|1/47ページ | 次の20件 >>

2023年9月21日

9/17未明の流星ほか

本日9/21は曇雨天で太陽観察不能>ということで、、。
ほぼ空梅雨のまま夏本番突入→9月下旬になってようやく高温好天は収まったが太陽観察に追われ、「流星」」は忘れ去られた?ではなく、この夏の鉄腕カメラも高率で稼働したのは良いものの、処理時間がとれないまま今日に至っている。>ということで、9/17の記録から↓
↓9/17明け方の空に現れた流星↓出現時のショート動画↓

↓同、静止画像↓

↓同晩。暗くなり始めた頃に現れた「ハク」?4態↓ハク1↓ショート動画

↓同、ハク1↓静止画

↓同、ハク2↓ショート動画

↓同、ハク2↓静止画

↓同、ハク3↓ショート動画

↓同、ハク3↓静止画

↓同、ハク4↓ショート動画

↓同、ハク4↓静止画

「ハク」の正体は??>周囲の圃場は稲刈りが進み、晩生種が残るのみとなっている=稲穂に身を隠していた昆虫たちは退散場所として近くの灯火を頼りに人家へやって来るのではないか?と思われる。ハク≒昆虫?ムシ?
【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomcamSwing(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /@南砺市自宅ベランダ
------------------------------------------------------
<龍吉>(-_-;)7月8月の流星抽出が殆ど進んでいない。データはたまる一方 orz(^_-)-
<はな>=^_^=1晩に4台稼働させるとデータ処理も4倍時間かかるので処理PCを増やすことで対処だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U処理用PCを複数にすれば良いが、中古PCでは音が煩いワン▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:09 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年9月14日

2023夏の流星映像

本日9/14は、朝に晴れ間あれど安定せず。他用と重なり太陽観察は休止。>と、いうことで、この夏の流星検出画像から。
↓8月12日未明(カメラ東方向)↓YouTubeより

↓同、静止画像↓

↓8月11日(カメラ南方向)↓YouTubeより

↓同、静止画像↓

↓8月10日(カメラ南方向)↓YouTubeより

↓同、静止画像↓

↓8月10日(カメラ南方向)↓YouTubeより

↓同、静止画像↓

【データ】撮影日時は各画像右下に表示/Atomcam2 or AtomcamSwing(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /自作固定台座@南砺市自宅ベランダ or 星見台HANA
------------------------------------------------------
<龍吉>(-_-;)夏以降の流星映像は晴れたら毎夜監視カメラを作動させているが、処理全く追い付いていない。(^_-)-
<はな>=^_^=この夏は殆ど毎日晴れ続けた結果、太陽画像の処理に追われたのが影響しているニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uしかも、ひと晩で4方向4台の監視カメラ映像データが集まるので、溜まる一方だワン▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 21:00 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年9月5日

C/2023P1西村彗星-2

C/2023P1西村彗星その2:9月に入り今週末には地球最接近=近地点通過となるが、日の出間近の空を更に東(太陽)へ進み、観察条件は厳しくなっている。明るさも5等級まで明るくなっているらしいが、如何せん薄明から日の出が間近に迫った時間帯になった東低空で空が明るいため、見つけるのは容易ではない。
【4】☆彡8月22日☆彡ポジ

↓同、白黒反転画像↓

↓ポジと白黒ネガ合成↓

※画面上、彗星直上の星団はNGC2240※
【データ】2023年8月22日3時45分(JST)〜ASI535MCp(Gain480,Gamma50,Shutter25sec.x25枚)/WO-Star71屈折(fl=350mm/EM200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
【2】☆彡8月23日☆彡ポジ

↓同、白黒反転画像↓

【データ】2023年8月23日3時31分(JST)〜ASI535MCp(Gain480,Gamma50,Shutter25sec.x30枚)/WO-Star71屈折(fl=350mm/EM200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
【3】☆彡8月29日☆彡ポジ

