|1/89ページ | 次の20件 >>

2017年12月11日

12/11未明冬の大三角

本日12/11未明の↓冬の大三角↓意外にも日付替わっても星が見えていた。時折、強風と稲光がある中で横着撮影↓(DSS一時処理後CS6)↓

1吋センサーCXフォーマット&ISO3200ではさすがに荒れて目も当てられない画像になった。やはり星空はフォーマット大きい方が有利だと思う。
↓同(DSS,Autosave→CS6)↓

↓流星(約マイナス1等)が入ったコマ↓

ふたご群のハシリ?と思ったが、やや輻射点方向が合わない。流星は、こいぬ座プロキオン方向、いっかくじゅう座方向から流れた。
↓同、JPG原板画像↓

【データ上2枚】冬の大三角/2017年12月12日0時09分〜(30秒50枚)/Nikon1V1(ISO3200,RAW→TIF)/Nikkor10mm,F2.8→F3.2/スカイメモS赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA前
【データ下2枚】冬の大三角と流星/2017年12月12日0時30分〜(30秒1枚)/他は上と同じ
=============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:13 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年12月2日

ニコワンで星撮り

太陽Hα瞬撮用のNikon1V1で月明下の星空を撮影してみた↓星見台内からオリオン座↓

↓同、星座線入り↓

↓M43オリオン星雲(DSS,Autosave→CS6&Nikツール)↓

↓同(DSS,一次処理後CS6)↓

ニコンのミラーレスはCXフォーマットで一般的なコンデジよりは広いがフォーサーズ(4/3)よりは狭い。ただ、fl=500〜700mm程度の小口径望遠鏡直焦点で太陽や月を撮るには丁度よいサイズと思う。
CXフォーマットだと星野写真や星団・星雲には中途半端な印象は免れない。太陽や月にしても解像度からすれば大口径望遠鏡とそれに見合う広いフォーマットのカメラで撮る方が優位であると言える。
暗い天体撮影などの長秒露光に対してインターバルタイマー機能が内蔵されているのは良いとして、(手軽さでコンデジ級カメラに負けるのは仕方ないとしても)ミラーレス一眼カメラなのだから画質はどうなのか?現行後継機種は改善しているとは思うが。操作機能でデジイチならではのマニュアルモードに水を差すような制約を感じる。リモコンコード端子無いのがとても残念。
【データ上2枚】2017年11月28日22時18分〜(30秒10枚)/Nikon1V1(ISO800,RAW-TIF)/Nikkor10mm,F2.8→F3.2/GPD赤道儀SynScan改MGENガイド@自宅星見台HANA
【データ下2枚】M42/2017年11月28日21時9分〜(30秒10枚)/Nikon1V1(ISO800,RAW→TIF)/FC60(fl=500mm)/GPD赤道儀SynScan改MGENガイド@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:42 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年11月30日

実写版>12月の星空

↓オリオン座↓12月15日だと21時頃の南東天(上旬は22時頃、下旬は20時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
3(日)アルデバラン食/4(月)〇満月/7(木)大雪/9(土)レグルス食/10(日)下弦/12(火)うみへび座流星群/14(木)月と火星接近、ふたご座流星群極大/18(月)●新月
/22(金)冬至/23(土)天皇誕生日、こぐま座流星群/26(火)かみのけ座流星群、上弦
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】オリオン座/2017年11月28日21時42分〜(30秒11枚)/Nikon1V1(ISO800,RAW→TIF)/Nikkor10mmF2.8/GPD赤道儀SynScan改MGENガイド@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 22:34 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年11月18日

