|1/58ページ | 次の20件 >>

2017年6月19日

6/19北米星雲ペリカン星雲

本日6/19未明に撮影した↓北アメリカ星雲(左)・ペリカン星雲(右)↓

↓同、別処理↓

月が東空に姿を現していたがあまり影響ないと撮影を続行した。総露光1時間にあと少しというところでカメラバッテリーがゼロになって強制終了となった。
↓先月EOSX7で撮影したもの↓

カメラが異なるので比較にならないが、同じ対象がこうもコロコロ変わるようでは、、。
【データ】北アメリカ星雲、ペリカン星雲/2017年6月19日1時13分〜(60秒57枚)/富士X-T1(ISO3200,RAW-TIF)/FS60C(B改fl=255mm)/SXD赤道儀(MGEN100)@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:04 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年6月12日

月明下M27亜鈴状星雲(fl=400mm)

6/8晩、月明かりで明るい空の中で無理やり撮影した↓M27亜鈴状星雲↓

↓同、中央部等倍トリミング↓

↓同、by C9.25(fl=1763mm掲載済)↓

満月を控えた月明かりで空青く、肉眼では明るい星しか分からない状態だった。長焦点光学系であれば特に支障ないが、F4短焦点屈折だとモロに影響を受ける。ISO感度と1枚あたりの露光を切り詰め、月から離れた方向へ向けたとはいえ、結果が気になった。/モニター画像は全体に白が強くなったが、M27は埋もれずに済んだ。星雲本体が明るいからであろう。口径不足とバックの被りでM27周縁部はかき消されてアウトではあったが。
【データ上中】月明下のM27亜鈴星雲/2017年6月8日23時41分〜(30秒25枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW-TIF)/BORG100ED,F4屈折/LX200赤道儀(STV)
【データ下】M27/2017年5月27日2時34分〜(2分20枚、1分10枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain18/25,Gamma7/10,TIF)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(SS1AgL)@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 10:47 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年6月8日

5/29未明M17馬蹄形星雲(+リモートデスクトップ)

5/29未明に撮影した↓M17馬蹄形星雲↓(by BORG100ED,fl=400mm)

↓4/30未明に撮影したM17馬蹄形星雲↓(掲載済 by C9.25,fl=1763mm)

やはり思い切ってクローズアップするか、もう少しfl短いレンズで周囲を広めてM16などと一緒にした方が見栄えする気がする。縦構図にすればM16も一枚に収まるとは思うが。
【データ上】M17馬蹄形星雲/2017年5月29日1時50分〜(60秒30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV)@自宅星見台HANA
【データ下】M17馬蹄形星雲/2017年4月30日2時25分〜(60秒30枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain12/25,Gamma7/10,TIF)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(ASI120MM,SS-oneAutoguider)@自宅星見台HANA

続きを読む...

投稿者:龍吉at 16:50 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年6月5日

6/5未明、網状星雲

昨夜(6/4-5)は途中雲通過(と湿気)あれど晴天となった。月明かりが恨めしい。/その月明かりが影響しなくなった午前2時過ぎから撮影した↓網状星雲↓

↓同、別処理↓

夜が一番短い時季で薄明開始は2時46分。結局、20余枚撮影したところでその時間を過ぎてしまった。露光量足りない、背景色ムラ(片ボケ)も生じている。orz
↓3年前9月に撮影したもの↓※画面が逆像(上が南)になっています※

【データ上中】網状星雲/2017年6月5日2時22分〜(60秒23枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/FS60C(B改fl=255mm)/LX200赤道儀(STV)@自宅星見台HANA
【データ下】2014年9月22日22時54分〜(2分×21枚DSSスタック)/FS60C+0.85RC(fl約300mm)直焦点/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/ペンタックス75赤道儀@自宅前
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:38 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年6月3日

5/29未明、サドル付近

5/29未明、ほぼ1年ぶりに撮影したはくちょう座γ星↓サドル付近↓by EOSkissX7

↓同、1年前7月に撮影したもの↓by Z\ASI1600MCC

はくちょう座は別名「北十字」とも言われるが、その十字が交差する星がγ星サドル。周囲には赤い散光星雲が広がっている。天の川のど真ん中にあるため星数多く変化に富んでいる。
【データ上】サドル付近/2017年5月29日1時20分〜(60秒30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV)@自宅星見台HANA
【データ下】サドル付近/2016年7月30日0時19分〜(40秒×45枚)/ASI1600MCC(-5℃,Gain300,Gamma65,AVI)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀(MGEN100)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:39 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年6月2日

