|1/96ページ | 次の20件 >>

2021年4月5日

4/5太陽Hα&可視光像

4/5,16時前の太陽Hα&可視光像※4/4は天候不良で欠測※画像クリックすると別窓に拡大表示します※北西側にポツンと2813黒点が登場。南東側にも番号付かない微小黒点とのことだが小口径可視光像では判別不能。/周縁の紅炎で比較的明るいのは南縁の噴出で、東縁にも背の低い広がった噴出あり。他にも淡く小さいのが彼方此方噴いていたが、どれも目立たない。
↓Hα全体像(カラー1)↓15h45m

↓可視光全体像(白黒)↓15h57m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

【データ】4/5太陽Hα
2021年4月5日15時45分(1.7ms,75%)
ASI178MM(Gain100,Gamma50,ROI2200x2080,SER,24fps,500コマ)
LUNT60THa(fl=500mm)
AR-1赤道儀@自宅前

【データ】4/5可視光太陽
4月5日15時57分(1.2ms,75%)
ASI178MM(Gain25,Gamma50,ROI2200x2080,SER,24fps,500コマ)
TS65mmセミアポ屈折(fl=500mm)/他はHα像と同じ
北西側等倍(可視光)

↓北東側等倍(Hα白黒)↓

↓北西側等倍(Hα白黒)↓

↓南東側等倍(Hα白黒)↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

今回は野外でCMOSカメラ(178MM)を使ってみた。ノートPC画面が見辛いのが難点>同焦点アイピース作ったので次回から多少は役に立つかなあ?>but,安全のため目視は最小限に留め、努めてPC画面でピント確認する。慣れれば時間かからないので、中古でくたびれた内臓バッテリーでも問題なさそう。
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!今回の試行で、CMOSカメラ野外実用化の目処がたった。明るくて画面見辛いのが最大の難関(^_-)-☆
<はな>=^_^=野外でのPC利用は何かと煩わしい。なるべく時間と手間をかけずに運用できたらいいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U写野がミラーレス4/3よりも狭いのも問題だ。大きな紅炎噴出を捉えられない恐れがあるワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα(+ときどき可視光)像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 22:30 | 星空・星座 | コメント(0)

2021年4月1日

実写版>4月の星空案内

魚眼星空↓(4月上旬は4時頃、中旬は3時頃、下旬は2時頃)

-----------------------------------------------------------------------------
4(日)下弦/12(月)●新月/17(土)月が火星へ接近/19(月)月面X/20(火)上弦/22(木)こと座流星群/27(火)◯満月(ピンクムーン)/29(木)昭和の日
-----------------------------------------------------------------------------
AstroArts社「星空年鑑2021」を参考にしました※
=============================================================================
【データ】2020年4月3日3時58分(30秒1枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW-TIF)/MEIKE6.5mm,FishEye絞りF2→F4の中間/雲台固定@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!17日、火星と月が大接近する。(アフリカ、インド、東南アジアで火星食)(^_-)-☆
<はな>=^_^=まだ西空に見えるとはいえ火星は小さくなってしまっているのが残念だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U明け方の木星ではガリレオ衛星相互の掩蔽等の現象が始まっている、そうだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 02:39 | 星空・星座 | コメント(0)

2021年3月1日

実写版>3月の星空案内

魚眼星空↓(3月上旬は20時頃、中旬は19時頃、下旬は18時頃)

-----------------------------------------------------------------------------
上旬:火星とプレアデス星団・ヒアデス星団が接近/4(木)火星とプレアデス星団が最接近/6(土)下弦/8(月)小惑星ベスタが衝(しし座6.2等)/13(土)●新月/20(土)月と火星が最接近、春分の日/21(日)上弦、火星とアルデバラン(αTau)が最接近/29(月)◯満月-----------------------------------------------------------------------------
AstroArts社「星空年鑑2021」を参考にしました※
=============================================================================
【データ】2020年2月20日20時52分〜(30秒244枚比較明)/富士XE1(ISO3200,RAW-TIF)/MEIKE6.5mm,FishEye,F2.0→F4の間/三脚固定@自宅星見台前
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!5日、水星と木星が接近する。10-11日、明け方の空に月・水・木・土が集合する。(^_-)-☆
<はな>=^_^3/23夕暮れの空で、月齢10の月によるふたご座κ(6.2等)星食があるニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U上旬は、明け方の空に3惑星が集まるワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:03 | 星空・星座 | コメント(0)