11/12カリフォルニア星雲

11/12晩に撮影した↓カリフォルニア星雲↓DSS一次処理後CS6↓

↓同(DSS,Autosave→CS6)↓

1年前2016年9/1に撮影したもの↓RAW→DSS一次処理後CS6↓

カリフォルニア星雲(NGC1499)はペルセウス座の散光星雲。隣のおうし座すばる(M45)が比較的近い位置にある。そのためか、「すばるを撮ったついでに」というパターンが多い。(;´・ω・)
【データ上2枚】カリフォルニア星雲(DSS一次処理後CS6)/2017年11月12日21時21分〜(90秒51枚)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW→TIF)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台
【データ下】2016年9月1日2時52分〜(2分露光×27枚DSSスタック)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/Wo-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀+MGEN100自動追尾修正@自宅星見台HAHA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:32 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年11月17日

M78,樅ノ木、馬頭星雲

11/12,日付が13日になった頃から撮影した↓M78ウルトラマン星雲、樅ノ木星雲、馬頭星雲↓(DSS,Autosave→CS6)

↓同、DSS一次処理後CS6↓

ところが、処理を間違えると過激?に、、
↓同、DSS,Autosave→CS6↓

↓同、DSS一次処理後CS6↓

【データ】M78ウルトラマン、樅ノ木、馬頭星雲/2017年11月12日24時02分〜(120秒36枚)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW→TIF)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA↓撮影中のステラショット画面↓

==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:30 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年11月13日

11/12馬頭・樅ノ木星雲付近

昨夜11/12は好天に恵まれた。前日の氷雨で空気は湿っていたが風があるおかげか結露or結霜は思った程でもなかった。深夜に撮影した↓馬頭星雲・樅ノ木星雲付近↓
★DSS(mks)CS6↓DSS一次処理後TIF保存→CS6↓

☆DSS(Autosave)CS6↓DSS,Autosave.tif→CS6↓

今回は初めてFS60C鏡筒直焦点に冷却CMOSカメラASI1600MCCを付けて撮影した。卓上小型赤道儀なのでこれより大きく重い鏡筒やカメラを載せられない。野外で冷却CMOSカメラを実用的に使えるか?という興味もあった。
【データ】馬頭星雲・樅ノ木星雲/2017年11月12日23時47分〜(2分57枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain15/25,Gamma6/10,16bitTIF)/FS60C(B改fl=255mm)/卓上小型フォーク赤道儀改CMOS_Capture制御&自動ガイド@自宅星見台前
↓撮影中のフォーク赤道儀改造機、南東側から↓台座に脚立を代用

↓撮影中の主鏡焦点付近↓赤いのがASI1600MCCカメラ

旧式ロシア製フォーク赤道儀にはMead ETXのような自動導入機能が無く手動導入に頼るしかない。そのため次々に目標天体を捉えるという早業はできず試写で写野中心を決めるしかない。
天体導入に時間を要するのが面倒になるが、目標天体を導入してしまえば自動ガイドそのものはちゃんと代行してくれるのは有難い。但し、見た通り冷却CMOSカメラだと主鏡筒全体が長くなり、フォーク台座との干渉限界がミラーレスカメラよりも厳しいため、この組み合わせは不適切と言わざるを得ない。
フォーク式はカメラ写野の東西南北方向が判断しやすいし、自動ガイダーのキャリブレーション設定も1回行うだけで済み、とても都合よいのだが。
フォーク腕を長くすることで台座等との干渉は改善できるが、そうなると強度不足&重量増が問題になる。どこで見切りをつけるか?だと思う。昼間の太陽観察はLUNT60専用、夜間の星空撮影はこのFS60C(もしくは300mmF4程度の望遠レンズ)が限度と考えている。
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:00 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年10月31日