5/29その後のSN2017eaw in NGC6946

5/29未明のSN2017eaw in NGC6946↓系外星雲NGC6946に現れた超新星↓

↓同、約10日前5/18に撮影したもの(掲載済)↓

ぱっと見それほど光度が落ちたように感じられない。総露光量は上(5/29)が2分×21枚=約42分で、下(5/19)が1分×61枚=約61分で下画像が若干多い。ただ、1コマ当たりの露光は上が2分で下の倍なので見た目の写りは上の方が勝っているように見える。
【データ上】NGC6946(SN2017eaw)/2017年5月29日2時21分〜(120秒21枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain16/25,Gamma5/10,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(SS1AGL)@自宅星見台HANA
【データ下】5月18日15時12分(UT)〜(60秒×61枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain300,Gamma80,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(PHD2)
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:41 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年6月1日

5/29未明IC5146まゆ星雲

5/29未明、C9.25で撮影した↓IC5146まゆ星雲↓

↓同、昨年8月にBKP300で撮影したもの(掲載済)↓

撮影カメラは同じで総露光量や焦点距離もほぼ同じだが、使った望遠鏡が異なる。/BKP300(口径30cmニュートン反射)の方が口径大きく=集光力に勝るので写りに差を感じる。撮影時の透明度(シーイング)等の影響もあるし、処理過程にも左右される。
【データ上】IC5146まゆ星雲/2017年5月29日1時16分〜(120秒27枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain16/25,Gamma5/10,TIF)/NJP赤道儀(SS1AGL)
【データ下】2016年8月12日0時28分〜(30秒×115枚DSSスタック)/ASI1600MCC(-18℃,BMP,Gain300,Gamma75)/BKP300反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+ミニボーグ50mm屈折(QHY5LII),ステラショット制御&自動追尾修正@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:30 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年5月28日

5/27北アメリカ星雲

5/27未明、前回撮影できなかった↓北アメリカ星雲↓を撮影した。

APS-C版カメラだとfl=400mmでは見た通り写野が窮屈でゆとりが全くない、というか不足。南北(上下)方向は目一杯で、東西(左右)方向はペリカン星雲が右端にはみ出す。
そこで、↓ペリカン星雲画像と一枚に繋ぎあわせたもの↓

↓北米星雲の西、ペリカン星雲部分(掲載済み)↓

【データ上】北アメリカ星雲/2017年5月27日2時22分(60秒42枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV自動ガイド)@自宅星見台HANA
【データ下】ペリカン星雲/2017年5月20日1時4分〜(60秒30枚)/他は上に同じ
※中画像は両者をMicrosftICEで一枚につなぎ合わせたもの※
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:53 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年5月27日

5/27未明M27亜鈴星雲

昨夜は日付が今日に変わる頃になって天候回復した。雨上がりで透明度もよく天の川もはっきり目視できた。急ぎ星見台へ上ったが薄明開始まで3時間も無かった。その薄明始まる直前に撮り始めた↓M27亜鈴星雲↓

↓同、別処理↓

↓C9.25接眼部↓左がガイド用5cmファインダー&ASI120MM/主鏡筒がASI1600MCC


続きを読む...

投稿者:龍吉at 17:06 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年5月24日

5/20未明、ペリカン

5/20未明に撮影した↓ペリカン星雲(Pelican Nebula IC5067〜5070)↓

薄雲?黄砂?PM2.5?orこれらの複合か?透明度不良で、天頂付近が少しマシな星空だった。#すぐ左隣の北アメリカ星雲と一緒に並べて写せばよいものを、、(苦笑)
【データ】ペリカン星雲/2017年5月20日1時4分〜(60秒30枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV自動ガイド)@自宅星見台HANA↓


続きを読む...

投稿者:龍吉at 12:15 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年5月22日

5/22未明SN2017eaw in NGC6946

昨晩は薄雲とPM2.5?の影響で透明度が非常に悪かった。少しまともに星が見えるのは天頂付近ぐらいなものだった。条件良くないが↓NGC6946(超新星SN2017eaw)を狙ってみた。↓by C9.25

※いずれも画面上が北方向※
↓by BORG100ED

↓同、等倍トリミング

悪条件にも関わらずあっさりSN2017eawが写った。12等級ということなので、条件さえ整えばカメラ望遠レンズでの撮影も可能と思われる。
【データ上】NGC6946/2017年5月22日1時9分〜(2分18枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain15/25,Gamma7/10,TIF)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(PHD2)
【データ中下】2017年5月22日1時18分〜(1分30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV)@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 18:24 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年5月16日

4/30未明NGC6992網状星雲

4/30未明に撮影した↓NGC6992網状星雲↓(長辺方向トリミング)

