|1/61ページ | 次の20件 >>

2017年10月17日

魔女の横顔3態

昨年末12/25に撮影した「魔女の横顔」↓(未掲載?)

↓2年前2015年10月17日に撮影した↓魔女の横顔↓(掲載済)

↓3年前1014年10/19に撮影した↓魔女の横顔↓(掲載済)

魔女の横顔IC2118は、オリオン西隣に位置するエリダヌス座に属するが、位置を辿るにはオリオン座β星リゲルのすぐ右上辺りから探った方が分かりやすい。魔女の横顔は40光年離れたリゲルの光を反射して輝いているという。
【データ上】魔女の横顔/2016年12月25日20時10分〜(180秒×31枚スタック)/WO-Star71(fl=350mm)/ASI1600MCC(-15℃,FIT)/LX200赤道儀、MGEN100
【データ中】魔女の横顔/2015年10月17日1時32分〜(3分露光×19枚スタック)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/PENTAX105EDHF+0.77RF(fl=540mm)直焦点/NJP赤道儀+M-GEN100ガイド@自宅星見台HANA
【デー下】2014年10月19日1時30分〜(2分露光×11枚DSSコンポジット)/タカハシFS60C+0.85RC(fl約300mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/ビクセンGPD赤道儀ノータッチ@自宅前
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:00 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年10月16日

M78ウルトラマン星雲2態

10月1日未明に撮影したオリオン座↓M78星雲(通称ウルトラマン星雲)↓(ASI178MM&PENTAX105EDHF)

↓今年9/1,C9.25&ASI1600MCCで撮影したM78(掲載済)↓

(中央下がM78,左上はNGC2071)カラーであること、微光星まで写るなど、まざまざと差を感じるが手軽さでいえば上の白黒画像に軍配が上がる。
【データ上】M78/2017年10月1日2時33分〜(30秒39枚)/ASI178MM(Gain300,Gamma80,FIT)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台NANA
【データ下】2017年9月1日3時50分〜(120秒10枚60秒3枚)/ASI1600MCC(-10℃,Gain15/25,Gamma6/10,TIF)/C11+0.75RC(fl=1763mm)/NJP赤道儀改(CMOS_Captureβ制御&ガイド)@自宅星見台HANA↓

==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:38 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年10月15日

10/1バラ星雲

白黒L画像続きで恐縮ですが、10/1未明に撮影した↓バラ星雲中央部↓(ASI178MM,PENTAX105RDHF,白黒L)↓

APS-C一眼デジカメよりもさらに小さいフォーマットサイズのCCDカメラによる撮影なので同星雲の中央付近しか写野に入っていない。
↓同、昨年12/28に撮影したもの(EOSkissX7,WO-Star71)↓掲載済

バラ星雲(NGC2237-9,NGC2246)オリオン座αベテルギウスからこいぬ座αプロキオンに向け1/3ほど行った辺り(逆三角形をした冬の大三角の上辺)にある散開星団NGC2244の周りに広がっている。(上の画像では斜めに並んだ星たちが散開星団NGC2244)
【データ上】バラ星雲/2017年10月1日2時6分〜(30秒42枚)/ASI178MM(Gain300,Gamma80,FIT)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/LX200赤道儀改STV自動ガイド@自宅星見台HANA
【データ下】バラ星雲/2016年12月28日23時8分〜(3分露光×19枚)/EOSkissX7改(ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/他は上と同じ↓

右がLX200フォーク式赤道儀改(左:WO-Star71鏡筒/右:5cmミニボーグ鏡筒&STV)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:37 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年10月14日

NGC7293らせん星雲2態

9/29未明に撮影した↓NGC7293螺旋星雲↓(ASI178MM,PENTAX105RDHF,白黒L)↓

↓同、9/18に撮影したもの(ASI1600MCC,C9.25,RGB)↓掲載済

口径差や総露光量の違いもあるが、やはりカラーが見栄えする。/白黒Lは口径だけでなく総露光量がまるで足りてない。ただ、画の荒れはそれほど目立たない。色に囚われて無理しないからかも知れない。/カラーを諦めることで撮影も手短に済ませられる。
【データ上】NGC7293/2017年9月29日0時30分〜(20秒40枚)/ASI178MM(Gain350,Gamma80,FIT)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/LX200赤道儀改STV自動ガイド@自宅星見台HANA
【データ下】9月18日22時20分〜(120秒24枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain15/25,Gamma8/10,TIF)/C9.25+0.75RC(fl=1763mm)/NJP赤道儀改+SS-one,CMOS_Cap自動ガイド
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:30 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年10月7日