2021年2月4日

5年前2/3晩、星見台ルーフから

本日2/4早朝は晴れており下弦の月が真南に見えていた。が、寒さにめげて再び布団の中 orz/天気良かったのは日が昇り始める頃まで。以降、どんどん天候悪化し、氷雨・雪混じりの悪天候の1日だった。>ということで5年前記事から↓
---------5年前2/3晩の星見台ルーフ(静止画)----------

↓同、星座線入り↓

ルーフ全開に近い状態で星見する機会は殆どない。その理由は防風対策というよりは、寒いから(*´∀`*)
----------2/3晩の星見台ルーフ静止画その2----------

↓同、星座線入り↓

画面右に冬のダイヤモンド、左に春の星座しし座が上り始める。
【データ】星見台ルーフ内から/2016年2月3日22時7分(30秒×1枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/PELENG8mmFisheye,F3.5→F4/三脚固定@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!寒いとついつい星見台へ上がる気力が失せがちになる。=モチベーション上がらない。orz(^_-)-☆
<はな>=^_^=その星見台で一番稼動率高いのはLX200改造フォーク赤道儀(と小口径屈折鏡)。手軽なzモノが一番だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U冬は天候悪い上に星見台までの雪が障害になる。加えて(ワンコは問題にしないけど)凍てつく寒さだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:18 | 星空・星座 | コメント(0)

2021年1月31日

実写版>2月の星空案内

魚眼星空↓(2月上旬は21時頃、中旬は20時頃、下旬は19時頃)

(水色線:星座線/黄線:冬の大三角/緑線:冬のダイヤモンド)
-----------------------------------------------------------------------------
3(水)立春/4(木)おとめ座95番星の食/5(金)下弦/8(月)水星内合/11(木)建国記念の日/12(火)旧正月、●新月/18(木)雨水/19(金)月面X/20(土)上弦/23(火)天皇誕生日、ふたご座52番星の食/27(土)〇満月
-----------------------------------------------------------------------------
AstroArts社「星空年鑑2021」を参考にしました※
=============================================================================
【データ】2021年1月13日21時58分〜(30秒51枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW-TIF)/MEIKE6.5mm,FishEye絞りF2〜F4の中間/三脚固定@自宅前
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!このほか下旬は夕方の西空で火星がすばる(M45)に近付く。(^_-)-☆
<はな>=^_^ここ数年シリウス伴星B(8.5等)が主星から離れておりチャンスだニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uシリウスと言えばカノープスが宵にかけて南超低空を通過する時期だワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:12 | 星空・星座 | コメント(0)

2021年1月16日

1/13冬の星空(全周魚眼)

連休寒波後、穏やかな天気が続いたお陰で周囲の積雪はほぼ半減した。と、喜んでいたら、朝から氷雨、午後からは霙混じりの天候となり、次の寒波がやって来そうな悪寒。大したことなければ良いが、、ということで、1/13晩に横着撮影した画像↓
↓冬の星空(全周魚眼)↓

1/13晩は、連休寒波がひと段落し、珍しく星が見えた。昼の間に星見台ルーフの雪も除去したのでルーフを開けることもできた。が、寒さ(零下でない)にめげ、「黄砂で透明度が悪い」「雲通過が気になる」などと理由をつけて星見台へ上がる気力は端から無く、カメラと三脚だけ持ち出しての横着固定撮影で終わった。=カメラと三脚だけ玄関前に置き去りにして撮影中は部屋に逃避していたので「横着撮影」。
↓同、星座線入り↓

水色線:星座線/黄線:冬の大三角/緑線:冬のダイヤモンド
【データ】2021年1月13日21時58分〜(30秒51枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW-TIF)/MEIKE6.5mm,FishEye絞りF2〜F4の中間/三脚固定@自宅前
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!黄砂(PM2.5?)が気になる季節となった。厳冬期の貴重な晴れ間なのに黄砂で空の透明度不良なのは残念!(^_-)-☆
<はな>=^_^=地元スキー場ナイター営業の強烈な明かりも邪魔する。晴れても夜半前の星見は厳しいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U雪が降る晩は星見出来ないのでスキー場ナイター営業とバッティングしないが、たまに晴れると困るワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:49 | 星空・星座 | コメント(0)