実写版>11月の星空

↓ぎょしゃ座↓11月15日だと23時頃の東天(上旬は24時頃、下旬は22時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
2(木)小惑星パラスが地球に最接近/3(金)文化の日、はくちょう座χ星極大/4(土)○満月/5(日)おうし座南流星群/7(火)立冬/9(木)小惑星パラスが衝/11(土)下弦/12(日)未明レグルス食※出現のみ観察可能、おうし座北流星群/13(月)金星、木星と最接近/15(水)月齢26.3の月が火星と接近/18(土)●新月、しし座流星群極大/21(火)月齢2.6の月が土星と接近/22(水)小雪/23(木)勤労感謝の日/24(金)水星東方最大離角/27(月)上弦/28(火)11月オリオン流星群/30(木)夕空で46P/ウィルタネン彗星の流星群出現の可能性あり
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】ぎょしゃ座/2017年10月27日0時33分〜(60秒33枚)/富士X-T1(ISO1600,RAW→TIF)/FUJINON35mm,F1.4→F2.8/スカイメモS放置追尾@自宅前
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 15:22 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年10月20日

県内カノープスは晩秋が好機

冬の悪天候を考えると、県内カノープスは秋が観察好機です(とはいえ、画像は12/19に撮影したものですが、、汗)
↓9年前2008年12/19@氷見市寺尾で撮影した県内カノープス(Takumar28mm/KissDX)
24時21分↓
Canops_0786pbuxt
↑カノープスは、画面中央下(山の稜線近くの「▼」)
★「カノープス」とは★
りゅうこつ座α星で明るさは-0.6等。位置:RA=06h23m57s/DEC=-52゜41’44
県内でカノープスを見るには、この時期を逃すわけにはいかない。
本県は北緯36度30分〜37度内の範囲であるため、(90゜−52゜−37゜=1゜の計算により)地平線より約1度高度があるはずだが、実際は、本県が(北以外の全ての方角は)3000m級〜1000m級の山で囲われているため、平地からこの星を拝める場所は皆無に近い。(県境の山々に上れば見えるだろうと思われる。)
さらに困ることは、りゅうこつ座が見られるのは冬の時期であること。
本県では降雪期と重なり晴天が殆ど望めない。かつ、積雪のため山間部へは上れない。で、県内でカノープスを拝むためにはこの時期(秋)低空まで澄み切った明け方に見るしか手がない。なお、秋の山はクマ出没の恐れがある。
↓E-410/85mmレンズ(135換算170mm望遠)による証拠画像↓24時26分↓
Canops_2791pbsx

■■データ■■
2008年12月19日24時15分〜30分
【上】KissDX(ISO800,RAW)/smcTakumar28mmF3.5→F4
【下】E-410(ISO800,RAW)/NikkorAi-S85mmF1.4→F2.8
カメラ三脚固定@氷見市寺尾

続きを読む...

投稿者:龍吉at 11:10 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年10月13日

10/1ふたご座M35

10/1未明に横着撮影した↓ふたご座の散開星団M35(とNGC2158)※白黒L画像↓

画面右下(南西側)、小さく糠星密集しているのが散開星団NGC2158で、M35よりもさらに5倍遠方にあるという。
↓同、別処理(DSSスタック&初期調整後→CS6)

旧型EDレンズ屈折なので星の滲みが気になる。最近のアポクロマート玉だともう少しシャープに結像するものと思われる。
【データ】M35/2017年10月1日1時09分〜(30秒40枚)/ASI178MM(Gain300,Gamma80,FIT)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台NANA↓

==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:51 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年9月30日

実写版>10月の星空

↓未明の南東天を上り始めた冬の大三角↓10月15日だと午前1時半頃に南東天(上旬は2時半頃、下旬は0時半頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
(上旬)金星と火星が接近/4(水)中秋の名月/6(金)〇満月、金星と火星が最接近/8(日)寒露、りゅう座流星群/9(月)体育の日、おうし座γ星の食/10(火)アルデバラン食(北日本)/12(木)下弦/17(火)地球から見て土星の環が最も開く/18(水)月、金星、火星が接近/19(木)ふたご座ε流星群/20(金)●新月、秋の土用/21(土)オリオン座流星群/23(月)霜降/24(火)月、土星へ接近/27(金)月面Xが見える/28(土)上弦
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】オリオン座、冬の大三角、流星/2017年9月25日2時36分(30秒1枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW)/SAMYANG14mmF2.8→F4との中間/SXD赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:39 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年9月11日