9/25,M1カニ星雲

先月9/25に撮影した↓M1カニ星雲↓(DSSスタック&初期処理-CS6)

↓同(DSSスタック直後Autosave.tif→CS6)↓

↓同、別処理(DSSスタック&初期処理-CS6)↓

カニ星雲は絡み合ったフィラメント状の筋を伴っているが、これがなかなか思うように表出できないでいる。(^_^;)/目視観察も意外と難物で、小口径だと見落とすこともある。
【データ】M1カニ星雲/2017年9月25日2時2分〜(120秒39枚)/ASI1600MCC(-10℃,Gain16/25,Gamma8/10,TIF)/C9.25+0.75RC(fl=1763mm)/NJP赤道儀改CMOS_Cap自動ガイド@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:45 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年10月6日

口径差>系外星雲M33

先月9/25に撮影した↓M33さんかく座の系外星雲↓(口径23.5cm,DSSスタック&初期調整→CS6)

↓同(DSSスタック直後Autosave.tif→CS6)↓

↓同、口径10cmED屈折で撮影したもの(白黒L画像)↓※掲載済

↑ぱっと見、上2枚とほぼ変わらぬ迫力がある?と錯覚させるが、暗い星や星雲細部の写りが悪く、星像も膨らんで精細さに欠けている。
【おまけ(再掲)】口径30cm,F5反射望遠鏡で撮影したM33(白黒L画像)↓※掲載済

こういった対象は口径による集光力と解像能力の差が効いてくる。(大口径優位)/ただ、口径大きいほど望遠鏡が長大化し、取り回しが面倒になる。解像能力向上と裏腹に上空気流の影響を受けやすく、晴れていても解像能力を発揮できない晩が出てくる。(稼働率低下)
【データ上2枚】M33/2017年9月25日22時57分〜(120秒34枚)/ASI1600MCC(-10℃,Gain16/25,Gamma8/10,TIF)/C9.25+0.75RC(fl=1763mm)/NJP赤道儀改CMOS_Capture制御&自動ガイド@自宅星見台HANA
【データ中】M33/2017年9月30日23時4分〜(30秒48枚)/ASI178MM(Gain300,Gamma80,FIT)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/LX200赤道儀改STVガイド/他は上に同じ
【データ下】M33/2017年7月20日1時24分〜(60秒18枚)/QHY9s(-15℃,Gain50,FIT,L)/BKP300&コマコレ(fl=1500mm)/EQ8赤道儀(5cmファインダー屈折QHY5LII)ステラショット制御&自動ガイド
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 15:30 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年10月2日

すばる、メローペ付近

9/29未明、すばる(M45)を長焦点撮影した。(いずれも画面上が北方向)
↓M45すばる、メローペ付近↓(DSS初期調整後→CS6)

上左端はアルキオーネ、中央下がメローペ↓同↓(DSS,Autosave→CS6)

今回はDSSスタック直後のAutosaveよりもRGB初期調整した画像の方が無理なく進められた。但しDSSが吐き出した画像は荒れていた。その一方でAutosave直行時は荒れてなかった2枚めも最終的には荒れてきた。
↓昨年QHY9sで撮影した白黒L画像↓画面上の輝星はアルキオーネ、下がメローペ

↓メローペはM45すばる下側の明るい星↓

▲はパンスターズ彗星。メローペは画面中央M45すばるの下側、明るい散光星雲を伴った星
【データ上2枚】メローペ付近/2017年9月29日0時38分〜(120秒14枚)/ASI1600MCC(-10℃,Gain16/25,Gamma8/10,TIF)/C9.25+0.75RC(fl=1763mm)/NJP赤道儀改CMOS_Cap自動ガイド@自宅星見台HANA
【データ3枚め】アルキオーネ、メローペ周辺/2016年10月2日1時43分〜(180秒、L8枚スタック)/QHY9s(-25℃,FITs)/C11+0.63RC(fl=1764mm)直焦点/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(QHY5LII)/ステラショット制御・自動追尾@自宅星見台HANA
【データ下】8/19未明、すばる脇をすり抜けるパンスターズ(C/2015ER61)/2017年8月19日0時50分〜(60秒22枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:13 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年10月1日

