2017 年1 月1 日

明けましておめでとうございます

皆さま明けましておめでとうございます。

弁護士になって30年。振り返れば、民事・商事・倒産・刑事その他色んな事件を担当しました。これからも日々勉強の心持ちを忘れずにいつまでも若手のつもりで頑張りたいと思います。

今年の抱負は、最高裁で4度目の勝訴判決をとることです。地裁高裁では思考停止判決が多すぎます。情報公開訴訟(公文書としての決裁供覧の意味)、住民訴訟(監査請求の対象の特定)、一般廃棄物処理業者原告適格に引き続き、市民のための行政訴訟の枠組みを作り上げていきたいと思います。

行政不服審査法も改正されました。行政書士会では改正行政不服審査のたたかい方を講義しています。自分でも実践して、こちらでも市民のための裁決例を作っていきたいと思います。手始めは土地区画整理事件から。

京都産業大学法科大学院も、もうしばらくは存続しますので、それまでは法科大学院教授として、行政法の研究と、学生の教育(司法試験行政法対策)に取り組みたいと思います。

最近では、滋賀県で起きた冤罪再審事件にも関わるようになりました。単なる事故死・自然死なのに、看護師が人工呼吸器を外して患者を殺害したとされました。井戸弁護士と一緒に再審無罪に向けて頑張りたいと思います。

伏見での生活3年目に突入。水が美味い。お酒のお店も引き続き開拓中です。
本年もよろしくお願いいたします。

投稿者:ゆかわat 07 :13 | ビジネス | コメント(0 )