ステラショット導入だと6992中心部に合わせるためか、下側(南側)が詰まった感じになる。>鏡筒方向を少し南へ振ってシフトさせるか、縦構図に変更する必要がある。
【データ】NGC6992(網状星雲)/2017年4月30日2時35分〜(45秒35枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)屈折/LX200赤道儀改、放置追尾@自宅星見台HANA
なお、網状星雲の東部分(下画像で右部分)だけなので、中央や西側も含めた網状星雲全体(下画像)を得るには分割撮影で合成するか、やや短焦点&フォーマット広い光学系で撮影する必要がある。
----------3年前9/22撮影の↓網状星雲(全体)↓----------

【データ】2014年9月22日22時54分〜(2分露光×21枚DSSスタック)/FS60C+0.85RC(fl約300mm)直焦点/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/ペンタックス75赤道儀ノータッチ@自宅
----------↓ちょうど1年前の今日5/16早朝に撮影した網状星雲↓----------

【データ】網状星雲NGC6992/2016年5月16日2時57分〜(60秒×12枚スタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)直焦点/LX200赤道儀+5cmファインダー(QHY5LII)@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 16:39 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年5月12日

4/30未明M20三裂星雲

4/30未明に撮影したいて座の↓M20三裂星雲↓(C9.25で撮影)

↓直下にはM8干潟星雲が居る↓(BORG100ED,fl=400mmで撮影)

↓同じ望遠鏡(fl=400mm)で撮ったM20↓

中焦点だと小さく可愛らしく写る。カメラ標準レンズでもちゃんと写るが、詳細さと迫力に関しては長焦点優位。ただ、この辺りは銀河中心方向のため非常に賑やかで、広角〜望遠レンズでも十分楽しめる。双眼鏡等での目視確認も簡単だが、空の暗い所で見る機会があれば口径10cm以上の望遠鏡&中・低倍率がイチオシ。
【データ】M20三裂星雲/2017年4月30日1時42分〜(60秒26枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain12/25,Gamma7/10,TIF)/C9.25(fl=1763mm)直焦点/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(ASI120MM,SS-one Autoguider)@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:52 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年5月11日

4/30未明M17馬蹄形星雲(SS1Autoguider)

4/30未明に撮影したいて座の↓M17馬蹄形星雲↓

↓野外用オートガイダーSS-oneAutoguiderLight(画面右上)を試してみた↓

↓自動ガイド中のSS-oneAutoguiderLight画面↓

操作部筐体は煙草箱程度しかないが問題なく自動ガイド動作する。野外で真価を発揮するのは間違いないが、SS-oneAutoguiderは常置場所固定設置でも重宝すると思う。PCにコードやケーブルが集中しないからだ。/実は、ケーブルをうっかり引っかけてノートPCをテーブルから落下させ、1台お釈迦にした苦い経験がある。
【データ】M17馬蹄形星雲/2017年4月30日2時25分〜(60秒30枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain12/25,Gamma7/10,TIF)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(ASI120MM,SS-oneAutoguider)@自宅星見台HANA
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 11:11 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年5月3日

5/2未明、M101回転花火

5/2未明に撮影した↓系外星雲M101回転花火↓(画面上が北方向)

【データ】M101回転花火/2017年5月2日0時10分〜(120秒34枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain300,Gamma80,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(ASI120MM,PHD2)@自宅星見台HANA
★比較参考★2年前4/22に撮影した↓系外星雲M101(白黒ポジ)↓

【データ】系外星雲M101(白黒ポジ)/2015年4月22日22時39分〜(L,30秒×11枚)/QHY9(-40℃,FITS)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+6cm屈折(QHY5LII,PHD2)@自宅星見台HANA
使った望遠鏡光学系、口径の差(30-23.5=6.5cm)を感じる。上空大気の状態もさる事ながら、望遠鏡内部の状態(筒内気流)の影響もある。なのに口径劣る方(C9.25)での撮影が多いかというと、何よりも取り回しが良いから。皮肉なことに30cmニュートン反射は上空大気よりも地上風で鏡筒を揺すられ易い。頑強な架台も必要だろうがドームを回して風を避ける対策が有効と思う。なので、風がある晩は30cm反射は使えない。
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:23 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年4月28日

4/27晩、系外星雲M51(子持ち星雲)

昨日4/27晩は晴れていたが透明度今一つ良くなかった。>比較的透明度が良いのは天頂付近。ということで頭上に上り詰めていた↓りょうけん座の系外星雲M51を撮影した↓(M51,周囲トリミング画像)↓