遊星用カメラでDSO(M31ほか)

太陽や月面撮影に使っているASI178MMカメラをDSO(DeepSkyObject)に試してみた↓M31アンドロメダ星雲↓

↓M33↓

↓NGC2261ハッブル星雲↓

ぱっと見、迫力ありそうな画だが解像度今一つで暗い星の写りも良くない。口径10cmでは致し方ないといった感じ。使った望遠鏡は旧ED玉なので色滲みのためか輝星が膨らんでいる。(^_^;)
今回の試写でダーク処理込みであれば178MMも使えないことはないと感じた。別の望遠鏡でも試してみたい。ただ、画素数は少ないが画サイズが一回り大きく感度も高いASI174MMの方が有利とみた。実際に比較試写してないので間違っているかも知れないが、、。
【データ上】M31アンドロメダ星雲/2017年9月29日0時40分〜(10秒43枚)/ASI178MM(Gain400,Gamma80,FIT)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/LX200赤道儀改STVガイド
【データ中】M33/9月30日23時4分〜(30秒48枚)/ASI178MM(Gain300,Gamma80,FIT)/他は上と同じ
【データ下】ハッブル星雲NGC2261/10月1日1時42分〜(30秒39枚)/ASI178MM(Gain300,Gamma80,FIT)/他は上と同じ
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:44 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年9月24日

9/18,M31アンドロメダ星雲

9/18晩に撮影した↓M31アンドロメダ星雲↓(RAW→PS16bitTIF→DSS)

※本体のRとバックグラウンドのGが気になり色調弄りすぎて青っぽくなってしまった。
↓同(CR2→DSSでスタック)↓

明らかに写りそのものが違うような感じに見えるかも知れないが元画像は同じもの。後処理段階での調整が統一できてないためで、逆に言えば後処理過程にも問題山積み(^_^;)
↓7/27未明に撮影したM31(掲載済)↓RAW→DSS

実践的に考えるならばRAWのままDSSへ持ち込む方が手早く済ませられるし、一概にRAWからDSSへの直行は良くない、とするつもりは全くない。富士XシリーズなどDSSが対応していないカメラ機種については16bitTIF変換してからの持ち込みしか方法がない。
【データ上】M31/2017年9月18日21時22分〜(60秒57枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
【データ下】M31アンドロメダ/2017年7月27日2時3分〜(90秒30枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/他は上に同じ
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:57 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年9月23日

DSS迷走6(NGC7293)

DSS迷走再来その6>DSSへ持ち込むソースデータRAWのままか、16bitTIF変換してからか?その2
↓【1】RAW(CR2)のままへ持ち込む↓NGC7293らせん星雲↓

↓【2】CR2→PS※で16bitTIF一括変換→DSSでスタック↓

(いずれもDSSスタック直後のAutosave.tifをPSで後処理)
今回は【1】RAWデータのままDSSに持ち込んだ場合、【2】PSで16bitTIF変換してDSSに持ち込んだ場合の優劣はあまり感じられなかった。
Dark,Flatを省略しての横着処理でもありどちらかに結論づけるのは早計。検証事例をもっと増やす必要がある。
【データ】NGC7293/2017年9月18日22時39分〜(60秒71枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW→TIF)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA

==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:46 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年9月22日

DSS迷走再来5(バンビ横顔)

DSS迷走再来その5>DSS※へ持ち込むソースデータを見直したところ、どうやら迷走状況から少し光明が見えた?気がする。
↓【1】RAW(CR2)のままへ持ち込む↓バンビの横顔↓

↓【2】CR2→PS※で16bitTIF一括変換→DSSでスタック↓

■上2枚はいずれもDSSスタック&RGB基本調整後、PSで後処理■
■下2枚はいずれもDSSスタック直後のAutosave.tifをPSで後処理■
↓【1】RAW(CR2)のままDSSへ持ち込む↓バンビの横顔↓

