<< 2018/07トップページ
2018年8月14日

炭焼き研修

焼き芋屋の松下、協力隊の小松両名が炭焼き研修に精出した。
窯に原木建て込みから始まり、レンガと粘土での焚き口づくり、着火から排温82度までの火の管理等作業時間10時間、焚き口閉鎖までを体験。熱さとの戦い炭焼き苦労を学ぶ。
 今回、焼き芋屋の松下君、天然塩を竹筒にいれ焼き塩づくりの他、勤め先で生産している籾ライトの炭化に挑戦。焼き芋材料すべてを富山産で!!
 窯の管理は夜中に3回見回、空気穴、排煙口の調整が炭の出来具合に影響。しんどい!!


投稿者:ながさきat 19:45 | 日記 | コメント(0)

2018年8月13日

窯天井修繕

昼前に下山新地区で「夢創塾人生」を語った後、大平地区に出向き分散栽培した黄蜀葵の花を見聞にいったが、場所がわからず見ずじまい。
 明日の炭焼きに備え、窯の天井部を補修。15年を経過して天井に亀甲模様のクッラクが進行、この溝に水に溶かした灰をタップリ充当。これで密封した上、さらに細かい土を被せて二重の対策。 後は炭焼きを続けながら不都合場所の臨機対応。
併せて排煙口で焚き火を続け煙道を暖める。これが準備の最大ポイント。明日、煙の引きの有無がこれで決まる!!


投稿者:ながさきat 17:56 | 日記 | コメント(0)

2018年8月12日

炭焼き準備

自分で作った炭で焼き芋を焼こうと炭焼き準備に松下君がやってきた。
若いで馬力で準備は順調。着火まで試行。
14日から炭焼き実行。


投稿者:ながさきat 17:51 | 日記 | コメント(0)

2018年8月11日

花祭り大成功

雨上がりの中、三十数名が黄蜀葵の花をルンルン気分で摘み終えた。
摘み取った花は、参加者2班に分け、和紙に花びらで渦巻き模様を描き、最後にともに繋ぐ即興ア−トを楽しむ。大人気!!
その後、夢創塾に移動して花のシャブシャブを試食、旨いと好評、続いてイノシシ、蠣の食べ放題BBQ、珍しさもあって黙々と食う!!都会からの参加者、旨いと惚れ惚れ!!
最後に、特性花びら入りピザ、別腹で平らげてしまった。
 子供らが十数名、ブランコ、ジップライン、シ−ソで自然を満喫。
プログラム最後は、和紙づくり。花びら入りの葉書に満足顔。花祭りは大盛況でした。




投稿者:ながさきat 18:34 | 日記 | コメント(0)

2018年8月10日

花びらア−ト

明日の花祭りを前に機材の点検、買い出しの他、実施シミュレーションを行った。
そこで新たなプランとして、摘み取った花を現場で和紙に貼り付ける「花びらア−ト」を取り入れ参加者自らが創作することにした。
デザインは左右巻きの渦巻き。2班に分かれ創作、最後は両末端を繋いで完成。
参加者全員が花びらでつながるを体感したい!!
 イノシシ肉処理、和紙漉き準備、ピザ窯火入れ準備などてんてこ舞い。準備万端のハズ!
9時から始まる初めての黄蜀葵の花摘み、花びらア−ト、花食&蠣、イノシシBBQ。
10時以降は夢創塾へ移動して花現場にはいません。

投稿者:ながさきat 18:58 | 日記 | コメント(0)

2018年8月9日

でるラジ | KNBラジオ | 2018/08/09/木 12:30-16:00

でるラジ | KNBラジオ | 2018/08/09/木 12:30-16:00

投稿者:ながさきat 21:17 | 日記 | コメント(0)