9/9低緯度オーロラ狙い・2

昨日9/10は、2764及び2763群黒点が太陽西縁に到達し、短時間で周辺がコロコロ変化し大変見応えがあった。(画像が多いため処理に時間がかかり後日紹介予定)
で、大型フレア発生に伴う低緯度オーロラに挑戦2晩め9/9の画像↓1枚画像↓

見事空振り。目視でも普段と変わらず。↓同、24枚コンポジット画像↓

前晩ほどではなかったものの雲があった。透明度も悪かった。
↓月が東に姿を見せてから撮影した画像↓

画面左(西)は金沢の街明かり、右(東)は月明かりで明るくなっている。
【低緯度オーロラ撮影について】
できれば広角レンズを付けたデジ一眼カメラを北方向に向けて撮影することをお勧めする。ただ自分の目で見たと言っても証拠が有ると無いとでは雲泥の差。淡いオーロラだと目視では分からなくても光を蓄積できるカメラには写ることも考えられる。/日が沈んで空が暗くなり満月後の月が東に顔を見せる前までがチャンスと思われる。ピントは無限大固定。高感度(ISO1600〜6400程度)設定。/絞りは開放かひと絞り(F2〜F4)程度、カメラを三脚に固定し数秒〜30秒程度(撮影直後の背面液晶モニターが真っ白にならないようにする。RAWデータも残しておくとよい)
【データ】2017年9月9日19時59分(30秒1枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/PELENG8mmFisheye,F3.5→F4/三脚固定@自宅星見台前
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:04 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年9月9日

9/8低緯度オーロラ狙い

前回の投稿で、大型フレア発生に伴う太陽プラズマが9/8朝から地球に到達しており、国内で低緯度オーロラが見られる可能性も出てきた、と書いた。
ひょっとしたら?ということで、暗くなってから月が上り始め空が明るくなる前にカメラを空に向けてみた↓1枚画像↓

↓同、10枚コンポジット画像↓

見た通り、普段と代わり映えしなかった。雲が邪魔したということもあるが、自宅から北方向は県西部各市(高岡、砺波など)の街明かりも影響している。淡いと光害にかき消されてしまいそう。
ここしばらくは太陽プラズマの影響が続く筈なので、晴れていれば今宵もめげずに挑戦しようと思う。何せデジタルはフィルム代を気にする必要もない。(笑)
↓同、深夜。月齢16.9の月↓

【低緯度オーロラ撮影について】
できれば広角レンズを付けたデジ一眼カメラを北方向に向けて撮影することをお勧めする。ただ自分の目で見たと言っても証拠が有ると無いとでは雲泥の差。淡いオーロラだと目視では分からなくても光を蓄積できるカメラには写ることも考えられる。/日が沈んで空が暗くなり満月後の月が東に顔を見せる前までがチャンスと思われる。ピントは無限大固定。高感度(ISO1600〜6400程度)設定。/絞りは開放かひと絞り(F2〜F4)程度、カメラを三脚に固定し数秒〜30秒程度(撮影直後の背面液晶モニターが真っ白にならないようにする。RAWデータも残しておくとよい)
【データ】2017年9月8日19時28分〜(30秒1枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/PELENG8mmFisheye,F3.5→F4/三脚固定@自宅星見台前
【データ】月齢17.9/2017年9月8日24時0分〜(AVI,60秒×2)/ASI178MM(Gain150,Gamma80,Shutter0.35ms,30fps,32%stack)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/LX200赤道儀改@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:04 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年8月31日