↓【2】CR2→PSで16bitTIF一括変換→DSSでスタック↓

------------------------------------------------------------------------------
掲載画像では色調・色合いの違いが気になるかも知れないが、原板ではむしろ星像の形にはっきり差が見られる。
【1】RAWデータのままDSSに持ち込んだ場合の星像は少し輪郭ガサついているのに対し、【2】PSで16bitTIF変換してDSSに持ち込んだ星像は綺麗な、滑らかで丸い形になっており、背景(バック)もスッキリしている。
つまり、いきなりRAWデータのままDSSへ持ち込むよりも16bitTIFに変換したデータを持ち込んだ方が良いということが言えそうである。
なお、RAWデータを16bitTIF変換するツールは各メーカーからも提供されていて(キャノンの場合はDPP)此れを利用することも考えられる。しかしながら、キャノンDPPによる変換はPSの変換ツールには全く叶わず、雲泥の差と言っても良いくらいだ。具体的には恒星の周りに黒縁が生じ、背景(バック)が下手くそで汚い色塗りみたいになる。つまり、PSのRAW→16bitTIF変換能力はメーカー提供のツールより強力である。
------------------------------------------------------------------------------
次に、DSSスタック直後のAutosave.tifを次の別処理ツールにかけるか、スタック直後にRGB基本調整してから次の別処理にかけるか、の違いについては、【1】RAW持込と【2】16bitTIF持込の差ほど顕著な差はないと感じた。スタック直後のAutosave.tifを利用した方が大人しめで色合い出すのに時間かかりそう?(トリッキーでないので破綻は無さそう)なのに対し、DSS内でRGB基本調整まで済ませたデータを後処理する場合は色合い調整は比較的楽な反面、トリッキーで派手になりがちな印象を受けた。
つまりスタック後のデータについては、後処理・仕上げ過程まで見越したノウハウが関わる気がして優劣はどちらとも言い難い。以上、あくまで個人的な感想です。
【データ】M24,バンビの横顔/2017年9月18日20時9分〜(60秒58枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
※DSS=DeepSkyStacker/PS=Photoshop(CS6)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:22 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年9月20日

DSS迷走再来4(NGC7293)

久しぶりにC9.25直焦点(ASI1600MCCカメラ)で撮影したシリーズその2(DSS迷走その4?)
【1】↓NGC7293螺旋星雲↓(元画16bitTIF→DSS一時処理TIF→CS6)で処理↓

↓【2】同、16bitTIF→DSS(Autosave.tif)→CS6↓

さじ加減を誤ると、、↓【3】同、16bitTIF→DSS(Autosave.tif)→CS6↓

相変わらず迷走中のDSSスタック処理>やはり【1】は比較的簡単に色彩出る感じだが色ノイズが気になる。【2】の方が【1】よりピクセルノイズは少ない傾向にある。但し、過度に修正するとか処理を誤ると【3】のようになることもあるので、そのさじ加減が難しい。
【データ】NGC7293/2017年9月18日22時20分〜(120秒24枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain15/25,Gamma8/10,TIF)/C9.25+0.75RC(fl=1763mm)/NJP赤道儀改+SS-one,CMOS_Cap自動ガイド@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:37 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年9月19日

台風一過なれど、、(M17)

台風18号は9/18未明に足早に過ぎ去ったが、午前中は未だ小雨が降るなど天候回復が遅れた。夕方ようやく晴れてきたので久しぶりに星見台へ上がった。これまた久しぶりにC9.25直焦点(ASI1600MCCカメラ)で撮影した【1】↓M17馬蹄形星雲↓(元画16bitTIF→DSS一時処理TIF→CS6)で処理↓

↓【2】同、16bitTIF→DSS(Autosave.tif)→CS6↓

昨年5月に10cm屈折で撮ったM17↓CameraRAW→DSS(一時処理TIF)→CS6↓

※中央トリミング※デジ一眼&10cm屈折鏡ではまるで比較にならない※
以下、現在迷走中のDSSスタック処理の観点から。冷却CCDカメラの16bitTIFデータ(FITも)は(デジ一眼のように元データがCameraRAWでないので)そのままDSSへ持ち込んでいる(=DSSでRAW現像する必要がない)/DSSでスタック&一時処理したデータをCS6で処理したのが【1】、DSSでスタックだけした生データをCS6で処理したのが【2】。
今回【1】は比較的簡単に色彩が出てきた感じを受けたが色ノイズが気になった。【2】は色彩沈んだ感じだったが、【1】よりノイズは少なかった。
但し、いつもそうなるということではなく今回の印象。しかもたった16枚での話。
【データ上2枚】M17/2017年9月18日20時41分〜(60秒16枚)/ASI1600MCC(-10℃,Gain16/25,Gamma8/10,TIF)/C9.25+0.75RC(fl=1763mm)/NJP赤道儀改+SSone,CMOS_Cap自動ガイド@自宅星見台HANA
【データ下】M17オメガ星雲、馬蹄形星雲/2016年5月8日0時15分〜(60秒×23枚スタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)直焦点/LX200赤道儀+5cmフィンダー&QHY5LII/ステラショット制御@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:02 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年9月18日

