|1/88ページ | 次の20件 >>

2017年8月20日

8/18,19太陽紅炎の変化

相変わらず青空が続かない。太陽Ha画像から8/18,19の特に東側リム紅炎の変化↓【8/18】太陽東側トリミング↓

↓【8/19】太陽東側トリミング↓

18日は北東よりのプロミネンスが吹き上がっている>19日は横に広がりナイヤガラ状。それとは別に19日は真東リムにフレアに伴うポストフレアループが写っている。
↓【8/18】太陽全体↓

↓【8/19】太陽全体↓

【おまけ】↓撮影中に太陽前を通過した鳥のシルエット8/18夕↓

【データ8/18】FireCapture v2.5 Settings/Profile=Sun
Telescope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L/Filename=2017-08-18-0726_8-L.avi
Date=170818/Start(UT)=072646.835/Mid(UT)=072651.843/End(UT)=072656.852
Duration=10.017s/Framescaptured=307/ROI=3096x2080/FPS(avg.)=30
Shutter=0.550ms/Gain=250(49%)/Gamma=80/USBTraffic=100/Limit=10Seconds
Sensor temperature=47.6°C
【データ8/19】他は上と同じ
Filename=2017-08-19-0049_3-L.avi/Date=170819/Start=004916.237
Start(UT)=004916.237/Mid(UT)=004921.237/End(UT)=004926.238
Duration=10.001s/Framescaptured=306/File type=AVI
ROI=3096x2080/FPS(avg.)=30/Shutter=0.600ms/Gain=225(44%)/Gamma=80
Sensor temperature=49.5°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 15:49 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年8月11日

8/5真夏のオリオン

8/5明け方、東空に真夏のオリオン登場!↓

画面下の輝星は金星(明けの明星)↓同、星座線入り↓

ほぼ3か月ぶりにオリオンと再会した。神話ではさそりとオリオンは犬猿の仲で、実際、オリオン座が東空に上り始める頃にはさそり座は南西天に沈んでしまって同時に見ることはでき無い。神話ともうまく合致している。ググってみると同名の映画(と主題歌)が公開されているのが分かる。夏にふさわしい海岸物語。
【データ上】8/5明け方東天/2017年8月5日3時52分(30秒1枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW)/SAMYANG14mm,F2.8→半絞り/三脚固定@自宅星見台HANA
=======================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:13 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年8月7日

SW6日目(太陽、月、ほか)

スター・ウィーク6日目(「スター・ウィーク」2017
午前中は慣れないLANT鏡筒で懲りずに太陽Ha画像に挑戦。

時短優先でコリメート式に固まりつつあるが、目視でピントをしっかり合わせておかないとカメラのAFで補えきれないようだ。雲間の撮影でシーイング不良ということもあろうが、取付治具にも精度的に不安感がある。
暗くなって、月明かりを無視して星座撮影した。
【星見台から南方向】左上:満月直前の月、右中央付近:土星

【星見台から西北西方向】かんむり、うしかい、北斗七星

【月齢14.2直焦点撮影】

↑LANT太陽像を直焦点撮影できないかと試写したもの↑月本体画像が撮像素子の写角に程よい大きさになるには4/3版(APS-Cもほぼ同じ)だとfl=1000mm前後がちょうど良いと考えている。
【データ上】8/6太陽表面Ha,プロミネンス/2017年8月6日10時36分(1/100,400sec,25%)/Nikon1V1(ISO100,800絞り優先Auto,JPG)/LANT60THa/B1200)/SXD赤道儀@自宅星見台HANA
【データ下】月齢14.2/22時25分(1/250秒複数枚)/ペンミニE-PM2(ISO800,JPG)/FC60+×2テレコン(fl=10000mm)/SXD赤道儀
=======================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:50 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年8月4日

SW3日目(月と土星ほか)

スター・ウィーク3日目(「スター・ウィーク」2017
ようやく北陸の梅雨明けが発表された。しかし、雲混じりの空からの星見となった。↓南天↓月(月齢11.1)のすぐ下に土星。

雲越し↓夏の大三角↓

↓月齢11.1の月↓

↓8/3昼間に撮った太陽Ha画像↓(赤−白)擬似カラー化したもの。

※告知※
本日19時過ぎ、物見山陸上競技場(能美市)で天体観望会があります。入場無料。
携帯カメラで月の拡大撮影ができます。
【データ下】8/3太陽北東部/2017年8月3日9時15分(10sec.AVI)/ASI120MM(Gain50,Gamma50,Shutter035-2.5ms,15fps)/LANT LS60THa/B1200/SXD赤道儀@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 07:32 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年8月3日