実写版>9月の星空

↓雲越し頭上に夏空↓9月15日だと19時半頃に天頂付近(上旬は20時半頃、下旬は18時半頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
(上旬)金星がプレセペ星団へ接近/1(金)ぎょしゃ座流星群極大/6(水)〇満月/12(火)水星西方最大離角/13(水)下弦/18(月)敬老の日、月が金星へ接近/20(水)●新月/23(土)秋分の日/28(木)上弦
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】2017年8月21日21時18分〜(30秒13枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200-12800,RAW)/PELENG8mmFishEye,F3.5→F4/三脚固定@自宅星見台前
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:48 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年8月11日

8/5真夏のオリオン

8/5明け方、東空に真夏のオリオン登場!↓

画面下の輝星は金星(明けの明星)↓同、星座線入り↓

ほぼ3か月ぶりにオリオンと再会した。神話ではさそりとオリオンは犬猿の仲で、実際、オリオン座が東空に上り始める頃にはさそり座は南西天に沈んでしまって同時に見ることはでき無い。神話ともうまく合致している。ググってみると同名の映画(と主題歌)が公開されているのが分かる。夏にふさわしい海岸物語。
【データ上】8/5明け方東天/2017年8月5日3時52分(30秒1枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW)/SAMYANG14mm,F2.8→半絞り/三脚固定@自宅星見台HANA
=======================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:13 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年8月7日

SW6日目(太陽、月、ほか)

スター・ウィーク6日目(「スター・ウィーク」2017
午前中は慣れないLANT鏡筒で懲りずに太陽Ha画像に挑戦。

時短優先でコリメート式に固まりつつあるが、目視でピントをしっかり合わせておかないとカメラのAFで補えきれないようだ。雲間の撮影でシーイング不良ということもあろうが、取付治具にも精度的に不安感がある。
暗くなって、月明かりを無視して星座撮影した。
【星見台から南方向】左上:満月直前の月、右中央付近:土星

【星見台から西北西方向】かんむり、うしかい、北斗七星

【月齢14.2直焦点撮影】

↑LANT太陽像を直焦点撮影できないかと試写したもの↑月本体画像が撮像素子の写角に程よい大きさになるには4/3版(APS-Cもほぼ同じ)だとfl=1000mm前後がちょうど良いと考えている。
【データ上】8/6太陽表面Ha,プロミネンス/2017年8月6日10時36分(1/100,400sec,25%)/Nikon1V1(ISO100,800絞り優先Auto,JPG)/LANT60THa/B1200)/SXD赤道儀@自宅星見台HANA
【データ下】月齢14.2/22時25分(1/250秒複数枚)/ペンミニE-PM2(ISO800,JPG)/FC60+×2テレコン(fl=10000mm)/SXD赤道儀
=======================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:50 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年8月4日

SW3日目(月と土星ほか)

スター・ウィーク3日目(「スター・ウィーク」2017
ようやく北陸の梅雨明けが発表された。しかし、雲混じりの空からの星見となった。↓南天↓月(月齢11.1)のすぐ下に土星。

雲越し↓夏の大三角↓

↓月齢11.1の月↓

↓8/3昼間に撮った太陽Ha画像↓(赤−白)擬似カラー化したもの。

※告知※
本日19時過ぎ、物見山陸上競技場(能美市)で天体観望会があります。入場無料。
携帯カメラで月の拡大撮影ができます。
【データ下】8/3太陽北東部/2017年8月3日9時15分(10sec.AVI)/ASI120MM(Gain50,Gamma50,Shutter035-2.5ms,15fps)/LANT LS60THa/B1200/SXD赤道儀@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 07:32 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年8月3日

SW2日目(太陽)

スター・ウィーク2日目(「スター・ウィーク」2017
詳しくは割愛するが、太陽専用鏡筒(LANT LS60THa/B1200)を使えることとなった。雲に阻まれながら半日格闘し、もう日が沈む頃になってようやく捉えた太陽画像↓