2021年1月2日

実写版>1月の星空案内

↓昨年10/21未明の全天魚眼星空↓(1月上旬は21時頃、中旬は20時頃、下旬は19時頃)

-----------------------------------------------------------------------------
1(金)元旦/2(土)地球が近日点通過/3(日)しぶんぎ座流星群極大/6(水)下弦/11(月)成人の日/13(水)●新月/21(木)火星と天王星が最接近、上弦/24(日)水星東方最大離角、土星が合/29(金)◯満月、木星が合
-----------------------------------------------------------------------------
AstroArts社「星空年鑑2021」を参考にしました※
=============================================================================
【データ】2020年10月20日25時30分〜(30秒40枚)/富士XE1(MEIKE6.5mm,FishEye絞り2-4との中間)/三脚固定@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!2021年は「星空年鑑2021」を参考にさせていただくことにします。(^_-)-☆
<はな>=^_^今年はスーパームーン皆既月食、ペルセウス座流星群、金星食が目玉か?ニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U昨年は火星接近が一番印象に残ったが、今年は何になるかなあ?たくわくするワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:12 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年12月29日

2020(子)を振り返る>9,10月

10月上旬(正確には10/6)この夏から接近中の火星が地球最接近を迎えた。
(>以下、今年の火星接近の概要については、↓このページ一番下へ書きます↓)
★★★【10月】の火星(抜粋)★★★
↓【12/27】UT1223−1230,×3ShotDerotation↓

↓UT1325↓

↓【10/26】UT1223−1230,×3ShotDerotation↓

↓UT1230↓

↓【10/20】UT1259-1305↓x3Derotation↓

↓UT1259↓

↓【10/19】UT1241−1244,×2Derotation↓

↓UT1241↓

↓【10/15】衝の日UT1336-1343DR↓

火星は外惑星でありながら地球との位置関係から
一部影になって見えない箇所が生じる。

衝の日の火星は地球−太陽とほぼ一直線上に並ぶ
ため満月と同じ状態=まん丸になっているのが
分かる。

※DR=Derotation
複数のショットを撮影していると自転で火星像に
ズレが生じるため、複数ショット中央値(時刻)に
統一して惑星像を合成する=自転によるズレを
抑えられる。
↓【10/11】UT1306↓

↓UT1330↓

↓【10/10】UT1432↓

↓UT1439↓

↓【10/5】UT1347↓

↓UT1532↓

↓【10/3】UT1451↓

↓UT1448↓

↓【10/1-2】UT1625↓

↓UT1533↓

↓UT1513↓

↓UT1423↓

2年前夏の大接近ではさらに地球との距離を縮めたが、その位置がさそり座〜いて座辺りで南空低く、さらにはいよいよ大接近という時になって火星表面に大砂嵐が発生し、精細な火星像を得られなかった。今回は秋たけなわの時期の接近でジェット気流の影響が懸念されたものの、夏の太平洋高気圧が秋に入っても衰えなかった(=残暑厳しかったが上空気流が落ち着いていた)のが幸いしたこと、南中時の火星高度がかなり高く上空大気の影響を受けにくかったこと、火星表面に大砂嵐が起きなかったことなどから、2年前の大接近よりも精細な火星像を得ることができた。
↓【追記】へ続きます↓
続きを読む...