SW2日目(太陽)

スター・ウィーク2日目(「スター・ウィーク」2017
詳しくは割愛するが、太陽専用鏡筒(LANT LS60THa/B1200)を使えることとなった。雲に阻まれながら半日格闘し、もう日が沈む頃になってようやく捉えた太陽画像↓

↓同2(×1.5)↓

↓同3↓

↑この黒点は、先月肉眼黒点となったもの↑
太陽観察だけでなく何でもそうだと思うが、日常的に継続するためには高度で複雑なことはなるべく避け、ささっと済ませられることだと思う。/太陽専用鏡筒が来て、先ずは眼視観察。ピントだけでなく狭いHa波長に合わせる必要もある。初めてのことゆえ少々手間取ったが何とか光球面にフィラメント状のものがへばりついているのを確認できた。/次に、デジカメによる撮影。理由はささっと済ませられるから。しかし、薄雲越しであったことも災いして、ピントすらきちんと合わせられなかった。/日没近くになって惑星用カメラを使って何とか撮ることができたという次第。PC画面を利用できるのでピントもHa波長にもしっかり合わせられた。/しかしPCを持ち出すことは煩雑さに繋がる。このジレンマを何とかしたい。
【データ】2017年8月2日18時2分/ASI120MM(Gain40,Gamma50,shutter2.5ms,15fps,AVI)/LANT LS60THa/B1200/SXD赤道儀@自宅星見台HANA
以上、太陽もれっきとした恒星なのでスターウィーク2日目の話題にした。(実は、2日目夕方に月を撮影したが出来が悪かった)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 03:58 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年8月2日

スター・ウィーク初日

昨日8/1からスター・ウィーク2017が始まった。(「スター・ウィーク」2017
昨晩も雲が多く、月や星が雲間から見え出したのは深夜になってからだった。↓南天1↓

↓南天2↓

以上、↑画像にあるもの↑を見たという証拠画像です。(笑)
今年のスターウィークは上弦を過ぎた月明かりのため天の川や星座、星雲・団を見るには難しい。ただ、南天には土星が居る。月と土星がメインとなりそうだ。
↓雲の空いているところを狙ってみたが、雲通過に阻まれる。画像はM30↓

懲りずに↓NGC7293↓を狙うも雲間に無理やり3枚撮れただけ。あまりにも無理。

早く梅雨明けして欲しい。
【データ上2枚】雲間の南天/2017年8月1日23時13分(10秒1枚),23時15分(20秒1枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW)/SAMYANG14mmF2.8→F4/NJP,LX200赤道儀チョイ置き追尾@自宅星見台HANA
【データ下2枚】M30,NGC7293/23時29分〜(30秒18枚),23時48分(30秒3枚)/EOS6D(ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀STV@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:05 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年7月31日

実写版>8月の星空

↓雲越し頭上に夏空↓8月15日だと21時頃に天頂付近(上旬は22時頃、下旬は20時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
3(木)月、土星へ接近/7(月)立秋/8(火)○満月、未明に部分月食/11(金)山の日/13(日)ペルセウス流星群極大/15(火)下弦/19(土)月、金星へ接近/22(火)●新月、北米皆既日食/25(金)月、木星へ接近/28(月)旧七夕(旧暦七月七日)、天秤座γ食/29(火)上弦、月面X/30(水)月、土星へ接近
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】2017年7月30日22時31分(36秒1枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/PELENG8mmFisheye,F3.5→F4/SXD赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 09:16 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年7月24日

7/19晩M8干潟星雲

7/19晩に撮影した↓M8干潟星雲中心部↓

私的には、右側に頭がテカった小僧(河童?)が居るように思えてしまう(笑)↓

↓同、ちょうど1か月前6/19にデジ一眼で撮影したもの(掲載済)↓

写野をはみ出していることから、見かけ上のM8は月よりも大きく広がっているのが分かる。眼視観察でも見応えがあり(※画のように赤く見えるわけではない)、夏の代表的散光星雲といえる。
【データ上】M8干潟星雲/2017年7月19日22時48分〜(60秒40枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain15/25,Gamma8/10,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(PHD2)@自宅星見台HANA
【データ下】M8干潟星雲/2017年6月19日0時9分〜(1分30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀STVガイド
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:08 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年7月21日

