなので影響は少なくて済んだ。しかし、雲越し撮影に変わりなく、荒れたメリハリない画にしかならなかった。
↓同、白黒反転↓(小細工しても元がダメでは焼け石に水)

↓同、恒星基準で合成↓(20分余の間に彗星がこれだけ移動した)

【データ】45P/本田-Mrkos-Pajdusakova彗星/2017年2月24日21時32分〜(45秒×35枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain325,Gamma80,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:37 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年2月14日

2/3,8月面北部周辺

月面シリーズその3:北部付近の画像です↓2/3月齢6.4 by C11&ASI1600MC↓

同↓2/8月齢11.4↓by C9.25

同↓2/8,別ショット↓

※いずれも画面上が南方向(天体望遠鏡と同じ逆像)
画面真下が月の北極付近で、その上(南側)氷の海すぐ上がアルプス山脈、右隣のクレーターがプラトー。アルプス山脈の左(東側)がコーカサス山脈。そのすぐ左(東)の小さな暗部が死の海、その左上(南東側)が夢の海。さらに上(南)へ晴の海と続く。
【データ】月面北部周辺/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C11&C9.25/Camera=ZWO_ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-02-03-0835_1-RGB.avi
Date=170203/Start(UT)=083343.952/Mid(UT)=083508.611/End(UT)=083633.271/Duration=169.319s/Framescaptured=912/Filetype=AVI/ExtendedAVImode=true/CompressedAVI=false/Binning=no/ROI=4656x3520/ROI(Offset)=0x0/FPS(avg.)=5/Shutter=3.400ms/Gain=150(25%)/SoftwareGain=10(off)/Gamma=50/Brightness=1/AutoHisto=75(off)/WRed=52/WBlue=95/HardwareBin=off/TargetTemp=-25(off)/HighSpeed=off/AutoExposure=off/USBTraffic=92/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255/Histogramm=100%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=3000Frames/Sensortemperature=3.4 C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:45 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年1月31日

実写版>2月の星空

2月15日だと20時頃、南の空(上旬は21時頃、下旬は19時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
1(水):月が火星へ接近/3(金):節分/4(土):上弦、立春/6日(月):おうし座γ(3.7等)の食/9(木):シリウス伴星Bが見ごろ(10.8″位置角74.3°)/11(土):○満月、建国記念日/15(水):月が木星へ接近/17(金):金星最大輝度-4.6等/19日(日):下弦/25(土):くじら座ミラが極大2.0等、●新月
--------------------------------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】冬の大三角形/2017年1月6日22時24分〜(1/3秒×約7分間連写合成)/iPhone7plus(ISO1600,JPG,NightCapPro)3.99mm(135換算28mm)F1.8/オリジナルサイズ2048x1536,水平解像度72dpi,垂直解像度72dpi/測光方式マルチセグメント/三脚固定@自宅前
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:33 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年1月24日

12/28深夜、バラ星雲@自宅

12/28に撮影したバラ星雲↓

↓同、別処理↓

冬の空にしては透明度宜しくなく薄雲の影響で周りの輝星が滲んでいる。そのためコントラストが殆どなく眠たい原板になっており何とかごまかした。オリオン座αベテルギュウスから真っすぐにこいぬ座αプロキオンに向かって3分の1ほどのところにあり、散開星団NGC2244の周りに広がっている。
【データ】バラ星雲/2016年12月28日23時8分〜(3分露光×19枚)/EOSkissX7改(ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀&MGEN100@自宅星見台HANA

==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:09 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年1月23日

1/7未明、おおぐま座の系外星雲NGC3184

1/7未明に撮影したおおぐま座の渦巻き星雲NGC3184↓

↓同、別処理↓

NGC3184は銀河系から約4000万光年の距離にある渦巻き星雲(Face on)で、光度は10等台。見た通り、たかだか1分露光×8枚ではまるで話にならない写りに終わっている。
【データ】NGC3184/2017年1月7日0時40分〜(60秒8枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/C11+0.75RC(fl=2100mm)/NJP赤道儀、ステラショット制御&自動ガイド@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:48 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年1月20日

1/20未明、月・木・スピカ集合

昨夜1/19晩は久しぶりに星空を拝めたが、別用あった上に地元スキー場ナイター点灯も重なり夜半前は諦め、明け方に賭けて仮眠した。>午前2時半頃に目覚めたのだが、、↓月・木星・スピカ集合↓

↓同、星名入り画像↓

↓少し北へ離れたところ(画面左上)にはうしかい座αのアークトゥルスが光っている。↓

月明あるが、この辺りの星空で確認しておきたい星(後日掲載予定?)があり、仮眠&早起きした。目標天体はかなり暗く、月明なくても捉えられるか厳しいため雲がかかってきたことであっさり諦めがついた。何時になるか分らぬが次の機会を待つしかない。程なく全天雲が覆ってきたので星見台へ上がらないままで終わった↓