↓同、x2Drizzle縦構図トリミング↓

透明度不良の影響もあってか?1時間余も露光かけた画像はパッとしない。(-_-;)/しかし、PCレスで撮影可能になるとPC周りにコード・ケーブル類が集中しないので常置場所であっても助かる。<過去に撮影中にPC接続ケーブルを引っかけてPC落下させ、1台お釈迦にしたことがある。( ;∀;)
【データ】M51/2017年4月27日23時11分(60秒78枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain12/25,Gamma7/10,TIF)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀、自動ガイド@自宅星見台HANA
前回紹介したPCレスツール(CMOS CaptureとSS-one Guider)での撮影を試みた。撮影にPCを使用しないで済む=商用電源不要ということにつながり、野外で大いに活躍しそうである。と言いつつ、ここ1年余り県外での天体撮影していないのだが。↓左下:CMOS Capture,右上:SS-one Autoguider Light↓

==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:34 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年4月27日

M16わし星雲M17馬蹄形星雲

4/24未明、前回投稿M8,M20に続いて撮影したM16わし星雲とM17馬蹄形星雲。
↓M16わし星雲(上)とM17馬蹄形星雲(下) by WO-Star71↓

↓M16わし星雲 by C9.25&ASI1600MCC(再掲)↓

M16とM17は前回掲載のM8,M20の斜め左上(北東方向)にある。いて座の中でも北寄りにあり比較的高度あるため低空透明度不良の場合でも(M8やM20よりも)影響を受けにくい。
【データ】M16わし星雲(上)とM17馬蹄形星雲(下)/2017年4月24日3時13分〜(60秒31枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/EM10赤道儀改+MGENガイド@自宅前

続きを読む...

投稿者:龍吉at 13:45 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年4月26日

M20三裂星雲とM8干潟星雲

4/24未明、今季初めて夏の代表格?星雲を撮影した。
↓M20三裂星雲(上)とM20干潟星雲(下) by WO-Star71↓

↓M8干潟星雲 by BORG100ED,F4↓

冬の代表星雲がM42オリオン星雲ならば、夏の代表星雲はM8干潟星雲と思っている。若干南に低いため大気中の塵など透明度不良に阻まれることもあるが、このときは南中近い時間帯だったのでさほど影響を受けずに済んだ。
【データ上】M20三裂星雲とM8干潟星雲/2017年4月24日2時31分〜(60秒×30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)屈折/EM10改赤道儀+MGENガイド@自宅前
↓M20,M8撮影中のステラショット画面↓

【データ下】M8干潟星雲/4月24日2時46分〜(45秒×60枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)屈折/LX200改赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
↓M8撮影中のステラショット画面↓

==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 17:09 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年4月25日

M16わし星雲(創造の柱)

4/24未明、今季初めて夏の銀河=いて座の散光星雲M16わし星雲を撮影した。
↓画面中央付近、柱状の突起物が「創造の柱」↓

フォトショップ用ツール「Nik」を使い、訳も分からず弄っていたら↓こんなことに↓

「創造の柱」はハッブル宇宙望遠鏡の画像で一気に有名になった。ネット検索すれば画像が見つかると思うが、何かの機会に目にした方も多いと思う。ド素人が地上から口径9吋の望遠鏡で撮ったものはそれとは似ても似つかぬとんでも画像になってしまった。(笑)/この柱は星が誕生する現場として知られている。
↓M16撮影中のFIreCapture画面↓

【データ】M16わし星雲/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25(fl=1763mm),NJPmount/Camera=ZWO_ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=DSO/Filename=2017-04-23-1740_8-RGB.zip
Date=170423/Start(UT)=174049.873/Mid(UT)=175618.367/End(UT)=181146.861/Duration=1856.988s
Framescaptured=31+30/Shutter=60.0s/Gain=300(50%)/WRed=52/WBlue=95/Gamma=80/Sensortemperature=-20.0°C
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 14:25 | 星雲・星団 | コメント(0)

2017年4月7日

アンタレス近傍

4/3,6の2回に分けて撮影した↓さそり座αアンタレス付近↓(上部)

↓同、中央がアンタレス↓

眼視だと然程に感じないが、アンタレス周辺の領域は画像にするとガス雲などが広がりとても起伏に満ちている。引き続き周囲へ撮影範囲を広めていきたい。
【データ上】アンタレス上部/2017年4月6日3時3分〜(2分露光×24枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀+MGENガイド@自宅星見台HANA
【データ下】アンタレス付近/2017年4月3日1時33分〜(2分×30枚)/以下、上に同じ
==============================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとハナのWeb天文台はなのWeb天文台Twitter

投稿者:龍吉at 13:45 | 星雲・星団 | コメント(0)

|1/58ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