BKP300再稼働?>7/20未明M33

ほぼ1年ぶりに主砲30cm,F5反射(BKP300)を再稼働した。↓M33,さんかく座の渦巻き星雲↓

チョイ見には向かないBKP300は稼働率下がったままだった。風を受けると鏡筒が揺すられることもあるが、準備段階で手間暇かかるのがネックになっていた。/少しでも天体導入までの手間を減らすべく副鏡筒(BORG76ED)にkissX7を付けてステラショットによる自動導入&導入補正へ全面移行=ファインダーによる目視導入は行わないで済ませることにした。
↓撮影中のEZCapture画面↓

今後は、目標天体へ大凡主砲を向けたら副鏡筒で一発試写→電脳機器で導入補正という目論見だ。/モノクロCCDなのでカラー化はLRGB撮影を伴うことから手間暇かかる=稼働率低下と考え、観賞用天体写真にはそれほど興味ないし(カラーはデジカメやカラーCMOSカメラに任せて)、今後は原則L画像のみにしようと思う。
↓オートガイド中のステラショット画面↓

ステラショットで自動導入と導入補正、そしてQHY5LIIによる自動ガイドも任せる。残るのは主砲カメラ(QHY9s)の画像キャプチャーだが、これはEZCaptureで行う。これでノートPCのUSBポート4つ全て塞がってしまった。
おまけ↓ルーフ内から7/21夜明け前の東天↓

【データ】M33/2017年7月20日1時24分〜(60秒18枚)/QHY9s(-15℃,Gain50,FIT,L)/BKP300&コマコレ(fl=1500mm)/EQ8赤道儀(5cmファインダー屈折QHY5LII)ステラショット制御&自動ガイド@自宅星見台HANA↓

左手前:C9.25&NJP/右奥:BKP300&EQ8(7/20早朝に撮影)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:22 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年7月20日

7/20未明、M24,バンビ

7/19も遅くなってから雲が減り星見可能となった。土星も気になったが無視して今宵もDeepSkyObjectへ。前晩は雲で諦めたいて座付近へ望遠鏡を向けた。↓M24,バンビ↓by WO-Star71(周囲若干トリミング)

画面中央付近の小星団がM24か?と思われるが諸説あるらしい。肉眼でも夏の銀河が濃く見える辺りで、「バンビ」を導入するにはこのM24を導入天体に指定すると都合がよい。
↓撮影中のステラショット画面↓

【データ】バンビ/2017年7月19日24時2分〜(90秒21枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA↓

↓撮影中のSTVオートガイダー画面↓

ガイドグラフの特にRA方向の振幅(ズレ)が気になるが、1000mm以下短焦点なので実画像に影響は無い。
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:26 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年7月15日

7/14三裂星雲、干潟星雲、猫の手

昨夜7/14は前夜よりも透明度改善した。いて座〜わし座付近の天の川も目視確認できる。早速、夏の代表格星雲?スポットへ望遠鏡を向けたのだが、、。↓M20三裂星雲、M8干潟星雲、(猫の手星雲)↓

画面右上M20三裂星雲、その下M8干潟星雲、そこから左方向へ「猫の手」が伸びる。(手というかM8をかかと部分とした足のようにも見える)↓同、長辺方向トリミング↓

実は前夜もここを狙ったが、撮り始めて数枚も経たないうちに雲に覆われて強制終了だった。昨夜は付近の天の川もちゃんと見え透明度も良いので期待していたのだが15枚目で雲に阻まれてしまった。総露光量不足で?糠星の色階調がマゼンダ系に転んでしまった箇所がある。梅雨明けが待ち遠しい。
↓撮像中のステラショット画面↓

【データ】M20三裂星雲、M8干潟星雲、猫の手/2017年7月14日21時04分〜(60秒14枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/BORG100ED(fl=400mm)/LX200赤道儀STVガイド@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 09:48 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年7月13日

七夕7/7月齢13.5嵐の大洋付近

再び太陽系(月面)画像です(^_^;)>月齢13.5↓嵐の大洋付近↓

動画3ショットから得た静止画像3枚をMicrosoft ICEで一枚に合成した。(いずれも逆像表示)
↓使用した画像1↓

↓同2↓

↓同3↓

相変わらず解像度の悪さとか鮮鋭度不足をこのような姑息な手段で誤魔化している(^_^;)
【データ】月齢13.5嵐の大洋付近 FireCapture v2.5 Settings
------------------------------------
Telescope=C9.25(fl=2350mm),NJP eq.mount/Camera=ASI224MC
Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-07-07-1331_1-RGB.ser
Date=170707/Start(UT)=133037.122/Mid(UT)=133107.132/End(UT)=133137.143/Duration=60.021s
Framescaptured=549/ROI=1280x960/FPS(avg.)=9/Shutter=5.214ms/Gain=100(16%)/Gamma=65
WRed=52/WBlue=95/Limit=60Seconds/Sensortemperature=30.4°C@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:55 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年6月30日