DSS迷走再来2(M8,20)

DeepSkyStackerを始めとする画像処理迷走その2:素材は今年7/20未明に撮影したいて座のM8干潟星雲とM20三裂星雲↓
【1】↓従来の手順(CameraRAW→DSS※(一時処理TIF)→CS6※)で処理↓掲載済

【2】↓CameraRAW→DPP※(16bitTIF変換)→DSS(Autosave.tif)→CS6↓

【3】↓CameraRAW→CS6(8bitTIF変換)→DSS(一時処理TIF)→CS6↓

【4】↓CameraRAW→DPP(16bitTIF変換)→DSS(一時処理TIF)→CS6↓

前回同様、予めCanonRAWデータ(CR2)をTIFデータへ変換してからDSSへ持ち込んだ。【2】はDPP※で16bitTIF変換後にDSSへ持込み、スタック直後のAutosave.tifデータを画像処理ツール(CS6)で処理、【3】はCS6※で8bitTIF変換後にDSSスタック。そのまま一時処理したデータをCS6で後処理。
【4】はDSSスタック直後にDSS内で初期処理(色合いとトーン)をしたデータTIFをCS6で追処理で試してみた。
【2】16bitTIF【3】8bitTIFを試したのは、前回CanonRAW(CR2)データをDPPで16bitTIF変換した画像が期待外れ(各星が不自然に黒縁で包まれていること。背景も妙に塗りつぶされた印象)で、CS6で8bitTIF変換したのと大差ない印象を受けたから。
前回不調だったAutosave.tifからの処理は、やはり調整のさじ加減で決まるようで前回よりも改善した(と自分の中では)思う。理屈ではRAW→16bitTIF変換が望ましいのだろうが、変換ツール(or変換過程)次第?な気がしないでもない。黒縁や塗り潰しが気になるようなデータしか残らないなら8bitTIFでも大差ない気もする。
【4】は現行処理との折衷案的な過程だが、RGB色合わせ等は比較的手こずらずに済むので当面はこれで行こうかと思う。泥沼&暗中模索状態がさらに続く。
【データ】M20三裂星雲、M8干潟星雲、猫の手/2017年7月19日22時22分〜(120秒20枚90秒24枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
※DSS:DeepSkyStacker/CS6:PhotoshopCS6/DPP(Canon提供のRAW処理ツール)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:58 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年9月17日

DSS処理迷走再来(バンビ付近)

台風18号接近を控えているが、本日9/17,17時現在、曇り空で時折ポツンと雨粒落ちる程度で昨日とほぼ同じ状況。/台風一過の秋晴れを期待しているが、今日も天候に恵まれない。で、かねてから懸案の画像処理の見直し。素材は今年7/20未明に撮影したいて座のバンビ付近
【1】↓従来の手順(CameraRAW→DSS※(一時処理TIF)→CS6※)で処理↓7/20掲載済

【2】↓CameraRAW→DPP※(TIF保存)→DSS(Autosave.tif)→CS6↓

【3】↓CameraRAW→DPP(TIF)→DSS(一時処理TIF)→CS6↓

きっかけはDSSをスタック処理のみに利用し、他は別の画像処理ツールで行うとする方法に切り替えようと思ったこと。(具体的にはDSS内部でのCanonRAWデータの出方がややガサつく印象があること)
今回は、予めCanonRAWデータ(CR2)を16bitTIFデータへ変換してからDSSへ持ち込むことにした。【2】はDSSスタック直後のAutosave.tifデータを画像処理ツール(CS6)へ持ち込み、【3】はスタック直後にDSS内で初期処理(色合いとトーン)をしたデータTIFをCS6で追処理で試してみた。
【1】が自然に見えるかも知れないが、これまでの慣れた手順なのである程度調節のさじ加減がみについているから?と思う。
【2】【3】共通して気になるのは、各星が不自然に黒縁で包まれていること。背景も妙に塗りつぶされた印象。=いずれも16bitTIF変換にDPPを利用しているのでこれがイマイチなのかも?知れない。
【2】の極端に赤に転び沈んで見えるのは調節のさじ加減がつかみきれていないため。
ともあれ、再び迷走状態に逆戻り。(;>_<;)>泥沼&暗中模索状態がさらに続く。
【データ】バンビ/2017年7月19日24時2分〜(【1】90秒21枚/【2】【3】は90秒29枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
※DSS:DeepSkyStacker/CS6:PhotoshopCS6/DPP(Canon提供のRAW処理ツール)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:12 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年9月14日