投稿者:龍吉at 19:19 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年12月22日

2020(子)を振り返る>1,2月

【2/21記事】史上初!>対日照@自宅前
はるか昔、公害(光害)の無い時代は肉眼でもちゃんと見えたらしいが、今や国内で肉眼で対日照※が見られる箇所はかなり限られるのではないかと思う。勿論自分も目視確認したことはない。(他の人が捉えた対日照の写真を見たことはあるが)自宅で写真に捉えたことも無かった。ところが、21日未明に撮った全周魚眼写真に捉えられていたことに気付いた。↓

↓対日照と思われる光芒は画面中央しし座αレグルス付近(破線〇で囲んだ中)↓

↓同、白黒画像↓対日照が分かりやすいと思う。

【データ】対日照/2020年2月20日23時17分(30秒31枚)/富士XE1(ISO3200,RAW-TIF)/MEIKE6.5mm,FishEye,F2.0→F4の間/三脚固定@自宅前
※太陽と反対方向にある宇宙塵が(満月時と同じように)太陽の光をまともに正面から受けてボヤーっと明るく見える光芒を「対日照」と言う。↓【1月】は「追記」へどうぞ↓
続きを読む...

投稿者:龍吉at 23:02 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年12月19日

冬のダイヤモンドほか

最後に星見したのは12/10夕方(木星と土星の接近)、太陽観察はその前日12/9で、以来、今日まで10日間天候に見放されたまま。orz ということで過去画像が続きます↓
-----↓冬のダイヤモンド↓-----

↓星座線入り↓

見たとおり竹ZD12-60mmF2.8(35mm換算24mm)だとちょうど冬のダイヤモンドが写野に収まる。開放絞りのため周辺減光が気になるが、星像の乱れはそれほど酷くない。(E-30の長秒露光及び高感度時のノイズがもう少し大人しければ..と、思う)
【データ】2012年12月13日23時36分(バルブ2分露光×8枚コンポジット)/オリンパスE-30(ISO800,RAW)/ZD12-60mm広角端F2.8絞り開放/高橋P型赤道儀放置追尾@自宅前
-----↓東天に上る冬の星↓-----

↓同、2011年12月6日撮影↓

【データ上】2011年12月20日20時14分〜(40秒×16枚)
オリンパスE-30(ISO640,RAW)/ZD12-60mm広角端F2.8開放絞り@自宅前
【データ下】2011年12月6日20時49分〜(30秒×224枚)比較明合成
オリンパスE-30(ISO400,RAW)/ZD12-60mmF2.8→F4/三脚固定@自宅前
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!オリンパスというと小型軽量のイメージ強いがE3やE30などはフルサイズ並みの質量があった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=同社ミラーレス機E-P1にも手を出したが長秒露光&高感度時のノイズが酷かった。夏場は殆ど使えなかったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uミラーレス機へ完全移行する頃には改善した。ズイコーレンズは元々シャープで良かったワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 22:50 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年12月18日

カシオペヤ座ペルセウス座

今日12/18は寒波一時休止?で気温が緩み、雲越しに日光が差す時間帯もあったが太陽観察できるレベルに至らなかった。orzということで、またも過去画像の再掲です↓
-----↓カシオペヤ座↓-----

↓カシオペヤ座↓(星座線入り)

※画像斜め右下が北方向※
【データ】2014年10月19日時刻不詳〜(1分露光×4枚)/Fujinon35mmF1.4→F2.8/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/ペンタックス75赤道儀ノータッチ@自宅前
-----↓ペルセウス座↓-----

↓ペルセウス座↓(星座線入り)

※画像斜め左下が北方向※
【データ】2014年10月19日時刻不詳〜(1分露光×4枚)/Fujinon35mmF1.4→F2.8/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/ペンタックス75赤道儀ノータッチ@自宅前
神話によれば、カシオペヤはエチオピアのケフェウス王の妃で、その娘はアンドロメダ姫。同姫が生贄にされかかったところを勇者ペルセウスに助けられる。/実際、これらの星座は秋空に見ごろとなる。先ずアンドロメダ座が、次いでカシオペア座とケフェウス座が揃って上り、続いてペルセウスが上ってくる。
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!季節は既に冬なのに秋の星座紹介となってしまった。画像に余裕が無いのがバレバレ orz(^_-)-☆
<はな>=^_^=しかも画像表示において北方向がバラバラ。通常は画面上が北なんだけどニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uかなり苦し紛れの様相を呈した感じ。12月中旬以降全く太陽も星も観ていないワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 21:15 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年12月9日