実写版>7月の星空(北米星雲)

↓北アメリカ星雲・ペリカン星雲(はくちょう座)↓7月15日だと23時頃に天頂付近(上旬は0時頃、下旬は22時時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
1(土)上弦の月が木星へ接近/2(日)半夏生/7(金)月、土星へ接近。新暦七夕、小署/9(日)〇満月/17(月)下弦。海の日/19(水)夏の土用/20(木)アルデバラン食/23(日)●新月/25(火)水星食/28(金)みなみのうお座流星群極大/29(土)月、木星へ接近/30(日)水星東方最大離角、水がめ座北流星群、やぎ座α流星群極大/31(月)上弦
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】北アメリカ星雲、ペリカン星雲/2017年6月20日1時13分〜(60秒57枚)/富士X-T1(ISO3200,RAW-TIF)/FS60C(B改fl=255mm)/SXD赤道儀(MGEN100)@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:20 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年6月28日

6/19創造の柱(M16わし星雲)

6/19未明。へび座の散光星雲M16わし星雲を狙った。↓M16わし星雲(創造の柱)↓

↓同、×2Drizzle↓

中央付近の突起物は「創造の柱」と呼ばれている。先端から分子雲が伸びていてその先に生まれたばかりの若い星があるという。僅か20年余り前の1995年にハッブル望遠鏡の観測から初めて明らかにされたばかりだ。/存在だけだが、拙い設備のアマチュアでも創造の柱を捉えられるようになった。凄い時代になったものだ。
↓同、2015年9月に撮影したもの(掲載済)↓

↑赤が強過ぎる仕上げになってしまっている。(^_^;)/とかく「創造の柱」付近ばかりに目が向くが、周囲へ赤い散光星雲が広がっている。
【データ】創造の柱(M16わし星雲)/2017年6月19日1時43分〜(120秒21枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain15/25,Gamma50,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(PHD2)@自宅星見台HANA
【データ下】M16わし星雲/2015年9月11日20時55分(2分露光×17枚DSSスタック)/富士X-E1(ISO1600,RAW→TIF)/GS200RC+0.75RF(fl=1200mm)直焦点/NJP赤道儀(PHD2)@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 15:03 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年6月11日

梅雨入り間近、月明下の星空

昨夜(6/10)の空。久しぶりの三脚固定一枚撮り。↓冠座、うしかい座↓

↓同、星座線・文字入り↓

↓夏の大三角↓

↓同、星座線入り↓

北陸の梅雨入り宣言はまだらしい。北陸地方は新潟気象台が統括しているが、従来の北陸三県を新潟で統括するのは北に偏り過ぎていると思う。
【データ】2017年6月10日23時頃(10〜15秒)/富士X-E1(ISO1600,RAW→TIF)/SAMYNG14mmF2.8→F4との中間/三脚固定@自宅
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 08:35 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年6月6日

6/4バンビの横顔(+第4赤道儀2)

6/4未明に撮影した↓バンビの横顔(いて座スタークラウド付近)↓

画面左上端の赤い星雲はM17馬蹄形星雲。画面中央付近、左向きの鹿(バンビ)横顔の形に見えることからこう言われるようになったようだ。肉眼でも天の川が明るく見える辺りでスモールスタークラウドとよばれる領域。↓先月末に撮ったもの↓

カメラアダプターリングの止めネジが緩んでいて光軸から外れた外側がピンボケになりやむなく長辺方向をトリミングした。そのためバンビの喉元付近だけになってしまった。(止めネジを締め直して撮影したのが上の画像)
【データ上】バンビ/2017年6月4日1時42分〜(60秒21枚)/富士X-T1(ISO3200,RAW-TIF)/FS60C(B改fl=255mm)/SXD赤道儀(MGEN)@自宅星見台HANA網状星雲/2017年6月5日2時22分〜(60秒23枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/FS60C(B改fl=255mm)/LX200赤道儀(STV)@自宅星見台HANA
【データ下】バンビの喉元?(訳あって長辺方向正方トリミング)/5月29日2時2分〜(60秒19枚)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/FS60C(B改fl=255mm)/GPD赤道儀(SynScan改)+Nexguide@自宅前

続きを読む...