↓同2(×1.5)↓

↓同3↓

↑この黒点は、先月肉眼黒点となったもの↑
太陽観察だけでなく何でもそうだと思うが、日常的に継続するためには高度で複雑なことはなるべく避け、ささっと済ませられることだと思う。/太陽専用鏡筒が来て、先ずは眼視観察。ピントだけでなく狭いHa波長に合わせる必要もある。初めてのことゆえ少々手間取ったが何とか光球面にフィラメント状のものがへばりついているのを確認できた。/次に、デジカメによる撮影。理由はささっと済ませられるから。しかし、薄雲越しであったことも災いして、ピントすらきちんと合わせられなかった。/日没近くになって惑星用カメラを使って何とか撮ることができたという次第。PC画面を利用できるのでピントもHa波長にもしっかり合わせられた。/しかしPCを持ち出すことは煩雑さに繋がる。このジレンマを何とかしたい。
【データ】2017年8月2日18時2分/ASI120MM(Gain40,Gamma50,shutter2.5ms,15fps,AVI)/LANT LS60THa/B1200/SXD赤道儀@自宅星見台HANA
以上、太陽もれっきとした恒星なのでスターウィーク2日目の話題にした。(実は、2日目夕方に月を撮影したが出来が悪かった)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 03:58 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年8月2日

スター・ウィーク初日

昨日8/1からスター・ウィーク2017が始まった。(「スター・ウィーク」2017
昨晩も雲が多く、月や星が雲間から見え出したのは深夜になってからだった。↓南天1↓

↓南天2↓

以上、↑画像にあるもの↑を見たという証拠画像です。(笑)
今年のスターウィークは上弦を過ぎた月明かりのため天の川や星座、星雲・団を見るには難しい。ただ、南天には土星が居る。月と土星がメインとなりそうだ。
↓雲の空いているところを狙ってみたが、雲通過に阻まれる。画像はM30↓

懲りずに↓NGC7293↓を狙うも雲間に無理やり3枚撮れただけ。あまりにも無理。

早く梅雨明けして欲しい。
【データ上2枚】雲間の南天/2017年8月1日23時13分(10秒1枚),23時15分(20秒1枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW)/SAMYANG14mmF2.8→F4/NJP,LX200赤道儀チョイ置き追尾@自宅星見台HANA
【データ下2枚】M30,NGC7293/23時29分〜(30秒18枚),23時48分(30秒3枚)/EOS6D(ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀STV@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:05 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年7月31日

実写版>8月の星空

↓雲越し頭上に夏空↓8月15日だと21時頃に天頂付近(上旬は22時頃、下旬は20時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
3(木)月、土星へ接近/7(月)立秋/8(火)○満月、未明に部分月食/11(金)山の日/13(日)ペルセウス流星群極大/15(火)下弦/19(土)月、金星へ接近/22(火)●新月、北米皆既日食/25(金)月、木星へ接近/28(月)旧七夕(旧暦七月七日)、天秤座γ食/29(火)上弦、月面X/30(水)月、土星へ接近
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】2017年7月30日22時31分(36秒1枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/PELENG8mmFisheye,F3.5→F4/SXD赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 09:16 | 星空・星座 | コメント(0)

2017年7月24日

7/19晩M8干潟星雲

7/19晩に撮影した↓M8干潟星雲中心部↓

私的には、右側に頭がテカった小僧(河童?)が居るように思えてしまう(笑)↓

↓同、ちょうど1か月前6/19にデジ一眼で撮影したもの(掲載済)↓

写野をはみ出していることから、見かけ上のM8は月よりも大きく広がっているのが分かる。眼視観察でも見応えがあり(※画のように赤く見えるわけではない)、夏の代表的散光星雲といえる。
【データ上】M8干潟星雲/2017年7月19日22時48分〜(60秒40枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain15/25,Gamma8/10,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(PHD2)@自宅星見台HANA
【データ下】M8干潟星雲/2017年6月19日0時9分〜(1分30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀STVガイド
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:08 | 星空・星座 | コメント(0)

|1/89ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