吉報・バリ州大会2位

バリ在住のNatsuko さんから、TAKESUMIチ−ムが、産業コンテストで2月には県大会優勝、今回バリ州大会では2位を受賞したとの嬉しい知らせが届いた。
12年前にキンブル村に入って1号炭窯、3年前に2号炭窯を作ったことで、地元産業として発展、併せて地域活性化に役だったことを誇りに思う。まるで自分が受賞したように嬉しい!!ここまで村を引っ張ってきたPutriさんに心から「おめでとう」と祝福したい。
機会があれば尋ねて労をねぎらいたい!!
 早朝4時30分、黄蜀葵のつぼみを採集。天ぷらにしておいしくたべる。
5時半、花が開いてしまい、花びらをおひたしで食す。花祭りの準備に奔走。


投稿者:ながさきat 19:19 | 日記 | コメント(0)

2018年8月8日

花祭り準備

小松君に手伝って貰い、午前中に黄蜀葵畑の雑草処理を終え安堵する。これで児童等も花摘みがルンルン気分で出来そう。5〜6種の花料理レシピを作り準備万端。花の食べ放題、BBQのイノシシ肉、石窯特性ピザあり、バタバタ茶も飲み放題。お好み飲料は持参。
まずは11日9時から始まる花摘みに来てみられ!!たべて飲んで楽しもう!!
集合場所は蛭谷自治会館、駐車場有り、花摘みは歩いて3分、山側の田んぼ3枚。昼食(BBQ、ピザ、端茶)は各自移動して夢創塾です。


投稿者:ながさきat 17:34 | 日記 | コメント(0)

2018年8月7日

張り切って草刈り

11日に黄蜀葵花祭りを控え、朝から草刈り機で畑の草刈り決行。
気にはしていたが、雑草の中に黄蜀葵の花が咲き乱れている様は、村の人たちの顰蹙の的。
幸い暑さも和らぎ、作業に支障はなかったものの、U型畝間を刃による刈り取りは黄蜀葵を痛めてはならず、刃のコントロ−ルは至難の業。しかし、刈り終えたお花畑は富山湾を背景に抜群のロケ−ション!!お花畑の整備は明日終了。花祭りに参加を期待しています。
 花を摘んで試食してみる。酢もの、しゃぶしゃぶ、天ぷらのうち、花びら一枚ずつを湯通ししてポンズ食ったら旨かった。次回は黄蜀葵そばに挑戦。


投稿者:ながさきat 18:33 | 日記 | コメント(0)

2018年8月6日

山羊小屋屋根づくり

停滞していた山羊小屋普請、小雨も降って暑さが和らいだので、意を決して屋根づくりに挑む。屋根裏の板を天井に持ち上げた後、寸法を採りながら切断し、タルキに固定。
大工仕事、単独での能率は最悪。これをカバ−するには段取り次第!!奮闘し、夕方には屋根の形が見えてきた。山羊小屋にしては出来すぎか。次回は屋根のトタン張り。 
 1ヶ月余り降雨がなかったため、T氏の天水田はとうとう立ち枯れが始まった。
穂には実が詰まっていなくモミガラのみ。今は一部だが雨がなければ、4筆20ア−ルが全滅状態。
当方の陸稲E111、先日出穂時に水を補給、その後、この暑さに耐え穂が垂れ下がり始める。今日恵みの雨、葉のヨレヨレが回復。再度一雨が欲しい!!


投稿者:ながさきat 18:17 | 日記 | コメント(0)

2018年8月5日

ビデオ 蛭谷和紙のきときとさん


投稿者:ながさきat 21:33 | 日記 | コメント(0)

脱穀機試作

TanzaniaのMrOKOTH氏から富山の足踏脱穀機(半世紀以前の農機具)を模倣して創った試作脱穀機の映像が送られてきた。まだ実用化は無理らしい!
詳細がわからないけれど、籾を採るドラムの動力は足踏でなく手動の様子。推測するに唐箕の手動方式を取り入れた?これではいかに力があってもパワ−不足。
足踏の上下運動をカムで回転する装置が伝わっていなかったようだ。今年の農作業研修時は
ここがポイント、しっかり伝えたい。
 猛暑で皇壽桜が、秋の落ち葉時期のごとく20本余りが散り始めた。
熱風に乗って枯れ葉がヒラヒラ舞う光景、生きるため身を削いでいるのが痛々しい。