↓同、白黒反転画像↓

↓彗星基準Averageスタック↓

※Starlink衛星が通過したのか?幾筋もの人工衛星の軌跡で、檻の中の彗星状態※
【データ】2023年8月29日3時34分(JST)〜ASI535MCp(Gain480,Gamma50,Shutter25sec.x50枚)/WO-Star71屈折(fl=350mm/EM200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
------------------------------------------------------
<龍吉>(-_-;)このページからfl=500mm短焦点屈折に変更した。精細さは以前のfl=1500mmより落ちる。(^_-)-
<はな>=^_^=その代わり、広くなった写野が伸びた尾を捉えられる。導入もし易くなったニャり≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U実際には彗星が薄明の始まりと変わらぬ時間にならないと見辛く、少しでも時短をするための措置だったワン▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:47 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年9月4日

C/2023P1西村彗星-1

連日の猛暑好天で外仕事遅れ気味&太陽観察に追われ、さらに8/29未明の木星面に閃光減少が加わり、ブログ掲載が遅れてしまったが、8月12日に西村栄男さんが発見されたC/2023P1西村彗星の事が載せられぬまま9月に入ってしまった。と、遅れてしまったが西村彗星の観察記録を載せる。
【1】☆彡8月18日☆彡ポジ

↓同、白黒反転画像↓

↓撮影時のステラショット画面↓

【データ】2023年8月18日3時58分(JST)〜ASI535MCp(Gain510,Gamma50,Shutter20sec.x17枚スタック)/BKP300,F5反射fl=1500mm/EQ8赤道儀ノータッチ@自宅星見台HANA
【2】☆彡8月19日☆彡ポジ

↓同、白黒反転画像↓

【データ】2023年8月19日4時8分(JST)〜ASI535MCp(Gain480,Gamma50,Shutter10sec.x14枚)/BKP300,F5反射fl=1500mm/EQ8赤道儀ノータッチ@自宅星見台HANA
【3】☆彡8月20日☆彡ポジ

※画面右上の小判状青緑色の星雲はNGC2392エスキモー星雲※
【データ】2023年8月20日3時45分(JST)〜ASI535MCp(Gain510,Gamma50,Shutter30sec.x6枚)/BKP300,F5反射fl=1500mm/EQ8赤道儀ノータッチ@自宅星見台HANA
------------------------------------------------------
<龍吉>(-_-;)この頃はふたご座の東に位置していた。4時を過ぎると薄明の影響が大きく、時間との戦い(^_-)-
<はな>=^_^=今回の3日間分は我が家の主砲口径30cm,F5反射望遠鏡で撮影した。風の影響が無ければ問題ないニャり≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U3日め(8・20)はNGC2392エスキモー星雲のすぐ脇を通過した。1枚に収まって良かったワン▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:52 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年6月14日

6月上旬の流星2(北天・南天編)

今日は如何にも梅雨に入っていると実感するような天気だった。=太陽観察は断念。>ということで、6/1〜6/7の流星たち(北天・南天編)です↓
↓6/1未明1時35分に現れた明るい流星(北監視カメラ)↓

↓流星出現時の合成動画↓

↓6/4未明1時39分、南天に現れた流星(南監視カメラ)↓

↓流星出現時の元動画↓

↓6/5晩21時29分、南天に現れた流星(南監視カメラ)↓

↓流星出現時の元動画↓

↓6/5深夜23時33分、南天に現れた流星(南監視カメラ)↓

↓流星出現時の元動画↓

↓6/7未明1時8分、北天に現れた流星(北監視カメラ)↓

↓流星出現時の元動画↓
【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /自作固定台座@南砺市自宅星見台HANA
-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)今回はあまり派手な流星は検出されなかった。まだ全方位を確かめていないが。(^_-)-
<はな>=^_^=雨がいつ降り出すか?分からないので監視カメラは透明ドームしたままで撮影したニャり≡^・.・^
<ソラ>U.゚ω゚U曇雨天が予想されるときは、監視カメラは休止していた。仕方なかったワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:07 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年6月2日

5/31晩〜6/1未明の火球&流星

台風と前線の影響で雨の一日=太陽観察は断念。>ということで、5/31晩〜6/1未明の火球&流星たち(北天編)↓
↓5/31-6/1に現れた火球と流星(北監視カメラ)↓