【データ】1/20未明、月・木星・スピカ集合/2017年1月20日2時36分(1秒1枚)/富士X-E1(ISO800.RAW)・Fujinon35mm、F1.4→F2.8/三脚固定@自宅ベランダ
===============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:04 | 星空・星座 | コメント(0)

2016年12月31日

実写版>1月の星空

1月15日だと19時頃、東の空(上旬は20時頃、下旬は18時頃)

※携帯での撮影=ノイズが気になりますm(_ _)m
--------------------------------------------------------------------------------------------------
1(日):海王星と火星が大接近/2(月):月が金星へ大接近/3(火):しぶんぎ座流星群極大/6日(金):上弦/10(火):アルデバラン食/12(木):金星東方最大離角、○満月/19(木):水星西方最大離角日/20(金):下弦、大寒/28(土):●新月
--------------------------------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】上り始めた冬の大三角形/2016年12月3日21時40分/iPhone7plus(NightCapPro)/三脚固定@自宅星見台前
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:41 | 星空・星座 | コメント(0)

2016年12月2日

11/24夕、東天を上るすばる他@自宅

先月24日夕方、東天に上り始めたすばる(プレヤデス星団)など↓(毎秒2コマ再生)

↑10秒露光23コマからパラパラ漫画風に動画化した↑↓同じ撮影コマから静止画1枚にしたもの↓

↓同、流し撮りモードで1枚にしたもの↓

赤道儀で追尾しなくても、星が流れない程度の露光を繰り返した画像を恒星基準でスタックすれば(総露光時間数分程度ならば)破綻なく星野写真として合成できる。(※広角の場合、写野周辺の歪が目立つようになる)
【データ】11/24夕、東天を上り始めたすばる/2016年11月24日18時30分〜(10秒×23枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/SAMYANG14mmF2.8開放絞り/三脚固定@自宅星見台前
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:40 | 星空・星座 | コメント(0)

2016年11月30日

実写版>12月の星空

12月15日だと17時頃、北東の空(上旬は18時頃、下旬は16時頃)

※暗くなると冬の星座が次々に東天に姿を現し、夜半には勢揃いする。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
3(土):月が金星と並ぶ/5(月):月が火星へ接近/7(水):大雪、上弦/11(日):水星東方最大離角/13(火):月がアルデバランへ接近/14(水):○満月、ふたご座流星群極大(12月5日〜20日)/21(水):下弦、冬至/22(木):こぐま座流星群極大(12月18日〜24日)/23(金):天皇誕生日、月が木星へ接近/29(木):●新月
--------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
==================================================================================================
【データ】11/24夕、東天を上り始めたすばる/2016年11月24日18時30分〜(10秒×23枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/SAMYANG14mmF2.8開放絞り/三脚固定@自宅星見台前
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:08 | 星空・星座 | コメント(0)

2016年11月22日

11/21夕方南西天(動画付き)@自宅

11/21夕方の南西天(火星、金星、アルタイルほか)↓

雲間からかろうじて星が見える程度の空で、星見台ルーフ開ける気になれず、広角レンズ付きミラーレス機を持ち出し、三脚固定で10秒露光を繰り返した。計30枚(約5分間)をDSS(恒星固定モード)で1枚にした。
さらに、この30枚の画像を使ってパラパラ漫画風動画にした。


続きを読む...

投稿者:龍吉at 18:37 | 星空・星座 | コメント(0)

2016年11月19日

11/18夕、火星と金星@自宅

11/18,天候は暗くなるまで晴天を保った。星見台南の側板にカメラを置いて半固定撮影。6秒露光を繰り返した画像をDeepSkyStacker(Bilinear)で合成したもの↓右下が宵の明星(金星)、中央上の赤っぽい星が火星↓

6秒露光×11枚=1分余の固定撮影だが、恒星で位置合わせするので星は流れず地上景色がごく僅か流れる。/画面右端を見ると、いて座付近の銀河が確認できる。
↓同じ撮影コマで恒星固定を外し=NoAlign比較明合成したもの(流し撮り)↓

No Align固定撮影(流し撮り)だと地上景色は固定されるが恒星は流れる。
↓6秒露光1枚画像↓

日周運動により恒星は常に西へ動いているが、広角レンズ10余秒程度なら点像に留めることができる。なので固定撮影で連写したものを恒星固定(恒星で位置合わせ)で合成すれば赤道儀で恒星追尾しなくても暗い星まで点像に写すことができる。つまり、赤道儀を持ち出さずに星野写真を写せる。/最新のデジ一眼は超高感度でもノイズが抑えられており、手持ち撮影でも天の川が写せるようだ。
【データ】宵の明星、火星/2016年11月18日18時39分〜(6秒露光×11枚スタック)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/Nikkor24mmF2.8→F4/カメラ半固定撮影@自宅星見台HANA
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:49 | 星空・星座 | コメント(0)