私は一列の米を作ろうとしましたが、荒れた保育園のためにうまくいかなかったのです。 しかし、ついに、私はコメを虐殺しました。
長崎さんに心からお礼を申し上げます。 富山に戻って友達ともっと学びたい(機械翻訳)

投稿者:ながさきat 18:30 | 日記 | コメント(0)

2018年8月4日

百花・黄蜀葵

8月初日に2輪咲いた黄蜀葵が、今日の朝には100輪を超える花が咲いた。1週間後の花祭りには4〜5百輪の花が摘み取れそう。祭り時に花が咲くか心配していたが、これで大丈夫。課題は畝間灌水したため、雑草が勢いづいて草ボウボウ!!難題な草刈り必要・・。
 お盆が近づき朝から墓掃除。水百リッタ−を持ち込み苔落とし。ピカピカにして供養。
隣の杉林には「オタネにんじん」が実を付け、触るとポロポロ落ちてしまった。
自然繁殖し、周辺一帯で70本余りを目視で確認。集団繁殖地を守り育てよう。


投稿者:ながさきat 18:32 | 日記 | コメント(0)

2018年8月3日

長野の児童塩作り

海と日本PROTECT長野チ−ムが、海水からの塩作りに総勢44名でやってきた。
早速児童等は、持ち込んだ海水を濾過して鍋で煮沸。すでに鍋底に沈殿した塩をとりだし叩いてでニガリの除去。これを天日にさらしてA班終了。B班、天日干しされた塩をさらに火力で乾燥し臼で摺って自然塩完成。ローテーションで全行程産体験。各自が袋詰めしたお土産塩は、塩街道を経て塩尻に運ばれた。
昼飯の海鮮ピザは自分たちで作った塩で味付け。おいしいと大好評。
最後に、代表児童2人の塩作りでの発見&感想を聞いて閉会。地域おこし協力隊員の素晴らしいサポ−トで大成功を収める。ご協力ありがとうございました。

小学生にはモテる小松



投稿者:ながさきat 18:30 | 日記 | コメント(0)

2018年8月2日

準備完了塩作り

明日、長野県から四十数名の団体がが富山湾の海水を持ち込み、当地で塩を作り「塩の道」をたどって塩尻へ持ち帰るプロジェクトが始まる。
海水からの塩作り、完成品までは8工程1週間を要するも、テレビ番組と同様、2時間ですべての工程が体験できるプログラムと人員配置計画を完了。長野放送が同行取材。
尚、昼飯は海鮮ピザの要望。初めてだが挑戦するしかなし!!何とかなるだろう。
元気な児童たち、ピザだけでは満腹にならないと思い、餅米とE111を混ぜて練り上げる「はんごろし」をバタバタ茶と共に振る舞う予定。受けるかも・・・。
当方の森の塩で、長野との塩交流が始動。準備万端、暑気払いをアワで消そう!!
アフリカ米RZ34は実りだし、E111は穂が垂れだした。猛暑で実りが早いかも。


投稿者:ながさきat 19:13 | 日記 | コメント(0)

2018年8月1日

黄蜀葵花まつり

休耕田に植えた200本の黄蜀葵の内、3本が初めて花を咲かせた。
猛暑で生育が遅れ気味だったが、3度にわたる畝間灌水で元気を取り戻し待望の花。
 実は10日後の8/11日、朝9時から黄蜀葵の花を摘み、この花を夢創塾で創作料理してたべる花祭りを開催します。他にイノシシのBBQ、花と夏野菜を仕込んだピザ、バタバタ茶会と盛りたくさんのメニュ−があります。参加費500円、蛭谷自治会館集合。
当日山の日、里山の小さな谷間で初めての黄蜀葵花祭り、途中参加〔夢創塾)も大歓迎!!
 夢創塾広場はカラカラ。昨年の水害土砂が風と共に舞い上がり砂嵐模様。
谷川から長大ホ−スで水を導水。明日まで広場を水攻めにして、3日の長野県からの親子塩作り体験に備える。



投稿者:ながさきat 18:58 | 日記 | コメント(0)

<< 2018/07トップページ
▲このページのトップへ