↓火球と明るい流星出現時の動画2shot合成↓

この火球は、能登半島西沖に現れたものと推察される
↓西監視カメラでも捉えていた↓

↓同、火球出現時の元動画↓

↓6/1未明1時35分に現れた火球(静止画)↓

↓同、火球出現時の元動画↓

↓5/31,23時9分に現れた流星(静止画)↓

↓同、流星出現時の元動画↓

【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /自作固定台座@南砺市自宅星見台HANA
-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)梅雨入り目前の雲優勢な夜空で流星キャッチできるか懸念したが、火球や明るい流星は捉えていた。(^_-)-
<はな>=^_^=カメラは正直というか、きっちり記録している。かなりキャッチ率高いと言えそうだニャー≡^・.・^
<ソラ>U.゚ω゚Uこれから雨雲の多い日が続くようになるので、流星監視の機会が少なくなりそうだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 22:24 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年5月29日

5月下旬の流星たち(北天編)

前線の影響で雨の一日=太陽観察は断念。>ということで、5月下旬の流星たち(北天編)↓
↓5/23-5/24↓

↓一番明るい火球出現時の動画↓

この火球は、新潟市辺りではかなりの明るさと大きさで捉えられている。
↓5/24-5/25↓

↓流星出現時の動画を合わせたもの↓

↓5/25-5/26↓

↓流星出現時の動画を合わせたもの↓

【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /自作固定台座@南砺市自宅星見台HANA

-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)流星は毎日流れ、雲間からでもキャッチできるが、検出処理が追い付かない。(^_-)-
<はな>=^_^=監視カメラ数が4台あるのも足かせになっている。4台でも死角があり全天カバーできていないニャー≡^・.・^
<ソラ>U.゚ω゚U最近は曇りだったら、あっさり諦めている。検出作業がますます遅れるからだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:48 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年5月13日

5/13未明の大火球

5/13未明2時4分、南天に現れた明るい火球を鉄腕東及び南監視カメラが捉えていた。↓
【東】出現時の静止画像↓

【東】同、上の元動画↓

【南】出現時の静止画像↓

画質イマイチで分かり辛いが)画面左にわし座〜いて座へかけての天の川が写っている。
【南】同時刻、南監視カメラの動画↓

今回の火球は痕の継続時間が短く、程なく消えている。あいにく雲混じりの空で背景の星が分かりづらくなっているが、南中しかかっているいて座をへび使い座方向(右上)から突っ切っている。このことから、東海、近畿、四国、南関東地方からもキャッチされているものと思われる。
【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2,Atog(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /@南砺市自宅星見台HANA,自宅ベランダ
-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!GWに入る頃から諸事情あって流星検出が遅れている。埋もれたままの大火球が他にあるやも知れない。(^_-)-☆
<はな>=^_^=今回も見逃した。正に丑三つ時の出現であったことと、昼間の田園スポーツの影響で爆睡していたから。惜しかったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uカミナリ音には敏感で直ぐ気付いて過剰反応するけど、この火球には無反応だったワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:54 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年4月25日

4/22-4/23の流星(南天編)

掲載順番が前後して恐縮ですが)4/22晩〜4/23未明の流星(南天編)↓こと座流星群ピーク予想日だったが、途中で雲が張り出して星が見えない時間帯もあったが、南天画像には意外と流星が写っていた。ただし、こと座群でない散在流星が多く混ざっているので、誤解の無いように願います。
【南】4/22晩-4/23南の空に現れた流星たち(その1)↓静止画

【南】同、上の流星元ショート動画を1ショットにまとめたもの↓YouTube
【南】4/22晩-4/23南の空に現れた流星たち(その2)↓静止画

【南】同、上の流星元ショート動画を1ショットにまとめたもの↓YouTube
【南】4/22晩-4/23南の空に現れた流星たち(その3)↓静止画

【南】同、上の流星元ショート動画を1ショットにまとめたもの↓YouTube
【南】1,2,3の静止画を全て比較明合成したもの↓静止画

【南】同。1,2,3の元動画を1本につないだもの↓YouTube
【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /自作固定台座@南砺市自宅星見台HANA
-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!そこそこの流星が写っているが、こと座群で無い流星が多く含まれるので要注意。(^_-)-☆
<はな>=^_^=そもそもこと座群は出現数1時間当たり1個程度しかない。前回のような超ド級火球の出現もあるらしいがニャー≡^・.・^
<ソラ>U.゚ω゚U肌寒い日が続いていて飼主は外で観察してない、寒さに平気なオイラは視力悪くて星見は苦手だワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:48 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年4月24日