投稿者:龍吉at 09:21 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年5月31日

実写版>6月の星空(バンビの喉元)

↓いて座、「バンビ」喉元付近M↓6月15日だと0時頃に南中(上旬は1時頃、下旬は23時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
1(木)上弦(Johnson彗星6等前後)/3(土)金星西方最大離角/4(日)月、木星へ接近/9(金)〇満月、土星と接近/12(月)Johnson彗星近日点通過/15(木)土星が衝/17(土)下弦/21(水)夏至、月が金星へ接近/24(土)●新月/27(火)6月うしかい座流星群極大/30(金)71P/クラーク彗星近日点通過
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】バンビの喉元?(訳あって長辺方向正方トリミング)/2017年5月29日2時2分〜(60秒19枚)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/FS60C(B改fl=255mm)/GPD赤道儀(SynScan改)+Nexguide@自宅前
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:07 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年5月23日

5/23未明71P/クラーク彗星

昨晩5/22も雲とPM2.5?の影響で透明度悪かったが21日晩ほど酷くはなかった。南低空のさそり座アンタレス付近に表記の周期彗星71P(クラーク彗星)が居るということで、口径10cm,F4屈折で検出を試みた。↓71P/クラーク彗星↓

※いずれも画面上が北方向※
この辺りは、写真に撮るとアンタレス周辺の散光星雲や暗黒星雲がカラフルに写ることで知られている。71Pがその暗黒帯から逃れて南の糠星密集地帯へ出たところで、糠星と紛らわしく見つけにくい。まだ暗黒帯を通過中の時の方がパッと見つけやすかったのではないかと思う。
↓X2Drizzle画像

↓同、等倍トリミング

現在11等台らしい?が、周囲の糠星と区別し難いながらも写野中央に確認は出来た。ひとえにステラショットによる自動導入と導入補正機能のおかげだと思う。透明度の良い状況下、大口径で明るい光学系で撮られた画像では画面2時方向へ尾があるのが確認できる。機会あればC9.25などで狙ってみたい。
【データ】71P/クラーク彗星/2017年5月22日15時54分(UT)〜(60秒23枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl~400mm)/LX200赤道儀(STV自動ガイド)@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:50 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年5月19日

5/19未明SN2017eaw in NGC6946

本日未明、渦中のNGC6946を捉えた↓SN2017eaw in NGC6946↓※画像はいずれも上が北方向※

↓昨年11/7にC11(fl=2100mm)で撮影したNGC6996↓

※赤丸枠付近が超新星位置※
↓超新星SN2017eawは明るいので10cm,F4屈折でも比較的簡単に写る↓

↓同、等倍トリミングしたもの↓

NGC6946は北の空ケフェウス座に位置するため北半球では観察しやすい。ほぼひと晩中観察可能なので、しばらくは追っかけ観察して楽しめそうだ。
【データ(上)】
2017年5月18日15時12分(UT)〜(60秒×61枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain300,Gamma80,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(PHD2ガイド)
【データ(中)】昨年11/7に撮影したNGC6946
2016年11月7日19時01分〜20時31分(60秒×46枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/C11(fl=2100mm)/NJP赤道儀(QHY5LII,ステラショット制御)
【データ(下2枚)】
5月18日14時53分(UT)〜(60秒×30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200赤道儀(STVガイド)@いずれも自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:51 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年4月30日

実写版>5月の星空

↓いて座M20三裂星雲とM8干潟星雲↓5月15日だと1時頃の南空(上旬は2時頃、下旬は0時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
2(火)八十八夜/4(木)上弦(月面X)/5(金)立夏/6(土)水がめ座η流星群/7(日)おとめ座γ星食/8(月)月が木星へ接近/10(水)C/2015ER61近日点通過/11(木)○満月/13(土)月が土星へ接近/18(木)水星西方最大離角/19(金)下弦/22(月)月が金星へ接近/26(金)●新月
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】M8干潟星雲とM20三裂星雲/2017年4月30日2時28分〜(120秒×18枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/EM10赤道儀改+MGEN100ガイド@自宅前4/6未明、M8干潟星雲周辺/2016年4月6日3時5分〜(1分露光×25枚スタック
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:54 | 星空・星座 | コメント(0)

|1/88ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