M31,たった8枚で処理比較

あまりに枚数少なくて比較検証にならないシリーズその2(笑)
性懲りもなく昨夜9/13,雲間から無理やりに撮影。またも雲通過に悩まされ、比較的まともな8枚だけでの殆ど意味のない処理検証(^_^;)対象はたまたま雲間から見えたM31↓RAW→16bitTIF変換後DSSスタック→Autosave画像(TIF)をCS6とSI8で処理↓

↓RAW→8bitTIF変換後DSSスタック→Autosave画像(TIF)をCS6とSI8で処理↓

後処理過程が統一できてないため、早計に見た目だけで違いを語るに値しない(^_^;)
【言い訳】8月以降あまりにDeepSkyObjectから遠ざかっているため、晴れ間から見えるM31を強引に撮っただけです。
↓昨年10/27に冷却CCDで撮影したM33↓

【データ上2枚】M31/2017年9月13日22時59分〜(120秒×8枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
【データ下】2016年10月27日22時53分〜(90秒×20枚AVGスタック)/ASI1600MCC(-20℃,Gain300,Gamma85,AVI→TIF)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀+MGEN100ガイド@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:53 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年9月7日

たった4枚で処理比較>M33

9/1未明、たまたま雲間方向だったM33を撮影した。が、雲通過が酷く、程なく快曇状態となり終了。比較的まともな3枚に無理やり妥協した1枚足して4枚だけで処理してみた↓さんかく座の系外星雲M33↓(DSS※→SI8→CS6)

たった4枚とはいえスタックに持ち込むまでの手間は多数枚と同じなのでちょっと時間の無駄。しかしスタック開始したら快適。出力画像は破綻の2,3歩手前といった感じでキツイ印象。たった4枚なのでバックも粗い感じ。
↓同、SI8※→CS6↓

たった4枚なのでSI8でもスタック処理にさほど支障はない。以前のバージョンよりも簡単?手軽?正確になったなあという印象。処理時間も改善したなあと思うが、DSS常用者にとってはじれったい。出力画像は地味で破綻もないが、(今回たった4枚だけなので仕方ないのだろうが)星が潰れ気味?ちょっと馴染めない。
なお、スタック(コンポジット)段階以降はなるべく同じように処理したつもり。
=======================================================================
実は、ネット上で「DSSはカリカリになるので、、やめる」という発言が気になり、急遽SI8との比較を思い立った。結果は、スタック処理過程に関しては明らかにDSSの方にアドバンテージがあることを再確認できた。カリカリ云々については、別の画像処理ツールへ任せればよい。
『あ、こりゃー駄目だ』などと、ちょっとした事でモノの善し悪しを断言する例がよくある。風評被害と同じようなものだ。得てしてそのモノに未だ不慣れな時(人)に見られがちだ。このような時いきなり全否定的な言葉をぶちまけて終わらせるのではなく、どうした時にどのような不具合が生じるのか?具体的にちょっと踏み込んで言ってもらえれば、『それは此処に気を付ければ、、』などと助け舟を出しやすいし、ネット上だと話題が建設的になって盛り上がるのだが、、。不都合な事態に対して試行錯誤過程を怠り結果だけ急ぐという、あまりにせっかちな風潮が気になる。
※:DSS=DeepSkyStacker/SI8=StellaImage8
【データ】M33(DSS,MediumKappaSigma)/2017年9月1日49分〜(120秒4枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/BORG100ED(fl=400mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:58 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年9月3日

M78ウルトラマン星雲でCMOS_Capβ試写

9月1日明け方。既に薄明が始まりだした中、どうしてもCMOS_Captureβ最終版を試行したくて強行撮影した↓M78ウルトラマン星雲↓

特にM78を計画的に狙っていたのではないが、単に晴れ間がオリオン辺りしかなかったため。それでも結構雲が通過し、時間を無駄にした。終盤は空が青味を増して来て慌てて露光時間を60秒に短くした。通常なら諦めて中止するところだ。↓同、別処理↓