4/23深夜の大火球

4/23深夜23時33分30秒、北天に現れた「こと座流星群」の残党と思しき超明るい火球を鉄腕北監視カメラが捉えていた。↓
【北】出現時の静止画像↓4/23,23h33m30s出現

【北】同、上の元動画↓

上動画を最後まで見ると、流星は画面中央の北極星近くで派手に爆発・消滅しているが、その後しばらく(約1分間)通過経路が光っていたことが分かる。=「流星痕」
残念ながら自身は此処のところの寒さにめげて家の中に居たので実際には目撃していない。(-_-;)/これだけ明るいなら、火球を直接捉えていない(南を除く)他方向監視カメラにも、空が明るくなる瞬間が写っている筈?と、東と西監視カメラの記録を調べてみた。
【東】同時刻、東監視カメラの動画=画面左(北)側が明るくなる瞬間がある。↓

【西】同時刻、西監視カメラの動画=画面右(北)側が明るくなる瞬間がある。↓

目論み通り、東西どちらの映像にも北側の空が明るくなる瞬間が残っていた。外に居れば、空を見上げていなくても辺りが明るくなり、(爆発音は聞こえずとも)何某かの気配は感じたかも知れない。そして、何事か?と空を見上げ、未だ残っている流星痕を捉えられたに違いない。
【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2,AtomCamSwing(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /@南砺市自宅星見台HANA,自宅ベランダ、自宅脇車庫
-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!久しぶりに超ど級の火球を捉えることができた。外に居れば「気配」を感じて目撃できたかも知れない。(^_-)-☆
<はな>=^_^=ここのところの季節外れの寒さでオイラと身体を寄せ合い暖め合っていたので見逃したなあ。残念だったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uこれだけ凄い火球と流星痕は2000年晩秋のしし座流星群以来のことだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:37 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年4月19日

4/17-4/18の流星その2

4/18未明の流星その2↓長経路でない、そのほかの流星たち↓
【北】4/17-4/18北の空に現れた流星たち↓

【北】同、上の流星元ショート動画を1ショットにまとめたもの↓
【南】18日未明、1h21m南空に現れた明るい流星↓

【南】同、元動画

【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /@南砺市自宅星見台HANA
-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!この晩は長経路流星以外に目立つような明るい流星が飛ばなかったようで残念。(^_-)-☆
<はな>=^_^=天気も比較的良かったのに検出した流星は少なかった。残念だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uそれでも皆無では無いから、砂粒程度とはいえ、毎日多くの流星が降り注いでいるワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:55 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年4月18日

4/18未明の超長経路流星

4/18未明、今までの中ではもっとも通過経路が長い流星を捉えることができた。流星出現は東監視カメラで捉えており、南監視カメラ写野の中央右下辺りで消滅していた。↓
【東】ほぼ東?やや南?方向から現れ、画面右端へ。↓

【南】画面左端(南東方向)から現れ、画面やや下(真南)を通過し、からす座の左下で消滅↓

自宅から見て、ほぼ東?やや南?方向は伊豆半島?神奈川・静岡県境?=出現箇所と思われる。また、南中過ぎたからす座の手前辺りで消滅しているので、紀伊北部の伊勢、和歌山辺りの上空で消滅か??と勝手に推測している。(我が家から真南は名古屋方面)
↓以上の[東]→[南]元動画↓
【東】中央下辺りから出現→画面右端へ
【南】画面左端→画面中央右下辺りで消滅

長さは写角にして約100度超?=カメラ1台の最長角度に匹敵しそうな長さで、よほど運よく対角線状に端から端まで流れたらともかく、2台にまたがってくれたお陰で始終を捉えられたのだと思う。
【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /@南砺市自宅星見台HANA及び自宅ベランダ
-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!今回は今までで最長経路の流星映像となった。最長不倒距離達成?!(^_-)-☆
<はな>=^_^=静止画で見つけた時は人工衛星かも?と思ったが、元動画を見て「流星」と確信したニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uそれほど明るくはないが、とにかく経路が長い!実際には寝ていて目撃していないのが残念だワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:52 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年4月17日