2016年11月13日

11/12夕、月齢12.6の月@自宅

週末11/12夕、月齢12.6の月↓(望遠鏡視野に合わせ逆像表示)

C11にAPS-C版カメラでは月がはみ出すため、月面を5つに分け其々20余コマずつ撮影&Registaxでコンポジットした5コマをMicrosoftICEで1枚に合成した。
↓撮影に使用した望遠鏡C11&NJP↓

せっかくの週末晴天なのに満月近い月が眩く星空から糠星を消し去っていた。大気の透明度も今一つ宜しく無いようだ。だが、この時期にしては貴重な晴天、贅沢は言ってられない。そのまま星見台に留まった。
【データ】月齢12.6/2016年11月12日18時48分〜(1/180秒93枚ICE合成)/富士X-T1(ISO200,JPG)/C11+0.75RC(fl=2100mm)直焦点/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:00 | 星空・星座 | コメント(0)

2016年11月9日

11/8未明、馬頭星雲@自宅

11/8未明。平日なれど休みだったので星見台へ。久しぶりに主砲BKP300&EQ8赤道儀で撮影した↓馬頭星雲

【データ】馬頭星雲/2016年11月8日1時0分〜(90秒×18枚スタック)/ASI1600MCC(-25℃,AVI→TIF)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+BORG50mm(ASI120MM,PHD2)ステラショット制御&FireCapture@自宅星見台HANA
この晩、初めてEQ8(BKP300),NJP(C11),LX200(WO-Star71)の3台同時運用を試みた。↓BKP300,F5反射&EQ8赤道儀↓


続きを読む...

投稿者:龍吉at 18:40 | 星空・星座 | コメント(0)

2016年11月3日

11/2夕。金、土、月が横並び

11/2夕方。南西天低空に金星、土星、月が横並び↓

月の地球照もかろうじて分かる。>もう少し早い時間帯で高度がある内に望遠鏡で狙えばよかった。
↓文字入り↓

星見台からは見られなくなっていたのでカメラだけ持って自宅横の県道脇で手持ち撮影した。そのため原板では僅かにブレが分かる。(´;ω;`)
【データ】金、土、月(地球照)横並び/2016年11月2日18時0分(1秒1枚)/富士X-T1(ISO3200,RAW)/FUJINON35mmF1.4→F4/半固定手持ち撮影@自宅周辺
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 02:48 | 星空・星座 | コメント(0)

2016年10月31日

実写版>11月の星空

11月15日だと17時半頃、南西の空(上旬は18時頃、下旬は17時頃)

※晩秋は日暮れも早くなるため、暗くなり始めた南西空に夏の天の川がまだ残っている。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
3(木):文化の日。月、金星、土星が並ぶ/6(日):月、火星へ接近。おうし座南流星群極大(期間10月15日〜11月30日)/7(月):立冬/8(火):上弦/13(日):おうし座北流星群極大(期間10月15日〜11月30日)/14(月):○満月(スーパームーン)/15(火):ヒヤデス星団の食/16(水):アルデバラン食/17(木):しし座流星群極大(期間11月5日〜11月25日)/19(土):ふたご座74番星(5.0等)の食/21(月):下弦/22(火):小雪/23(水):勤労感謝の日/24(木):水星、土星が接近/25(金):月、木星へ接近/29(火):●新月
--------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
==================================================================================================
【データ】【データ】2016年10月24日18時34分〜(30秒×8枚スタック)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/SAMYANG14mm,F2.8→F4/スカイメモS放置追尾@自宅星見台前
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:03 | 星空・星座 | コメント(0)

2016年10月29日

10/27深夜、M1カニ星雲@自宅

10/27深夜、東空高くなったM1カニ星雲を撮影した↓(DSS→Photoshop)

↓撮影した36コマをDeepSkyStackerでスタック処理後、Registaxへ通してみた↓
DSS→Registax→Photoshop(1)
DSS→Registax→Photoshop(2)
原画は砂粒をまぶした様にザラザラ=強調し過ぎたらしい。(;´・ω・)相変わらず画像処理は試行錯誤状態が続いている。
↓撮影中のステラショット画面↓

【データ】M1(カニ星雲)/2016年10月27日23時20分〜(2分露光×36枚スタック)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/C11+0.75RC(fl=2100mm)直焦点/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(QHY5LII)ステラショット制御&自動追尾修正@自宅星見台HANA
==================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:16 | 星空・星座 | コメント(0)

|1/88ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