12/9昼過ぎ太陽Hα&可視光像

12/9昼過ぎの太陽Hα可視光像※12/8は天候不良で欠測※各画像をクリックすると等倍画像を別窓表示※可視光像で確認できるのは2790黒点だけとなったが、Hα像では2791活動域も残っているのを確認した。2790黒点すぐ傍に1本ダークフィラメント影がはっきり見えていた。周縁の紅炎で比較的目につくのは南東縁の噴出で、次いで北東や南西方向にも噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)↓13h35m

↓全体像(可視光)↓13h41m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

↓同(疑似カラー)↓

↓南西側等倍(可視光)↓

↓南西側等倍(Hα白黒)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】12/9太陽Hα/2020年12月9日13時35分(1/50sec,74%)/LumixG7(ISO400,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/片持ちフォーク赤道儀@小矢部市嘉例谷
【データ】12/9可視光太陽/12月9日13時41分(1/400sec,74%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,20秒間)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!午前中は晴れ間とタイミング合わずやきもきしたが午後になってようやく観察できて良かった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=観察達成率7/9≒78%なので先ずは上出来かと。来週は冬型本格化するらしい。困ったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U出かける時は曇雨天でも急に晴れることがある。変わりやすい天気が幸いすることもあるワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα(+ときどき可視光)像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23:28 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年12月1日

実写版>12月の星空案内

↓10/21未明の全天魚眼星空↓(上旬は23時頃、中旬は22時頃、下旬は21時頃)

-----------------------------------------------------------------------------
12月:はやぶさ2地球へ帰還予定/7(月)大雪/8(火)下弦/14(月)ふたご座流星群/15(火)●新月/20(日)水星外合/下旬:木星と土星が大接近/21(月)冬至/22(火)上弦、こぐま座流星群/24(木)月が火星に接近/30(水)◯満月
-----------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2020を参考にしました※
=============================================================================
【データ】2020年10月20日25時30分〜(30秒40枚)/富士XE1(MEIKE6.5mm,FishEye絞り2-4との中間)/三脚固定@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!新型コロナに翻弄された1年だった。第3波の動向が気になる。>丑年は如何に、、(^_-)-☆
<はな>=^_^=星空観察会にも少なからず影響があった。終息が待ち遠しいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U自分の中では火星の接近が一番記憶に残ったように思う。惑星観察に没頭した気がするワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:45 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年11月14日

11/14太陽Hα&可視光像

11/14,9時半の太陽Hαと可視光像※2781黒点(右下赤丸大)はほぼ西縁へ到達した。見かけ上、横向きになるため全容も小さくなって見える。可視光像では黒点の他に周囲に明るい部分も観察できる。2782黒点群は南東縁を移動しているためか、昨日同様さほど大きくは感じない。ただ、Hα像では活動域がそこそこの面積を占めているのが分かる。/周縁の紅炎は、南西縁の噴出が一番明るく目についた。淡いものの、北西の噴出はループが真ん中で切れたような形状、南東縁の噴出は樹木状の形をしていた。
↓Hα全体像(カラー1)↓9h25m

↓全体像(可視光)↓9h41m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

↓同(疑似カラー)↓

南東側等倍(可視光)

↓南西側等倍(可視光)↓

南東側等倍(Hα白黒)

↓南西側等倍(Hα白黒)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】11/14太陽Hα/2020年11月14日9時25分(1/40sec,80%)/LumixG7(ISO400,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA
【データ】11/14可視光太陽/9時41分(1/400sec,78%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,20秒間)/対物D5フィルター付TS65mmセミアポ屈折+1.4テレコン(fl=700mm)/他は上と同じ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!太陽活動本格化の兆しが見え始め、この時期にしては貴重な晴れの日が続き有難い。(^_-)-☆
<はな>=^_^=例年だと時雨れる日が多くなるので本当に貴重。11月後半も保つといいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U飼主は寒さが気になり始めたようだが、オイラは絶好調!毎日元気満々だワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα(+ときどき可視光)像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:44 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年11月1日

実写版>11月の星空案内

↓10/21未明の全天魚眼星空↓(上旬は25時頃、中旬は24時頃、下旬は23時頃)

