2017 年2 月23 日

極上の一滴



先月の寒の入り後に仕込んだ大吟醸の袋吊りが始まりました。 蔵人たちの表情は写っていませんが、「いい酒が搾れるように」とつぶやくようです。

投稿者:天狗舞at 14 :02 | 酒蔵日記

2017 年1 月15 日

大吟醸袋吊りの準備



袋吊り用の酒袋を念入りに手入れしています。釜で煮沸し、繰り返し水ですすぎます。搾った酒に少しでも余計な香りを付けないようによく洗います。 お酒を飲むときには和らぎ水もどうぞ

投稿者:天狗舞at 15 :05 | 酒蔵日記

2017 年1 月1 日

元旦


明けましておめでとうございます。 北陸は厚い雲に覆われた元日を迎えました。雲の隙間から時々まぶしい日差しが降り注ぎます。 蔵ではいつもと変わらず仕込み作業が行われています。 今年もよろしくお願いいたします。 お酒は20歳になってから

投稿者:天狗舞at 09 :43 | 酒蔵日記

2016 年12 月31 日

大晦日



もろみが静かに発酵を続けています。写真は金沢酵母を用いた大吟醸もろみです。穏やかな香りが漂います。 神棚に鏡もちを供えました。この地方独特の紅白のもちです。 お酒を飲むときには和らぎ水もどうぞ

投稿者:天狗舞at 15 :19 | 酒蔵日記

2016 年12 月28 日

大吟醸の仕込蔵


写真の大きさのタンクは、原料白米として750kgを仕込むものです。大吟醸の麹造りは結構手間がかかるため、多くの麹を造ることができません。そのため、これくらいの大きさのタンクが限度です。 お酒は楽しく適量を

投稿者:天狗舞at 17 :55 | 酒蔵日記