<以下、マニアックな内容なのでスルー推奨です。(^_^;)>
★いよいよCMOS_Captureβ版が最終版となり、正式版がもうすぐ出される。最終版は正式版(画面は5吋になる予定)にリリースされるものとほぼ同じ機能が組み込まれている。具体的にはASIカメラの制御撮像機能だけでなく、撮像しながら同時に加算平均処理を並行することができたり、SS1Guiderとほぼ同じガイド機能とPolar(極軸合わせ)機能が同時に実行できる。しかもデザリングガイド機能も備わる。また、ZWO製MM(白黒L)カメラの場合はLRGBカラーフィルター制御機能(フィルター7色以上?も可能)と、到れり尽せりな仕様となっている。
★所有のZWO製CMOSカメラはMC(カラー仕様)なのでLRGBフィルター制御機能は試さなかった。(Polar機能も試さなかったが画面表示のみで動作確認)というか、物理上試せなかったが、それ以外の自動ガイド及びデザリングガイド機能や撮影中に同時並行して加算平均処理機能は一通り確認した。デザリングガイドしたものを同時に加算平均したときにデザリングした分だけズレた星像となった点(考えてみれば至極真っ当な気がしないでもないが自分の設定ミスかも知れない。もちろんデザリングでない通常ガイドの画像はちゃんと同時に加算平均処理してくれる)を除いてちゃんと正常に働くことは確かめることができた。
★野外でノートPCを使わずに天体用CCDカメラ制御と本格的自動ガイドをたった5吋画面の筐体(中身はラズベリーパイを利用)で実現するという、夢のような製品だ。ZWO製カメラにしか対応していないが、他社製カメラや一眼デジ等の場合は、時を同じくして発表される予定のAutoGuiderProがお薦め。いずれにせよβ最終版で最後の試験&バグ取りが済み次第、両者の正式版がリリースされる筈で、その日が待ち遠しい。 【データ】M78ウルトラマン/2017年9月1日3時50分〜(120秒10枚60秒3枚)/ASI1600MCC(-10℃,Gain15/25,Gamma6/10,TIF)/C11+0.75RC(fl=1763mm)/NJP赤道儀改(CMOS_Captureβ制御&ガイド)@自宅星見台HANA ==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 19:57 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年8月27日

8/26雲越し北米・ペリカン星雲

昨日は日差しが戻ったものの暗くなると雲が多くなる。そのためDeepSkyObjectの方はさっぱり駄目な日が続いている。またも薄雲越し撮影となり、どうしても雲が薄い天頂付近を狙うことになる。 orz↓北米星雲・ペリカン星雲↓

↓同、別処理↓(雲で星が滲んでしまい処理の差が無い、というか却って粗い)

↓同、8/21晩に撮影したもの(8/22掲載済)↓これよりは少しマシか?否、大差ない。

↓同、今年7/20晩に撮影したもの↓

日時と露光量に違いはあるが、使った望遠鏡やカメラは同じ。やはりスッキリ晴れた晩がでないと話にならないのは確か。
【データ】北米星雲、ペリカン星雲/2017年8月26日23時1分〜(60秒5枚120秒12枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 12:21 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年8月25日

8/21網状星雲、雲越し強行

毎日橙色太陽Ha連投ではさすがに飽きられる。m(_ _)m/ということで8/21晩に雲越し強行撮影した網状星雲です。↓

↓今年7/21未明に同じ機材で撮影したもの↓

同じ機材の撮影で総露光量は上(80分)も下(75分)もほぼ同じだが、上(8/21)は雲越し撮影のため損失が、というか微妙な色調が失われており右の輝星の滲みにもそれが感じられる。
↓3年前2014年9月22日に撮影したもの(APS-C&FS60C)

これは135フルサイズとAPS-Cの違いが=糠星の写り方に差が感じられる。
【データ上】網状星雲/2017年8月21日21時45分〜(120秒40枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
【データ中】網状星雲/2017年7月20日24時2分〜(150秒30枚)/他は上と同じ
【データ下】2014年9月22日22時54分〜(2分露光×21枚DSSスタック)/FS60C+0.85RC(fl約300mm)直焦点/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/ペンタックス75赤道儀ノータッチ@自宅
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:03 | 星雲・星団 | コメント(0)

|1/61ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