-----------------------------------------------------------------------------
1(日)天王星が衝/3(火)文化の日/7(土)立冬/8(日)下弦/中旬:金星、スピカ接近/11(水)水星西方最大離角/12(木)おうし座北流星群/13(金)月、金星、水星が接近/15(日)●新月/16(月)火星が留/17(火)しし座流星群/22(日)小雪、上弦、月面X/23(月)勤労感謝の日/26(木)月が火星へ接近/29(日)海王星が留/30(月)◯満月、半影月食
-----------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2020を参考にしました※
=============================================================================
【データ】2020年10月20日25時30分〜(30秒40枚)/富士XE1(MEIKE6.5mm,FishEye絞り2-4との中間)/三脚固定@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!火星は次第に小さくなりつつあるが、11月いっぱいは観察可能。(^_-)-☆
<はな>=^_^=冬に向けて時雨れる日が多くなるので、晴れの日は貴重だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U日本海側は晴天日が減り出すため太陽観察も厳しくなるが何とか継続したいワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:20 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年10月19日

6年前、明け方の黄道光

秋は明け方の黄道光を見るのに都合がよい。↓以下6年前同期の投稿記事から↓

今朝は三日連続晴夜の疲れから?寝坊し、起きたら既に4時過ぎ。慌ててベランダから撮った東空↓木星、しし座、黄道光↓(1枚画像)

↓同、30秒露光6枚をDSSで1枚に合成したもの↓(恒星基準スタック)

↓同、30秒露光6枚をDSSで1枚に合成したもの↓(比較明固定)

木星からしし座、左下にかけて黄道光がはっきり見えた。/「写真は正直」というが、これは肉眼の方が優位と思った。
【データ】2014年10月26日4時26分(30秒露光1枚撮り)/SAMYANG14mmF2.8→半絞り/富士X-E1(ISO3200,RAW)/三脚固定@自宅ベランダ
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)そういえば今季は未だ黄道光を目撃してないなあ。9月からの天候悪過ぎた。(^_-)-☆
<はな>=^_^=毎朝、東窓から外を眺めているので黄道光も見てるはずだけど知識が伴わニャい。≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uこの時間帯は目覚めているけどニャンコが気になるのし、視力も弱いし、、黄道光って何?状態だワン。▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:22 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年10月12日

10/11UTの火星

昨夜10/11UT※の火星。最接近の6日から1週間近く経ったが、今は地球と火星がそれぞれの公転軌道を並走している状態で、それほど急に両者が遠ざかる(=火星が小さくなる)ことは無い。なので、来月にかけて観察可能な限り火星観察は続けたい。
前日10/10とよく似た状況で、上空は季節風(ジェット気流)の影響で火星像が乱されていたが、意外と細かいところまで見える瞬間もあった。輪郭全体がアメーバーのように歪む揺らぎやピンボケ方向の揺らぎが比較的少なかったことも幸いしたようだった。特に22時台辺りは落ち着いていた。23時台は雲が邪魔して見えない時間帯も多かった。
※惑星画像は天体望遠鏡で観た視野と同じ逆像表示(画面上が南、右が東)です※
↓比較的落ち付いていた22時台の撮影画像から↓時系列に並べます。
↓【1】UT1302↓

↓【2】UT1306↓

↓【3】UT1308↓

↓【4】UT1311↓

↓【5】UT1316↓

↓【6】UT1320↓

↓【7】UT1330↓

↓【8】UT1334↓

↓【9】UT1339↓

↓【10】UT1343↓

↓【11】UT1349↓

↓【12】UT1354↓

上から下へ時系列順に見ていくと、火星が徐々に左(西)方向へ自転しているのが分かると思う。ちなみに火星の自転周期は地球より約30分長いだけ。※逆像表示なので画像の上が南、右が東、左が西※
追記へ続きます。
続きを読む...