4月中旬の流星たち-2

本日4/17は夕方になって日が差したものの、西低空の雲がどいてくれず太陽観察は断念。ということで、今月中旬の流星キャッチ記録(その2)↓です。
【東】4/12晩、東天に現れた明るい流星2つ

【東】同、その元ショート動画
【西】4/10晩、西天に現れた明るい流星2つ
【西】同、その元ショート動画
【西】4/13晩、西天に現れた明るい流星

※あまりに左隅にて損をしている※
【西】同、その元ショート動画
【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /@南砺市自宅星見台HANA及び車庫
-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!前回ほど明るいのやら長いのやら目立つ流星が出てないのは残念。(^_-)-☆
<はな>=^_^=こうしたこともまた記録ということで。月明かりが影響する時期と重なったしニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U東側に出現した流星は信州・関東エリア、西側出現は、石川県西沖の日本海上空と思われるワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:48 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年4月15日

4月中旬の流星たち

本日4/15は曇&小雨で太陽観察は断念。ということで、今月中旬の流星キャッチ記録(その1)↓です。
【北】4/10未明、北天に現れた火球

【北】同、その元ショート動画

※この火球は西監視カメラの写野右端にも写っていた。
【西】4/10北天と同じ火球

【西】同、その元ショート動画

【北】4/12晩〜4/13未明にかけて北天に現れた明るい流星たち

【北】同、その元ショート動画を集めたもの

【北】同、1番長経路(画面中央)の流星

【北】同、1番長経路(画面中央)の元ショート動画

【北】4/14未明の明るい流星

【北】同、その元ショート動画
【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /@南砺市自宅星見台HANA及び車庫
-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!いつも驚かされるのは、毎晩(毎日)必ず何処かで流星が現れていること。(^_-)-☆
<はな>=^_^=明るい流星でも砂粒程度という。教科書では直径1/16mm〜2mmが砂とされているニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uネコが教科書見るんかい?(笑)/ちなみに砂より小さいものは泥、大きいものは礫だワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:51 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年4月6日

4月初めの流星たち

本日4/6も曇り空で太陽観察は断念。ということで、今月に入ってからの流星キャッチ記録↓です。
【西】4/1深夜、西天に現れた明るい流星

【西】同、その元ショート動画

【北】4/1晩〜4/2未明にかけて北天に現れた明るい流星たち

【北】同、その元ショート動画

【南】4/1晩〜4/2未明にかけて南天に現れた明るい流星たち

【南】同、その元ショート動画を集めたもの

よく見ると、明け方近くになって月明かりが減少するにつれ、射手座の天の川がほのかに写っているのが分かる。
【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /自作固定台座@南砺市自宅車庫上、及び星見台HANA
-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!流星の出現率が少し落ちた?、この冬の活気に満ちた出現数はビギナーズラックだったのかも??(^_-)-☆
<はな>=^_^=それでも1台のカメラで10個以上の流星を捉えている。晴天晴夜だと当然捉える数が増えるニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U流星検出用プログラムがあるとはいえ、流星検出に時間をとられる。東方向を捉えるカメラが無いワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:57 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年3月25日

3月中旬以降の流星たち2

本日3/25も曇雨天=太陽観察3連敗 orz>ということで、3月中旬以降の流星たち、その2です。
↓3月19日未明、北天に現れた明るい流星↓


同、出現時の元ショート動画

↓3月19日未明、西天の流星たちを1枚にまとめたもの↓

↓同、出現時のショート動画を1本の動画にまとめたもの↓

↓3月23日未明、北天の流星たちを比較明で1枚にしたもの↓

同、出現時のショート動画を1本の動画にしたもの↓

-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)とうとう太陽観察記録3連敗!この時期にしては痛い!例年3月後半は急速に回復するのに。(^_-)-☆
<はな>=^_^=流星観察記録も処理に手間かかることもあってストックが思うほど溜まらない。困ったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U流星カメラも何とかモノになりそうな状況になったが、問題点も見えてきたワン▽・。・▽


HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:46 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年3月24日

3月中旬以降の流星たち

ここに来て、曇雨天が続き太陽観察不能の日が続く、、>ということで、流星キャッチカメラが捉えた3月中旬以降の流れ星たち↓3月23日未明、南天へびつかい座に現れた流星↓

同、出現時の元ショート動画(YouTube)↓

※よーく見ると、画面左下に射手座の天の川がほのかに写っている※
同晩、南に現れたそのほかの流星たち↓

同じく、出現時の元ショート動画を1つにしたもの(YouTube)↓

当たり前のことでしょうが)晴天星夜であれば流星の写りも良い?(笑)
【おまけ】西向きAtomcmSwingで毎朝こんなこと(明け方のタイムラプス)も試しています↓(YouTube)

同2※モルゲンロートが雲にも反映されている?