投稿者:龍吉at 22:44 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年9月9日

9/9太陽Hα+オマケ

連日似たような太陽Hα観察記録=地味な内容が続いてますが、「科学は観察記録の蓄積から」ということでご容赦を。m(_ _)m
9/9朝の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※相変わらず無黒点。周縁の紅炎も目につくような噴出は見当たらない。太陽東側(左側)は、これから我々地球側へ回って来るので気にかけるようにしている。
※後のオマケは、青空下の月。小六理科の教科書に「昼間に月が見える」という内容があるそうで。
↓全体像(カラー1)↓8h18m

↓同(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

↓同(疑似カラー)↓

↓Registax画面:北東側↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

【データ】9/9太陽Hα/2020年9月9日8時18分(1/40sec,62%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/片持ちフォーク赤道儀@小矢部市水牧
-----------【オマケ】同朝、西空に見えた下弦前の月↓----------
今の時期、明け方〜昼にかけて徐々に太陽に近づき細くなっていく月が見える。

↓無理矢理拡大↓

このあと2週間ほどすると、昼から夕方にかけて次第に太陽から離れ=徐々に太さが増していく月を見ることができる。
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!再び無黒点状態が長引いている。太陽活動どん底状態がここまで酷い事態になろうとは、、(^_-)-☆
<はな>=^_^=無黒点の太陽は○○の無い珈琲みたい。というか、好みは薄めのブラック珈琲だがニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U↑ネコが珈琲なんぞ飲まんだろうに。(笑)/ワンコも珈琲は飲まないけど。▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα(+ときどき可視光)像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 22:57 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年9月8日

9/8太陽Hα像

9/8,8時過ぎの太陽Hα像※9/7は天候不良で欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※無黒点。南東側に新小黒点?とのことだったが、小口径では不詳。可視光像は撮らなかった。北半球側に展開していた活動域が西縁へ隠れ始めており、それと関係あるのか不明だが、北西縁に高さは無いものの広がりのある噴出が上がっていた。
↓全体像(カラー1)↓8h11m

↓同(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

↓同(疑似カラー)↓

↓北西側↓

↓同、疑似カラー↓

↓Registax画面:北東側↓

↓同、北西側↓

↓同、南東側↓

↓同、南西側↓

↓観察地は小矢部市水牧↓

↓同2↓

【データ】9/8太陽Hα/2020年9月8日8時11分(1/40sec,85%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/片持ちフォーク赤道儀@小矢部市水牧
-----------【おまけ】同朝、西空に見えた下弦前の月↓----------

↓無理矢理拡大↓

-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!青空の下、下弦前の月が見えたのでおまけとして追加した。(^_-)-☆
<はな>=^_^=台風10号による直接被害は無かったがフェーン現象で暑い一日だったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U暑い日は本当に大変。散歩は殆ど側溝の中へ入って水浴び状態だワン▽・。・▽

☆彡お知らせ☆彡太陽Hα(+ときどき可視光)像専用ページを特設しました。観察した太陽Hα像を月毎に一覧できます。
■■今ご覧の)このページは従来通り(太陽も含めた)天文全般で継続します■■

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 23:44 | 星空・星座 | コメント(0)

2020年8月14日

8/13ネオワイズ彗星(とパンスターズ彗星)

前晩は小雨混じりの悪天候で苦戦したが、昨夜8/13は雲が邪魔するも晴れ間もあった。そこで、C/2020F3ネオワイズ彗星に再挑戦。近くにC/2017T2も居るので両者を無理矢理同一写野に収まるよう構図修正した。
↓ネオワイズ彗星(とパンスターズ彗星)↓通常モード↓

↓同、文字入り↓

今回は雲に邪魔されなかった1分露光画像16コマを使ってコンポジット合成した。多少は尾も写っているが、往時の半分も無いように思われる。明るさは6等前半とのこと。
↓同、コメットモード↓

16分間の間にも彗星は僅かに移動するので背景の恒星が少し流れる。逆に言うと通常の合成だと恒星は点になるが、彗星の方が動いた分だけズレて流れる。
【データ】8/13ネオワイズ彗星/2020年8月13日20時28分〜(60秒16枚)/EOSkissM(HKIR,ISO3200,RAW-TIF)/WO-Star71(fl=350mm)/GPD(SynScan改)赤道儀ステラショット制御、放置追尾@自宅星見台HANA
↓コメットモード文字入り↓

-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!前晩があまりに悲惨だったので、何とかリベンジ出来て良かった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=ペルセウス座流星群の残党出ないか期待したが、見られなかったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uネオワイズ彗星が徐々に暗く小さくなっていくワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:03 | 星空・星座 | コメント(0)

|1/96ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