医王山の雪が消えたらモルゲンロート見辛くなりそう、、
-------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)太陽観察記録が6割目前にして急停止。8割は無理、7割も厳しくなった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=流星観察記録はそこそこ成功しているので記事ネタには困らないが、処理に手こずるニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U実際にこれらの流星火球を目撃してないところに問題あるけど、いつか目にしたいワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:57 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年3月17日

3月上旬の流星たち2

3/7は曇り時々小雨で太陽観察はアウト!ということでAtomcam2が捉えた3月上旬の流星その2(2号機)↓
3/5未明、南天に現れた流星

コマの切れ目尾タイミング合ってしまい、軌跡が途中で途切れている。また、レンズの収差で軌跡がカーブしている。
その元動画↓

3/11深夜、月明かりの南天を流れる流星

同、流星出現時のショート元動画

3/12未明、月明かりの南天を流れる流星

同、流星出現時のショート元動画

月傘を被っているのが分かる

【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /自作固定台座@南砺市自宅車庫上、及び星見台HANA
--------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!太陽観察思わぬ2連敗。明日も駄目っぽい。で、流星画像発掘となりました。(^_-)-☆
<はな>=^_^=流星キャッチ時の映像を探す時間がとれない=まったく追い付いていない。自転車操業以前の問題だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U従って、Blog更新も遅れている。時間がなかなかとれないのがネックだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:46 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年3月16日

2月〜3月の流星たち

3/15未明、西空に現れた火球並み流星


同、出現時の元ショート動画

2/28未明、北天に現れた流星

※流星の軌跡がカーブしてるのではなく、AtomCamの超広角レンズ周辺部の樽型収差(-_-;)/※
同、出現時の元ショート動画

2/27晩→2/28未明、北天に現れた流星(5個まとめて)

同、出現時ショート動画も5個分まとめて(笑)

【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /自作固定台座@南砺市自宅車庫上、及び星見台HANA
--------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!晴天続きで太陽観察記録多くなり、ここのところ流星キャッチ記事の出番があまり無い。(^_-)-☆
<はな>=^_^=てか、流星キャッチデータを見直す時間がとれないのが本音。まったく追い付いていないのが実際だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U冒頭の西空に現れた火球クラスはなかなかのもの。実際に目撃したかったワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:48 | 彗星・流星 | コメント(0)

2023年3月13日

3月上旬の流星たち

今日3/13は朝から雨混じりの天候で太陽姿見せず=観察不能=ということで、3月上旬に捉えた主な流星たち↓
☆彡3/5,04時h58分(JST)北天に出現

☆彡同、流星出現時の元動画(YouTube)

☆彡3/6,0時46分(JST)北天に出現

☆彡同、出現時の元動画

☆彡3/7,0時2分、北天に出現した流星

☆彡同、出現時の元動画

☆彡3/8,22時14分、北天に出現した流星

☆彡同、出現時の元動画

☆彡3/9,21時13分(JST)北天の流星

☆彡同、出現時の元動画

【データ】撮影日時は各画像右下に表示/AtomCam2(1/2.9'CMOS,白黒モード1920x1080HD,15fps,MP4)/レンズfl=2.8mm,F1.6(120°) /自作固定台座@自宅星見台HANA
--------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!当たり前のことだが)晴れ間が多いほど流星キャッチの可能性が高くなる(^_-)-☆
<はな>=^_^=流星は生で目撃するのが一番だが、実際には見逃していることが多いことを痛感させられる。参ったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U↑逆に言うとカメラは正直!?捉えられる明るさのものであれば確実に捉えているワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)すたーりぃないとはなのWeb天文台

投稿者:龍吉at 23:52 | 彗星・流星 | コメント(0)

|1/47ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